Dog=GOD!

犬と一緒に暮らすということ。
犬と一緒に暮らしているということ。
犬は神様です。


テーマ:
日毎に寒気加わる時節となりました雪の結晶
皆様にはおかわりございませんでしょうか雪
北海道では暴風雪警報が出ているほど、凄いことになっているようですが
私の住む地域では、いくら「寒い寒い」と言っても、吹雪の中外にいる人たちに比べたら
全然生優しい屁のカッパの序の口なんでしょうぶーぶー
天候不順の折、皆様おそろいでご壮健にて長い冬にお備え下さい雪

ホワイトシェパードのえびすの募集を再開したのですがわんわん
さすが仔犬の人気犬種、最初に募集したときと同じ状態になってますしょぼん

「よくご覧下さい」「よくお読み下さい」
と書いていても、よく読んでない・理解してない方からのメールに対応するのに本当に困っているのですしょぼん

閲覧数からすると沢山の方が書かれている内容を読んで理解しているのが解るのですが(ご協力ありがとうございます)
写真だけ見て「欲しい!」と欲求が高まった方々は活字を読むことも難しくなってしまうのでしょうカゼ

それでも、よく読んで理解して無い部分を説明するのですが
お断りするにしても(書かれている内容を理解して頂ければ応募も控えるだろうと思うようなことです)私達は意地悪で伝えているわけではありません叫び

恐らく、今までの経験からこういったやり取りが「高圧的」「偉そう」などと言われてしまう原因にもなるんでしょうガーン

1通ずつメールで説明していたのですが、あまりに数が多いので
「よくお読み下さい」と短文で返すようにしたのですが
これまた・・・日本語が通じません。
その場合は、大変申し訳ありませんm(_ _)m 温厚な婆も的確に正直にハッキリと回りくどく無くビシっと返事させて頂いております。気を悪くしてしまったら本当にすみません。婆全く悪気はありません。回りくどく説明しても理解して頂けないと判断した場合のみです。

募集をする犬によっては、お留守番も出来る/人と生活することに慣れている/トイレの躾けも出来ている/大人しい/吠えない/咬まない/テンション高くない/攻撃性が無い などなど
素敵な犬もいるので、絶対ダメとは書いておりませんが
1頭1頭の預かりブログに、その犬に適しているだろうと思える飼育環境・生活環境の希望を書かせて頂いております。

成犬に成りきれてないジュニア世代の犬(又は仔犬)は、これだから捨てられたと解りやすい状態の事がほとんどです。
例えば、ゴールデンレトリバーは比較的飼育しやすい大型犬ですが、一般的では無いゴールデンもいますよ叫び
覚えている方も多いかもしれませんが、写真では可愛いゴールデンパピーのペコちゃんも(笑)
それはそれは違う意味で一般家庭での飼育は難しい女の子でしたねひらめき電球
攻撃性とかの問題では全くありませんが、何しろ目を離すことが出来ない犬でした。
しかし、自分の飼育していたゴールデンが飼育しやすかったとか、子供に面倒みさせるとか・・・・
面会しただけじゃ解らない生活の中の困ったことなどお伝えしても信じてくれずなんてことも多々ありました得意げ
(今は広い家に広い庭を自由に駆け回り、イタズラは相変わらず派手ですが幸せに暮らしていますよ)

どうしてこんな良い子(犬)が捨てられてしまったのか理解出来ないような
性格が穏やかで、何も問題のない状態の犬は、ほとんどが4才~5才過ぎです。
まだ手もお金もかかるお子様がいるご家庭には、そういった穏やかな犬をおススメしますわんわん
が・・・現実は”捨てられている子(犬)をほっとけない!と熱く語ってくる方も多く
それなのに疾患や怪我を抱えている犬では無く、仔犬に応募が沢山集まるという
なんとも人間の嫌な建前が見え隠れするのが現実であります。

ペットショップや繁殖屋/ブリーダー と勘違いして応募してくる方もいらっしゃいます

私達はボランティアですし、皆様が支援してくれている募金や不定期に参加するフリマで資金を稼ぎ出している、とても小さい活動をしています。
活動賛同費というものを、医療費が沢山かかってしまった犬も、避妊/去勢・ワクチン・狂犬病・健康診断(血液検査・レントゲンなどなど)一通りのことを済ませた状態の犬も、恐らく皆さんが飼育している犬が同じ医療行為を行っても5万円で済む場合はあまり無いかと思う金額を一律に取り決めしております。
その活動賛同費も「金取るのか!」「私も以前保護してましたけど!お金取ったことありません!」「勝手に好きで保護してるんだから金取るのはおかしい」「もうちょっとオマケしてください」など・・・
ほんとね・・・私が大金持ちだったらとタラレバの話ししか出来ないのですが、申し訳ありませんとしか伝えることは出来ません。
が、正直そんなことをいうのなら応募しないでもらいたいのですカゼ

