1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-03-12 22:52:03

ありがとう

テーマ:ブログ

これが最後の更新です。





去年合格してから書き上げるのに1年もかかってしまいました。途中忙しかったりサボったりで更新しなくて、「はやく更新しろよ!」って思った人もいると思います。


特に、コメントくれていたのに返信せずに終わってしまった方々には本当にごめんなさい。


でもなんとか書き上げることができました。ありがとうございます。


このブログは消すつもりはありません。これからの受験生のために取っておきます。


役に立てることがあればいいなあ。


何回も言いましたが僕は本当にブログに助けられました。ブログがなかったら合格していなかったと思う。それくらいに心の支えでした。


本当はブログ名挙げていろいろ書きたいんですけど、もう更新されてない方もいて許可取るの大変なんで書きません。


今思えば最初はライブドアでやってたんだけど人全然来なかったから笑アメブロに変えて。そしたら結構訪れてくれる人が増えて。


今では「一橋 ブログ」で検索すると時には一番上にくることもあります∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

あ、もし受験生で受験ブログやろうかなって思っている人いたらこれだけは知っておいてほしい。


ブログ書くのって結構大変www 時間めっちゃかかるよwww


読むのは楽ですけど書くのは本当に時間とられます。いや、もちろん受験ブログは見るの楽しいんで余裕があればやってほしいけど・・・。でもあまり余裕ない人はやるべきでないと思います。そこは注意!


これから僕がこのブログを見ることは減っていきます。3月4月は結構見るだろうけど、だんだんと1週間に1回、月に1回になっていき・・・そして見なくなるでしょう。


僕はこれから一橋生として恥ずかしくないように勉強を頑張ります。


皆さんも夢に向かって頑張ってください!




1年間ありがとうございました!!





トレッド




AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-03-12 18:26:09

大学受験とは

テーマ:その他

最後に大学受験について書こうと思います。







まず僕の勉強遍歴から。


僕は一橋大学という世間でいう超難関大学に合格したわけですが、そうなると皆さんの中には「この人はもともと勉強ができたんだろうな~」って思う人もいるかと思います。僕も昔はそうでした。


僕がどんなだったか。









小学生の頃


学校の宿題とかは一応やる。勉強はそこまで嫌いではない(まあこの頃は嫌いって人はあまりいないんじゃないかな?)。


1年生~3年生。親に進研ゼミをやらされる。自主学習の習慣はないのでたまに親に言われ課題(赤ペン先生に添削してもらうやつ)を提出する。気づいたら2年分くらいたまっており、親にやらないのならやめろと言われやめる。


4年生。数学の成績が悪いのでまた通信教育をやらされる。いちぶんのいちというわら半紙でできた安っぽいプリントで1年間で600円くらいだったからゼミより格安ww ゼミは国語数学理科社会と取っていたがこちらは数学だけ取る。案の定ためこんで1年でやめる。


5年生。親が数学の成績があまりよくないのを気にして5年生の半ばくらいになると地元の塾に通わされる(数学のみ)。予習は一応ちゃんとやってたまに校内テストで成績優秀者になったりもし、図書カードを貰ったりしていた。


6年生になる。ゼミをやめて以来スパム並みに郵便が届いており、毎回漫画(内容は主人公が「以前はためちゃったけど、今度は大丈夫なんだ!!」ってやつwww)のみ楽しく読ませていただいていたが、2月くらいになるとその漫画に感化されるようになり、俺にもできるんだ!!と思うようになり親を説得して塾をやめ、中学生から再びゼミを始める。


中学生になる。新しく英語も加わり、最初はちゃんとやっていたが結局自主学習の習慣はつかず、またしてもたまっていく。学校の勉強は予習復習はしない。テストは一夜漬けですます。良いときは80~90点で大抵は60~70点とかだった。3年になっても受験勉強は特にせず、県で行われる模試は日ごろの蓄積で乗り切りそこそこ悪くない成績をとる。このころになるとたまったゼミを切り抜いてひたすら理社のまとめノートを作成していた(注 ノートを作って満足し、勉強はしていないww)。また、家庭内でちょっとしたごたごたも起こり、当時ドラゴン桜を読み始めたこともあって勉強を頑張ることを決意。しかし理社ができないため、志望していた公立高校(偏差値60くらい)に受かることは無理だと悟る。よって私立高校(自称進学校)を受験。無事合格する。周りには東大行くわwwwとか言っていた。この頃大学は東大早稲田慶應しか知らないww。


高校生になる。最初は授業の質に感動、真面目に受けていた。しかし受験関係の本、特に和田秀樹の著作を読むうちに自分で勉強を進めた方が効率いいなと思い始める。このころから勉強に対するやる気が変な方向に向かい、参考書をコレクション()し始める。ブックオフで105円の参考書をひたすら買い漁る。もちろん買って満足し、やりはしないwww。授業も予習はするものの復習はせず。ちなみに現代文の記述問題ができないことを気にしてZ会の国語を取る。がまたしても1年間ためて終了ww 2年生になったくらいの時期に一橋大学の存在を知る。東大に次ぐ難関で少人数だという理由で志望し始める。10月くらいにこのままじゃヤバいと思い、第一次参考書取捨選択を行う。真面目に勉強し始めたのはこの頃。前にも述べたと思うが「基礎英文問題精講」をやった。授業も受験を意識したものになり始め、英語と数学は真面目に勉強し始める。理社はスルー。3年でも真面目に勉強する。自主学習の習慣がつき始めたため、授業の存在が邪魔で仕方ないが内職すると注意されるため真面目に受ける。夏には第二次参考書取捨選択を行う。ちなみに夏休みは失速したww そんなこんなで現役時はセンターで自分なりに大成功を収めるも、一橋は不合格。


浪人生になる。春休みに第三次参考書取捨選択を行っており、もうどれをやればいいのかは決めることができた。河合塾に入塾し、授業に期待するものの高校とあまり変わらない授業に嫌気がさし、授業を切りまくって(気分転換になるので毎日最低1コマは授業に出席)自習室でひたすら勉強。自分のペースで勉強することができて楽しい。時には不安になったがひたすら勉強。秋の一橋模試ではA判定を叩き出し、冊子にも上位掲載された。11月くらいからは予備校にも通わず、ひたすら家で勉強。センター1週間くらい前から意欲が減退するものの、無事及第点を獲得。センター利用で中央に合格したときは春から大学生になれることに安堵した。その後も意欲は減退したままだが勉強は続け、入試を無事乗り切り一橋に合格!



