ついてる♪ 銀座まるかん@南青山一丁目店

累計納税金額日本一の斉藤一人さんが創設した『銀座まるかん』(日本漢方研究所)が発売する商品やひとりさんの本など『健康と美容』『幸せに生きる』をテーマに皆さんのお役に立てますように最新情報などを更新していきます♪


テーマ:

ひとりさんはこうおっしゃっています。

 

 

人間ってだれしも好き嫌いがありますから、

 

ついつい好きなものを食べすぎて、

 

嫌いなものを食べない。

 

すると栄養のバランスが崩れて病気になります。

 

そんあときは食べ物の間違いに気づいて、

 

それを改めればいいんですよね。

 

人間ってだれでもしあわせになりたいから、

 

ついつい自分のことを考えすぎて、

 

大我を見失ってしまいます。

 

すると、いろんなことがうまくいかなくなる。

 

そんなときは自分が小我になっていることに気づき、

 

大我に変えればいいんだよね。

 

他人の悪口を言ったり、

 

他人のことを責めてばかりいてはいけません。

 

それと同じように、

 

「自分はダメな人間だ」とか、

 

自分のことを悪く言うのもよくありません。

 

他人を悪く言うのも、自分を悪く言うのも、

 

それは神様を悪く言っているのと同じことになります。

 

人間っていうのは、

 

神がつくったものだから

 

みんなそれぞれが完璧な存在です。

 

でも失敗はします。

 

それは魂が成長できるように、

 

わざと未熟な状態で生まれてきたからなのです。

 

成功者とは、なにか失敗をおかしたときに

 

「未熟だから」と思えるからこそ成長もすることができて、

 

それが次の成功につながっていきます。

 

失敗者とは、「私はバカだから」とか

 

「ダメな人間なんだ」と言って、

 

間違いを修正しません。

 

そこからなにも学ぼうとしないから成長できないのです。

 

だから成功するために大切なことは、

 

間違ったときに「未熟だから失敗したんだ」と、

 

それを成長の糧にできることと、

 

素直にすみませんって謝れることなんだよ。

 

「失敗したから自分はダメなんだ」じゃなくて、

 

「今日、間違いをしてしまったから、次からやらなきゃいい」

 

と切り替えればいいの。

 

未熟な人間はどこまでも成長できるんだよ。

 

縄文杉の芽だって、最初はとても小さいもの。

 

だけどその杉の芽が育って、育って、

 

やがて大きくなれば、立派な杉に成長します。

 

人間もそれと同じなんです。

 

それを、「私はバカだから」とかって言うと、

 

「バカは死ななきゃ治らない」って話にもなりかねない。

 

そうやって、自分を治らないほうに持っていくこと自体が

 

間違っているんだよ。

 

だから「私は生まれつきこうなんです」とか、

 

「生まれつき病気なんです」って言う人がいるけど、

 

生まれつきということは、

 

人間の魂は何度も生まれ変わっているから、

 

前世も間違ったことをしてたんです。

 

だからその間違いに気づくために、

 

生まれ出ると同時に間違いを持ってきたんだよ。

 

 

ひとりさんと恵美子社長の共著

『百発百中』より抜粋

 

 

 

仕事や頼まれたことを失敗したとき、

 

すごく落ち込んでしまったりしてしまうと思います。

 

しかし、最初から失敗せずできる人って、いないんです。

 

成功の前にたくさん失敗を経験して、学んでいるから成功できるんです。

 

だから、「自分はダメな人間だ」なんて思う必要はまったくないんです。

 

むしろ、「自分は未熟だったんだ、次はやらないようにしよう」って、

 

次にやらないように学べばいいんです。

 

そうやってたくさん経験していけば、成功もしやすくなります。

 

日々の出来事から、たくさん学びましょう!

 

最後まで読んでいただき、心から感謝します!

 

TUNEでした!

