竹原信一市長の意向で掲示された市職員給与総額が記された張り紙をはがしたとして、懲戒免職処分を受け、その後鹿児島地裁から処分を取り消す判決を受けた鹿児島県阿久根市の男性職員(45)に対し、同市が4月分の給与を支払わなかったことが22日、自治労鹿児島県本部への取材で分かった。
地裁は3月に未払い分の給与などの支払いを命じる判決も言い渡しており、同本部は「強制執行の申し立てをする」としている。今月9日の処分取り消し判決後、最初の給料日が21日だった。

【関連ニュース】
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに「おカネ持ちが判決」
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視
復職へ「まだ通過点」=勝訴の阿久根市職員が会見

鳩山首相元秘書に有罪=禁固2年、猶予3年-偽装献金事件・東京地裁(時事通信)
京急線生麦駅の変電施設から煙、1600人が線路上を歩き避難(産経新聞)
「ポスト盗まれた」長男110番=家族も通報、対立深まる-一家5人殺傷・愛知県警(時事通信)
元交際女性監禁容疑で26歳男逮捕=刃物で脅し15時間-警視庁(時事通信)
足止め外国客にハンバーガー=無料シャワー券も配布-成田空港会社(時事通信)
AD