LOA88みおりん♪とLOAラブな仲間たち

♪買いたかった 買いたかった 買いたかった Yes!

♪買いたかった 買いたかった 買いたかった Yes!

♪すぐに~! 


テーマ:
1985年、まだ、みおパパが健在だった頃、その超偉人のことを知りました。

その超偉人とは、元教員(県立高校教頭を経て、広島県立廿日市養護学校校長)で、勲四等瑞宝章受賞の日本相対磁波研究所長、故三上晃氏です。

三上氏は永年の研究を積み重ねた末に、ついに、植物と人間がコミュニケーション出来る交信電子機器LBS(リーフ・バイオ・センサー)を開発することに成功しました。

三上氏と植物さんとの共同研究で、当時としては荒唐無稽であった「太陽に水がある」との説を著書の中で大胆にも発表。

その後アメリカの科学雑誌「SCIENCE」にて「Water on the sun」という論文発表があり、三上氏と植物さんとの共同研究の裏付けがなされたこともありました。

おそらく、今後、もっと科学が進化したら、三上氏と植物さんとの共同研究で、またまた裏付けがなされるだろうというものに、腸は記憶力を持つというものがあります。

LBSで調べたところ、眼や耳で得た情報は腸への連絡神経にのって、いったん腸に送られ、記憶され、これが脳に送り返され次なる行動に移されるそうで、しかもこれは瞬時に完了するということです。

これが立証されたら、腸、気持ちいい!(笑) 

ダジャレはさておき、こちらは1995年のテレビ映像です。

『三上晃 世界超偉人伝説』
http://www.youtube.com/watch?v=gwWgylEOdqQ

番組内では、演出のためか、たけしさんとさんまさんは終始おちゃらけで笑っていますが、内心はマジで適合薬草、気になってると思います(笑)


世界超偉人伝説の中で紹介されてた、人の写真と薬草の写真を使って、その人の適合薬草を植物さんに調べてもらう方法で、私と父の写真で調べてもらったところ、二人ともアマチャヅルと判明しました。

三上さん曰く、親子で同じ薬草が出るのは大変珍しいとのことでした。

それ以外にも、有名なUFOコンタクティーのアダムスキー氏が金星人と母船の丸窓から外の宇宙空間を眺めている写真を異星人がアダムスキー氏のカメラを使って、別の小型宇宙船から撮影した写真で、判別はつかない丸窓に写る黒い人影から、1人はアダムスキー氏で、もう一人は、金星につながりのある人物であるということを、植物さんは、きちんと判定もしてくれました。(私の個人的な依頼実験)