 

 

【ひとりさんの教え セレクション】

2017年 愛弟子出陣式 斎藤一人さんのお話

柴村恵美子講演会 in 蒲田「ひとりさん直伝 魔法のことば」

小我で商売をするからうまくいかない

大我はみんながしあわせになることを考える

我には小我と大我がある

微差でも負けは負け

外からの圧に対して「押し出す」

押し出したあとに成功の道ができる

自分の軸を神の軸に合わせる

圧の低下が病気の原因だった

はっていい見栄と悪い見栄

圧の高いところにエネルギーは流れる

楽しいを極めれば極楽

「だれかの役に立ちたい」と思ったときに引き寄せるものが変わる

否定しながら成功はできない

魅力とは考え方のこと

景気もあなたが引き寄せる!?

神はあなたの成長にしか手を貸せない

魂の第三段階

百発百中で引き寄せる方法

「行動すること」と「勉強すること」は違う

神様は "差" を埋めるためのものを出してくれる

無限の豊かさにチャンネルを合わせる

悪い結果を良いことに変える法

あなたの言ったことが返ってくるだけ

努力しても出世できない理由とは?

波動をよくするだけではお金は入ってきません

"ケチくさい" ことを言っていると "ケチくさい" ことが起きる

お金の波動を感じると人は稼ぎたくなる

目的が変われば振動数も変わる

引き寄せの法則とはなにか

「楽しい」扉を開きましょう

私たちは「問題を解決するため」に生まれてきた

「大変な定め(ハンディ)」を持って生まれてきた人はそれを乗り越えるだけの「強いパワー」も持っている

実力をつけても勝てない、なぜならツキがないから

"魔法の言葉" でも、うずもれていた答えが掘り起こせる!

「最高の答え」は自分で知っているけれど、「心の奥」にうずもれている

どんな悩みにも、必ず「答え」がある

子どもは、お母さんを通じて生まれた "神"

「チャレンジャー」(学ぼうとしている人)がいたらあたたかく見守る

その人は、「最高の判断」で、その行動を選んだ

あなたの周りにいる人、全員が "神" なんです

こんなに汚い格好をしていたら「内神さま」に申し訳ない!

一人さんの教えは大好きだけど「内神さま」は信じられない!

