おはようございます

テーマ:
今朝は6時50分に目が覚め、朝食の待ち合わせに遅れそうでした(^^;)
朝からボリュームのあるご飯です。
春菊の白和えがあまかった。


空模様は暴風雨って感じです。
午後から晴れるのかな?

とりあえず部屋で待機。
AD

説明会&夕食

テーマ:

15時半ころから、ウェアとウェットスーツのチェックがありました。
トライスーツしか持って行ってなかったので、ホテルまで取りに戻ることに。
無事チェック終了。
その後、競技の説明がありました。
16時から競技となり、男子の3分後に女子はスタート。
水温に関係なくウェットスーツ着用可、場合により着用義務になる可能性もあります。
水温は今日22.2-22.8℃でした。
波は思ったほどなかったですが、視界は0ですね。
濁ってるけど海水も何度か飲んでしまった。
500mなら着用しなくてもいいかと思うけど?
30分ほどで説明会終了。
ナンバーベルトがいることに気づいて購入。
昨年から中止になったのでは?
不要な出費でした。


参加賞は、バックと陶器のバッチとメッセージ入りヒノキのハガキでした。


夕食は違うホテルまで行かなければなりません。
小雨ですが、風が吹いてるのでカッパが役立ちました。

お腹いっぱいです。
AD

朝ごはん♡

テーマ:
夕べは20時に五島に到着しました。
船は思ったほど揺れず、良かった。
ホテルはジングルなので、昨年のような交流もなく自分の時間を過ごす。


今朝はパラパラ雨が降っていて、やや強めの風が吹いています。
11時から公式スイム練習。
今から朝ごはんです。

長崎にむかいます

テーマ:
台風が近づいていますが、長崎国体トライアスロンはアクアスロンに変更され開催されることになりました。
なので、移動を1日はやめて行くことにしました。
福岡までは飛行機で、長崎までバスで、五島までは船の旅になりました。
今はバスで移動中です。

当日4時起き。

ゆっくり準備しながら、パンをかじる。

5時15分に出発。

南に向かう車がけっこう多い音譜


6時半前には日和佐に到着。

車はまだ少ない。

昨日の雨で運動場がじゅるじゅるなので、はしのほうに置きました。

受付には時間が早いので、バイクをセット。

すると隣の車の方が、ディレイラーがずれてる気がすると直してくれました。

いちおうメカニックにも見てもらいました。

そうこうしてるうちに受付時間。

仲間も続々集まってる~。

日焼け止め塗る前にマーキングしちゃった・・・。



海はべたなぎですね。

きれい。

そうそう、大会前にここで練習している人がいたらしいけど、普段は遊泳禁止ですから!!

気を付けましょう。



バイクなどを定位置にセット。

いつもと反対側でした。

ちょっと狭いなあ。




時間が迫ってくると緊張してくる。

スイム練習時間になってきたので、ウエットを着て海岸へ。

応援に来てくださってる方もいて、力をもらいました。

練習は1往復だけしましたが、特に問題なし。


8:40~入水チェック。

第3ウェーブなので3列目に並びました。

今年は、女子は全員第3ウェーブ

大勢の後に泳ぎだすのは怖いです。

スタートセレモニーには、後藤田正純の妻 水野真紀さんが来られてました。

お美しかったです。

そして、恒例の阿波踊り体操

全然見えなかったので、なんとなく体操した感じでした。


9時スタート!

勢いよく第1ウェーブが泳ぎだしました。

2分差でスタートしていきます。

今年は三角に泳ぐのではなく、750m沖へ行き折り返すという単純なコース

まっすぐ泳げばいいのだけど、全員が前方を視認しながら泳いでるわけではないので泳ぎにくい。

隣にあたったら、しばらく頭を押さえつけられてキャップが脱げそうになりました。

絶対故意だ!

ウエットスーツ着てて良かった。

最初はあわててたけど、徐々にいつもの泳ぎになってきました。

なるべく手だけで泳ぎます。

今年は気持ちいいように抜ける!