これが僕の勉強遍歴です。昔から勉強ができたわけではありません。やる気が無かったり、やり方がわからなかったりで本格的に軌道に乗ったのは高2の10月からです。


大学受験には才能は関係ありません。やるかやらないか。ただそれだけです。ほんとに。


幼稚園・小学校・中学校受験には個人の発達の度合いも関係あると思いますし、また高校受験時には自分の進路が明確に定まっていない人が多いでしょう。


でも大学受験は別物。自分の将来を考えてそれに向かって努力できる。


ここが大学受験がそれまでの受験と違う最大のポイントだと僕は思います。


このまえ書店に行ったら、偏差値30台のギャルが慶應に合格するまでみたいなタイトルの本が山積みになっていました。読んでいないので内容は知りませんがやれば誰でも出来るってのは本当です。


高校から勉強始めてもコツコツやれば東大模試に名前とか載りますよ、ほんとに(ほんとにって何回言ってんだ笑)


必要なことは3点。


1 勉強を好きになれ!


好きこそものの上手なれということわざがあるように好きなものの上達は早いですし、そもそも嫌々やっていたら長続きしません。もちろん、嫌々やっていても志望校に合格はできると思うけど入学後に燃え尽き症候群になるんじゃないですかね? 勉強が好きになれたら入学後に外国語だったり資格の勉強を頑張ろうって思えるしね。そうやって繋がっていきます。ここからちょっと説教臭くなります笑。高校の勉強って無味乾燥に思えますよね?数学とか理科で公式覚えて難しい問題解いたり、現代文や日本史や世界史で名前覚えたり論述書いたり・・・。一部の人を除いては生きていく上でまったく必要ないですよね? でもやっぱり大切ですよ。数学とか理科とか現代文って知らず知らずのうちに論理的思考能力の形成に役立っているんですよね。あと日本史の論述とかも教養ある大人にふさわしい論理的な文章を書く力の手助けになってます。じゃあ古典とか倫政とかは?こういうのは教養ですよ。もちろん数学とか日本史にも当てはまりますけど、知っていると話が広がりますし、大人になるうえで身につけておくべきものです。受験勉強している間は僕も気が付きませんでした。でも大学生になって実感したんです。まあ、これは受験生の間はいいとして勉強を好きになること、これは必須です!難しく考えなくていいんですよ。数学の問題解けたから嬉しいとか、日本史の一問一答が結構覚えられてきて楽しいとかそんな程度で。好きになりましょう!


2 息を抜け!


勉強に行き詰ったら人と話したり遊んだりして適度に休憩しましょう。ひたすら勉強だけしていられるようなハートの強い人はそうそういません(でもそういう人って研究者に向いてるかも笑)。高校生とか特にね。俺も女子高生と一緒に帰ったりと青春したかったなあ(遠い目)


3 正しい生活リズムを作れ!


僕が一番苦労したのはこれ。受験生時代は常に眠気に悩まされていました。眠いと勉強が手につかないし、そのままやっていても普段は解けるような問題が解けなくて「ああ、俺って駄目なんだな、ハハッ」ってことになりかねません。夜型の人で成功している人もいますがやっぱり朝型の方がいいんじゃないかな。


以上3つ。まあよく言われることですね。1だけやたら長いな笑


じゃあ次に言いたいこと。



















受験が終わったら受験のことは忘れろ!










大学受験なんてただの通過点です。


お前は受かったから言えるんだー!って思うかもしれませんが、僕は一浪までって決めてたし、そもそも二浪する気力もなかったので一橋落ちたら他大で頑張ろうと思ってましたよ。そもそも意欲減退してた頃は(言い方悪いけど)明治とか中央でいいやって思ってましたし。でもやっぱりつける職業とかは上の大学に行かないとつけないのとかもあるんで(また言い方悪いですが)日大とかだったら考えたと思いますが。あと難関大のキツい運動部なんてコネでいいとこに入社できるなんて話も聞きますが・・・。


受験には残念ながら運も作用します。10点差で落ちたからと言って合格の人と不合格の人に差はないですよね・・・。東大とか試験やり直したら3割くらい入れ替わるっていうし、まあ他の大学でも多分そう。


もちろん、すぐにとは言いませんが気持ちを切り替えて新しいステージで頑張ることの方が大切です。


僕が堕落していた頃、バイト先には、偏差値というちっぽけな物差しで測れば、いわゆるレベルの低い大学に通っている人たちがいました。


でもその人たちからボランティアだったり、留学だったり、ダブルスクールに通っているという話を聞いたとき、表面上では一橋なんて大したことないと言いながら心の奥底では一橋大生であることを誇っていた自分はとても小さな存在に思えました。


(注 もちろん、僕が堕落しているだけですからね笑 一橋には頑張っている人が沢山いますからそこはご心配なく)


やるべきことはたくさんありますよ。新たなステージで頑張ろう!




最後までまとまりがなかったり文章力が低いですね汗


でも僕が伝えたいことは伝わったと思います。


以上が最後に言いたかったことです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-12 18:01:55

衝撃!!

テーマ:ブログ

なななんと・・・























































塚原先生がリンクに追加してくださっているーーー!!!!!






いやはやなんとも光栄なことでございます。


先生にリンクから削除されないような間違いのない解答であれば良いのですが笑





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-12 11:59:52

日本史教科書

テーマ:日本史

アメブロは画像貼りにくすぎ! あと編集しづらい!!


(追記 そうでもなかったww)


教科書はこんな感じにしてました。ここまでやれっていうわけではなく、参考になればと思い載せました。


日本史勉強法でも書きましたが、


青マーカー → 論述で問われるところ

青マーカー+オレンジアンダーライン → 一橋で出たところ

黄色マーカー → 一橋で出そうだと思ったところ

オレンジペン書き込み → 授業で聞いた補足


です。

 

去年は天皇を戦犯容疑者に指定しなかった理由を問う問題が出題されました。

黄色マーカーでしっかりチェックしてあります(キリッ)




欄外もチェック。一橋ではここからよく出題されます。

もちろん、今年出題された滝川事件もチェック済み(キリッ)




コラム的なのもチェック。まあここまでやる必要はないと思いますが笑


一橋受ける人はにしさんのブログ見て教授の専門を確認するのもいいですね。僕は勝手に予想してマーカー引いていたので無駄も多かったかも・・・。


まあやり方は人それぞれなので自分に合ったやり方を見つけてください(^-^)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-10 23:11:39

予備校について②

テーマ:予備校

次に僕がどのように思ったかを書いていきます。
















実は僕は前期に英語・国語・倫政を、後期に英語は一橋英語以外、国語は国公立大古文以外、倫政を切りました(切ると言うのは授業に出ないことです)。


つまり出ていたのは

前期・・・数学①、②、③、日本史、地学の6コマ

後期・・・数学①、②、③、国公立古文、日本史、地学の7コマ


のみです。





理由としては


・授業があまり好きではなかった(自習が好きだった)