"内なる神" からの合図

「心配の波動」を出していると「内神さま」と通じにくくなる

自分の心の中にいる神さまに「ホントですか?」と聞いてみる

願いが「内神さま」に到達するのがどんどん早くなる

「内神さま」へのお願いは「最後に言ったこと」で決まる

あなたの「願い」をかなえてくれるのは、「内神さま」

地球上の人、ひとりひとりをすべて見守るために「内神さま」をそなえつけた

「内神さま」は子機のようなもの 本体の「外神さま」とつながっている

「私は "神" です。あなたも "神" です。みんな "神" です」

究極の「魂の成長」とは「自分が "神" であることがわかる」

「魂の成長のため」に、人は何度も生まれ変わる

人は、何度も何度も、生まれ変わる

「困ったことは起こらない」から「ツイている」

神様は全員が嫌がり全員が困るようなことをしないんだよ

死という天使はあなたの心の中に変化を起こさせてくれる

死神は「一緒に行こうね」って連れていってくれる最高の天使

人は何度も生まれ変わるから死を恐れることはない

死を考えるときに、人はまともに愛の道に戻れる

引きずっている過去から切り離してくれるのが、最後の神様

本当の「死神」は天使

「ツイてる」と言う、それだけで人はツイてくる

誰が何と言っても神様はあなたをずっと認めています

恐れより愛を出してください

自分を愛すれば、自分が変わるの

「恐れ」や、「劣等感」が「戦争」を起こすんだよ

完ぺきになる努力をしないで「よく頑張っているよな」と見てください

この「恐れ」から抜け出した人は天国に行ける

劣等感の正体は「恐れ」

「人から同情のエネルギーを引っ張り出す哀れみ型」

すべてを見抜いたとき、あなたに起きている現象が変わります。別の人生を歩めます

うっぷん晴らしの覚せい剤を打つのはやめようよ

本当はあなたを虐待しているのは、あなたなんです

でも幸せになれないというあなた。劣等感を与え続けられている人に依存していませんか

言霊の力で見事に治ります

あなたは一番最初は無実の罪だった

この悪徳裁判官は自分のとこだけでなく、人のこともいろいろ序列をつけたりするんだよ

劣等感を何度も何度も繰り返して嫌な気分にさせているのは、自分の中にいる「悪徳裁判官」

子どものとき受けた劣等感を大人までひきずってしまうのは悪徳裁判官のせい

やられている人はどうしたらいいでしょう

劣等感のある人を見抜く方法

「私のことは神様が認めてくれているんだ」そう思えばいいの

何回生まれても、この劣等感を持ったまま幸せになることはできないの

もし自分が不幸なら、自分の中に劣等感があるんじゃないか考えてください

「いつも自分をほめてて欲しい、見てて欲しい」なんて、劣等感のない人は言わないよ

子どもってものすごく繊細なんだよ、嘘つけないんだよ

一生懸命やってても好かれない人、うまくいかない人は、自分が楽しそうにやってるかどうか考えてみて

親も学校も先生も未熟だったの

闘うことないの。気づいてあげればいいの

人に劣等感を与えないように気をつけなよ

お母さんも自分の親にやられてきたんだよ

劣等感をやめようよ

人が楽しんでいたら「良かったね」って言えればいいんだよ

周りが未熟なんだ

劣等感を持っている人は、自分が劣等感を持っているのがバレるのが一番嫌なの

自分が親から受けてきた劣等感が原因だと気づいていない親

劣等感があっておとなしい子を、劣等感のある攻撃的なやつがいじめる

子どもは親に元気の気を奪いとられ無気力になる

いい子にしているときだけ喜んで、気に入らないとブスブス文句を言う親

自分の偉さを見せて威圧しているお母さん

未熟な親は自分の劣等感を子どもにぶつけてうさ晴らしをする

人はなぜ劣等感を持つのでしょう

劣等感の克服が人の修行

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も絶好調な銀座まるかんLMP南青山です♪

 

 

明日、8月19日 (土) は誠に勝手ながら、

 

臨時休業とさせていただきます!

 

ご来店、お問い合わせは

 

8月21日(月)にお願いいたします! m(_ _)m

 

 

営業時間のお知らせでした!

 

 

【ひとりさんの教え セレクション】

2017年 愛弟子出陣式 斎藤一人さんのお話

柴村恵美子講演会 in 蒲田「ひとりさん直伝 魔法のことば」

小我で商売をするからうまくいかない

大我はみんながしあわせになることを考える

我には小我と大我がある

微差でも負けは負け

外からの圧に対して「押し出す」

押し出したあとに成功の道ができる

自分の軸を神の軸に合わせる

圧の低下が病気の原因だった

はっていい見栄と悪い見栄

圧の高いところにエネルギーは流れる

楽しいを極めれば極楽

「だれかの役に立ちたい」と思ったときに引き寄せるものが変わる

否定しながら成功はできない

魅力とは考え方のこと

景気もあなたが引き寄せる!?

神はあなたの成長にしか手を貸せない

魂の第三段階

百発百中で引き寄せる方法

「行動すること」と「勉強すること」は違う

神様は "差" を埋めるためのものを出してくれる

無限の豊かさにチャンネルを合わせる

悪い結果を良いことに変える法

あなたの言ったことが返ってくるだけ

努力しても出世できない理由とは?

波動をよくするだけではお金は入ってきません

"ケチくさい" ことを言っていると "ケチくさい" ことが起きる

お金の波動を感じると人は稼ぎたくなる

目的が変われば振動数も変わる

引き寄せの法則とはなにか

「楽しい」扉を開きましょう

私たちは「問題を解決するため」に生まれてきた

「大変な定め(ハンディ)」を持って生まれてきた人はそれを乗り越えるだけの「強いパワー」も持っている

実力をつけても勝てない、なぜならツキがないから

"魔法の言葉" でも、うずもれていた答えが掘り起こせる!

「最高の答え」は自分で知っているけれど、「心の奥」にうずもれている

どんな悩みにも、必ず「答え」がある

子どもは、お母さんを通じて生まれた "神"

「チャレンジャー」(学ぼうとしている人)がいたらあたたかく見守る

その人は、「最高の判断」で、その行動を選んだ

あなたの周りにいる人、全員が "神" なんです

こんなに汚い格好をしていたら「内神さま」に申し訳ない!

一人さんの教えは大好きだけど「内神さま」は信じられない!

