【オタワ時事】米国での日程を終えカナダ入りした岡田克也外相は29日夜(日本時間30日午前)、オタワ近郊のガティノーでクリントン米国務長官と会談する。外相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新たな移設先に関する日本側の検討状況を説明。5月末までの決着を目指し、米側の理解と協力を求める。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

在日保健師定年「悔いなし」…昇任に国籍の壁(読売新聞)
遮断棒折れ阪和線14本運休(産経新聞)
雑記帳 松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)
門真の2歳児虐待 母も認識?少年問いつめる(産経新聞)
20人分の略式命令を破棄 赤切符ミスで最高裁(産経新聞)
AD