吉野からの大台ケ原

テーマ:

ルートはだいたいこんな感じ。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=871eb2b3502b47538c1015a49e89b332

俗世間でたるんでしまった精神を霊峰のパワーで叩き直そうという企画です。

四時出発。

起きれた時点で自分は勝者です(笑)

ジャムパンをモグモグ食べながら近畿道で。

南阪奈でと思ってたら6時まで工事通行止めとのこと。ガビーン。

仕方ないので西名阪からアタック。

この時間帯だと下道でもスイスイですな。

途中コンビニに寄ったりして、吉野神宮駅裏側の駐車場に6時前到着。

そそくさと準備して6時過ぎに出発。

 晴れ予報だったのですが、どうも雲が多い。なおかつ湿度が高そう。

今日は蒸し暑そうなのでラファのクライマージャージを初めて着て来たのですが、たしかに生地が薄くて通気性は良いのですが乳首の位置がモロバレです(笑)

 吉野神宮前を通過して15号をひたすら走ります。

今日はとにかく安全に走り切ることが目標。

このあたりの山奥で落車して動けなくなったりしたら死活問題ですので。

走り出して1キロで頭から汗が垂れてきます。 

 二車線の道をタンタンと。

 程なくして下千本駐車場を通過。 

 まだ走り始めて間も無いですが、けっこう高いところのようです。

モヤがかかっているのが荘厳な感じ。 

 途中から売店が増えてきます。

桜の時期なんかは人でごった返すようですね。

ポコポコヘッドの路面が登場して少しキンチョーしますが、斜度はそれほどでもなかったので、ホッとします。  

 金峯山寺が現れます。

そのままスルーして先を急ぎます。

 モヤがすごい。 

 けっこう山奥なのに普通に街並みがあるのが不思議な感じがします。高野山と同じですね。 

 途中から山道感がマシマシに。

ヘビかなと思ったら超巨大ミミズで腰を抜かしましたよ。 

 奥千本方面へ進みます。

 ここからは6~8パーくらいの道がずっと続きます。

路面は意外と綺麗で走りやすいですが景色は変わらず。。

 ようやく金峰神社に到着。

中には入らず(かなりの斜度がありそう)左奥に見える道を進みます。

サイコンの温度計はら16度あたりを表示してますが、汗がすごい。

全身びっしょり。

 ここからは道に岩が落ちていたりと、少しだけ荒れ気味。

 カメラのレンズが曇っているのではなく、霧がすごいんです。

前後ライト点灯で進みます。

ちなみにすれ違ったのは一時間くらいで軽トラ二台でした。

 途中で川上村へ入ります。 

 黒滝村との分岐は天川方面へ。

 法面から岩が落ちてる箇所が多数、なおかつグレーヂンクも多いので慎重に。 

 画像では伝わりませんが、壮大なスケールです。北摂の山とは違いますねえ。

 川上村との分岐に差し掛かります。

川上村方面はまだ通行止め。

来年4月に開通らしいですが、あれだけ広大な範囲で崩れてたものが何とかなるってのはすごいことですね。。 

 大天井滝が遠くに見えます。

 で、ようやく五番関トンネル到着。  

 五番関トンネルを抜けると、今までと違って人の手が入ってる感のある景色に。

 ごろごろ水汲み場を通過。

この時間帯では当然誰もいません。

 しばらく進むと洞川の温泉街に。

ここの雰囲気も好きです。

 モリクラフラフラに8時過ぎに到着。

店はまだ開いてないのでボトル補給だけして先へ。

 309が工事ってことで迂回路へ。

 無事309に入り直して、渓谷沿いを走ります。 

 しばらく進むと再び工事の案内が。

9時からの通行止めまでに通過したかったので、今日は早く出てきました。

 去年は無覇王さんとせつおさんの強力な牽きで景色なんぞ見てる余裕はありませんでしたが、ここらの川の水はホンマ綺麗。

少し青みがかってるのが不思議です。

朝早いのに渓流釣り?の方がけっこうおられましたよ。

 道はやがて川沿いを離れて山の中へ。

何度カーブを曲がってもこの景色。。今年も苦しめられました。。

 ヘトヘトになった頃、ようやく行者還トンネルに到着。

かなり疲れたのでしばらく休憩。

