知人男性を包丁で刺したとして、殺人未遂などの罪に問われた無職菊池弘被告(51)の裁判員裁判で、横浜地裁(大島隆明裁判長)は25日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。
 弁護側は「男性を脅かすつもりで殺意はなかった」として、傷害罪を適用して執行猶予の判決を求めた。しかし、判決は「鋭利な刃物で人体の中心付近を深く突き刺し、常識的に命の危険があることは分かる」と殺意を認定した。
 判決後の記者会見で、裁判員を務めた30代の男性会社員は「自分の感覚と法律でいう殺意が違った。雰囲気や言動かと思っていたが、残された証拠や証言から、殺意が成立するか考えるということが分かった」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
国選報酬を過大に請求=詐欺容疑で弁護士逮捕
男児暴行死の父、強盗事件で逮捕=880万円奪った疑い
路上強盗、男3人逃走=ナイフ突き付け衣服も
取り調べDVD、裁判員初の再生=強盗殺人公判

「九州新幹線博多駅」ホーム、3月31日お披露目(産経新聞)
<将棋>久保の封じ手は8六歩 羽生は強気 王将戦第4局(毎日新聞)
「いない いない ばあ」の瀬川康男さん死去(読売新聞)
<訃報>市村吉五郎さん92歳=歌舞伎俳優(毎日新聞)
自称霊能力者ら再逮捕=女性に薬物、殺人容疑など-大阪府警(時事通信)
AD