・自分でやればいいやと考えた

・落ちた場合に予備校を言い訳にしたくなかった


の3点がありました。無論、夏期講習・冬期講習・直前講習も取っていません(そのかわりにアマゾンで参考書買い込んだけどね笑 ほんと今考えても買いすぎました笑 あ、1~200円とかの安いやつね 送料が個別で250円かかったけど笑)。




一応個別に・・・あくまでも個人的理由です。


<英語>


長文・・・一文一文講師が和訳していくのを聞くのがだるかった。自分で和訳と照らし合わせれば終わりじゃんww


英文解釈・・・同上


英文法・・・現役時代「語法1000」やりこんだし、それの復習すれば充分だろ。(とか言いながら河合の難しい問題集に手を出したのは忘れましょう笑)


英作文・・・例文暗記自分ですればいいや。添削とかだるい。


<数学>


僕が数学に毎回きちんと出席していたのは予備校に友達がいなかったからです。いたら答えだけ写させてもらっていたと思う。←ウザい大学生みたいですねww

でも後期のテキストをしっかり考える習慣がついたので結果としては出ていてよかったのかも。


<国語>


現代文・・・現代文は最初はかなり期待していて(記述問題が苦手だったので)きちんと出席しようと思っていたんですが・・・。国公立型の方は講師がクソ過ぎて、センター型の方は自分でやればいいやと思って切りました。国公立型の方の講師はクラスのほとんどの人はカリスマ講師!みたいに崇拝していましたが僕は・・・でした。あいつマジクソ過ぎって言い合える友達が欲しかった笑


古文・・・英語と一緒。でも古文ってときどき英語より遥かに難しいですよね汗 源氏とか・・・。


<日本史>


日本史は出るつもりなかったのですが、講師が論述のポイントを言ってくれる授業だったので教科書の線引きに役立つと思い出席しました。特別面白いってわけではなかったですが、実際出てて良かったです。


<倫理・政治経済>


自分でやれば良くない?


<地学>


理科は不安だったので普通に出ました。大学の講師もしている方でした。














さて、切ったその時間は何をしていたかと言えば自習室に行ってひたすら自習していました。



じゃあ授業切って学力めっちゃ上がった?









いいえ、おそらく出ていようがいまいが上がり幅は同じだったと思います。


学力なんてものは急激に変化するものではありません。


ただ一つ確実にいえること、それは



















僕は自分の道を貫いということです。




時には周りの人が授業に出ている中、自分だけ自習していて「ああ、俺はこれでいいんだろうか」と不安になることもありました。


ですがとにかく自分を信じて頑張った。(ちなみに前年に浪人の末東大文一に合格した方がブログをやっていまして僕と同じ考え方だったのでその方のブログには本当に勇気づけられました。)


だから合格したのだと思います。


やはり受験に成功するのは自分にあったスタイルを確立できる人でしょう。


授業を受けるのが好きな人は授業をしっかり受けて、自習が好きな人は精一杯自習する。


みなさんも自分にあったスタイルを確立してください。


ただまあ去年受験した感想から言えば、予備校のテキストをしっかりこなして自分で問題集を1、2冊こなせば普通に合格できますよ。(*・ω・)ノ




ただ、もちろん後の記事でも書きますが受験は水物です。僕に関して言えば授業も毎回出て予習復習もこなし、自習でも一番力を入れた数学が本番では一番出来が悪かったですからね。逆に授業をほぼ切っていた英語は本番で一番出来が良かったです。









次に授業について書きます。


まず僕は予備校に行けば難しい数学の問題や現代文の難解な問題もすらすら解けるようになると考えていました。かなり期待していました。















実際はそんなことはなかったです。






もちろん、予備校の先生方は一流のプロ講師です。それは否定しません。


ただし授業自体はごく普通のものでした。本当に普通。数学とか一回も感動しなかったな。分からないのは結局分からないままで質問しても分からなかったし笑


もちろんこれは一個人の感想です。授業がすばらしいと言っている人も普通にいました。


でもこんな僕ですが、林修の授業(you tubeで少しだけ見れた)と坂田アキラの参考書、大矢の英作文実況中継には感動しましたけどね笑


一応ネットでの講師ミシュラン(笑)を見てみましたが、そこで絶賛されている教師の授業も僕は特にすばらしいものとは感じませんでした。忘れている方もいると思いますのでもう一度書いておきますが僕は進学校出身ではありません。”自称”進学校出身です。東大京大に何人も合格している学校ではありません。あ、でも年にマーチ数人って程低いレベルでもないです。










最後に僕が思う予備校に通う最大のメリットについて書きます。

それは


























受験勉強を行う環境が用意されている言うことです。





毎日決まった時間に授業があることで生活リズムが作れるし、周りには大学合格という同じ志をもった仲間が集まっている。これは非常に貴重です。


ちなみに僕自身は予備校で友達は作りませんでした。

もしかしたら皆さんの中にも友達は作らずに一年間ひたすら勉強に打ち込んでやろうと言う人もいるかもしれません。


僕はオススメしません。やっぱり同じ時間をともにすごしている友達と言うのは大切だと思います。話すだけでストレス解消にもなりますし。




あっ、これから予備校に通い始める人の中で友達ができるか不安に思う人もいると思います。大丈夫ですよ。普通にできますから(^∀^)近くにいる人に話しかけてみてください。多分話しかけられて嫌に思う人はいないと思いますので(いたらドンマイww別の人に話しかけましょう)。



僕のいたクラスでも最初は誰一人話さず教室全体がシーンとしていましたが、徐々に話し声が増えていき最終的には結構うるさかったです(笑)







まあ、最後に言いたいことはこれ。




















予備校を神格化するな!!






予備校に通わなければ合格できないなんてことはありません。今は昔とは比べものにならないほど参考書が充実していますしね。


あとネットで結構見かけたのが予備校に通っていると手に入りにくい情報が入ってくるというもの。

全くそんなことはありませんでした!!確かに講師が横道にそれて話すことはあると思いますし、入ってくる情報もあるかもしれない。


でもそれが合否に関係あるかどうかといえば無関係。


ネットで調べれば必要な情報は手に入るでしょう(もちろんメディアリテラシーは必要)。


ここまで色々と予備校を否定してきましたが、それでもやはり余裕があるんなら通うべきだとは思います。僕は一応、将来予備校代は返すという体で通わせてもらいました。宅浪は精神崩壊してたと思うwww それに通わないで落ちたら「通っていれば・・・」って後悔しただろうしね。


長くなりましたがこんなところです。


参考になるかはわかりませんが、一応第一志望に合格した者の意見でした。


追記


大事なこと書き忘れていました。


僕はかなりストイックに浪人しました。結果、世間では浪人はなかなか悪くないみたいに言われていますが、僕は全くそうは思いませんでした。とてもつまらなかったです。もちろん第一志望に合格したということを除いてね。まあ、ストイックに浪人したかったんですけど。でもその結果センターちょっと前から勉強はするけど意欲はないみたいな感じに陥ってましたね。


息抜きは大事です。肩の力抜いてやりましょう。そうすれば浪人は結構楽しいと思いますよ。なんかふわふわしてるし。←これ浪人した人ならわかるんじゃないですか?笑


でも堕落しては駄目ですよ!!本当に!!