"内なる神" からの合図

「心配の波動」を出していると「内神さま」と通じにくくなる

自分の心の中にいる神さまに「ホントですか?」と聞いてみる

願いが「内神さま」に到達するのがどんどん早くなる

「内神さま」へのお願いは「最後に言ったこと」で決まる

あなたの「願い」をかなえてくれるのは、「内神さま」

地球上の人、ひとりひとりをすべて見守るために「内神さま」をそなえつけた

「内神さま」は子機のようなもの 本体の「外神さま」とつながっている

「私は "神" です。あなたも "神" です。みんな "神" です」

究極の「魂の成長」とは「自分が "神" であることがわかる」

「魂の成長のため」に、人は何度も生まれ変わる

人は、何度も何度も、生まれ変わる

「困ったことは起こらない」から「ツイている」

神様は全員が嫌がり全員が困るようなことをしないんだよ

死という天使はあなたの心の中に変化を起こさせてくれる

死神は「一緒に行こうね」って連れていってくれる最高の天使

人は何度も生まれ変わるから死を恐れることはない

死を考えるときに、人はまともに愛の道に戻れる

引きずっている過去から切り離してくれるのが、最後の神様

本当の「死神」は天使

「ツイてる」と言う、それだけで人はツイてくる

誰が何と言っても神様はあなたをずっと認めています

恐れより愛を出してください

自分を愛すれば、自分が変わるの

「恐れ」や、「劣等感」が「戦争」を起こすんだよ

完ぺきになる努力をしないで「よく頑張っているよな」と見てください

この「恐れ」から抜け出した人は天国に行ける

劣等感の正体は「恐れ」

「人から同情のエネルギーを引っ張り出す哀れみ型」

すべてを見抜いたとき、あなたに起きている現象が変わります。別の人生を歩めます

うっぷん晴らしの覚せい剤を打つのはやめようよ

本当はあなたを虐待しているのは、あなたなんです

でも幸せになれないというあなた。劣等感を与え続けられている人に依存していませんか

言霊の力で見事に治ります

あなたは一番最初は無実の罪だった

この悪徳裁判官は自分のとこだけでなく、人のこともいろいろ序列をつけたりするんだよ

劣等感を何度も何度も繰り返して嫌な気分にさせているのは、自分の中にいる「悪徳裁判官」

子どものとき受けた劣等感を大人までひきずってしまうのは悪徳裁判官のせい

やられている人はどうしたらいいでしょう

劣等感のある人を見抜く方法

「私のことは神様が認めてくれているんだ」そう思えばいいの

何回生まれても、この劣等感を持ったまま幸せになることはできないの

もし自分が不幸なら、自分の中に劣等感があるんじゃないか考えてください

「いつも自分をほめてて欲しい、見てて欲しい」なんて、劣等感のない人は言わないよ

子どもってものすごく繊細なんだよ、嘘つけないんだよ

一生懸命やってても好かれない人、うまくいかない人は、自分が楽しそうにやってるかどうか考えてみて

親も学校も先生も未熟だったの

闘うことないの。気づいてあげればいいの

人に劣等感を与えないように気をつけなよ

お母さんも自分の親にやられてきたんだよ

劣等感をやめようよ

人が楽しんでいたら「良かったね」って言えればいいんだよ

周りが未熟なんだ

劣等感を持っている人は、自分が劣等感を持っているのがバレるのが一番嫌なの

自分が親から受けてきた劣等感が原因だと気づいていない親

劣等感があっておとなしい子を、劣等感のある攻撃的なやつがいじめる

子どもは親に元気の気を奪いとられ無気力になる

いい子にしているときだけ喜んで、気に入らないとブスブス文句を言う親

自分の偉さを見せて威圧しているお母さん

未熟な親は自分の劣等感を子どもにぶつけてうさ晴らしをする

人はなぜ劣等感を持つのでしょう

劣等感の克服が人の修行

ついてない人は結婚できてもついてない

「自分は運がいいんだ」と思えない原因は "恐れ"

科学的にも証明された「運気を上げる方法」

その気になれば、いろいろなことから見習える

あなたがほんとうにしたいことって「お金持ちになること」ですか?

