ログハウスプロデューサー瀬那の「瀬那イズム」

ログハウスプロデューサー瀬那が書くログハウスの話。
「街中でログハウスに暮らそう」著者。


テーマ:

これはある意味先日話したタイミングのお話の続きみたいな感じかな。

 

最近、春だからでもないでしょうが「なんとか建てたい」という方が増えていたので「建てる」ということにフォーカスしていろいろ書いていましたが、今日はその「建てる」は「建つ」なんだろうなと思えるお話なんだ。

 

僕は今までに自分の家で3軒、親のも入れると4軒のマイホームを建てています。

で、どうしてそんなに建てられたかと考えていたんです。

昔は超貧乏な人だったのに(笑)

こんな仕事をしてるからだと思いますよね?

でもそんなことないんですよね。

むしろお客様の家を建てるより高いお金をいつも払っています、なぜか(笑)

 

人の人生って様々なんだなとよく思うんだけど、良いこと悪いことは交互にやってきて結構人生はある意味バランスが取れています。

人によって不公平だと見えることも結構同じくらい公平だったりします。

 

で、それぞれの人生でチャンスが巡ってくるのですが、そのチャンスをつかむことが大事なんです。

あ、そんな話前回もしてますよね。

 

例えばこのあとは僕の体験でお話するんですが

一度目の家は20代の頃、家が欲しくて欲しくて妻と一緒にいつも新興住宅地の家を見に行っていました。

で、モデルハウスや完成見学会の会場に行って楽しむのですが、帰りはいつもがっかりして帰っていました。

なぜかというと会場で営業の方とお話すると自分の資金的な実力のなさが露呈してその後その営業さんがいなくなってしまうからです。

こんなこと何年続けただろうか・・・

 

それから何年か経ってから、ある建築現場で出逢った建築会社の社長に声をかけられて家を建てることになりました。(これも前回書いたよね)

でもその時って前のがっかりして帰って頃と何も状況は変わってなかったのに・・・

でも冷静に考えるとひとつだけ違うことがありましたが、それはまたどこかでお話します。

 

で、あんなに欲しくても建たなかった家があれよあれよという間にするするって感じで建ちました。

ほんと自分でもびっくりです(笑)

不思議だなあ・・・。

自分では何もしてないのに(笑)

 

で、その家で子供二人を育てて・・・

ある休日にふらっと行った隣村で農家のおじさんに出会い、すぐに土地を分けてもらうことになり、その後、なんだか知らないうちにログハウスにたどり着いて、そのうちにログハウスの会社の人に誘われて、その人からすぐ離れて、自分でログハウス業者をやることになって、この仕事にのめり込み始めた頃に物置のつもりがあんなに大きなログハウスを建てちゃって・・・

 

ね、なんだか変でしょ?(笑)

で、そのログハウスにも14~15年住みました。

楽しかったです、あ、現在も進行形ですけど(*^o^*)

 

で、昨年春に妻の希望で会社のある市内にまた、別な家を建てました。

この時も、妻から家を建てて欲しいと言われた時に「あ、そう。じゃ今から土地を探しに行こう」なんて言って遊びがてら出かけたら、そこについて15分後には今住んでる土地を買うことになりました。

早すぎる!びっくり!!

というかその時は何も考えなかったけどなんか知らないけどするするって・・・(笑)

で、家を建てるにあたってお金のことも考えましたがこの年になると借金もしづらいし嫌だなって思って・・・思い切って「えいやー!」って。

で、今は一文無しですが(笑)

家も妻がチラシの裏に書いた図面をほぼそのまんまに建てました(笑)

 

書いててめんどくさくなったので、かなりはしょって書いてますが、この一連の感じ分かります?

