大掃除をしてたら大量のカセットテープが出てきた。
大学時代かな、せっせと録音してカードに曲名を書いたりして、当時は几帳面だったな。
その中の一つにREBECCA のWILD&HONEY というのがあった。

ノリノリだね。

ただ、当時はNOKKOを映像で見ることはなかったから、今動画で見てみると幻滅。
歌だけ聴いていればよかった。
COCCOもそうだけど、高音を出す女性ボーカルはちょっと変わってる人が多いのかも知れない。

でも歌声は私には「どすとらいく」です。

https://news.yahoo.co.jp/feature/925

 

代理母に実母を用いて子を得た、という話が載ってるんだが、

その実母は閉経して3年経っているのを人為的に懐妊可能にして出産できたというんだが、

これ、失礼だけどどうみてもお婆ちゃんでしょう?よく産めたな。ビックリ。

 

一体高齢出産とは何歳までかのうなんだろうか?

 

アブラハムの妻は90歳?で懐妊したと言うけど、まあこれは神話だからね。

 

と思っていたら!

http://tocana.jp/2016/04/post_9513_entry.html

 

なんかによるとホントかどうだか、85歳で出産したとある。

こんな母胎じゃ、生まれる方も命がけだな。。。

記事は2016.04.20 本当に生まれたのだろうか、いや、懐妊したことだけでも驚きだ

 

娘にスクーターを買ってやって俄かにバイクに乗りたくなってしまい、いろいろ検索していた。
そんな中でユーチューブで立ちごけの動画をいくつかみた。
宝石のようなバイクも、立ちごけすれば簡単に破損する。
うん十万もする愛車が傷つくのは精神的にも相当へこむ。
立ちごけしないバイクってあるのだろうか?そう思って検索したら



HONDAが人型ロボットの研究成果を盛り込んで試作したRiding Assistシステム、の動画があった。
無人バイクが人の後についてくる! これはものすごい衝撃的なことだ。
前輪の左右振りだけでバランスを取っているのだろうか?

でも実際、立ちごけ防止モードにして従来通り車体の左側に立って、ハンドルを押していくと、当然荷重が左側にかかるから、それで安定を取ろうとしてもうまくいかないだろう。


完璧を期すなら、自動車の自動駐車システムのような、周囲に目を持った仕様が求められるのかもしれない。

でもほしい!

例えば転ばないスケート靴、みたいなのがあったら、うーーーん、違う滑りになるだろうね。

あーバイク乗りたい!!

テレビを見ていて、何の曲だったか松田聖子の歌がかかり、妻がそれに併せて口ずさんだ。

中学生の娘がその様子を見て

 

「何それ?有名な曲なの?」

 

妻と私は松田聖子を知らないの~? 昔は有名な歌手だったんだよ

本名が蒲田法子っていって、

神田正輝という俳優と結婚して

子供が神田沙也加という芸能人で

博多出身だったかな?

と代わる代わる彼女に纏わる属性を言ってみたが中学生には分かるはずもない。

 

いや、昔はな、今みたいにネットやBSやゲームとか見るものが沢山ありすぎる状態じゃなかったし、録画して番組を見るということすらなかった。テレビったってNHKと教育テレビと、他に民放が一つか二つぐらいしかないから、大体学校から帰っても、皆が皆同じテレビ番組を見てたんだ。

そうすると、歌番組なんかがあった次の日には

 

「昨日の聖子ちゃん可愛かったね!」

 

とか同じ話題で盛り上がることが出来た訳なんだ。

 

だから、今よりすごく多くの人が1人のアイドルを注視する状況が昔はあったわけで、だからスーパーアイドルが誕生しやすかったんだろう。

 

今なんざ、ユーチューバー? インディーズ? 芸能人に限らず凡百の個人が一芸をネットにさらして悦に入っている世の中だから、百花繚乱ならいいが、低劣を競いムダに喧噪の度を増している。

 

まぁ聖子ちゃんのFANだったわけじゃないけれどね。

 

 

キャベツ1玉384円!

テーマ:

先日は大雪で大変でした。

まぁこの辺では残らなかったから良かったですが、以前のように(平成26.2)生活に影響が出るほど積もってしまったらどうしようかと、融雪剤とか雪かきスコップとか、急遽スタッドレスタイヤ交換するなど準備万端にして待っていたのが肩すかしです。

カミさんからどうしてそんなに重装備なの?

となじられましたが、何かあってからでは遅いのです。

 

まぁこの労力が無駄に終わって良かったです。

 

一つ気がついたとすれば、融雪剤って、アスファルトに撒くと跡が残るね。それもところどころに加熱して白濁したようなあとが残ってしまいました。ちょっとみぐさいです、(あ、これは方言か)

 

で、今になって痛切に思い知らされたのは、野菜の高騰です

 

日頃、無農薬野菜とか普通の露地物の1.5倍ぐらいの値段で売られていますが、むしろそっちの方が安いと思えるほど高騰してます。

 

冷蔵庫に常備のキャベツなんか、384円(税別)でしたよ!

 

これは大雪の影響で供給が滞っているからとか、便乗値上げとか、色々想像は出来ますが、

キャベツ1玉が400円近くするというのは、受け入れられません。

 

で、私は更に思うのです。

これがずっと続いたら生きていけないな。と。

808ファクトリー! とかテレビでCMやってますがああいう天候に左右されない農業が今後もっと注目されて良いのじゃないかと思いますね。

 

更に流通のストップ、これはヤヴァイです。各行政地区ごとに農作物を自前で確保出来るようにしなければ、市民を飢えさせないようにしなければ、行けないんじゃないか、そう思いましたね。まー地産地消ってやつですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

行って欲しくない

テーマ:

韓国の平昌オリンピックの開会式に安倍首相が出席の意向を示したと言うが、

 

日韓合意を守らぬような輩には相応のツケを払わさなければならないと思う。

どこまでお人好しなんだ!