お金に振り回されるのは「自分が主役」の人生を生きてない証拠

"怠け者" は神に願い、 "努力家" は神に感謝する

お金の「2つの側面」を知れば行動が変わる

お金はあなたにとって「ただの紙切れ」ですか? それとも友達ですか?

 

 

【今日もいい日だ!セレクション】

ひとりさん号が歴史になりました!

逆境に礼を言う

日本はちっちゃくないぞ!

第8回 今日のまるかんLMP

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひとりさんの著書 『幸せの名言集』から、

 

読者のみなさまを思い、開いたページの言葉を贈ります!

 

 

 

 

 幸せって小さなこと

 

 小さな幸せを見つけて

 

 また一歩階段を登る自分にありがとう

 

 ひとり

 

 

幸せになればなるほど、

 

小さな幸せを喜べる。

 

「幸せ見つけ」の名人が、

 

小さな花にも感激するし、

 

小さな喜びにも感激する。

 

今日は、こんな小さな幸せに気づけた。

 

本当に、自分にありがとう!

 

 

ひとりさんの著書

『幸せの名言集』より抜粋

 

 

 

人は大きな幸せに目を向けがちですが、

 

小さな幸せも目を向ければたくさんあります。

 

小さな幸せに気付くことができたら、

 

気付くことができた自分に「ありがとう」と言いましょうね♪

 

 

今日一日を、楽しくお過ごしください♪

 

TUNEでした♪

 

 

【今日もいい日だ!セレクション】

ひとりさん号が歴史になりました!

逆境に礼を言う

日本はちっちゃくないぞ!

第8回 今日のまるかんLMP

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひとりさんはこうおっしゃっています。

 

 

新しく会社を興して成功する人って、

 

たとえば一〇人が起業したら、

 

その中で成功する人はだいたい、

 

一人ぐらいなんです。

 

その成功した人たちの中で一〇年続く人って、

 

さらにその中の一〇人に一人ぐらいの割合でしょう。

 

それで、商売でも失敗するときって

 

小我になったときなんです。

 

最初は大我で商売を始めても、

 

やっているうちに "我(われ)" を見失って、小我に走っちゃう。

 

ちょっと成功するとうぬぼれて、

 

大我を忘れてしまう経営者が後を絶ちません。

 

大我がないと、商売って、

 

ただの競争になってしまいます。

 

安さやスピードを比べられて、

 

それでお互いに疲弊していくのです。

 

私は仕事で、よその会社と競争したことが一度もありません。

 

「銀座まるかん」は化粧品や健康食品を売っている会社ですが、

 

日本には化粧品や健康食品を売ってる会社はたくさんあります。

 

その中には大手もあれば老舗もありますよね。

 

ふつうは商品をつくるのでも、

 

市場調査をしてこういう商品が売れているから、

 

ウチでもつくろうとか、ライバル会社がいくらで出してるから、

 

ウチはいくらで出そうとかって考えるのがほとんど。

 

でも、ウチの会社では、

 

そのような会議をしたこともありませんし、

 

よその会社と競争したことって一度もないんです。

 

よそがウチの会社をライバル視していることは

 

あるかもしれないけど(笑)、

 

とにかくウチは一度もないし、

 

その必要がありません。

 

さらに言えば、新しい企画を考えて、

 

それが商品化して成功するのって、

 

千に一つぐらいの割合です。

 

でも私は百発百中で商品をつくります。

 

そして今まで売り出した商品はどれも、

 

成功か大成功のどちらかしかありません。

 

これは私がすぐれていたとか、

 

才能があったということではないんです。

 

ご存じの方も多いと思いますが、

 

私は中学しか出ていません。

 

会社勤めの経験もないのです。

 

では、どうして私が成功できたかというと、

 

大我に基づいて仕事をしてきたからなのです。

 

具体的にいうと、

 

「自分がもし神様だとしたら、どういう経営をするだろうか」

 

と考えながら仕事をするわけです。

 

すると、会社として利益を出すだけじゃなくて、

 

お客さんのしあわせを考え、

 

従業員のしあわせを考える。

 

さらに取引先や世間のしあわせも考える。

 

みんなのしあわせを考え出したら、

 

いつの間にかみんながよろこんでくれて、

 

みんなが応援してくれる会社ができました。

 

それが「銀座まるかん」なのです。

 