トンネル脇には有料駐車場ができていて、平日の今日みたいな日でも係の人がちゃんといましたよ。

 真っ暗なトンネル(夜の五月山並みですな)を抜けて、ここからは10キロくらいの下り。

グレーヂンクが裏返しになってたりするので慎重に下りますが、長い下りは疲れますね。。

 お腹が空いたので、ようやくたどり着いた道の駅吉野路上北山で何か食べようと思ったら定休日。。塩味のものが食べたかった。。

仕方ないのでリアルゴールドでごまかして出発。

 今までは曇っていたのに、急に晴れてきました。。

曇りのままでいいのに。

序盤の平坦基調の区間でも山に入る手前はそこそこの斜度があってすでに脚は終了。。 

 で、いよいよ激坂区間へ。

ヒルクライムTTのサイトにも書いてありますが、激坂区間は8キロほど。平坦の8キロだとあっというまですが、激坂で8キロだと延々激坂(あたりまえの話ですがw)。

毎回しんどい思い出しか無いですが、『こんなにしんどかったかな』と思うくらいしんどい。。

タイヤがパンクしてるんじゃないかと思うくらいに。

たま~に6パーくらいになると下りかなと思えてきます(笑)

 

気温も上がってきて汗と絶望感がハンパ無いです。

木を切り出している箇所があって、丸太が二本道を塞いでいました。

なもんで『おっ!これは休憩できるんちゃうの!』って思ってたらおっちゃんがパワーショベルの先にマジックハンドが付いたような重機でヒョイを丸太を持ち上げてくださいました。

あ、ありがとうございます。。

這うような速度で何とかドライブウェイまで出たものの、この頃にはまったく力が出ず200wも出ないような状態。

 

往路は晴れていたのできれいな景色を見ることができました。

残り距離を示す看板の数字がなかなか減っていかない中で去年来た時のことを思い出します。

まったく進歩してないですね(笑)

オスカルプジョルの凄さがよくわかりましたw

 

 

何とか駐車場に到着。

いやしかしクタクタです。

写真だけ撮ってそそくさと食堂へ。

今日は平日だからなのか、駐車場に止まっている車もかなり少なかったですね。

うどん定食を摂取。

コーラが美味しかった!

 

天気が問題無いうちに下ります。

サイコンの温度計は14度くらい。

汗が冷えて寒かった。。

 

延々下って、手が疲れてきたころにようやく169へ。

左折して吉野方面へ。

ここからは長いトンネルを何本か通過しなくてはなりません。

大型もけっこう通りますし、トンネル内の路面は濡れているのでけっこう緊張しました。

 

トンネルを無事抜けると、少し下り基調の道がずっと続きますが、あいにく向かい風。。

集中力も無くなってダラダラした感じで杉の湯→和食ブッシュマンを通過。

169から吉野川の南岸の道を走って再び吉野神宮駅へ。

いやしかしくたびれました。

前もって探しておいた風呂屋に行くも休業。。。。

仕方ないのでそのまま帰宅。

自転車がドロドロだったのできれいにして、チェーン掃除をしたりして、ようやくブログを書き始めたら4回記事が消えたので、もうアメブロで書く気がなくなりました。

ここのブログも今回で終了です。

長らくありがとうございました。

http://caad9-6.hatenablog.com/

↑こちらに移転しました

 

本日の走行距離 149.68キロ

平均気温 18.6度(気温はやはり低めでしたが、汗はすごかった。今朝起きたら身体がカラカラでした)

獲得標高 3175.5メートル

平均心拍 131bpm(ちなみに最高は166bpm力が出ない一日でした)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

滝道RUN

テーマ:
いやあ蒸し蒸ししますね。
本日は帰宅後ランに。
『もう一週間経ったのか』とか思いながらボチボチ走ります。
滝道はいつもより人が多め。
なぜならホタルの時期だから。
瀧安寺あたりと、滝つぼ周辺で少し光っていました。
綺麗ですね。
長く生きたとしても、あと50回もホタルの時期を過ごせば、もうこの世にはいないんだろうなと思うと、人生長いようで短いような気がします。
『一年あっちゅうまやな』と思いながらタンタンと走って汗だくで帰宅。
疲れました。