浪人生ファイト!!☆-( ^-゚)b


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2014-03-10 22:50:22

予備校について①

テーマ:予備校

今日は合格発表でしたね。この点については僕がとやかく言うことではないので触れません。


とりあえず浪人する方のために、予備校についてさっさと書いてしまいたいと思います(去年の二の舞にならないようにね)。


予備校とか浪人のこととかについては他の受験生のブログでもいろいろ書いてありますので参考にしてください。


一橋受験生で受験ブログやってる人って今年あんまりいないですよね。昔にやっていた人のブログは結構ありますのでそれらや東大受験生のブログがこの2点について参考になるかと思います。


それではまずは予備校がどんなものかについて。


まず大半の人が駿台・河合・代ゼミの3つで迷うと思います。僕は河合塾を選びました。理由は単純で河合塾が一番通いやすかったからです。


ちなみに当初、僕は現代文・数学・地学を単科でとるつもりでいましたが、とりづらそうだった(すいません、詳しい理由は忘れました。ただし一応河合塾にも単科はありました)ので結局本科に行きました。


費用は70万くらいだったと思います。


次に授業について書きます。


僕は一橋大コースに入っていました。講座(前期)は1週間で

<英語>・・・長文読解、英文解釈、英文法、英作文 

<数学>・・・数学①、②、③

<国語>・・・現代文国立タイプ&私大・センタータイプ、古文国立タイプ&私大・センタータイプ、漢文

<日本史>(2コマ)

<倫理・政治経済>

<地学>


の16コマありました。一コマ90分です。一日に2~4コマあります。


英語と数学に関してはTテキスト(レベルが一番高い)と呼ばれるものをやります。下のコースではテストの結果次第で決まるのですが、一橋コースはTテキストで固定です。


僕は当初、一橋コースはひたすら一橋タイプの演習をするものだと思っていました。例えば日本史だったらひたすら一橋日本史の演習をするという具合です。違います。テキストは色々な大学の問題から構成されておりそれらを解いていきます。日本史は普通に通史やりましたね。最初はがっかりしました。まあ、基礎力もなかったので偉そうなことは言えませんが・・・。


英語・数学・国語は予習が必要です。英作文は毎回添削があります。日本史・倫政・地学はテキストをもとに講師の解説を聞きます。日本史は2週間に1回添削があります。地学(理科)は後期になると問題演習になり予習が必要です。

ちなみに添削は強制ではありません。


テキスト一覧


<現代文>
・国公立大現代文・・・国公立型
・現代文・・・センター・私大型
・現代文サブテキスト・・・評論用語とか四字熟語とか文学史とかが載ってる。


<古文>
・国公立大古文・・・国公立型
・古文(文系)・・・センター・私大型
・古文サブテキスト・・・単語とか文法とか文学史とかが載ってる。無味乾燥だがこれで基礎は完璧。


<漢文>
・漢文総合・・・すべてに対応(だったと思う)
・漢文サブテキスト・・・句形とか語句が載ってる。無味乾燥だが(略


<数学>
・数学①
・数学②T
・数学③T
どれも見開き3~4題。前期は入試基礎~標準(青チャートのコンパス3くらい)、後期は発展的で理系の問題も多数。
・数学基本事項集・・・チャートみたいな感じで基礎事項がまとまってる。無味(略


<英語>
・英語長文総合演習T
・英文解釈T
・英文法・語法T
・英語表現T・・・英作文
・英文法・語法/英文解釈サブテキスト・・・(略
・熟語・発音・口語ワークブック・・・(略
・Listening Workbook・・・CDも一緒にくれる


<日本史>
・総合日本史(講義編)・・・歴史事項が箇条書きで書いてある。(略
・総合日本史(論述編)・・・論述問題がたくさん載ってる。この中から添削課題が出される。
・日本史写真資料集


<倫理・政治経済>
・センター試験倫理、政治経済・・・日本史と同じ


<地学>
・センター試験地学Ⅰ(解説編)・・・(略
・センター試験地学Ⅰ(演習編)・・・自習用

後期は数学③Tが一橋数学に、英語長文総合演習Tが一橋英語に、地学はセンター試験地学Ⅰ演習になります。無論、一橋○○だからといって全てが一橋の問題なわけではありません。色々な大学の問題があります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-10 19:03:06

1991年

テーマ:一橋日本史

第二問


次の文章を読んで、下記の問いに答えよ。(400字以内)


 1858(安政5)年に徳川幕府が諸外国と通商条約を締結して以来、日本は不平等条約(1)のもとに置かれつづけた。ついで徳川幕府が崩壊し、維新政権が成立すると条約改正問題は、明治日本の国家的課題となった。1871(明治4)年、岩倉具視を全権大使とする遣欧米使節団が欧米諸国を訪問したが、条約改正のための予備交渉は最初の訪問国アメリカで早くも挫折した。以後、寺島宗則、井上馨(2)、大隈重信、青木周蔵(3)など歴代の外務卿・外相が改正の努力をつづけたが、いずれも失敗に終わった。結局、わが国が条約改正問題を最終的に解決するためには、日清戦争直前と日露戦争後の二つの条約改正(4)まで待たねばならなかったのである。


問1 一連の通商条約が不平等条約といわれる理由を3点挙げよ。また、1866(慶応2)年に幕府が再度、イギリス、フランス、アメリカ、オランダと締結した条約の名称と内容を記せ。
問2 (イ) 井上馨が条約改正交渉を行っていた最中に起こった対外的事件の名称と内容を記せ。(ロ) また、当時、自由民権派は井上条約案の屈辱的内容と極端な欧化政策に反対して、民権派最後の運動を盛り上げた。「民権派最後の運動」とは何か、具体例2つを記せ。またそれに対する政府の対応を述べよ。
問3 青木周蔵外相も、対外的事件が原因で辞職を余儀なくされ、改正交渉は挫折した。その対外的事件とは何か、簡単に説明せよ。
問4 下線部(4)の二つの改正条約の内容を具体的に説明せよ。