 

ひとりさんと恵美子社長の共著

『百発百中』より抜粋

 

 

 

このお話は商売を例にしていますが、

 

大我はなんにでも必要なことなんですね。

 

自分のしている仕事が料理人だったとしても、

 

同じように "大我" でやっているか、

 

小我でやっているかで、全然違います。

 

大我に基づいて行動している料理人さんが作る料理って、

 

とてもいいものを使ってなかったとしても、

 

同じぐらいに美味しく感じたりするんですね。

 

どのくらい "みんな" を思って行動しているかが、人に伝わるんですね。

 

仕事でなかなかうまくいかないことがあったら、

 

自分が今「小我」で動いているか、「大我」で動いているか、

 

よく考えてみましょう!

 

最後まで読んでいただき、心から感謝します!

 

TUNEでした!

 

 

【ひとりさんの教え セレクション】

2017年 愛弟子出陣式 斎藤一人さんのお話

柴村恵美子講演会 in 蒲田「ひとりさん直伝 魔法のことば」

大我はみんながしあわせになることを考える

我には小我と大我がある

微差でも負けは負け

外からの圧に対して「押し出す」

押し出したあとに成功の道ができる

自分の軸を神の軸に合わせる

圧の低下が病気の原因だった

はっていい見栄と悪い見栄

圧の高いところにエネルギーは流れる

楽しいを極めれば極楽

「だれかの役に立ちたい」と思ったときに引き寄せるものが変わる

否定しながら成功はできない

魅力とは考え方のこと

景気もあなたが引き寄せる!?

神はあなたの成長にしか手を貸せない

魂の第三段階

百発百中で引き寄せる方法

「行動すること」と「勉強すること」は違う

神様は "差" を埋めるためのものを出してくれる

無限の豊かさにチャンネルを合わせる

悪い結果を良いことに変える法

あなたの言ったことが返ってくるだけ

努力しても出世できない理由とは?

波動をよくするだけではお金は入ってきません

"ケチくさい" ことを言っていると "ケチくさい" ことが起きる

お金の波動を感じると人は稼ぎたくなる

目的が変われば振動数も変わる

引き寄せの法則とはなにか

「楽しい」扉を開きましょう

私たちは「問題を解決するため」に生まれてきた

「大変な定め(ハンディ)」を持って生まれてきた人はそれを乗り越えるだけの「強いパワー」も持っている

実力をつけても勝てない、なぜならツキがないから

"魔法の言葉" でも、うずもれていた答えが掘り起こせる!

「最高の答え」は自分で知っているけれど、「心の奥」にうずもれている

どんな悩みにも、必ず「答え」がある

子どもは、お母さんを通じて生まれた "神"

「チャレンジャー」(学ぼうとしている人)がいたらあたたかく見守る

その人は、「最高の判断」で、その行動を選んだ

あなたの周りにいる人、全員が "神" なんです

こんなに汚い格好をしていたら「内神さま」に申し訳ない!

一人さんの教えは大好きだけど「内神さま」は信じられない!

