NHKは26日、受信料の支払い督促に応じないため強制執行を申し立てると文書で通告した8都府県8人のうち、支払いに応じなかった5人に対して、各地裁に財産を差し押さえる申し立てを行った。NHKが強制執行に踏み切るのは初。

 NHKは14日、8人に文書を郵送。支払期限とした21日までに愛知、岡山両県に住む2人から、期限後の25日には高知県に住む1人から入金を確認した。

 NHKによると、強制執行を申し立てた5人は福島、東京、千葉、大阪、兵庫の各都府県に在住。5人への請求総額は48万5858円で、最も高い人で13万1800円に上った。

 NHKは「やむを得ないと判断した場合は、支払い督促と強制執行手続きを活用し、放送受信料の公平負担の徹底を図ってまいります」とコメントしている。

【関連記事】
NHK、受信契約へ本腰 業者に訴訟、一般世帯には簡裁申し立て
改正放送法が成立 NHK経営委の監督強化など柱
NHK受信料、強制執行通告後に2人が支払う
NHK、愛知で14世帯に受信料督促 最高13万4千円滞納
妻が無断で受信契約は無効 NHK未払い金請求棄却
虐待が子供に与える「傷」とは?

国交省課長補佐を逮捕=酔って駅員に暴行―神奈川県警(時事通信)
<名古屋市議会>河村市長に対抗心、TVの広報番組を要求(毎日新聞)
製鉄の副産物で海を修復 神戸製鋼が神戸空港島で実験(産経新聞)
外で活発に遊んだ子ほど学習熱心に(読売新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
AD