そう、たいして頑張ってないんです(笑)

頑張っていた頃ってただ家が欲しくて見に行ってがっかりしてただけ。

でもその経験も必要だったんです。

何かに感謝するということを教えられた気がします。

これは大きいです。

 

で、僕は今振り返るといつも何かに導かれるように歩んできたような気がします。

いや、間違いなくそうなんです。

 

これはどういうことかというと

その人の人生で何度もチャンスは巡ってくるけれど、まだその実力や誰かに感謝するという人間的な実力がついてないときはそのチャンスに飛びついても勉強のために蹴落とされる感じ?みたいな気がしてます。

で、またその後のチャンスが到来した時に自分の側に準備が出来ていればあとは何かにおまかせで知らないうちにするするって(笑)

スピリチュアルでしょ?(笑)

そんなこと信じない人はこのブログ読む必要ないからね(≧▽≦)

 

で、これをよく考えると要は「ご縁」という形でチャンスは巡ってくるんだと思ったのです。

「ご縁」・・・いやぁ、自分でも絶妙なこと言うなぁと思います(笑)

 

先日も書いたように自分からチャンスをつかみに行くのが大事なんですが、もっと言うとそのタイミングさえ合っているときは何も考えなくてもするするっと、なんとなく、知らないうちに、寝ていたら(笑)みたいな・・・(^▽^;)

 

さっきも言ったようにうまくチャンスに乗れない時期も必要なんです。

なんでもうまくいってたらそりゃもう生意気で鼻息の洗い嫌な奴に成り下がってるでしょうからね(笑)  (あー、いるいる、そんな奴(笑) )

多少、叩きつけられて自信をなくしたくらいの方がチャンスに乗れた時には、神様にも周りの人にも感謝できるでしょうからね。

 

そう、僕がうまくいったのは「ご縁」を大事にして、僕がぼ~っとしてる時に動いてくれた人問に感謝できる実力だけは身につけていたからだと思うんですね。

人間一人じゃ生きられないって言うよね。

何かやるんでも人それぞれのターニングポイントには必ず人が関わっています。

身近な人も他人もいろいろです。

それら多くの人に助けられてるから自分は生きていられるし、感謝もできるのです。

 

結局、「ご縁」って誰に出会うかで決まるような気がします。

若い頃は自分に実力がなかったこともありますが、ハウスメーカーの若い営業マンではできなかったことが条件が変わらないのに後から出会った建築会社の社長なら難なく出来たということもあります。

彼は僕のすべての条件を整理して的確に行動した。

そうして的確なアドバイスで僕は何も知らないうちにゴールにまでたどり着いた。

そういうことです。

 

「ログハウスを建てたい」というあなたなら、そのタイミングというかその「ご縁」をなんとなくわかっているかもしれないし、これからわかることになるのかもしれない。

 

結論を出す必要はないのかもしれないけど

ログハウスを建てたいと思っているのならどんどん動いてチャンスを掴んで失敗しても栄養になるんだ自分の実力を磨いてる時なんだと思って次のチャンスをつかみに行く、それは決して無駄にはならない。そしてご縁を大事にする実力が備わった時には、アンテナが反応した時にすぐ動くだけ、そしたらするするって・・・(笑)。

ね(*^o^*)

 

これはあくまでも自分の経験で語っています。

で、最強の建て方はなんだろうと考えたら「なーんだ、そういうことね」って思っただけなのでちょっと物語風でしたが皆さんにシェアしました。

 

ある意味僕はそのへんのチャンスのつかみかたはうまくなったんだと思います。

で、僕の経験であなたの夢を叶えてあげられるかな~って気もしています。

気になる人は僕に言ってください。

別に売り込んでるつもりはないよ。

やりたい人だけ。

大丈夫!あなたも間違いなくログハウスは建ちます。(*^▽^*)

 

※追伸

さっき読んだ何かの広告で「何かを始めれば何かが変わる」って書いてありました。

まさしくそうですね(^∇^)

ひとつ加えるとすれば「確実に変わる」ってことです。

 

ここから下はPRね(*^▽^*)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ログハウス絶対建てたい!!

 

※お知らせ

ゴールデンウィークに北海道釧路市近郊でモデルハウスフリー見学会を実施します。

道内の方は是非お越しください。札幌方面からも高速でラクラク来れます。

この時期になると本州からも皆さん見学、相談に来られます。あなたもいかがですか?

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ログハウスプロデューサー 瀬那さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ログハウス」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。