テーマ:


ところで


「"わぁい"って何?」 って感じですよね (笑


"わあい" とは


香川県高松市塩江町にある エコビレッジで、

いつでも誰でも遊びに行ってもいいコミュニティです。



とうぜん宿泊も可能で


震災直後は、被災地の方を受け入れる施設として、30名くらいが一緒に暮らしていました。


現在は "わの舞" の香川拠点 に なっています。


うちの子ども達が通った保育園は、


「困難があったときに乗り越えられる力をつける」


ということがモットーで、たいがい自然派だと言われていましたけど、
ここは、それさえ越えてたね(笑


餅米を蒸すのに、マッチさえ使わない。


ザ・火打石


麻紐 を ほどいたものの上に、火打ち石から出た火の粒が落ちる。


すかさず息を吹きかける。すると


ぼわっ


火種が大きくなる。


火の赤ちゃんだ!


と、叫んだのは、ひで姉でありましたが


ほんと、まるで生き物のようで

産まれた瞬間は、ちょっとした感動ものでした。


米が蒸しあがるまでの間


午前中に採ってきた魚を小学4年生がさばき


サワガニを素揚げして食う (笑


「小学校には行ってないよ。
 楽しくないから」


って子もいました。


うん、それもありだよね~


ここでは

生きるってなんだろう
本当の幸せって?


ってことを 十分学べるし

事実、その子は、とても利発で、コミュニケーション能力に長けていました。


震災後に東京から移住してきた方が、


「自給自足は、案外、簡単だった。」


とおっしゃっていたけれど


確かに、生きるのにかかるお金なんてほんとは、たがかしれてるんだな。


このかまども山から粘土を取ってきてつくった手作りなんですよ。


サントリーニ に 花束を-未設定


この日も


「カレースープ作ってきたで~」 と 鍋を抱えてくる人


人参がたくさん取れたからとダンボール2箱持ってくる人


近く通りかかったからよってみたという人がいて


いろいろな意味で循環していて


普段、生活するのに必需品だと思っていた電化製品達はここにはほとんどないけど


不思議と豊かで満たされているんだ。



ひで姉さんが


「香川ってこんなに辺鄙なのに進んでる☆」


って、笑いながらおっしゃってたけど 辺鄙だからこそってのもあるのかも。



なんせ忌部の国ですからww



面白いなあと思ったのが、わあいの氏神が


「天野神社」 というらしい(笑


ここの祭神は、丹生都比売ではなかったけれど


天兒屋根命 

天照皇大御神

天太玉命


!?


ふただまさんって!


ってことで、忌部の山、高越山のお話につづきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

智海(tomomi)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。