何度も同じワードを打ってしまって、見苦しいと思うのですがしょぼん
私達はボランティアで小さい活動です。芸能人や企業がスポンサーになってくれるようなことでもありませんし、皆様と同じような一般家庭の”普通の人”です。
チーム全員が皆様と同じように仕事をし、家庭があり、さらにボランティアに参加しているのです。

出来ることならば、日本全国、いや世界中の人たちに、譲渡枠を広げ
1頭1頭の性格や性質、希望する環境にマッチした人たちの元へ犬を譲渡させて頂きたいと夢を抱いておりますが
現実は皆様と同じように日々の生活にも追われている状態です。

【募集地域】というものを、大変申し訳ないことでございますが設けております。
預かり飼育をしている犬に限っては、大急ぎで誰でもいいから先着順!?なんてことをしておりません。出来るだけ希望にマッチするような方と縁を繋げられるまで気長に新しい飼い主様募集と呼びかけていきます。
(いやいや・・・緊急でも預かり飼育中でも、”誰でも良いから”なんてことは無いですからね、安心してください)

そんなわけで、預かり飼育している飼い主募集中の犬に関しては遠方への譲渡はしておりません。
↑これ・・・どうぞご理解下さいませ。

但し!!例外もあります。
命の期限がついてしまった犬で、預かり家庭が決まらない場合、皆様にお願いして早急に譲渡先を決める場合があります。
その場合、私達からの目線は 【全てを受け入れてくれる常人離れした心優しい慈愛の菩薩様】のような人だと思っているのです。
捨てられてボロボロになっている犬は、どんな疾患が隠れているか未知数ですし、状態に関わらず早い段階で避妊手術をする段取りを組んで頂き、さらに状態が安定するまで目を離すことが無いようにということを私達が話しをする前に理解してらっしゃる方々ですえっ
緊急事態と判断した場合は、遠方まで犬を移動させることもいといません。

また私達から今までに犬を譲渡された方々のバックアップ・私達が心から安心して任せられる方のバックアップがある状態での遠方への犬の移動はさせて頂いておりますひらめき電球

大型犬の吠えは問題行動の一つとしてカウントされてしまいますが、私はそれは犬にとって必要なことであると考えております。
ストレスから異常な要求吠えなどの改善は、人間側が犬のもつ要求以前に素早く察知し理解することで少しずつ改善されていきますが、犬種特性の警戒吠えなどは逆に飼い主を守る行動でもあるわけですから異常に長くしつこく吠えない限り良しとしてもらいたいところです。
しかし、多種多様な人間が暮らしている住宅地ですと、そうもいきません。
人々のもつストレスが、ちょっと吠えただけで癇に障りご近所トラブルに発展することだって過去に沢山新聞を賑わせましたね。
犬アレルギーの人間がいる地域で、犬の毛がちょっと飛んだだけで大騒ぎされることだってあります。
ペットボトルの水ををもって散歩されても、大型犬のオシッコを500ccのペットボトルの水で完全除去できるわけでもありませんし、犬に不快感をもっている人間はオシッコの染みや水を流した形跡だけで、もっと嫌な思いをする人だっています。(公共の道路ですが)
どんなに匂いを消すために消毒しても、犬に嫌悪感を抱いている人からすると敏感に匂いに反応します。
現代は、夏の風物詩である町内会主催の盆踊りだって無音でやるところもあったり
義務教育中の一大イベントの運動会や文化祭にだって「うるさいからやめろ!」と自分のストレスで癇に障るからだけの理由でクレームが入って中止せざるを得ないなんてことだってあると聞きました。

そう、この日本はとんでもない方向に向っていってるのです。

世の中が便利になって、何でも手に入る時代になったお陰で
個人の許容範囲が極端に狭くなってしまった弊害ですね(長くなるからこの話しはやめよう)