解答


(1)日本に滞在する自国民への領事裁判権が認められており、日本の関税自主権を欠いていた。また片務的最恵国待遇が定められていた。改税約書。諸外国に有利になるよう関税率を平均20%から一律5%に引き下げた。2(イ)ノルマントン号事件。イギリスの貨物船ノルマントン号が難波した際、日本人乗客は全員見殺しにされたが後のイギリス人領事による海事審判で船長の過失は問われなかった。(ロ)大同団結運動。三大事件建白運動。政府は保安条例を出して民権派を東京から追放した。(3)大津事件。訪日中のロシア皇太子が警備の巡査津田三蔵によって切りつけられ負傷した。大審院長の児島惟謙は大逆罪を適用せよという政府の圧力に屈さず、津田を適法の無期徒刑に処して司法権の独立を守った。(4)日清戦争直前に調印された日英通商航海条約では領事裁判権の撤廃と関税率の引き上げ、相互対等の最恵国待遇を定めた。日露戦争後の日米通商航海条約では関税自主権を回復した。(400)



コメント これは添削してもらいました。ずっと人と話してなかったので「ア、アノ・・・コレミ、ミテイタダキタインデスガ・・・」みたいな感じになったのを覚えています笑 (2)に関しては船長は微罪に問われたそうです。用語集にも書いてありました。でも教科書には罪に問われなかったって書いてあるのでどっちでもいいんじゃないかな。(3)は「大審院長の~」以下は不要だそうです。「簡単に説明せよ」だし、ロシアとの関係悪化について問われていますからね。あと個人的になんとなく津田三蔵を主語にした方がいいような気がします。別にこのままで正解ですけどね。


















第三問


次の史料は、1945年11月5日の幣原内閣の閣議決定、「戦争責任等に関する件」の一節である。この閣議決定は、連合国側が実施を予定していた、いわゆる「A級戦犯裁判」に対する日本政府としての対処方針を決めたものであるが、これを読んで以下の問いに答えよ。(400字以内)


左の諸点に準拠し之を堅持すること
(1) 大東亜戦争は帝国が四囲の情勢に鑑み已むを得ざるに出でたるものと信じ居ること。
(2) 天皇陛下に於かせられては飽く迄対米交渉を平和裡に妥結せしめられんことを御軫念 1 あらせられたること。
(3) 天皇陛下に於かせられては開戦の決定、作戦計画の遂行等に関しては憲法運用上確立せられ居る慣例に従はせられ、大本営 2 、政府の決定したる事項を却下遊ばされざりしこと。
(4) 日米交渉継続中に攻撃を加ふることを避けんが為日米交渉打切りの通告方努力せること。
註 1 心をいためること 2 有事における作戦指導の最高機関


問1 第2項中の「対米交渉」、第4項中の「日米交渉」とは何か。その経過や争点についてふれながら具体的に説明せよ。
問2 第2項および第3項は、天皇の戦争責任問題に対する日本政府の公式見解を示している。こうした見解は国際的にも大きな論議をよぶことになるが、明治憲法の上では「開戦の決定」および「作戦計画の遂行」の権限は、それぞれ、どのように規定されていたか。天皇・政府・大本営の関係にも留意しながら具体的に説明せよ。
問3 日本で実際に実施された「A級戦犯裁判」について具体的に説明せよ。































解答


(1)アメリカとの関係悪化に対し、第二次近衛内閣は帝国国策遂行要領を出して対米交渉を図ったが、妥協点を見出せず失敗に終わり、続く東条英機内閣でのアメリカ側の提案は日本の満州事変以前の状態への復帰を要求するものだったため、日本政府は対米交渉を不成功と判断、開戦に踏み切った。(2)「開戦の決定」・「作戦計画の遂行」はどちらも議会の協力なしに天皇が行使できる天皇大権であった。前者は天皇が自らの積極的意思によって行使することはなく、専ら国務大臣や帝国議会の輔弼と協賛によって行使する慣例であった。後者においては軍隊の作戦権は陸軍参謀本部・海軍軍令部の補佐の下に発動され、政府も介入できない慣行であった。兵力量の決定は内閣の輔弼事項であった。(3)連合軍が国際条約に違反して戦争を計画・開始した者に対して「平和に対する罪」を適用し、極東軍事裁判で裁いた。その結果、東条英機らがA級戦犯とされ、うち7名が処刑された。(398)



コメント 頻出テーマです。(2)は難。「前者は~」のところは詳説日本史探究から引っ張ってきました。「後者は~」のところは教科書の欄外に載っていたと思います。(3)は何回も出題されているような気がします。










問題文引用元 つかはらの日本史工房



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-10 19:02:48

1990年

テーマ:一橋日本史

第一問


次の文章は、それぞれ13世紀(1)、14世紀(2)、18世紀(3)に著された歴史書の一部である。これらを読んで、下記の問いに答えよ。(文章は、原文を書き改めてある。)(400字以内)


(1) 年にそえ日にそえては、物の道理をのみ思い続けて、老いの寝覚めをも慰めつつ、いとど年も傾き罷るままに、世の中も久しく見て侍れば、昔より移り罷る道理もあわれにおぼえて、神の御代は知らず、人代となりて神武天皇の御後百王と聞こゆる。既に残り少なく、八十四代にもなりける中に、保元の乱出来て後のことも、また世継が物語と申すものも、書ぎ継ぎたる人なし。(中略)それは、皆ただ良きことをのみ記さんとて侍れば、保元以後のことは皆乱世にて侍れば、悪き事にてのみあらんずるをはばかりて、人も申し置かぬにやと愚かにおぼえて、一筋に世の移り変り衰え降ることわり一筋を申さばやと思い続くれば、誠にいわれてのみおぼゆるを、かくは人の思わで、この道理に背く心のみ有りて、いとど世も乱れ穏しからぬことにてのみ侍れば、これを思い続くる心をも安めんと思いて、書き付け侍るなり。
(2) 大日本は神国なり。天祖はじめて基を開き、日神長く統を伝え給う。(中略)ただ我国のみ天地開けし初めより今の世の今日に至るまで、日嗣を受け給う事よこしまならず。一種姓の中におきても、自ら傍より伝え給いしすら正に帰る道ありてぞ保ちましましける。これ、しかしながら神明の御誓あらたにして、余国に異なるべきいわれなり。そもそも神道のことはたやすく顕さずということあれど、根元を知らざれば猥りかわしき始めともなりぬべし。そのついえを救わんがために、いささか勒し侍り。
(3) 本朝天下の大勢、九変して武家の代となり、武家の代また五変して当代に及ぶ、(中略)鎌倉殿天下の権を分たれし事は、平清盛武功によりて身を起こし、遂に外祖の親をもて権勢を専にせしによれり。清盛かくありし事も、上は上皇の政乱れ、下は藤氏累代権を恣にせしに傚いしによれるなり。されば、王家の衰えし始めは、文徳幼子をもて世継となされしによれりとは存ずるなり。尊氏天下の権を恣にせられし事も、後醍醐中興の政正しからず、天下の武士、武家の代を慕いしによれるなり。尊氏より下は、朝家はただ虚器を擁せられしままにて、天下は全く武家の代とはなりたるなり。


