ログハウスプロデューサー瀬那の「瀬那イズム」

ログハウスプロデューサー瀬那が書くログハウスの話。
「街中でログハウスに暮らそう」著者。


テーマ:

ログハウス・・・

 

田舎、大自然、緑に囲まれて、アウトドア、ナチュラル・・・

みたいなイメージでしょうか。

そう、ログハウスの暮らしで一番多いのはやっぱり「田舎暮らし」

感じですよね。

 

最近は街中のログハウスで暮らすってのも多いのですが

そこはまた別の日にお話するとして

今日はその田舎で暮らすログハウスのお話を。

 

で、何を話したらいいのか・・・・

まだ考えてなかった(笑)

 

じゃ、これ行こうか。

どうしてそんなに田舎暮らしのログハウスが人気なのか?ってことで。

 

1)ログハウスは田舎に似合う。単純にそれ。

2)大自然がいっぱいでそこに大きな魅力を感じる。

3)多少の不便はあるけども都会よりも田舎暮らしの方が疲れなくて好き。とかね

 

よくログハウス好きの人に聞くと「ログハウスはやっぱり田舎だよ~」

って。

「で、大自然に囲まれてさ~」って感じですね。

「田舎=大自然+ログハウス」 っていうセットなんですね(^∇^)

「いやいや、街中って変でしょ~~(^▽^;)」とも言われますけど。

そんなこともないんだけどな~(;^_^A

 

 

例えば

「薪を切って薪ストーブ(暖炉とよく言われる)を焚いてさ~、で、星空を眺めるの、温泉掘ってね毎日温泉三昧(笑)」って感じなんですね。

うん、それはやっぱり田舎暮らしの方ができるし似合いそう≧(´▽`)≦

「で、畑を作ってね、リスや野鳥と友達になれるし(決めつけてる(笑))、空気もいいんだよ」

 

そうそう田舎だと隣の草原や山などの借景が素晴らしいしね。

子供の教育にもいい環境だよね(*^o^*)

「そうそう、そうなんだよ。やっぱり田舎はいいよね~」

 

そこで奥様にも聞いてみた。

「私はね~、(畑を作って)家庭菜園をやるの。サラダとかジャムとかいっぱい作って、パンなんかも焼いちゃうのよ≧(´▽`)≦ のんびり暮らして、食べ物に気を使って健康的な暮らし方にこだわってみたりして。それでワンちゃんなんか飼ってかわいがるの。あ、カメもいいな」

 

え、カメ?・・・

「だって大きな庭にカメを散歩させてるとなんだかうららかで楽しそうでしょ?(笑)」

うん、そこは良くわからないけど・・・(笑)

 

ログハウスの家は子供たちが走り回っても人にやさしい木だから、ケガもしないし子供たちもおおらかに育ちそう」

「そしてうちの子たち、ロフトの端っことか狭いとこ好きなのよ~」

あ、まあそれはみんなそのような気がするけど・・・

でも、ほんとにそれはあるね。

「庭は大きく欲しいわ、ね?」  「うんうん(@´з`@)ノ゙」(ご主人)

 

「田舎の暮らしは『育てる』のが楽しいのよ」

奥さまが言った。

「野菜やハーブを育てたり、動物を育てたりね。

生産的な暮らしなの。都会は消費するだけでしょ?」

いやいや、それは都会の人が聞いたら怒りそうでしょ~・・・(笑)

 

「昔よく外国のガーデニングやカントリーな家の本をよく読んだの。とっても素敵なのよ。そんな家を作りたいわ、暮らし方もね」

うん、それはいいね~(=⌒▽⌒=)

 

ご主人にも聞いてみた。

薪割とか大丈夫?

「いやいや、そういうの好きだしね、ときどき友達にホームパーティーやるよ~って声かけるの。そしてみんなに薪割しても言いよって言うとみんな喜んでやってくれるんだよ(どこから聞いた?)それで近くの川で釣った魚で燻製作って、昼間から露天風呂に入るんだよ。酒飲みながら。いいでしょ?(*^o^*)」

 

確かに楽しそうだな~~~(^▽^;)

このくらい能天気だと楽しい暮らしができそうだし( ´艸`)

 

 

「あ、ところで瀬那さん。そういうことで俺たちこれから田舎でログハウスに暮らす準備をしたいんだけど何かアドバイスしてもらえる?」

 

いいよ~。じゃ、何個か言うね。

まず、二人とも土地はまだだよね、その土地はどうするつもり?