私どものチームでは、住宅地への譲渡は極力避けております。

何を言われても良いです ということでは無く、住宅地が一つのコミュニティサークルと考え
色々な価値観の人がおり、人間同士の揉め事を犬に転化して欲しくないという理由が大きいです。
災害や有事のときには、コミュニティサークルで一致団結し、協力して事に当たることもありますから普段から声かけやコミュニケーションを取っておくのも必要です。
大型犬は大人1人分の大きさもザラでして、4m~6m幅の道路を歩かせるのにも
リードの長さ+リードを持つ人間の腕の長さ+犬の長さを考えると、少々テンション高い犬や
警戒心の大きい犬は、住宅地=生活する人間の数が多いと考えると人間も犬もストレスを感じてしまうというのも一つの理由です。(吊り上げるほどの勢いでリードを超短くもってグイグイと散歩させないとしょうがないという考えで散歩に行っても人も犬も楽しくないですからね)
但し、吠えることが少ない(吠えない)・テンション高くない(大人しい)・人に慣れている など素敵な犬は住宅地で飼育可にしております。
これもやはり、大型犬仔犬では無理な話しですし、住宅地飼育可になる犬は4才~の犬が大多数を占めます。

書いてて(打ってて)心配になったのですが・・・・・
決して意地悪で言ってるわけでは無いので、婆のところがダメだから繁殖屋(ショップ)で買ってくるからいいや!って思わないで下さいね。喧嘩売ってるわけでは無いのです。
ただ、ご近所・近隣住民・飼育される犬のことを、もう少し良く考えて下さい。
人も犬も幸せになれる方法は何だろう?と考えた結果、今現段階では得策だと感じています。
もし未来に保護犬、それも疾病があっても年取ってても犬と生活することが素敵な事でありプライスレスな癒しを与えてくれると日本国民皆さんが理解してくれた時が訪れたならば
恐らく法律も変わるでしょうから、婆の小言は日本昔話になります。それは良い事です。


食餌に関して
預かり飼育中の犬については、その犬に適しているだろうと思える食餌を与えております。
預かり飼育中に、色々なフードや手作り食を与え反応を見ております。
その中で、このフードなら問題なかったというものを与えているのです。
それは大体が高品質なフードになりますし、手作り食に関しては新鮮野菜や新鮮な肉・魚となります。
それをお伝えしますと、「そんな高いフードじゃなきゃダメなんて頭おかしい」という具合に切れられる場合があります・・・ほんと悲しいカゼ

これも何か勘違いをされていると思うのですが・・・・
私達はドッグフード屋ではありませんガーン
稀に犬の譲渡の条件にドッグフードの購入なんて話しも耳に入ってきますが
私達はドッグフードを販売してません・・・というか、商売しておりませんカゼ
また、犬によって合うフードが違いますから、特定のフードなんてこともありませんショック!
皆さんから支援して頂いているお金やフリマの売上などで、メーカーや商店から
新鮮なフードを出来るだけ安く協力して頂いていることはありますが
私達が販売しているわけではありませんので、「絶対にこのフードじゃなきゃダメ」とういうことではありませんが
預かり飼育の中で、その犬に適していると思われるフードをお話させて頂きます。
環境に慣れるまではそのフードの方が問題ないかもしれないという都合上なのです。
ずっと同じフードじゃなきゃいけないという話しではありませんが、預かり期間中に適していたフードよりも粗悪なものに変更し、逢いに行ったら被毛もバサバサお腹の具合も悪いなんてことがありましたら、遠慮なく忠告いたします。場合によっては犬の適正飼育が出来ていないということで忠告に従って頂けない場合、犬の返還を要求する場合もありますので、とにかく悪気や意地悪で話ししているわけでは無いので、良く話しを聞いて下さい。

犬の飼育費用について
犬は人間の生活にゆとりがあって飼育するべきだと考えております。
なぜならば、日本人は健康保険というありがたい制度によって1割~3割の負担で病院にかかれますが、犬は任意保険に加入しなければ100%負担です。
仮に任意保険に加入しても、その会社によって決められてることが違いますので
先天性疾患の場合は不担保や1年更新で病気をしたら更新もさせてもらえないなんてことも当たり前にあるのが現段階です。まだまだ発展途上ですし、活字が苦手になってしまった現代人に解らないように小さい字で書かれているとか保険会社も販売するのにあの手この手です。
それもそのはずですよね、犬の疾病にかける保険はリスクがありすぎますもんね。
現代の純血種は病気の宝庫になっています。今まで後天的と思われていた捻転なんかも先天的要素が強いなんて言われてます。耳の付き方や歯並び、爪の伸び方、逆さマツゲと細かいものについても先天的とか遺伝とか言われてますよね。
もうそれだけ病気発症が当たり前になってきているといわれている中でのペット保険ですから
リスク有りすぎて保険会社もあの手この手で不払いをしたい気持ちは解るような気がします。
人間の医療保険と同じくらいの金額を出せば、色々な病気に対応しているなんて保険もありますから余裕のある方(は、そもそも保険なんてかけないかな)は色々な会社のパンフレットを取り寄せて隅から隅までの苦手な活字をよく理解することから研究してみてください。
一回限りの保険なんてのもありますから、使いようですよひらめき電球