"内なる神" からの合図

「心配の波動」を出していると「内神さま」と通じにくくなる

自分の心の中にいる神さまに「ホントですか?」と聞いてみる

願いが「内神さま」に到達するのがどんどん早くなる

「内神さま」へのお願いは「最後に言ったこと」で決まる

あなたの「願い」をかなえてくれるのは、「内神さま」

地球上の人、ひとりひとりをすべて見守るために「内神さま」をそなえつけた

「内神さま」は子機のようなもの 本体の「外神さま」とつながっている

「私は "神" です。あなたも "神" です。みんな "神" です」

究極の「魂の成長」とは「自分が "神" であることがわかる」

「魂の成長のため」に、人は何度も生まれ変わる

人は、何度も何度も、生まれ変わる

「困ったことは起こらない」から「ツイている」

神様は全員が嫌がり全員が困るようなことをしないんだよ

死という天使はあなたの心の中に変化を起こさせてくれる

死神は「一緒に行こうね」って連れていってくれる最高の天使

人は何度も生まれ変わるから死を恐れることはない

死を考えるときに、人はまともに愛の道に戻れる

引きずっている過去から切り離してくれるのが、最後の神様

本当の「死神」は天使

「ツイてる」と言う、それだけで人はツイてくる

誰が何と言っても神様はあなたをずっと認めています

恐れより愛を出してください

自分を愛すれば、自分が変わるの

「恐れ」や、「劣等感」が「戦争」を起こすんだよ

完ぺきになる努力をしないで「よく頑張っているよな」と見てください

この「恐れ」から抜け出した人は天国に行ける

劣等感の正体は「恐れ」

「人から同情のエネルギーを引っ張り出す哀れみ型」

すべてを見抜いたとき、あなたに起きている現象が変わります。別の人生を歩めます

うっぷん晴らしの覚せい剤を打つのはやめようよ

本当はあなたを虐待しているのは、あなたなんです

でも幸せになれないというあなた。劣等感を与え続けられている人に依存していませんか

言霊の力で見事に治ります

あなたは一番最初は無実の罪だった

この悪徳裁判官は自分のとこだけでなく、人のこともいろいろ序列をつけたりするんだよ

劣等感を何度も何度も繰り返して嫌な気分にさせているのは、自分の中にいる「悪徳裁判官」

子どものとき受けた劣等感を大人までひきずってしまうのは悪徳裁判官のせい

やられている人はどうしたらいいでしょう

劣等感のある人を見抜く方法

「私のことは神様が認めてくれているんだ」そう思えばいいの

何回生まれても、この劣等感を持ったまま幸せになることはできないの

もし自分が不幸なら、自分の中に劣等感があるんじゃないか考えてください

「いつも自分をほめてて欲しい、見てて欲しい」なんて、劣等感のない人は言わないよ

子どもってものすごく繊細なんだよ、嘘つけないんだよ

一生懸命やってても好かれない人、うまくいかない人は、自分が楽しそうにやってるかどうか考えてみて

親も学校も先生も未熟だったの

闘うことないの。気づいてあげればいいの

人に劣等感を与えないように気をつけなよ

お母さんも自分の親にやられてきたんだよ

劣等感をやめようよ

人が楽しんでいたら「良かったね」って言えればいいんだよ

周りが未熟なんだ

劣等感を持っている人は、自分が劣等感を持っているのがバレるのが一番嫌なの

自分が親から受けてきた劣等感が原因だと気づいていない親

劣等感があっておとなしい子を、劣等感のある攻撃的なやつがいじめる

子どもは親に元気の気を奪いとられ無気力になる

いい子にしているときだけ喜んで、気に入らないとブスブス文句を言う親

自分の偉さを見せて威圧しているお母さん

未熟な親は自分の劣等感を子どもにぶつけてうさ晴らしをする

人はなぜ劣等感を持つのでしょう

劣等感の克服が人の修行

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひとりさんの著書 『幸せの名言集』から、

 

読者のみなさまを思い、開いたページの言葉を贈ります!

 

 

 

 

 幸せっていっぱい言うと

 

 幸せになる

 

 目があって幸せ

 

 耳があって幸せ

 

 命があって幸せ

 

 ひとり

 

 

「幸せ」って言うと、

 

幸せなことが不思議と起こるんです。

 

幸せなことが起きたから、

 

「幸せ」って言うようではいけません。

 

「幸せ」って言うと、

 

良いことが次々と起きます。

 

「幸せ」って言うと、

 

今すぐ自分の幸せに気がつきます。

 

「幸せ。幸せ。幸せ」

 

って言えるあなたは、

 

人生の勝利者なんです!

 

 

ひとりさんの著書

『幸せの名言集』より抜粋

 

 

 

しあわせなことってたくさんあります。

当たり前にあることでも、本当は当たり前じゃないんです。

目が見えてしあわせ。

耳が人の声や音を聞けてしあわせ。

自分の意志を伝えることができる口があってしあわせ。

美味しいものが食べれるだけでしあわせ。

探してみればいっぱいあります。

自分にあるしあわせなことに、気がついてみてくださいね♪


今日一日を、楽しくお過ごしください♪

 

 

TUNEでした♪

 

 

【今日もいい日だ!セレクション】

ひとりさん号が歴史になりました!

逆境に礼を言う

日本はちっちゃくないぞ!

第8回 今日のまるかんLMP

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。