青キャップを抜いて、白キャップもパラパラ見えてきた。

残り400mくらいで右足が攣りだしました。

足使ってないのになぜ?

冷たさのせいかなあ。

とりあえず落ち着いて海岸を目指しました。

海岸に上がって時計を見ると29分台。

目標はクリア。


走ってエイドへ向かいます。

水をかけてもらいながらウエットスーツを脱ぎ、バイクのもとへ走る。

上から服を着て、ナンバーをつけともたもたしてるとけっこう時間を食ってしまった。


バイクに普通に乗ってスタート。

すぐに知人に抜かれていく~。

女子も速い!

今年はレベルが高いんじゃない?

頑張ってペダルをこぎました。

アップダウンのオンパレード。

今年はあまり練習ができていなかったので、上りでペースダウン。

下りは気持ちよくスピードが出たのは、自転車のおかげ。

女子選手でも坂道をものともせず進んでいくのに感動しました。

あんなに乗れるようになるんだ~。

自分のふがいなさを感じつつも頑張るしかないので、しっかり前を見ました。

最後のトンネル手前に救急車。

突っ込んだのかなあ?

平地になってもデッドヒートが続くけど、負けてしまった。


バイクを降りて靴をはこうと思ったら、ウエットの水が入って濡れてる~。

仕方ないか。

帽子をかぶって、ゼリーを持って走り出しました。

足の痛みは思ったほど感じず、ペースはキロ5分くらい?

だいぶん暑かったので、氷やスポンジをもらってはウエアに挟みました。

だいたいイーブンペースで走れてたかな?

応援もいっぱいでうれしいけどこたえる余裕がなかったです。

ゴールが見えてきて最後の力を振り絞る。

そしてゴール!

タイムは2時間52分9秒

 スイム 29分9秒

 バイク 1時間33分13秒

 ラン 49分45秒

例年くらいです。

昨年より遅いのは、トランジッションでもたもたしたからだと思います。

今年はそれほど暑くなく好タイムが出そうだったのに残念。

完全に練習不足ですね。


ゴール後はプロテインバーを食べて水浴び。

気持ちいい~。

皆さんタイムを縮めてるようでいいなあ~。


バイクがとれるようになるまでうろうろ。

片づけを始めるころになると雨が降り出しました。

ひどくならないうちに片付けれたのでよかったです。


弁当を食べながら表彰式や、じゃんけん大会を待っていると土砂降りの雨と雷

けっこう長く続きました。

そのため、表彰式・じゃんけん大会も中止。

え~~。

今年は徳島県で2位、エイジでも入賞できず残念でした

昨年のものと比較すると、みんなのレベルが上がっているのだとわかりました。

私だけ成長してないのかあ~。

もっと頑張らないとだめですね。


帰りはホテル白い灯台の温泉に入って帰りました。

疲れたけど、楽しかったです。

また来年も参加したいです。

そしてタイムを縮めたいなあ。

大会関係者の方やボランティアの方・応援してくださった方々ありがとうございました。

国体当日④

テーマ:

ゴールをすると、肩からバスタオルをかけてくれました。

あ~、ゴールした~ニコニコ

距離が半分になったおかげで短かったなあ~。

ゴール後もまだ興奮冷めやらずで寒さは感じず。


すぐ表彰式が始まったので見ていました。

みなさんかっこいいですラブラブ


急速に日が落ちて暗くなってきました。

スイム会場においてきた上着が気になって、走って取りに行きました。

けど、な~い。

もしかしたら上着に県名が書いてあったから、預かってくれているかも。

選手控場に戻って、係の人に聞きました。

『それでしたら、本部のほうに届いているかもしれません。』

と。

一度行ったときはまだ届いておらず、しばらくして行くと届いてました。

着替えを済ませ、バイクに乗って体育館へ戻りました。

そして、バイクを梱包。

他にもいらなそうなものも梱包。

これで荷物が減る音譜

翌日、ヤマト便が来て郵送の手続きをしてくれるはず。


バスに乗って宿へ戻りました。

すぐにお風呂と思ったけど、夕食の時間。

お腹もすいていたのでいただきました。
ランニング日記

宿の社長から焼酎の差し入れあり、水割りで少しだけいただきました。

ちょっと苦手かなあ。


他県の方は打ち上げがあるとかで早々に切り上げたところもありました。

ほろ酔いでお風呂に入ってリラックス~音譜

部屋に帰ってもおしゃべり。

けど、いつのまにか寝てました。


翌日は、無料バスで党内1周観光でした。

国体当日③

テーマ:

昼ごろに降っていた雨はやみ、天気は回復しました。

風のおかげで路面も乾燥しましたニコニコ


スイム会場で順番にコールされます。

徳島は昨年出ていなかったのと、くじ引きで最後から2番目

スイムアップ後なのでみんな寒いといっていましたが、私は意外と感じませんでした。

たぶんレース前でアドレナリンが出まくってたからかなあ?

緊張はしてなかったです。

レベルが違いすぎて、きっと最後のほうを争うくらいと思っていたので気負いがありませんでした。

着ていた上着は預ける人がいないので袋に入れて、石垣の上に置いておきました。


男子と同じように県名と名前がコールされポーンツーンへ。

左端から2番目に位置取り、というかそこしか空いてなかったということです。

『オン・ユア・マーク』

のすぐあとエアホーンが鳴りました。

意外とすぐ鳴ったのでダイブが少し遅れました

水中メガネにちょっと水が入った気がするけど、大丈夫。

落ち着いて泳ぎました。

あっという間に周囲の人はいなくなり、私遅いんだな~って思いました。

誰かを目標にしなければと同じくらいのペースの人についていきました。

たまに方向確認をしながら泳ぎ、1回目のターン

その時腕時計のタイマーが鳴りました。

5分たったんだ~。

後ろに人がいないようなので、わたし最後?と思ったら、しばらくすると反対側を泳いでる人がまだいました

ちょっとホッとしました。

ポーンツーンに登って再ダイブ

今度は左の方に水が入った気がする。

けど、息継ぎは右だから目には入らないのでよかった。

2回目のターンを終えしばらくすると、サーフボードにぶつかりそうになりました

ちょっと歪んで泳いでたみたいで、ボードに乗った人が

『もうちょっと中を泳いでください。』

と言われコース修正。

ちゃんと前を確認しながら泳がないと駄目ねべーっだ!

やっとポーンツーンに登れました。


キャップを脱ぐと髪がぐしゃぐしゃ。

くくりなおしながら走ってると、キャップを落としちゃった

拾って再度走り出しました。

あとで思ったのですが、そのまま放っておいたらペナルティになったのかもしれません。

あの坂道を走ってのぼり、トランジッションへ。

かごにキャップと水中メガネを入れ、靴下とビンディングシューズを履いていると周回遅れのバンドを付けられました。

当然よね。


サングラスをかけヘルメットをかぶり、バイクを押して乗車ラインへ。

ラインを超えたところでバイクに乗りましたが、なかなかシューズが固定できずあせりました

スイムをあがっての1周目。

すぐの坂道がしんどいショック!

足が重くてだるくてつらい。

こんなので4周できるかなあ?

とにかく前を追ってペダルをこぎました。

海岸線あたりで先頭集団(?)に抜かれました

メッチャ速っ!