問1 それぞれの著者名と書名を書け。
問2 各文章に見られる著者の歴史のとらえ方の特徴について、その時代の思潮や政治動向と関わらせて説明せよ。































解答


1(1)慈円。愚管抄。(2)北畠親房。神皇正統記。(3)新井白石。読史余論。2愚管抄はそれまで合戦の起きたことのなかった京都を舞台にした保元の乱が起きたことで衰退していく貴族の運命と、武士が政争に使われたことによる武士の台頭を末法思想の影響を受けつつ、歴史は必然的な「道理」に基づき展開するという史観に立って叙述している。神皇正統記は全国的な統一政権としての幕府を開こうと目論む足利尊氏が立てた光明天皇側の北朝と、建武の新政からの引き続く天皇親政を行おうとする後醍醐天皇側の南朝間の抗争が続く中で書かれ、渡会家行の説いた伊勢神道や朱子学の大義名分論の影響を受けつつ、南朝の正当性を主張した。読史余論は白石が江戸幕府の権威上昇をはかった正徳の政治を行っている間に書かれたもので、歴史を段階に区分してとらえ、独自の九変五変論を展開しながら公家政権から武家政権への変化の過程をたどり、江戸幕府の正当性を主張した。(398)



コメント 超難。一橋日本史史上最凶の悪問。問題文がやたら長いくせに解答作成にほとんど役に立たないという代物です。作問者出てこい。なぜこんな問題を出題したのか、受験生が解けるとでも思ったのか、小一時間問い詰めたい。予備校講師でも解けません。大学でこの分野を専門とする学生や教授しか解けません。解答に関しては答え方が悪いです。北畠親房に関しては歴史のとらえ方の特徴について触れていないような気もしますが勘弁。白石のところも「歴史を段階に区分してとらえている」で終わらせたほうがいいですね。この解答は教科書と詳説日本史探究と河合塾の論述テキストを元に作りました。保元の乱の記述とか色々といらない記述が多いかもしれませんが字数稼ぎのために書きました。白石のところはもしかしたら河合のテキストの記述ほぼそのまんま持ってきてしまったかもしれないのでちょっとグレーゾーンです。ですのでこの解答の転用はやめてください。使用する場合は白石のところの記述をご自分で作成しなおしてから使用してください。










問題文引用元 つかはらの日本史工房


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-10 19:01:54

1989年

テーマ:一橋日本史

第一問


近代以前の日本は、東アジア社会の一員として、他の地域と相互に影響を及ぼしあいながら、歴史を展開させてきた。次に掲げた年には、日本の対外関係史上重要な出来事が起きている。そのそれぞれについて、内外の歴史的背景と日本社会への影響を含めて説明せよ。(400字以内)


(1)607年、(2)894年、(3)1401年、(4)1543年































解答


(1)推古天皇のもとで中央行政機構の編成が進められる中、607年に小野妹子が遣隋使として中国へ渡り、倭の五王時代の服属外交から対等外交の確立を目指した。(2)唐の衰退に伴い、894年菅原道真は遣隋使派遣を停止した。これを受け日本ではそれまでの大陸文化の消化の上に立って、日本の風土や日本人の人情・嗜好にかなった優雅で洗練された国風文化が生まれた。(3)13世紀後半に起きた元寇以来中国大陸と日本の間に正式な外交関係はなかったが、足利義満が1401年に明と国交を開いた。日明貿易は朝貢貿易の形式をとっており、貿易費用は明側が負担したため日本側の利益は大きく、また大量に輸入された銅銭は日本の貨幣経済の発展をもたらした。(4)1543年にポルトガル人が種子島に漂着し、それ以来スペイン人も加わって南蛮貿易が行われるようになった。貿易で日本に大量にもたらされた鉄砲は戦国大名のあいだに新鋭武器として急速に普及し、戦国時代の到来を招いた。(400)


コメント 一橋では珍しいテーマですね。教科書だけで解答可能です。


















第二問


幕末政治史についてのべた次の文章を読み、下記の問いに答えよ。(400字以内)


 18世紀末から19世紀初頭にかけて欧米列強の船がしばしば来航するようになり、対外問題は急速に緊迫の度を強めた。1808(文化5)年にはフェートン号事件がおこって幕府を狼狽させたが、(ア)その後の幕府の対外政策は、情勢に左右されて、強硬になったり柔軟になったりした
 1853(嘉永6)年にペリーが来航すると、老中阿部正弘は、朝廷に報告するとともに諸大名・幕臣に意見を求める方針をとったが、これを機に朝廷の権威か高まり、さまざまの政治勢力が登場して、幕末の政治的激動がはじまった。将軍継嗣問題はその最初の事例で、(イ)2つの勢力が争い、井伊直弼が登場して強硬な措置をとった
 井伊直弼が暗殺されたあと、幕府は朝廷との融和政策をとったが、やがて尊王攘夷派が朝廷を動かすようになり、1863(文久3)年には、幕府はやむをえず期日を定めて攘夷の決行を各藩に命じた。しかし、(ウ)定められた期日に攘夷を行ったのはかぎられた藩だけで、尊王攘夷派は同年8月18日の政変で京都から一掃された。
 他方幕府は、2回にわたって長州藩征討の兵をおこしたが、第2次の長州藩征討は、薩摩藩など有力な藩の支持をえられなかったことのほか、(エ)民衆運動の激化にも影響されて、中止せざるをえず、これを境に幕府の政治的権威は急速に失われた。


(1) 文政・天保期(1818~1844)の幕府の対外方針を示す法令を2つあげて、下線(ア)を説明せよ。
(2) 下線(イ)の「2つの勢力」について説明し、それとの関連で井伊直弼がどのような方針をとったかをのベよ。
(3) 下線(ウ)の「攘夷」と、それを直接の原因として生じた事件について説明し、これらの事実が対外観に与えた影響にも言及せよ。
(4) 第2次の長州藩征討が行われた年は、民衆運動がもっとも激化した年にあたる。その原因にも言及しながら、下線(エ)の「民衆運動」を具体的に説明せよ。





