大型犬の骨折で100万円以上はかかりますし、先天性疾患ともなると今すぐ死んでしまうわけでは無いけれども毎月の投薬だけで病院にも値段はマチマチですが月1万円~10万円もかかる場合もあります。
春から冬にかけては毎月フィラリアの薬を飲ませなければ重篤なフィラリアに罹患する恐れもありますし、年に一回法律で定められている狂犬病予防接種や、死に直結する疾患の混合ワクチンなどなんだかんだとお金がかかります。
自分の生活さえも不都合を感じている人が犬を飼育するのには反対な婆です。
このブログの閲覧ワードに「大型犬の飼育費」「(犬種)を飼うには毎月いくら?」など
色々調べている方がいらっしゃると思うので、あえて書かせて頂きますが
小さいお子様がいる家庭は、小さいうちはそんなにお金がかからないですが子供も成長するに従って大変なお金がかかるものです。
また、老人を扶養しているご家庭では、介護の問題が出たりします。
毎月のフード代だけでも月数万円かかる上に、さらに出費がかさみますと
人間の生活にも支障をきたしませんか?
また、「そんなにかかるから病院にかかるの止めよう」って恐ろしい思考になってしまいませんか?

犬は無理して飼育するものではありません。

もっと深く考えるならば、ご自分の健康状態・年齢も考慮して下さい。
人生なんて一寸先は闇なんて申しますから、ほんと何があるか解りません
そこまで考えていたら誰も犬は飼えないって怒られることもしばしばなのですが
自分に万が一の事があったとき、飼育している犬は誰が面倒見るのですか?
そんな理由から私達は多頭飼育もススメてません。
(飼い主死亡・飼い主入院でセンターに持ち込まれる犬や猫が増えてます)
自分の好きで飼育した犬を国民の税金で処分してもらうのは自分勝手すぎませんかね

命を預かるからこそ、もっともっと良く考えて下さい。

熱い思いをお知らせしてきてくれる中で一番多いのが
「責任を持って最期まで面倒をみます」というのです。

捨てる人に物凄いバッシングをする人たちがいることに婆は悲しい気持ちになるのです。
別に捨てる人を擁護している訳ではありません。
恐らく、捨てる人も飼育した最初の頃は「責任を持って最期まで面倒をみます」という思いが心の中にあったはずです。

自分の思い描いていた犬では無かったから、心が折れてしまったんだと想像できますから
”そんな覚悟だったんか!”と叱っても良いのですが
飼育方法や飼育環境を詳しく教えてくれる方が傍にいらっしゃらなかったんですよね。
犬を飼育するのに【飼いたい犬】と【飼育できる犬】は違うと毎度婆発信しているのですが
犬を繁殖して商売にする人たちは、犬の幸せよりもまず・・・販売努力をするものですから
リスクよりも犬と暮らすことに良いことの方が伝えることが多いんじゃないでしょうかね。
それが私達の国、日本の法律であるということでもあるんですよね。
人間のモラルに賭けているというか、飼育することに”常識”が解らない人からしてみたら
自分の何が悪かったのかなんて心に留め置き反省するなんてことが出来る人も
きっと少ないのかもしれません。
法律が悪い、あいつが悪い、いやコイツも悪い・・ばかりが先行し、自分自身の何が悪いのかということを理解している現代人は、婆が感じるだけの世界では少ないかもしれないと思ってます。

言うことを聞かないからと体罰方式でエスカレートしていった挙句、オダくんのように普通の人では対処できない犬になってしまうなんてことは本当に多いのです。
私も色々な方とお話しさせて頂く機会に恵まれて、長年沢山の犬を飼育していた自信たっぷりのオジサンの話しを聞くと

