ログハウスプロデューサー瀬那の「瀬那イズム」

ログハウスプロデューサー瀬那が書くログハウスの話。
「街中でログハウスに暮らそう」著者。


テーマ:

昨晩、テレビを見ていたらいきなりニュースの番組に変わり

熊本の地震の報道がされていました。

「え?震度7?熊本で?」一瞬目を疑いました。

九州で地震なんて予想もしていなかったです。

 

それにしてもこれは大変なことです。

私も過去に何度か大きな地震に遭遇していますのでその大変さは

特に身に染みてわかっているつもりです。

 

今朝になって被害があらわになり命を落とされた方もいらっしゃると

聞いて心が痛みます。

あらためて心よりお見舞い申し上げます。

 

こんな時に便乗するつもりではないのですが

ログハウスに興味を持たれている方はその耐震性に深く興味を持たれていらっしゃる方が多いので今日はその話をしようかと思います。

 

我が国、日本は2011年3月11日の東日本大震災が記憶に新しく

その後も各地で余震を含めた大きな地震が何度も来ています。

 

これはもう、日本という国に暮らすのであれば家の耐震性も含め

「自分の命は自分で守る」という意識に完全に切り替えなければなりません。

日本という国は世界に誇る安全な国であり、国民は比較的安心して安全な暮らしを享受していると思いますが、こと震災などの天災に対しても何かが起きた後のサポートは素晴らしいものがあると思います。

ただしかし、何かが起こった時にその被害に遭遇しても決してダメージを受けないという「自衛」の精神、準備は必要だろうと思うのです。

 

毎回このような被害を受けるケースでやむを得ない場合を除き、自衛がなされていればそこまでのダメージはなかったかもしれないと思うととても残念に思います。

 

私が住む北海道はもともと地震も多くさらに冬期間の気温が低いために地面の凍結障害から防ぐために基礎も全国上位レベルです。

その中でもログハウスは建物の構造自体が丸太の横積みでありながら壁を貫通する堅牢なボルトと多数のダボによって作られたとても堅牢な壁+基礎と壁の間に位置する土台+鉄筋を含めた強固なコンクリートの基礎、これらをアンカーボルトや通しボルトで一体につないでいるというなかなか他の工法には見られない堅牢さを誇ります。

 

また、横積みされたログはその木の持つしなやかさを発揮する素晴らしい形状であり、あの恐ろしい地震の揺れを吸収します。

そのしなやかさは縦揺れも横揺れも吸収するのですから、どんな堅牢なコンクリートの固さ、丈夫さに優れた建築物にも勝る素晴らしいしなやかさを持っています。

どんなに強い大きな体よりも細くてもしなやかな体のほうがスポーツや何かの衝撃を受けた時のダメージにも勝るのに似ていますよね。

 

私が地震について今までラジオやブログや様々な場所でお話しているのでそちらもご覧ください。

耐震性について不安や疑問を持たれているならば参考になると思います。

 

youtube「ログハウスの強度について」
 
youtube「いま改めてログハウスの魅力を探る」
 
youtube「災害に強いログハウス」
 
入門講座8「ログハウスは地震に強いのか?」
 
入門講座7「ログハウスは火事に強いのか?」

 

※これを読まれて良かったと思ったならいいねをお願いします。

  励みになります。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ログハウスプロデューサー 瀬那さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。