江戸川区平井の専門学校「東京マスダ学院」で8日、使い古した針に感謝する「針供養」が行われ、学生らは針を真綿に刺して日ごろの感謝の気持ちを表した。

 物を大切にする心を養うことを目的に、学院は昭和15年の開校以来、毎年この日に針供養を行っている。調理や日本語を学ぶ学生らは、包丁やペンを供えていた。

 服飾を学ぶ川口千里さん(18)は「私たちの勉強のために一生懸命働いてくれた針に感謝の気持ちを込めて刺した」と話した。

【静かな有事】第3部 逆転の発想(5)共生できるか「外国人労働者」(産経新聞)
制服エンブレム偽造容疑、警察グッズマニアら逮捕(読売新聞)
嫡出子認定を千葉法相に要請=性同一性障害の夫(時事通信)
枝野氏の刷新相起用、首相じわり「小沢離れ」か(読売新聞)
<火災>犬小屋全焼、70匹が焼死 奈良(毎日新聞)
AD