「そろそろ休みに車であちこち見に行こうと思うんだ。なるべく家にお金をかけたいから安い土地を探すんだ。そしてなるべく広い土地ね(´∀`)」

 

ぶ~~っ!!

あのね、それはいいけど安いとか広いとかのこだわり方を間違えると大変なことになるよ。

 

「え、なんで?多少奥地でもいいから安いとこありそうでしょ?で、広~いとこ。よくネットの土地の情報欄に載ってるよ、バカ安なんだ」

 

ああ、やっぱりなぁ・・・

あのね、よく言ってることだけどどんな情報でもネットだけの情報は鵜呑みにしちゃダメだよ。

その辺は僕のラジオやYouTubeとか聞いてくれるといいんだけど。あとこのブログね。

 

「安い広い近い」はなかなかないし、あったら先に誰かが買っているんだよ。そして良く家でも土地でも安く安くって言ってる人はあちこち探して回るだけでこの辺で手を打つってタイミングを見逃していつまでも買えない人が多いんだ。

で、自分が地主や不動産屋さんになったつもりで見たら、それほど安く売りたくないでしょ?

気になる土地が見つかったらまず僕に見せてほしいんだ、見てあげるよ。

そして良かったら自分で決断する。これだね。

 

「そっか~、でも100万とかそれ以下とかないかな~、1000坪くらいで」

え、それはどこの土地のこと?日本もいろんなところあるからそんな土地も確かにあるとは思う、でもあなたが言ってるその値段はそれなりの土地なの。凸凹がある、勾配がきつい、湿地がある、川があるのはいいけど家が建てられそうなのは向こうの端のほんの一部分とか、水道が来てないとかね、そういう土地だよ。しかも水道が届いてない奥地で夜中にクマが出てくるようなところだったらどうする?クマも昼から出てくるところも多いよ。

僕が前に住んでたところなんかは夕刊と朝刊が翌日一緒に届くんだよ。キョーレツでしょ?(笑)

 

もっともっといろんな事例があるけど、まあそんな感じ。結局建てるときにお金がいろいろかかって安物買いの銭失いになることもあるから、なるべく田舎物件に関しては自分ひとりで買わないのがいいよね。

最悪、買ってしまったならその土地は見せてもらってどういう風に使うのが一番いいか僕が検討するんだけど。

 

「なるほど~」

土地の値段がどうこうばかり言ってるわけじゃなくてそんなことばかり言ってるとなかなか買えないからちゃんとした基準を持って妥当な価格で買えるといいんじゃないかと思うんだ。

 

あとね、もうひとつ最近はネット環境がどうなのかってこともライフラインの重要なポイントだよね。

今の時代、ネットが使えないのはきついよね。

 

さらにもうひとつあるんだけど、ご主人働き盛りの年代だと思うんだけど仕事はどうするの?

「あ、この辺なら会社にもそれほど遠くないから通えると思う」

あ、それならいいね。でも土地探しをしているとどんどん当初希望していたところから離れていくことがあるから気を付けようね。

 

それで、これはこのブログを読んでる方で今住んでいるところから離れたところに移住を検討されてる人がいた場合なんだけど、

離れたところに移住すると今までの会社には通えなくなるので会社を変わることになることが大半だと思います。

その場合、現地に行ってから仕事を探すのは危険です。

いま、どこであろうと仕事の算段はしておかないと現地に行ってから路頭に迷うことになりますから。

もちろん、ローンで家を建てるならなおさらですよね。

 

「なるほど~、いろいろ勉強になるな~」

はい、あまり考えすぎるのもなかなか踏み切れませんし、簡単に事を進めるのもちょっと怖いしってことで、この後は僕とゆっくり検討していきましょうか。

「はい、よろしくお願いします」

 

・・・・・・・・

 

 

この話は実話であり、お名前場所は公表できませんが実在のご夫婦の話です。

その後お二人と十分話し合いながらその半年後に家は完成しました。

いま、ご主人は家の裏に露天風呂を掘りたいと意気込んでいます(笑)

何はともあれ、幸せに暮らしているようで良かったです。

 

あ、ホームパーティーは良くやってるようで薪割も友人にやらせてあげてる(笑)ようです。

やるもんだね(笑)

 

 

【 これもおすすめ 】

    ↓

・地方移住の注意点を知っておこう

 

・ログハウスの土地を探す極意

 

・オーナー訪問 第5回 S様邸

 

・ログホームクエストのHP

 

・田舎でログハウスに暮らす提案 (YouTube)

 

 

※よろしければ「いいね」してくださるとうれしいです(≧▽≦)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ログハウスプロデューサー 瀬那さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。