ガラスびん工場&ワイナリー見学バスツアー。
丸藤ワイナリーさんにお邪魔。
行動派OLの個性的な日常
葡萄畑を見せてもらったあとはワインづくりの
工程を教えてもらいました。

まずは室外。葡萄の選別です。
行動派OLの個性的な日常
これらの機械を使います。


葡萄の絞りカスは畑に戻すそうです。
行動派OLの個性的な日常
そういえばこういうカスを牛に食べさせてるのが
甲州ワインビーフだったよなぁ牛と思い出す。


葡萄の粒をこのタンクローリーに入れて・・・
行動派OLの個性的な日常
ブドウジュースを作ります。
赤ワインの場合はこの作業の前に発酵させる
という工程もあるそうです。

ちなみにシャンパン(スパークリングも)は
黒い葡萄を使うことが多いのだそうです。
色が出ないようにやさしくゆっくり絞ることで白くなるとか。
黒葡萄を使うほうが甘みが強いからあえて使うらしいへぇ~

続いて室内へ。

果汁処理をし、発酵。
果汁処理の際、オリを取り除きます。
この濃縮されたオリは畑へまくと聞きました。

発酵しているところをのぞかせてもらいました。
行動派OLの個性的な日常
ブクブク、ポコポコと音をたてている。

発酵させているこのタンク。
行動派OLの個性的な日常
実はこれ、外は鉄でも中はガラスなんだそうです。
こういったところにもガラスは使われているのですね。

続いて地下の貯蔵庫へ。
三方が土に囲まれているから涼しい。
ヒンヤリとしたこの場所で毎年ワイナリーコンサートを開催青グラデーション音符
前年のワインを飲みつつ音楽に耳を傾ける。

過去には小野リサさん、COBAさんなど有名なアーティストが
音楽を奏でた場所おんぷ

樽置き場。
行動派OLの個性的な日常
樽のキメというものがあるそうです。
キメが細かいと樽の香りがとけにくく、粗いほうがとけやすいとか。
樽の中をライト、ミディアムなど5段階の焦がしかたがあるとか。
・・・聞けば聞くほど奥の深い世界です。

奥に進むと壁がキラキラきらきら!!と輝いている。
(写真を撮ると古いカメラ&技術不足でうつらないので
掲載なしです、ごめんなさいっ汗
そのキラキラは「酒石」というもの。
酒石酸がカリウムと結合し結晶化したもので
なんとも幻想的な雰囲気。

天井のランプ。
行動派OLの個性的な日常
これは昔の虫とり器なんですって!!
こういうのがあるのですね~カメラ

貯蔵庫を出たあとはテイスティング会場へ。
次回の記事では無知な私のテイスティングの
感想がのぞけます( ̄∇ ̄*)ゞ









AD