AD

五月山からのEMMAコーヒー

テーマ:

月曜、火曜はローラー。

昨日はローラー中に晩御飯を急かされて途中でヤンピ。

とはいえ、少し嬉しかったのも事実ですがw


で、今日。

晴れると思ってなかったので、『これなら吉野行けたなあ~』とか思いながらのそのそ用意。

まあ、予報では晴れてても不安定ってことだったんで、無理に山奥に行かない方が正解だと思い直して9時過ぎ出発。

 風が吹くと涼しいんですが、日向はやはり少し暑いです。

今日は久しぶりに五月山へ。

ゆっくりと走ったにもかかわらず、公園入り口に着く頃には顔に汗が垂れてきます。

 料金所のおっちゃんに声をかけてスタート。

べつに頑張らなくていいと思うと少し気が楽ですw

 秀望台までで、すでに汗だく。

スウェットガーターのおかげで額の両端から『大丈夫かいな』と思うくらい汗が落ちてきます。

幸いダンプカーにあおられることもなくピークへ。22分半ほど。

箕面ダムの下りはお猿のフンがあちこちにあって、被弾しないように慎重に下ります。

被弾といえば、今年はぶら下がってる毛虫を見かけないんですが、どうしたんでしょうねえ。

423へ下って、汗が引くようにゆっくり走ってEMMAへ。

{9742D2C2-ABEA-4345-BB83-3F07DEC29A1D}

安定のオリジナルブレンドとモッツァレラとトマトのサンドを摂取。
食べ終えて、重い腰を上げて出発。
110号へ。
向かい風ですが、涼しいのでありがたいです。

 泉原を右折して激坂王母校を表敬訪問。

 久しぶりに右折して天狗へ。

急な坂にも慣れておかなければなりませんし。

とはいえ、五月山の後だからか、しんどさは思ったよりマシ。

ただスピードが遅いだけかもしれませんがw

 ちょうど4倍で上って、再び同じ道を下ります。

その後は勝尾寺後半を走って、駅側→帰宅。

やはり市街地は暑いですね。

距離のわりにけっこう疲れました。。


本日の走行距離 51.94キロ

平均気温 24.3度

獲得標高 1286.3メートル

平均心拍 136bpm(ちなみに最高は174bpm)

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
昨日はローラー。
ズイフトSSTのショートを試みるも、まったくダメで途中で撃沈。。
もやもやした感じで終了。。
やっぱりやろうと思った事ができないと気持ち悪いです。
で、今日は20分くらいアップしてからワークアウトに臨むことにします。
帰宅後ズイフトにログイン。
適度なペースでアップ開始。
五分を過ぎた頃でしょうか。
明らか周囲とは違うペースで迫って来る人が。。
せつおさんでした。。
どうするか迷いますが、状況としてはマドンナのWhat it feels like for a girlのPVの信号待ちのワンシーンの状態。

{1F6FD5B5-2F03-43D1-9A8E-956E5C046C7A}

こんな感じ(笑)せつおさんはこんなに濃くはないですが(笑)
なもんで、4倍を目安に踏み込み開始!
{D4637283-3D1E-43DA-959C-3A75DDF7F9E0}

当然せつおさんもタンタンとついて来ます。
いやしかししんどい。
2人で423を上ってる時と何ら変わりない状態w
もう太ももがいっぱいいっぱいで、途中でスローダウン。。
せつおさんはそのまま行ってしまうと思いきや、ペースを落として待っててくれてるではないですか。
仕方ないので踏みなおして再び一緒に走り出すと、途中で抜かしたオージーが絡んできて三つ巴にw
何とかオージーを突き放すことに成功しますが、下りに入るところで自分は終了。。
せつおさんはそのままますますペースを上げて最後は界王拳を発動してKOM。
{98D3C085-87E6-4EEB-A64F-31E6BA9F7FE1}

