ログハウスプロデューサー瀬那の「瀬那イズム」

ログハウスプロデューサー瀬那が書くログハウスの話。
「街中でログハウスに暮らそう」著者。


テーマ:

いま、なにか夢中になっているものってありますか?

なんでもいい、

やりたいことがあればやればいいと思う。

スグね。

 

今朝、Facebookページの方で自分の動画を紹介したら

その話の本人が「いやぁ、この土地を開拓したのはよくできたなと思う。もう一度やれって言われたらできない」とコメントで言ってました。

 

そう、全くの原野を開墾するところから僕はやりました。

お金もかかったな。

昔、川だった(大昔ね)らしく大きな石がゴロゴロ出てきてそりゃもう大変だった。

その後、井戸を掘ってすぐ枯れてまた掘って今度は大丈夫でしたがお金のかかりかたも半端なかった。

でも、彼も僕もよくやったな。

 

それって「勢い」だよね。

情熱や熱い思いもあった。(一緒か)

何かをやりたい、いま、この思いをやり遂げたい。

そう思ってやって、あとから「よくやったな」って思えるってある意味素敵じゃない?

「やってよかった、後悔してない」というのも素敵だし、ふつうそう言う言葉を連想するよね。

でも「いまならやれない」って。

いいんじゃない?

やった証がある。

 

「金かかったけどそんなことまでやったあの頃の俺、みんなが熱かったし、それで潤った人もいる」それってすごいことだよね。

それが今できなくたっていいじゃん。

利口になったけど、あの頃の俺はやったっていう自負があってそれでいいじゃん。

 

この世ってともすると「損したくない」「もっとおトクに」って考えるけどそんなものやってみなきゃわからない。

でね・・・

損するなんてくそくらえだ!

お得、お得ってっちっちゃいことばっかり言ってんじゃねーよ。

って思うよ。

 

でも、怖くて結局やらなかったって人ってものすごくいるんだと思う。

僕の人生でも多少はあるよ。

多少って言うからにはそれなりにチャレンジしてきたから言えるって思ってる。

ぜんぜん損したと思ってない。

「そういうチャレンジすらしない人が多い中でやってきた俺はえらいね~」っていつも自分を褒めてる。

そう、自分はえらいなってほんとに思うんだけど。

あ、いまそういう流れじゃないよね(笑)

 

で、多少の損や傷なんて負ったって全然いいじゃないか。

人が死ぬときに思うことって「なんであれもこれもできなかったんだろう」じゃなくて

「なんでやらなかったんだろう」という後悔らしいです。

そう、やって失敗するよりやらなかった後悔の方が心残りなんだね。

 

人生って意外にあっという間なんだよね。

真剣に生きてれば生きてるほど早い時間の流れ方をします。

でもその短い人生を充実した思いで過ごせるのがいいかなと思うんだよ。

 

さ、僕はこれからもやりたいことはどんどんやっていきます。

そして、「いい人生だった」と最後に言いたい。

あなたもやりたいことがあればどんどんやって、どんどん損をして、どんどん失敗して、でも最後には満足して、いい人生を送ってください。

ね(≡^∇^≡)

 

 

 

 

これもオススメ。読んでおくとお得です!・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ↓

タイミング(前編)

タイミング(後編) ←ここ大事!

タイミングその3。導かれるように。←ここ大事!

 

ログハウスを絶対に建てたいと真剣に思う人ならここを見て。

→ログハウス絶対建てたい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ログハウスプロデューサー 瀬那さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ログハウス」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。