解答


(1)幕府は日本に頻繁に来航した外国船の船員と住民との衝突を回避するため、1825年に異国船打払令を出して諸藩に外国船の撃退を命じた。一方アヘン戦争による清の敗北が日本に伝わると1842年に異国船打払令を緩和し、薪水給与令を出した。(2)一橋家の慶喜を推す松平慶永や島津斉彬らの一橋派と紀伊藩主徳川慶福を推す南紀派が対立した。井伊は安政の大獄で一橋派の大名や家臣を多数処罰した。(3)長州藩が攘夷を実行に移すと幕府は第一次長州征討に向かい、アメリカ・イギリス・フランス・オランダの四国も貿易の妨げになる攘夷派を下関で襲撃した。イギリス公使パークスは幕府の統治力の弱体化を見抜き、天皇を中心とする雄藩連合政権の実現を期待するようになった。(4)開国に伴う物価上昇や政局をめぐる抗争は社会不安を増大させ、世相を険悪にした。その結果、農民が「世直し」を期待して世直し一揆をおこし、大阪や江戸では町衆による打ちこわしが発生した。(398)



コメント これは河合塾の解答があるので比較してみていきます。まず最初に。対外観の意味を取り違えておりました(テヘッ)。外国の日本に対する見方ではなく、日本の外国に対する見方です。なので(3)のパークスがうんたらかんたらの部分は誤りです(納まりがいいのでそのまま載せました笑)。(1)では食料や薪水を補給して穏やかに帰帆させるという説明がなされています。確かに僕の解答では異国船打払令を出した目的は書いてあるのに薪水給与令を出した目的が書いて無くて中途半端ですね。あ、あと年号なんて問題で特別に求められてない限り書く必要ないですよ。(2)では一橋派が雄藩による幕政の改革を、南紀派は譜代大名主導の幕府独裁の維持を目指してと説明されています。また「井伊直弼が慶福を擁立して」の記述もあります。(3)に関しては先の誤りもあり、事件を第一次長州征討と勘違いしています。正しくは四国艦隊下関砲撃事件です。正答は 長州藩が攘夷→四国艦隊下関砲撃事件発生→攘夷の不可能を悟る→西洋の兵器を導入して自藩の軍事力強化のためイギリスへ接近 です。国名をいちいち挙げる必要はないです。(4)に関しては大阪や江戸なんてわざわざ書かなくても「各地で」って書けばいいみたいです。


ちょっと出来の悪い解答となってしまいました。河合塾の解答があって良かった( ̄▽ ̄)=3。
















第三問


次の文章は、組閣直後の第2次近衛文麿内閣が1940年7月26日に閣議決定した「基本国策要綱」の一節である。これを読んで下記の問いに答えよ。(400字以内)


 世界ハ今ヤ歴史的一大転機ニ際会シ数個ノ国家群ノ生成発展ヲ基調トスル新ナル政治経済文化ノ創成ヲ見ントシ皇国亦有史以来ノ大試錬ニ直面ス。コノ秋ニ当リ真ニ肇国ノ大精神ニ基ク皇国ノ国是ヲ完遂セントセバ右世界史的発展ノ必然的動向ヲ把握シテ庶政百般ニ亘リ速ニ根木的刷新ヲ加へ万難ヲ排シテ国防国家体制ノ完成ニ邁進スルコトフ以テ刻下喫緊要務トス。


(1) この閣議決定は、国際情勢の新たな展開を「世界史的発展ノ必然的動向」として把握している。第1次世界大戦直後の時期との相違に留意しながら、この時期の国際情勢の特質について説明せよ。
(2) 国内における政治的対抗関係を中心にして、第2次近衛内閣成立の経過について説明せよ。
(3) この閣議決定にいう「国防国家体制ノ完成」のため、政治組織や社会組織などの大規模な改革が、この時期に行なわれている。代表的事例を3つあげて説明せよ。
































解答


(1)第一次世界大戦直後の国際紛争の平和的解決と国際協力を目指したベルサイユ体制とはうって変わり、ベルサイユ体制を打破して「世界新秩序」を目指す日本・ドイツ・イタリアの枢軸陣営、アメリカなどの自由主義・民主主義諸国、社会主義国であるソ連の三勢力が対立し、国際情勢は動揺していた。(2)第2次近衛内閣では日米交渉の期限を決め、交渉が不成立ならば開戦に踏み切るという帝国国策遂行要領が出された。しかしアメリカとの妥協点を見出せずに期限をむかえ、日米交渉の妥結を強く希望する近衛首相と交渉打ち切り・開戦を主張する東条英機陸軍大臣が対立し、近衛内閣は総辞職した。(3)すべての労働組合・労働団体は解散され、職場ごとに労使一体で国策に協力する大日本産業報国会が結成された。内閣情報局が設置され、マスメディアを総合的に統制し、戦争遂行のために利用する方針が採られた。新体制運動の推進を目指し、大政翼賛会が結成された。(396)



コメント 頻出テーマです。










問題文引用元 つかはらの日本史工房



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-10 19:01:37

1988年

テーマ:一橋日本史

第一問


次の文章は、明治時代に編さんされた官撰の大百科『古事類苑』の徳政に関する説明である。これを読んで、下記の問い1~3に答えよ。(400字以内)


 徳政ノ称ハ、仁政苦政ト一般ニシテ、中古王政ノ世ニ当リ、天災地妖ヲ始トシ、異常ノ事アリテ、租ヲ〓[のぞ]キ、刑ヲ緩クシ、仁ヲ施シ、徳ヲ布ク毎ニ、特ニ此ノ名ヲ用ヰ、鎌倉幕府ノ始ニ於テモ、其行フ所仍ホ中古ノ政ト異ナラザリシガ、・其中葉以降ニ至リテハ、大ニ往時ニ反シ、負債ヲ債主ニ償ハズ、質物及ビ売買地ヲ本主ニ還サシムルヲ以テ徳政ト称セリ。故ニ債主若シクハ田畠ノ買主ハ、其負債者、若シクハ田畠ノ売主ヨリ、徳政担保ノ証書ヲ請取リ、又ハ売渡証文ト譲状トノ二通ヲ製シテ、買主ノ便宜ニ供スル等ノ事アリキ。而シテ足利幕府ニ及ビテ、其弊ヲ極メ、・負債者ハ、債額ノ十分ノ一、或ハ五分ノ一ヲ政府ニ納レ、政府ヨリ奉書ヲ得テ証左ニ備フルニ至リ、貧民保護ノ名ノ下ニ、政府自ラ利益ヲ獲得スルノ計ヲ為セリ。是ニ於テ・徳政一揆ナドト称ヘテ、暴民四方ニ肆行シ、他人ノ財物ヲ掠奪シ、或ハ政府ニ逼リテ、徳政ヲ行ハシメントスルニ至レリ。而シテ徳政中ニ於テ、天下ニ普ク之ヲ行フヲ一国平均ノ徳政、又ハ天下一統ノ徳政ト云ヒ、其他一国ニ限ルアリ、京中ニ限ルアリ、公領ニ限ルアリ、又大名等私ニ之ヲ行フモアリシナリ。嘉吉文安ノ比ヨリ文明応仁ノ際最モ盛ニシテ、天正文禄ノ比ニ至テ稍衰ヘタリ