自分を待たなければもっとタイム差がついたことでしょう。
思いがけず追い込むことができました!ありがとうございました。
自分にしては悪くない出力でしたが、脚も気持ちもまだまだ貧弱ですわ。



るり渓までぶらぶらと

テーマ:

ランの翌朝はたいていドヨーンとしんどいのですが、今朝もそんな感じ。

本当は大台ケ原に行きたかったのですが(去年は夏で死にかけましたんでw) 、そんな気力も無く近場で済ますことにします。

 8時過ぎに出発。

昼くらいには帰りたかったので、時間が読みやすいるり渓へ。

タンタンと走れば帰りにEMMAに寄っても12時頃帰れる(ハズ)なんで。

いやしかし良い天気。

浄水場手前の温度計は17度。

山荘まで9分半くらい。

走り出して、速度計がどうもおかしい事に気付きます。

トンネルで速度表示が無くなるんで、どうもスピードセンサーを拾ってない模様。

423から亀岡GC→堀越へ。

いやしかし堀越の工事は長いですね~。いつ終わるんでしょ。

倉垣を右折して本梅へ。

477から372へ。

 372は最初横風だったのが追い風に。

調子よく進んで南八田を左折。 

 るり渓は久しぶり。

一回目の上りを終えた時点で、すでに死亡。

るりやからの二回目の上りはボロ雑巾のような感じで、ヨロヨロと。

 22分ほどかかりました。

ピークからの下りはかなり涼しくて気持ち良かった!

途中の自販機でボトル補給。

畑野からは残念ながら向かい風だったので、下りだけどヒイコラ漕いで宿野を左折。

久しぶりの逢坂峠はマツさんコーナーで心の中で合掌しつつタンタンとクリア。

倉垣を右折して野間中へ。

野間は最後の力を振り絞って(と言ってもホンマしょぼいですが)、何とかクリア。

汗だくで下ってEMMAへ。

{84072F1B-4B8C-4832-92F6-588C9DD6C8C8}

安定のオリジナルブレンドとイングリッシュマフィンを摂取。
20分くらいで店を出て高山の上りへ。
ヒイコラクリアして駅側へ下って無事12時過ぎに帰宅。
走りはシャキッとしなかったものの、良い気候の日に走れて良かったです。

本日の走行距離 91.06キロ
平均気温 24.1度
獲得標高 1664メートル
平均心拍 139bpm(ちなみに最高は173bpm)

 

 

滝道RUN

テーマ:
今朝は起きるのがタイヘンでした。。
今日は帰宅後にゴロゴロしたいのをこらえてランへ。
昨夜もそうでしたが、今夜もなかなかの涼しさ。
信号待ちでも汗が噴き出して来ないので助かりました。
タンタンと往復して帰宅。
いやしかしランは疲れます。。
明日は休みにしたのでブラブラ乗る予定。

TOJいなべステージ

テーマ:

昨日は何もできず。

ジロを観ながら夜な夜なポテチを食べていた成果が出てきて、体重がなかなかのモンでごわす。


今日はjets先輩とツアーオブジャパンを観に行くことに。

地理に疎いんで『そもそも「いなべ」って何処やねん』 ってところから始まりましたがw

{575D6918-502A-4A5D-9EE8-9DF03E534F8F}

三重県のてっぺんなんですね。
四時起床、4時45分出発。
5時にjets先輩宅に到着して先輩のクルマで出発。
今回はラファ主催の観戦ライドに参加するので自転車も持って行きます。
心配していた高速の渋滞も無く、7時半ごろ現地到着。
先輩、運転ありがとうございました!
自転車の用意をして、駐車場からほど近い集合場所の阿下喜(あげき)駅へ向かいます。

 駅周辺には自転車の人がパラパラいますが、『今からレース!』って雰囲気でもありません(到着した時間帯は)。

それよりも風がかなり強く、少し肌寒い。

 駅前で先輩と立ち話を続けていると栗村さんを発見!!