先日、偶然という名の必然で、三上さんの著書をチラ読みしていたら、もうすっかり忘れていた目からウロコの記述を発見してしまいました。

それは、三上氏の共同研究者のひとり、実験木の五葉の松さんから三上氏へのテレパシー通信を記述したものでした。


「さっきいったように冷却水排出の際の残留放射能、空中に放出されるもの、 これは希薄であろうが、しかし徐々に増えていくものと思わねばならない。

 それは、放射能伝播のルートがもう一つある。

 これは、まさかみんな気付かない。

 いわば盲点なんだ。

 それは電線を流れる電流だ。

 ひにくなものだね。

 電流をつくって、その電流が放射能を運ぶとはね。

 これに気付いている学者が何人いるだろうか。

 気付いていても固く口を閉ざして語ろうとしないだろうね。

 原子力基本法までできて、国が一枚かんでいることだし、 へたに口を出そうものなら、学者としての道は閉ざされるし、出世はまずできなくなるからね。

 彼らにとってはいわゆるタブーなんだよ。

 人間はなんで名誉とか金にしがみつくんだろうなぁ。

 われわれ植物界では、まったくの平等で、階級や階層がなく、 経済生活というものがないからね。

 こういう点では人間はかわいそうといえば気の毒な生きものだよ。

 さて、さっきの電流と放射能のことだがね、電流というのは電子の流れだよね。

 その電子はモノを記憶する性質がある。

 だからコンピュータやワープロが作動できるわけだ。

 そういうことで原発から放出される電子はウラニウムの本質を記憶した電流となっているわけだ。

 その電流は配線をつたって供給され、需要の末端へ流れ込んで必要エネルギーとして使用される。

 そこに至る途中なにがしかの放射能をまきちらしながらね。

 いま言った末端とは、工場や学校やビル、各家庭ということになる。

  そしてそれらの末端がいろんな機械、テレビ、ワープロ、コンピュータ、冷蔵庫や照明などであるわけだ。

 電流をつかった医療器具にはいろんな種類があり、それらは病院や治療所の現場で直接患者の体にふれているわけだ。

 こうみてくると身ぶるいのでるほど恐ろしいことだといえる。

 では、こんなことがなぜ放置されているのか、ということになってくるね。

 俺のみたところでは、これら放射能漏れを調べるテスターがないからだよ。

 物質の超ミニ粒子ー波動段階が未だにつかまれていないという科学の遅れのせいだね。

 安全基準といったものはあるだろうが、その安全度はどこで何を使っておこなわれているかが問題だね。

 たとえ安全の目安がたったとしても、微量といえども毎日のように家庭や職場で使うたくさんの電気器具から継続的にこれを浴びたら、これは危険なことだよ。

 毎日コンピュータの前で長時間にわたってこれをあびたら、体はだるくなるし原因不明の病気にもつながりかねないわけだ。

 難病の一つにガンがあるよね。

 これも戦後が多い。

 原爆につづいてくりかえしおこなわれた原爆実験、それら以後に多発した病気だ。

 そして原発電気エネルギーの配給と今日まで続いている。
 
 それに小児、子供の奇病、最近ではエイズだ。
 
 エイズは世界的に猛威をふるいはじめている。

 このエイズは次なるエイズ、新型エイズも発生しつつあるようだ。

 さらに海でも川でも奇病が発生しつつある。

 海底にも電流がはしっている。

 アカシオといわれる魚介類の大敵も原因がはっきりしないまま多発している。

 よく見てごらん。

 たいてい電線がはしっている附近に松枯れが多く発生している。

 これらの現象は、お前さんがみんなLBSにかけてテストしてみるとよい。

 俺がテレパシーしたことに間違いないことが分るだろうよ。」


(以上下記書籍より転載) 


あなたはどの星に転生するのか―植物センサーが教えてくれた生命情報科学の近未来/三上 晃

¥1,529
Amazon.co.jp

ということで、LOA元付け(電気用)の概要説明をご紹介します。


LOA元付けを分電盤の中の幹線(赤、白、黒の3本)を挟むようにして設置いただきますと、電線を構成する物質(銅、他)のバランスが良くなります。

そして、その中を通過する電子も励起され、マイナスの現れないバランスの良い電子となり電磁波となります。

電子の捉え方の一つに、電子1個1個の前後の電子はそれぞれの持つ普遍エネルギー(放射エネルギー)によって繋がっていると考えた方が理解し易いと思います。(水の場合、量推計の本管に元付けを付けると同時に蛇口から出てくる水が変わります。これと同じように捉えています)

電気は発電所で生まれ、送電線で利用者に届けられますが、発電方法(原子力、火力、水力、風力)の違いによって、その内容(性質)は異なり、送電線で送られる距離や通過する電磁場によってもマイナス的要素の影響を受けると思われます。

LOAは電気の通過点の環境エネルギーを貴めることで、バランスが良くなり安定しますので、マイナスを残さない自然界や生命現象の中で発生する電気と調和する電気に変換してくれます。

その電気を使う電気製品等からはマイナスが無くなり、生命の賦活となる環境を作ってくれます。

更に、節電等の省エネにもつながります。

(以上転載)

三上さんの本を16年ぶりに再読するように、みえない力が導いてくれたのも、今、多くの方にこの情報を伝える必要があるからなのでしょう。

ドーム・パラダイスの分電盤に、LOA元付け(電気用)を取り付けてからは、何時間パソコンの前で、作業していても、まったく疲れることがなくなり、むしろ良い電気で元気が出るくらいです(笑)


☆今月のテーマ『緊急提言・植物さんの主張!』のツボ☆

  
     ・放射能は電線を伝染する!


(以上、下記「噂の毒出しマガジン」2011年8月号より転載)

◎毒素排出で10歳若返る最新デトックス活用術
http://archive.mag2.com/0000123155/index.html


追記

三上晃氏の著書『あなたはどの星に転生するのか』については、パナリさんのこちらのブログが、ぱなり参考になります(笑)

『あなたはどの星に転生するのか~植物センサーが教えてくれた生命情報科学の近未来~』
http://ameblo.jp/panaring/entry-11037446965.html


心からの感謝とダジャレをこめて・・・

LOA88みおりん♪




解毒 デトックス のお宿 ドーム・パラダイス
http://www.domeparadise.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

LOA88(エルオーエーエイティエイト)みおりん♪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。