堀澤麻衣子様

今後の音楽活動について、方向性を見定めようと思い、明宮先生の退行催眠を受けました。

最初、ゆっくりとした呼吸でリラックスし、自分専用の風景の中へ。
出てきた光景は、大好きなギリシャ風建造物のすぐそばの平原。
そこから誘導されて、インナーチャイルドが住む家に歩き出しました。

インナーチャイルドのお家は、赤い屋根の小さな家。
入ると、タイツのようなぴったりした青い服を着た、内気な5歳くらいの男の子がいました。
少しして、インナーチャイルドがようやくなついてくれたので、歌を作ったり絵を描いたりしてして遊びました。

楽しい歌ができあがったところで、インナーチャイルドとのお別れの時間に。

インナーチャイルドに見送られながら、自分専用の風景に戻ると、続いて過去生へと旅立ちました。

私の過去生は、マンガの仙人みたいな、白い服を着た長い白髪のお爺さん。
もう一人のお爺さんと一緒に、雲の上から地上を見下ろして、これからどこへ行こうかと思案していました。

その人の生きた時代を、もう少しさかのぼってみると、赤ちゃんのような服を着た少年になって、宇宙を飛翔しながら、星々の運命を見ていました。

そして、その人生の重要な場面は、
星が滅びる姿。マグマが吹き出して、惑星が赤々と輝き、滅びようとするところ。
でもなぜか、それが悲しいといった気持ちはそれほど強くなく、終わったなあという感慨がありました。

そしてその過去生での、最後の光景。これから生まれ出ようと、地上を見下ろして考えているところ。
最後にその過去生から、「声」と「怠け心」を治す薬の、二つの贈り物をもらいました。

歌が本当に好きな自分を見つめ直し、原点に帰れた気がします。
おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで新作に向き合えます。
今日は本当にありがとうございました。
AD