一緒に写真撮ってもらいました。エヘヘ。

思ってたより細い方でしたw

 駅前からパレードランがスタートするので、選手達が続々とやってきます。 

 しばらくすると、目の前にいたゆるキャラに突っ込んでくるランプレの選手が。。

 ぎゃー、世界のアラシロ選手でした!!

偽物は見た事ありますが、ホンモノはもちろん初めて。

{68776BBA-8002-4D85-A7AB-784B80ECC987}

スタート前ということもあって、半径2メートル以内には誰も近寄りませんが、皆さんカメラをパシャパシャ。

程よい観客の多さでよかったです。

 で、いよいよスタート!

 スタート後にラファのライドの方が集合。

スタッフの方の簡単な説明を受けて出発!

 スタート直後は少し車通りがあるので慎重に。

 途中、小学生の熱烈な声援を受けます(笑)かわいいですね。

照れ笑いしながら通過w 

 しばらくすると走りやすい田舎道に。

 風は強いものの、涼しくて走りやすい気候。

 途中のヘアピンカーブで集団が来るのを待ち受けます。

レースマニアっぽい人のタブレットに映るUSTREAMを見させてもらいながら(便利な世の中ですなあw)集団の通過を待ってると、ブレーキの匂いとともに集団が通過! 

 後に続くチームカーもなかなかの突っ込み具合でヘアピンを抜けて行きます。

 その後、再び移動して別の場所で観戦。

今回はラファのライドに参加することによって、うまい具合に観戦しながらゴール地点に向かうことができました。ありがとうございます。

 ゴール地点ではレース中継が放送されてます。

 ラファの出店でエスプレッソをいただいた後、残り周回にまだ余裕があるので、サンドイッチを購入。

 食べ終えた後は、ゴール地点へ移動。

 苦しそうな選手達が目の前を通過していきます。

 最終的には逃げの選手同士のスプリント対決に!

ゴールシーンを見届けてから、駐車場へ戻ることにします。

交通規制解除のタイミングを見計らって、アップダウンのある田舎道をゆったり走ってクルマにもどります。

帰りは名神で。

工事の影響で渋滞はあったものの、タンタンと走って無事帰宅。

観客が多すぎず、ゆったり観戦できたし、かなり満足でした!

運営の方々、ありがとうございました!

帰宅後、タニガキさんとjets先輩とで夜練に。

いろいろな話ができて楽しかったです!ありがとうございました!

終盤タニガキさんの声のデカさがハンパ無かったです(笑)


本日の走行距離 25キロくらい

 

 

 

 

 

 

富山へ

テーマ:

