【ふるさと便り】

 鳥取県米子市の大山トム・ソーヤ牧場で今年生まれた子ヤギたちがすくすくと成長している。天気が良ければ14日にも、来場者らが自由に入れる園内の「めーめーランド」で公開される。

 同牧場のヤギは、今年1月末から2月末にかけてのベビーラッシュでオス16頭、メス4頭の計20頭が誕生。うち1頭は一般家庭に引き取られたが、19頭は母ヤギの乳で元気に育ち、体長50~80センチに成長した。

 これまでは親と一緒に動物舎で育てていたが、今後は交代で来場者の前にデビュー。同牧場は「ヤギは人に懐きやすくかわいらしいので、ぜひ見に来てほしい」と話している。

 開園は午前9時~午後5時。入場料800円(小学生以下700円)。問い合わせは同牧場((電)0859・27・4707)。

【関連記事】
菅野美穂さんが松山でトークショー 「坂の上の雲」への思い語る
「イノシッ士」2期生が誕生 鳥取
【ふるさと便り】中原中也ゆかりの旅館で彫刻の個展 山口
おいしいモモ待ってて 広島・尾道で授粉作業
【ふるさと便り】吉備路に春呼ぶ菜の花満開
20年後、日本はありますか?

子ども、内向き傾向に=「世界で活躍」2割以下-周囲との関係を重視・ベネッセ調査(時事通信)
「ニット議会」で気分も晴れやか=山形県山辺町〔地域〕(時事通信)
警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書-鹿児島(時事通信)
道州制で静岡県は分裂? 浜松市長発言が波紋(J-CASTニュース)
春の大雪 東北直撃 八戸で60センチ超(河北新報)
AD