「言うこときかなきゃ、ぶっちめてやればいいんだ!」という目が点状態になることも多く
私は誉めて躾けることも、大型犬、時にはぶっちめてやらんといけないときもあると両方を大事に思っている人間ですので、単にぶっちめて虐待のまま終わらせる躾けだか虐待なのか理解出来ない状態を維持している人間の話しに疑問が浮かびますが、そういった人間が今でも多いということなのです。
警戒心が強くテンション高く神経質な犬に体罰を繰り返すだけでは、結末が見えています。

「それがオレの飼育方法さ!文句あんのか!」という風に言ってくる人間に飼育されている犬に
何も出来ない日本の法律に不快感を覚えますが、現実がそうなのですから、いつかどこかで変わっていくことを祈り願うしか無いわけです。
婆はもちろん、そんなオジサンの話しにはニコニコ顔で「文句あり!」と言ってみますよ。
・・・そんな方は聞く耳を持つなんてことは無いのですが、ダメ元ですね。聞いてくれたらラッキー!くらいに思っておくと良いでしょう

飼育方法について
叱るときは鬼になったように一瞬で、誉めるときは菩薩か観音様のようにメリハリのある飼育方法を実践してみて下さい。難しいですが

最期まで責任を持つ覚悟の中に含まれるものは

・もしかしたら自分の子供に怪我をさせてしまうかもしれない
・自分の子供だけではなく、子供の友人に怪我させてしまうかもしれない
・脱走して他人に怪我させてしまうかもしれない
・ご近所に迷惑をかけてしまうかもしれない
・散歩中に他人の飼育する犬に怪我を負わせてしまうかもしれない
・家を破壊するかもしれない
・先天性疾患にかかり、月10万円以上の高額な医療費になるかもしれない
・不慮の事故で骨折して100万円以上の治療費がかかるかもしれない

などなど
このような事を想定して、そうなったらどうするという解決策をご家族皆さんで考えて下さい。
大型犬を飼育するということは、他人に与える影響、怪我をさせてしまうことも、他犬や小動物を食い殺してしまうなんてことも家や車が破壊されることも考慮してくださるとより現実味が味わえるでしょう。

賢い犬種だと有名な犬でも、生まれてから何も躾けもせずに野放し状態で育って
犬が勝手に何でも覚えていくわけはありません。
適正な飼育環境というものは、人が努力して作り上げていくものです。

だって、この世は人間が支配している人間の為の世界になっているんですもん(嫌だけど
動物と上手に共生していくのは、人間の努力しかないのですよ。

また人気犬種だから飼育したいという考え違いな方も、もう少し学ぶことをおススメします。
昨今の乱繁殖が当たり前な状態では、まともな犬なんかいるわけ無いと思っている婆ですので
ショップで買ってこようが、繁殖屋から買おうが、保護犬で疾病ありだろうが
全く生体には変わりません。病気だけでは無く性格も遺伝するものですから親犬が解らないとか
親犬は相当テンション高い犬だったとかだと、もう飼い主だけの責任では無いのですけどね
これは縁があって家族に迎えたわけですから、とことん付き合ってあげましょうメラメラ

随分と長くなりましたが
これくらいにしておきましょうひらめき電球

肝心のえびすですが、今の状態は力の加減ってものが解りませんから
デカイ図体の婆でも突進されるとよろけます。
普通体系の方だったら飛ばされます。
正面から突進してくる場合は良いのですが、どこで覚えたか
四方八方から二足歩行で突撃してきます。
30キロ近い肉体の弾丸のような体当たりを想像してください。
動くものを咥えようとします、それが加減の知らない甘咬みに連結しております。
小さい子供だと怪我します。大人でもふいにやられると軽く血が出ます。
本犬は全く悪気は無く、単にテンションが高く加減が解らないだけです。
警戒心が強いです、警戒すると背中の毛を逆立てて遠吠えします。
起きているときは、じっとすることは無く、ずっと走り回ってます。
他犬に対して食餌を取られまいと監守本能が若干あります。

全てトレーニング中です。

そんな訳で、小さいお子様のいるご家庭は好ましくありません
また、自由に出来る庭や広い室内遊び場も無く最初から留守番が当たり前の環境では
どんどんエスカレートするでしょう。


いや~ここまで読んで頂いて、ほんとありがとうございましたニコニコ

どうぞ、宜しくお願い致しますm(_ _)m
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

キャサリン@動物との共生を考える会 ONEさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。