土曜は出勤前に乗ろうと思ったもののまったく起きられず。

富山の天気予報は予想に反して晴れ予報。

ジロの展開が白熱してきたので 、『雨予報なら行かずにジロが見られるなあ』とか思ってたんですが。

結果的にはジロ観てた方がよかったかもw


で仕事から帰宅して3時間ほど寝て23時半出発。

名神から北陸道へ。

前も後ろもクルマが走ってないような中をタンタンと走って4時前に富山競輪場に到着。

すでに続々とクルマがやって来ています。 

 5時の受付まで寝ようかと思ってたんですが、すでにバイクが並べられてるので自分も準備することに。  

 5時前にはこんな感じ。

ここからスタート地点に順番に移動。

その際に前後ライトのチェックを受けます。 

 スタート地点に整列した後はしばらく時間があるので座って周りを観察。

いやしかし皆さん良い自転車に乗ってらっしゃいますね。

チームで参加の方々もすごく多くて、無数の種類のチームジャージが目の前を行き交います。

『ジャージ製作会社は儲かってるんじゃなかろうか』とかぼんやり考えてると開会式が始まります。

議員さんの挨拶などを経て、いよいよスタート。


スタートは20人ずつ30秒ごと。

最初のうちは整列順にスタートしてたのが、わけのわからん指示が出て結局順番もクソも無いグダグダな感じでスタート。

 スタートは6時10分くらいでしょうか。

先導役の人について30キロ前後の速度で走ります。

チームで参加してる人は何がなんでもくっついていたいのか強引に位置取りしようとする人もいたり。。

普段一緒に走ってるでしょうに、そんなにくっつきたいんですかね。

白浜のTTTでも出ればいいのに。

まあ『ロットソウダルのゴール手前3キロからゴッコ』でもやってるんだろうと思う事にして、深く考えないことにします。


そんなこんなで走ってると救急車の音が。

少し進むと救急車が停まっていて、参加者のガタイの良い男性が倒れておられました。

ちょうど信号のとこだったので、信号待ちの間じゅう男性の方を眺める形になってしまったのですが、路面に流れてる血の量がかなり多くてビックリしました。

無事だったら良いのですが。

怪我だけは避けないといけないので、今回は基本のんびり走るつもりで来たのですが、こういう状況を目の当たりにして、なおさらそう思いました。 

 いやしかし良い天気。

緩い速度でタンタンと走ります。

不意にブレーキをかけたりする人もいるので車間空け気味で走りますが、他人のフリを見て自分も気をつけないといけません。 

 最初のエイドまでは50キロ強あるのですが、27.8キロくらいのペースだとそれはそれでなかなかしんどい。。

黄金色の畑は麦なんでしょうかね? 

