ガラスびん応援隊をやらせてもらっています。
昨年は日帰りでガラスびん工場を見学しましたが
今回は1泊2日!!
ガラスびん&地サイダー・ラムネ工場見学ツアー
のはじまりはじまりキラキラ

最初は木村飲料さんの工場見学。
木村飲料さんは面白い地サイダーやラムネを扱っています。

外には専用車、「ゴクゴク号」。
行動派OLの個性的な日常
ちゃーんとナンバープレートだってゴクゴク(5959)です。

早速工場内に入らせてもらいました。

①びんの洗浄工程
→水がスクリューのように回転噴射することで
ほこり等を飛ばす。

②キャップをはめる工程
行動派OLの個性的な日常
ホースを伝ってキャップが上から下に落ち、
あとは機会があっという間にキャップをはめてくれる。

③殺菌工程
約70℃で10分から15分くらいかけて殺菌する仕組み。
だからできたてのサイダーはホカホカで温かい!

④キャップの不良などを機械をとおして調べる工程

⑤期限の印字
目視ではあまりわからなかったが、
あれよあれよとキャップ横に期限が印字されていく。
こんなふうに↓印字されていた。
行動派OLの個性的な日常

⑥ラベル貼り工程
このラベルはホログラムが入ったラベルで角度を
かえるとキラキラします。
行動派OLの個性的な日常
このラベルをデザインしたお姉さん。
行動派OLの個性的な日常

彼女は木村飲料で働いている笑顔の素敵な
サイダーびんむすめちゃんなのです♪
(びんむすめについては後日の記事で)

⑦箱詰め作業
手作業で3-4人が箱詰め。

⑧倉庫
様々な商品が陳列されており、オリジナルラベル商品も
最近は需要が多いそう。
この時は城崎サイダー丹後七姫サイダーなどがありました。

日本一大きいラムネのびん♪(写真右)
行動派OLの個性的な日常
外国の方からこの量は足りないよ!!という意見が
多かったことなどからつくられたらしい。
写真左が普通サイズのビンの大きさ。
比べるととっても大きい!

⑨品管室
糖度や酸度などをはかる場所。
菌検査は外注らしい。

以上で木村飲料さんの工場見学は終了です。

旅先で見かけたあのサイダー、ラムネが木村飲料さんで
作られていたのか!!と思うと親近感がわいてきます。
また旅先で見かけたら買ってみたい♪

工場見学のあとは座学とサイダー&ラムネ飲み比べ。
次回の記事に続きます。






AD