ケルト十字の妨害要因って、読み方を悩むときがあります。

 本によっては、良い状況の場合、援助を表すともしています。

 私が先日、特に悩んだ例は、現状が女帝逆位置で、妨害がカップの9番。

 これは相手方がいい加減な人物で、タナボタ目当てで来ている、と読みましたが、幸運な出会いも意味するカードでもあります。

 もしかしたら、依頼者の読みが甘いところがあって、いつまでもカップの9番に象徴されるものに依存している、という可能性もありますし、依頼者に接近してきた人物が、そこにつけ込んでいる可能性もあります。

 続いては、東京・千葉 カラダとココロが軽くなる整体「リリーフセラピー」を提供する、未來さんの記事です。

 4人の自分のバランスを取るって、例えば四魂とどう違うんだろう、など興味が湧いてきます。

 もっと詳しいお話しが今後続けて聞けるそうなので、期待しながら待っています。

未来常識@本来の自分へ戻るたび

●アメクリップであなたのブログを紹介しませんか?

良かったらポチッと押して下さい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

♥♥♥タロット・前世療法【お客様のご感想】♥♥♥

「とってもはっきりしたビジョンが浮かんできて、おかげでスッキリしました。」
「(講演)途中から参加で、過去生がバッチリ出てきました。」(「ヒプノフェスタ2011」アンケートより)
「結婚できるかもしれないと希望が湧きました。」

★あなたの未来と解決策が分かるタロット・占星術
★あなたの前世と安心して出会えるグループヒプノ

詳しくは、
DelightChannelにて。
PC・携帯・スマホ、全て同じアドレスでご覧頂けます