きれいでした。

 で、ようやく第一エイドに到着。

ここまではド平坦だったため集団がバラけることも無く、多数の人が押し寄せてます。

すでに気温はけっこう高くて止まると暑いです。 

 ここでは冷えてないアクエリアスとバナナ、マス寿司(もしくはパン) を貰います。

人が多くてゆっくり座れる場所などないので、一気に頬張ってトイレを済ませて出発。

 ここからはいよいよ上りが登場。

上りになると集団があっという間にバラけます。

 スタッフの方を抜いてはいけないのかと思い、フルーム待遇でずっと走ります。良い自転車ですね。

しばらく走って尋ねると、『抜いてもぜんぜん問題無いですよ!』とのことだったので、ここからはマイペースで。

 で、いよいよ最初の本格的な上りの五箇山へ。

5キロ7パーくらい(だと思う)の道をひたすらマイペースで。

いやしかし暑い。。汗がスゴイです。

 途中、ママチャリに乗った悪魔さんを撮影。気さくな方でしたw

 で、ようやくピークへ。

前後ライトのチェックを再度受けた後、かなり長い五箇山トンネルへ。

確かに長い。

 抜けた後はズバーンと下って相倉合掌集落へ。ここも世界遺産だそうで。 

 集落内は乗車不可なので押してエイドへ。

冷えてないアクエリアスと大福、なぜかホタルイカあられ。。

陽を遮るものが無いので、とりあえず暑い。。 

 景色は良いとこですが。

 この後も山道が続きますが、風景が変わらないので記憶があいまい。。

山の神トンネルってとこまで5キロの上りがあったのですが、なかなかしんどかった。。

眠い気がします。

 そんなこんなで3つ目のエイドに到着。

自転車を置いて少し歩くのです。 

 ここで昼のようです。

素麺とお茶、弁当を頂きます。

並べられてある自転車の中から自分の自転車を持ち上げて運んで走り出します。

このエイドが一番アカン印象でした。 

 走り出してすぐの上りで脚が動きません。

 斜度がゆるんでもペースは上がらず。

 2、3人の方をパスした後はずっと一人旅。

なかなか厳しい山道をひたすら走ってようやくピークへ。

とにかく暑かった。。

ボトルが空になったので途中の自販機で足して、ようやく4つ目のエイドへ。

ここはミドルコースの方も寄るエイドなので賑わってました。

ここの受付で『ショートカットしたのでなければロングの方が今の時間に到着することは無いと思う』とか言われましたが、バカなんじゃないかと思い聞き流します。 

 体育館が涼しかったら少しヒルネしてやろうかとも思いましたが(笑)、残念ながら涼しくはありませんでした。

 ここでは少しだけ冷えたアクエリアスと豚汁、たけのこごはんを摂取。

 残りは40キロほど。

普段なら大した距離ではありませんが、今日はすでに疲労困憊。

『遠いなあ』と思いながら出発。

 市街地になり、信号も増えて来るので参加者が団子状態になってきます。 

 先頭は先導役残り人が30キロくらいのペースで一定で走ってるので、人が増えてなかなかの長さに。

クルマにクラクションを鳴らされることもしばしば。

 最終エイドでおはぎとアクエリアスをもらってスタート。

平坦な川沿いを走りますが、川からの風が涼しくて気持ち良いです。

一定のペースで集団で走って、ようやくスタート地点の競輪場へ。 

 最後はバンク内(一番内側ね)を一周してゴール。

いやしかしバンクは壁のようでした。

ゴール後は競輪選手用の大浴場が開放されていたので、ありがく使用させてもらい、さっぱりした後帰路に。

滋賀に近づくにつれ雨が強くなっていき、多賀のあたりでは前がかなり見にくい状態でしたが、なんとか9時半ごろ帰宅。

いやしかし疲れました。

大盛りのパスタを作ってもらって、即就寝。

まったく知らない人と走るのはいろいろ勉強になりました。

運営は自転車ブームにあぐらかいてるだけなんじゃないかと思いましたが。


走行距離 177.68キロ

平均気温 27.1度

獲得標高 2007.5メートル

平均心拍 132bpm(ちなみに最高は174bpm)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滝道RUN

テーマ:
昨日は用事で何もできず。
いやしかし今日は朝から蒸し暑かった。。
とはいえ日が沈むと、なかなか涼しい。
帰宅後、ランに。
走り出すと街中はなかなかの暑さですが、滝道に入って川の音が聞こえるようになるとグッと涼しくなります。
タンタンと走って、汗だくで帰宅。
いやしかし、今年のジロも見応えありますねえ。目が離せません。

妙見山からのEMMAコーヒー

テーマ:

{40FF0EE4-3E39-4565-B889-E99E67B0E7A5}

昨日はローラー。
zwiftにもRCCジャージの設定があるんですね~。
にしてもワークアウト中でも明らか張り合って来る人が時々おられますねw
まあ、それはそれで退屈しのぎにはなるんですがw 

で、今日はあいまいな天気。。
7時にズームレーダー見たら雨雲が来てる感じだったので『もう30分だけ寝ましょうかね』と思って、次に目が覚めたら9時前。。ガビーン。
少し雨がパラついてるようなんで『今日はローラーかなあ』とか思いながらグラノーラを食べてると、どうも雨はもう降らなさそうな感じ。
せつおさんに連絡して、EMMAまで行くことに。

 ダッシュで用意して、9時40分に出発。

サイコンのバッテリー残量があまり無いのですが、何とかなるでしょう。

 少し遅刻して(すいません)せつおさんと合流。

話をしながらゆっくりと駅側から。

2ndからはローテしながら公民館まで。自分にとってはなかなかしんどかった。。

せつおさんが『妙見山行きましょう』と言うので、そのまま金石橋を直進して久しぶりに妙見山へ。 

ここもゆったりペースで助かりました。

ブラストの皆さんが飛躍的に速くなってるという話等を聞きつつ、ピークまで。

途中でサイコンのバッテリー終了。。

 山頂はかなり様子が変わっていて、FULL田さんの指導だと噂される立派なサイクルスタンドができてました。

 ここまで来るとけっこう涼しいですね。

妙見口に下ってEMMAへ。 

 安定のオリジナルブレンドとタマゴサンドを摂取しつつ、いろいろな話を。

 重い腰を上げて、帰りは110号から。

しんどいのでずっとツキイチで。すんません。

希望が丘を過ぎてからピークまでがキツかった。。

必死のパッチで踏んでピークまで。 

 泉原を右折して激坂王母校を表敬訪問。

『炭焼き小屋まではついて行きたいな』という思いとは裏腹に、途中の斜度が緩むところの喫茶店あたりでチーン。

軽やかに竹林を走って行くせつおさんを見送って、しんどいながらも最後まで頑張ります。

下りでスローダウンしてくれてるせつおさんに合流。

勝尾寺はゆっくりと走って駅側へ下って帰宅。

なんかシャキッとしませんでしたが、外を走ることができて良かったです。

ただついて行くだけで申し訳なかったですが、今日もありがとうございました!