 

それと北朝鮮、建軍日を平昌オリンピック前日に変更したというのはこの日に何か一世一代の行動を起こすような気がしてならない。

 

そんな危ない所へいって人質にでもなったらそれこそ厄介だ。

 

選手には申し訳ないけど、日本としては韓国五輪を無視・軽視で良いんじゃないか?

 

 

職務上、名簿の読み上げ作業というのが欠かせなかった。

以前も書いたかも知れないが

今までwindowsVIstaでは西村誠一氏の読み上げtoolを使わせて貰っていて、

大変重宝していた。

しかしwindows10になって、この読み上げtoolが動かなくなった。

代替手段を探していたが、

windows10お仕着せのナレーターというのはどうにも使えないシロモノだった。

 

PCが進化すると、どうも「痒い所に手が届く」機能が失われていく気がする。

古い話をすると、NIFTYサーブで培われたフリーウェア群がそれだ。

まだwindowsですらない。DOS/Vマシンで動いていたプログラムだが、

大阪フィルター・・・テキストデータをそのフィルターに通すと標準語を大阪弁に変換してくれる

WGREP・・・確か圧縮ファイルの中まで検索してくれる

RAY・・・絵や音を動かせるオーサリングソフト。キーボードをピアノ鍵盤にすることすら出来た。

バッチファイル・・・起動順序や組み込みプログラム、メニューまで作れたし、制御文字を入れることで点滅や色つけbeep音まで付けられた。niftyserveのチャット、CBシミュレーター上ではチャットをしながら寝てしまった者を起こすのに、このbeep音を鳴らしたりしたものだ。

市販アプリのワープロ「松」・・・文字置換で置換文字1と置換文字2を区分けして置換できた。こんな機能である

winfm・・・ファイル一覧をゲットしてくれたり、任意のファイルを抽出してくれたり、タイムスタンプを書き換えたりエクスプローラーでは出来ないことをしてくれる

 

とまぁ語り出すとキリが無いのでやめておくが、チョコチョコと細かいことが出来て良かった。

何とかwindows10でもクリップボードコピーした瞬間にテキスト読み上げをしてくれる物はないのかな、と探していたら、ありました!

 

softalkhttp://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se412443.html?ds

 

オーこれは中々良さそう。助かる。

 

ということで、記録までに、windows10で利用できるテキスト読み上げツールを紹介しておこう。

家族の誰かが、連ドラ録画予約をしたまま忘れ去られていた番組、それが

 

「先に生まれただけの僕」

 

 

だった。刑事ゆがみ とか 今からあなたを脅迫します とかに挟まれて、ついに最終回にいたるまで誰一人として封を切らなかった番組

(ウチのBlu-rayレコーダーは未視聴録画番組は「未視聴」というマークがついているのだが、全話が手つかずのまま残っていた)

 

年末番組をあれやこれや、色々録画しよう、という算段になって、

 

「誰も見てないじゃないか、要るのかこれ? 誰だ録画予約したのは?」

 

と俎上に上がって、

 

「じゃ、消す前にちょっと見てみよう」

 

と見始めたのです。「先に生まれただけの僕」を。

 

サラリーマンが校長になって学校を建て直す顛末を描いたものだが、全く期待してなかったせいか、やたらと面白かった。

 

多部未華子ちゃんは立派な女優になったねぇ。

高嶋政伸は演技が一本調子な気がするけれども、まぁよかった。最終回はちぐはぐな感じがしたが。

風間杜夫は役どころとしてこのドラマの要だった。

櫻井翔君は、まぁ可もなく不可もなくやってたかな。あの想像の踊るシーンは興ざめだったが。

蒼井優は、真柴ちひろは、校長に好意を持っていたのか、大変だけど教師という仕事が好きという設定をよく演じていたと思う。

 

学校の文化祭など(実際は文化祭じゃないが)もプロの演出家が手ほどきすれば良いものが出来るんだろうな、と思ったし、それによって学校の認知度が上がって生徒が集まるならいっぺんもの凄い奴をやったらいいんじゃないか、と自分の立場に当て嵌めて思ったりした。(いや、子供の通う学校のPTA理事なんぞを引き受けていたので)

 

一方、このドラマにネガティブな感想がネット上に見受けられた。ツイッター等で発信しているのは高校生本人達だろうか?

暗い、とか重い、という印象を理由につまらないとか見たくないという批評なのだけど、主人公が窮地に立ったりする筋書き自体が受け入れられないなら、そういう人達には半沢直樹だってつまらなかったろうし、陸王だって見れたものじゃないに違いない。

短絡的というか、物語の深みをみようという観点には立ってない気がする。

 

まぁこれ以上語るとネタバレしそうなので、やめておくが、近年まれに見る良いドラマでした。オススメします。

 

 

 

 

 

いや、これは啓発された。

テーマ:


大気圧や重力を利用しているのはすごいなぁ。
滑車(テコ)の原理で、半径が長い方がそりゃ少ない重力で、短い半径の方を持ち上げることは可能だろう。

これ、本当に止まらないのだろうか?

エネルギー不変の法則とは言うけども、重力はずっと働いているのだし、止まる要素がない気がするのだが、芯と軸の摩擦などで段段止まってしまうのだろうか?
気になる。そして面白い!
====================

ゆらゆら 揺れる 永久機関 マグネティック モビール (キューブ)/grand

¥価格不明
Amazon.co.jp