京都市伏見区で起きた市営住宅の火災で、4歳児を救出した京都府立鳥羽高校(京都市南区)3年で、相撲部員の杉本亨光(なおみつ)さん(18)が卒業後、大相撲の春日野部屋(東京都墨田区)に入門することになり、26日、同校で壮行会が開かれた。

 同級生らを前に「一生懸命けいこします」と決意を表明した。

 杉本さんは20日、煙が噴き出す市営住宅2階の窓枠に男児がしがみついているのを見つけ、窓の柵を足場にしてよじのぼり、男児を担いで助けた。

 春日野部屋の谷村竜太マネジャーは「相撲は、救助と同じように、瞬間の判断が必要だ。今日のように、大勢の人から拍手をもらえるよう、頑張ってほしい」と話していた。

若者はなぜ新聞取らないのか 情報にお金払うという感覚なし(J-CASTニュース)
小沢氏「職責を全う」辞任示唆否定(産経新聞)
<富士山の日フォーラム>5年でごみ123トン回収を報告(毎日新聞)
首相動静(2月21日)(時事通信)
3月に女性の健康習慣イベント―厚労省(医療介護CBニュース)
AD