1 次の史料は、傍線部・で説明されている徳政令である。この法令は、何を目的として発布されたものか。傍点部分をふまえて説明せよ。
 一 質券売買地1)の事
 右、所領を以て或は質券に入れ流し、或は売買せしむるの条、御家人佗〓[てい]2)の基なり。向後に於ては、停止に従ふべし。以前沽却3)の分に至りては、本主4)領掌せしむべし。但し或は御下文・下知状を成し給ひ、或は知行廿箇年を通ぐるは、公私の領を論ぜず、今更相違あるべからず。もし制符に背き、濫妨を致すの輩あらば、罪科に処せらるべし。
 次に、非御家人・凡下5)の輩の質券買得の地の事、年紀を過ぐると雖も、売主知行せしむべし。
 注 1)質入れや売買した土地  2)困窮  3)売り払うこと  4)もとの所有者  5)庶民
2 傍線部・の手続きなどによる幕府収入を分一銭という。分一銭の取得方法について、この説明で不十分な点を補え。
3 傍線部・のように、徳政一揆が室町時代後期に頻発した理由を、次の語を用いて説明せよ。(荘園領主、土倉、年貢、加地子、惣村、強訴)































解答


(1)鎌倉時代後期には御家人の多くは分割相続の繰り返しによって所領が細分化された上、貨幣経済の発展に巻き込まれて窮乏していた。そのため幕府は永仁の徳政令を出して御家人の所領の質入れや売買を禁止して、それまでに質入れ・売却された土地を無償で取り戻させ、御家人の窮乏を防ごうとした。(2)債権者である高利貸の土倉や酒屋が徳政令の適用免除を幕府に要求する際にも幕府は債権者から債額の一部の分一銭を得ることができた。(3)鎌倉後期に発生した惣村は南北朝の動乱のなかで各地へ広がっていった。農民による自治的な村である惣村の農民は連帯意識のもとで年貢や加地子の減免を求めて一揆を結び、荘園領主に対して強訴や兆散などの実力行使を行った。この一揆は次第に徳政を要求するようになり、室町時代後期、農村には土倉などの高利貸が浸透していたため、各地で徳政一揆が結ばれ、実力による債務破棄・売却地の取戻しが行われた。(390)



コメント 問題文の威圧感(笑)。(2)は超難です。



















第二問


次の文章は、山県有朋首相の1890年(明治23)の意見書、「外交政略論」の一節である。これを読んで、下記の問い(1)~(3)に答えよ。(400字以内)


 国家独立自衛ノ道二ツアリ、一ニ曰ク主権線ヲ守禦シ他人ノ侵告ヲ容レズ、二ニ曰ク利益線ヲ防護シ自己ノ形勝ヲ失ハズ、何ヲカ主権線ト謂フ、疆土是ナリ、何ヲカ利益線ト謂フ、隣国接蝕ノ勢我ガ主権線ノ安危ト緊シク相関係スルノ区域是ナリ……而シテ外交及兵備ノ要訣ハ専ラ此ノ二線ノ基礎ニ存立スル者ナリ、方今列国ノ際ニ立テ国家ノ独立ヲ維持セントセバ、独リ主権線ヲ守禦スルヲ以テ足レリトセズ、必ヤ進テ利益線ヲ防護シ常ニ形勝ノ位置ニ立タザル可ラズ、利益線ヲ防護スルノ道如何、各国ノ為ス所苟モ我ニ不利ナル者アルトキハ我レ責任ヲ帯ビテ之ヲ排除シ、已ムヲ得ザルトキハ強力ヲ用ヰテ我ガ意志フ達スルニ在リ


(1) 傍線を付したような考え方に立って、西南戦争以降、この時期までに行なわれた軍事上の改革について説明せよ。
(2) この意見書の中で山県は、「我邦利益線ノ焦点ハ実ニ朝鮮ニ在リ」と論じている。日清戦争の開戦に至る日本の対朝鮮政策について説明せよ。
(3) この意見書が出された頃、民間においても国民的自覚を促す言論活動が活発となった。その内容を説明せよ。































解答


(1)陸軍は参謀本部を新設して統帥部を強化し、軍人勅諭を発布して天皇に対する軍人の忠節を強調した。また、陸軍の編成が、国内治安対策に主眼を置いた従来の鎮台から対外戦争を見据えた師団へと改められた。さらに、大日本帝国憲法では天皇に対して議会の関与できない天皇大権として国防方針の決定権や陸海軍の統帥権を認めた。(2)朝鮮の近代化を図る親日派のクーデタを援助したが失敗に終わり、これを受けて清国との間に天津条約を結んだことで朝鮮に対する影響力は低下した。後に甲午農民戦争が勃発すると朝鮮の内政改革を巡って清国と対立を深め、日清戦争開戦に至った。(3)徳富蘇峰は山路愛山らとともに、一般国民の生活の向上と自由を拡大するための平民的欧化主義の必要性を説いた。これに対して三宅雪嶺や陸羯南らは日本固有の伝統のなかに価値基準を求め、それを基礎に国民国家を作り上げようとする国粋保存主義を説いた。(385)



コメント (3)の平民的欧化主義は数年前にも出題されましたね。

















第三問


日本の近現代史における代表的なデフレ政策を3つあげて、説明せよ。(400字以内)その際、下記の3点に留意すること。


1 デフレ政策を推進した中心人物と時期
2 デフレ政策が登場した歴史的背景
3 デフレ政策がもたらした経済的・社会的結果(具体的に)































解答


19世紀後半、西南戦争の戦費のために不換紙幣が増発され、さらに国立銀行も不換紙幣を増発したことで激しいインフレが発生した。松方正義は増税によって歳入の増加を図り、軍事費以外の歳出を緊縮して歳入の余剰で不換紙幣を処分した。この結果、物価の下落と実質的な地租増大により自作農が土地を手放して寄生地主制が発展した。1920年代の度重なる恐慌を政府は日銀券を増発して処理したため、インフレの傾向が強まっていた。そこで井上準之助は財政緊縮、産業合理化、旧平価による金解禁を行い経済界の抜本的整理を図った。しかし世界恐慌の影響もあり不況が深刻化し、昭和恐慌に陥った。戦後行われた傾斜生産方式では赤字財政による巨額の資金投入が行われ、インフレが進行した。そこでドッジが来日し、単一為替レートを設定して国際競争のなかで輸出振興を図った。しかしインフレは収束したものの不況が深刻化し、中小企業の倒産・失業者が増大した。(397)



コメント なかなかハードですね笑










問題文引用元 つかはらの日本史工房


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。