私の知らない新潟の世界はまだまだ沢山。
えぇ、新潟は横に広いんですもの。

春を告げる魚、セイカイ(青メバル)の
お造りを味わった夜の話です。

若かりし頃下越で育ち、東京在住の私には
新潟のことでもわからないことはたくさんあります。
とくに上越となれば、下越の私には遠い世界。

そんな私の事情はさておき、新潟のおいしいもの
を食べてきましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ
(そして知らないことだらけだったので
↑こんな感想)

「上越やすだ 新橋銀座店」
お店に入ると、明るい色の木のカウンターが目に飛び込んできます。
カウンターで板前さんとお話しながら
出来立てのお料理を味わう贅沢な時間も良いですね~♪

半個室のテーブル席や、完全個室もありました。
今回は数人での訪問だったのでテーブル席。
外は新幹線が走る姿も見え、鉄男さんや鉄子さんに
評判が良いらしいです。


上越と名のつくお店なので上越地方のお酒や食材が多いですが
中越、下越のお酒や食材も使っていました。

お通しには、少量のごはん。

最初にごはんを食べることで、胃に負担を
かけずにお酒を楽しんでもらおうという
お店の考えは、とてもやさしい心遣い。

☆セイカイ(青メバル)のお造り

セイカイ?そんにお魚もあるのね。
はじめのほうでも書きましたが、春を告げる魚と
言われているそうです。
コリっとしていて淡白、かつ繊細な味わい。
ポン酢で頂きました。

☆純米大吟醸 円心分離 ピルエット

この可愛らしいビン、オシャレ~♪
バレエのクルクルまわる姿とお酒の特徴、
円心分離を重ねてこんなラベルになったんだとか。

お店の方はちゃんと新潟のこと、新潟の食材やお酒のことを
勉強されていて、お料理やお酒の説明を
しっかりしてくれるのがこのお店の良いところだと思います。

☆アボガドとクリームチーズのかんずり 酒盗あえ

酒飲みは、これでしょう。
酒盗と名のつくお料理は、たいてい好きなものが多い。
やはりこのメニューも私は好き。
かんずりの、軽くピリッと辛みがあるところがニクイ。
そして、アボガドとクリームチーズのなめらかな口当たりに
ときおり感じる塩辛の独特な味わいがマッチ。

☆村上牛炙り

新潟のおいしい牛肉といえば村上牛。
高級な牛肉なので、実家に帰っても滅多に食べさせてもらえません。
そんな村上牛、大事に味わいました。
身のしっかりした、噛みごたえのあるお肉。
贅沢を言わせて頂くなら、目の前で石焼きで軽く炙るという
メニューがあったら足しげく通いたい( ̄∇ ̄*)ゞ

☆佐渡ふぐの子の粕漬け

ふぐの子を味わえるなんて、珍しいこと。

☆純米酒 有りがたし

珍しいお酒が飲みたい、とオーダー。
糸井重里さんが命名したそうです。
永田農法で90%精米という、珍しいお酒。
すっきりと飲みやすく、軽やかな香りで
この日飲んだ中で一番好きでした。

食後には富士美園の村上茶を出してくれました。

北限のお茶として愛される村上茶。
こういう細かいところまでこだわるお店って良いですよね~♪

料亭に近い高級な雰囲気をのぞかせつつも
気さくに会話や食事、お酒を楽しめる場所でした。
接待利用にも重宝しそう。


上越やすだ 新橋銀座口店和食(その他) / 新橋駅内幸町駅汐留駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9


AD