向かい風と坂道がほんときつくてつらい。

登りきったところで勢いをつけて坂を下り、そのスピードで1人抜きました

L字曲がり角にあった金属メッシュには、右半分だけカバーがかけられてました。

全部カバーしてくれてた方がラインをとりやすいのにな~。

2周目になるとやや楽になりましたが、やっぱり坂はつらかったです。

防波堤のとこにいたおばさんの応援がうれしかったな。

坂の途中では男子選手が座って応援してくれてたのも印象的でした。

2周目も一人抜きました。

3周目では、2番手グループ(?)に抜かれました。

なぜあのスピードで走れるのか知りた~い。

この周も一人抜きました。

4周目、最後と思いましたが坂道が頑張りきれない。

2周目に抜いた人に抜かれた。

けど、下りを利用して抜き返し、2人抜きました

降車ラインでバイクを降りてトランジッションへ。


バイクを自立式ラックに入れ、かごにヘルメットとシューズをしまい、ランシューズに履き替えました。

その時、右ふくらはぎが攣りそうになったけど、ふくらはぎをつかんだら何とかセーフ

距離が短いし、日差しも弱いのでキャップはかぶらず走り出しました。


その時、先頭がゴール

さすが、トップレベルは違います。

そんなことは気にせず、自分のレースに専念。

とにかく足が攣らないように走りました

沿道の人が応援してくれているので、手を挙げると

『徳島頑張れ!』

と言ってくれます。

これでまた頑張れる音譜

1km地点と思われるところに印がありました。

4分20秒。

おっ、速い。

意外と走れてたのでびっくりしました。

折り返してくる同じ宿の人へエールを送りながら走りました。

1周目は11分26秒でした。

2周目も足がつらないように注意して走りました。

残り1kmを過ぎたところで、富山の方がレースをやめて戻る方向に走ってる!

『頑張れ、あとちょっと!』

というと

『タイムアウト。』

とのこと。

『えっ、そんなのあったの?』

私もゴールできなくなるかもしれないと思い、さらに頑張りました。

幸いたくさんの応援もあり、ゴールすることができました。

タイムは1時間30分をギリギリ切ってました。


ゴールできたことに感謝!

みなさんほんとうにありがとうございましたニコニコ


トライアスロン国体女子①

トライアスロン国体女子②

トライアスロン国体女子③

表彰式

公式記録表



順位36位 1時間29分46秒

スイム 22分14秒 40位

T①  1分30秒

バイク 42分29秒 36位

T②  30秒

ラン  23分03秒 31位

国体当日②

テーマ:

まったりと過ごしてましたが、そろそろ男子のレースが始まるとのことでスイム会場へ向かいました。

アップを終えた男子がコールされています。

昨年の順位順に並んでいました。

セレモニーでは競技会会長 岩城光英氏のあいさつ、三宅村長 櫻田昭正氏のあいさつがありました。

そして音楽にのせて一人ずつ県名と名前が呼ばれ、係の人とハイタッチしながらポーンツーンへ行き位置決めをします。

順位が早いほど希望のところが選べるのです。


ランニング日記

そしてみんなが位置についたら、

『オン・ユア・マーク』

とコールされ、エアホーンでスタートしました。

一気に泳いでいくのですぐに姿が小さくなりました。

そして白いブイを回って帰ってきます。

もういちどポーンツーンへ登り、再ダイブ。

みなさんとっても速いしかっこいいです。

あんな風にダイブできたらなあ~と思いました。

14分ほどでトップが水から上がってきました。

そして走ってバイクへ。

徳島の選手はスイムが得意なので14位で上がってきました。

頑張れ!


男子のレースも見たいけど、そろそろ女子のスイムアップが始まります。

トイレで着替えをしてスイム会場へ向かいました。

昨日より水温は冷たいみたい。

ちょっと体に水をかけてから、ダイブ!

何とかOk。

マイペースで泳いで適当にUターン。

ポーンツーンへ登って再ダイブの練習。


ランニング日記

スイムはほどほどでやめて、水から上がってトランジッションへ走る練習もしました。

青いところを走りますが、坂はけっこうきついのです。

バイクまではおそら200~300mはあるかと思います。

選手控え会場で最後のトイレを済ませスイム会場へ戻ります。

いよいよ本番です。