民主党の安住淳選対委員長は12日の読売テレビの番組で、小沢一郎前幹事長が参院選で候補者2人を擁立した改選数2~3の選挙区への対応について「候補者はもうフルスピードで走っている。できるだけそのまま頑張ってもらった方がいい」と述べ、複数擁立を見直すことに慎重な姿勢を示した。
 安住氏は「1週間前は内閣支持率20%。(複数候補のまま)突入したら二つとも失いかねないところが多かったが、おかげさまで支持率が戻ってきた」として、共倒れの懸念は薄らいできたと指摘。ただ、最終的には「菅直人首相に判断を求めたい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
菅首相、宮崎知事と会談へ=口蹄疫対応で畜産農家視察
参院選へ開けぬ展望=離脱カード切れず

西都・日向・宮崎の感染疑い牛と豚、すべて陽性(読売新聞)
<動物愛護管理条例>野良猫に無責任な餌やりを規制 伊万里市(毎日新聞)
<菅首相>「ぶら下がり取材」 1日1回に削減を提案(毎日新聞)
「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
都城でも口蹄疫の疑い…畜産王国にショック(読売新聞)
AD