1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007-01-09 23:03:13

MESSIAHの時事放談。

テーマ:社会

またまた気になった話題があるんで、

てきと~にコメントしとこうかなと思います。



①「ヤンキース井川誕生。」
http://mlb.mlb.com/NASApp/mlb/news/article.jsp?ymd=20070108&content_id=1775099&vkey=news_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb


いやぁ~井川のカタカナ英語素晴らしかったねぇ(笑)!

まさか「カタカナ」カンペで、
晴れ舞台で堂々とアノ英語を恥ずかしげも無く披露できる、
根性はさすがに尊敬もんですわwww


あの度胸は見習いたいもんだねぇ。。










②「韓国時期大統領候補の日韓海底トンネル公約検討。」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=83415&servcode=200 §code=200



戦前にもこんな案がマジで、
検討されてたみたいだねぇ。

まぁ、夢のある提案で、
鉄道・自動車好きの俺にとっては、
本音から言えば実現して欲しいもんなんだけど、
費用対効果・国益の面で考えてしまうと、
どうも児戯にも等しい提案に終わり、
自然消滅してしまうんが、
現実のところだろうね。


そもそも、
「海底トンネルが建設されれば現在年間350万人といわれる韓日両国間の往来規模が10倍以上に増えるものと予想される」
と考えてる時点で、
あきらかにSFレベルな発想だしなぁ……。


でもこうした、
ユートピア的発想なニュースは、
たまにはあってもいいね(笑)。










③「YAHOO!のニュースのデザインが変わった。」


今日、朝YAHOO!のニュースを見ようとしたら、
なんかデザインが変わってた。

地味に操作しにくくもなったりしたもんだ。

だけどこりゃあ、
もはや慣れるしかねぇなww

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-07 00:42:59

MESSIAH’s ワイド。

テーマ:社会

ここ数日、

気になるニュースがちらほらあったので、

いくつかピックアップしていきたい。



台湾新幹線開業。


俺は、この台湾高速鉄道については、

1年以上前から注目していたけれど、

ようやく開業したねぇ!!


新幹線輸出は初めてだから、

なんか海外で新幹線を見ると、

どことなく誇らしい気分になるのは正直なとこだねぇw


だけど、

トラブル多すぎ(笑)。

ダブルブッキングはいいとして、

あの自動券売機のスロットマシン化には、

ぶっちゃけ爆笑だったねwww


いかにもうぶな状態って感じだけど、

いつかは乗って見たいなぁ・・・。。


日本の新幹線との違いも実際体験してみてぇな。






TV朝日の「白虎隊」


今でもビデオは残ってるが、

「白虎隊」といえば、

20年くらい前のNTV放送のやつは、

かなりちっちぇえ時に見たことあるけど、

未だにかなり印象に残ってるねぇ。


キャストも話も重厚そのものだったし、

白虎隊の悲壮感が、

特に堀内孝雄の「愛しき日々」のサウンドの中の自害シーンで、

すんげぇ伝わってきてたのは今でも鮮明に覚えてるくらいの、

あれは不朽の名作だった。



今回はどうなんだろうなと楽しみに見てたけど、

まぁ、昔のに比べりゃあ軽くなったのは、

戊辰の戦には、あまりにも不釣合いなエンディングテーマが原因なのは折込済みとしながらも、

それにしても、

白虎隊の悲壮感が一向に伝わってこないなぁ。


ま、後編もあるし、

そこは大目に見とくかwww






誰が最もキレイなプリンセスか?」

http://p099.ezboard.com/Whos-your-favorite-Princess/fjjboardfrm41.showMessage?topicID=27350.topic


なぜこの掲示板にピーチ姫がwwwww





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-17 22:55:25

新世代の経済学は?

テーマ:社会

午前中、BS1のBBCを見ていたら、

あの恒常所得仮説で有名な、

ミルトン・フリードマン氏が死去したというニュースを伝えていた。


ミクロ・マクロ経済理論いずれに関しても、

この人の話題は出まくっていたなぁ。

マネタリズムしかり、負の所得税しかり・・・・・


今、よく話題に上る、

「小さな政府論」とか「規制緩和」とかという経済政策の理論を、

明確に打ち出したのは、間違いなくフリードマンその人だ。


その功罪については、

ここでは記さないけど、

いずれにせよ、経済学者の巨人の一人が逝ったことには違いない。

一方で、近年の新進気鋭の経済学者は、

俺自身は、ポール・クルーグマン以外にはあまり聞かない。



経済学理論もベースではかなり固められたというのが、

近年の経済学研究の傾向だと思うけど、

如何せん、実験するには全世界を巻き込まなければいけないし、

失敗すればそれこそ世界中がガタガタになりかねない意味で、

経済学を実験することは、

理科の実験に比べて桁違いに難しい。


従って、万能な経済学理論は未だ発見されたとは言いがたいし、

これからまだまだ新たな理論も生まれうるかもしれない。



これから、新しい学者がどのような理論を示して、

実社会に応用させていくのかというのを、

もっと注意深く見ていきたいね。



特に日本からそういう学者が出るかも見ていきたいし、

日本らしく規範精神も考慮に入れた経済学理論というのも見てみたいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-11 23:02:04

時事を斬る???

テーマ:社会

本日は、徹底的に時事問題を思うがままに記していきたい。


①教育問題


いじめ自殺・自殺予告・タウンミーティングやらせ・国旗国家掲揚問題・履修漏れ・教育基本法改正・・・・


まるで安倍内閣発足で教育問題に取り組むといった瞬間に、

上記のような教育問題が一気に噴出した。


俺自身は、もちろんマスコミが意図してあえて、

オープンアジェンダとしているとしか思えないと、

思っている。


そもそも、

教育問題は今に始まったことではない。

ずっと昔から続いている問題なのだから。


しかし、コンドラチェフの60年の波が、

教育制度にも押し寄せ、

それこそ1947年に発足した現行の教育システムを

抜本的にイノベートする時期が来たんじゃないかなぁ。


だから、この際は徹底的に教育システムに関する膿を出しつくした上で、

現行の教育システムを根本から覆す、

たとえば六三三四制度までも変革するなどの教育改革を行わねばならないと思う。


さらには、教育のノウハウについても、

足利学校・閑谷学校や会津藩校日新館などの教育方針、寺子屋、旧制教育システムと、

かつて日本が歩んだ教育の良いところを洗いざらしに調べ上げた上で、

現代にあてはめるやり方が、

明らかなる唯物論的教育を改める良いヒントになるんじゃないかね。


絶対にやっちゃダメなのは、

「木を見て森を見ない」教育、

すなわち、社会で通用する人材を育てる目的を決して失っちゃあ絶対にいかん!



以上の原則に従えば、

各論でもめることはあるかもしれないけど、

総論の方向性としては、

日本の教育は良い方向に向かうと思う。



②アメリカ中間選挙とその影響


中間選挙は、民主党が上院・下院ともに過半数を取った。

さらにラムズフェルド国防長官が辞任した。


さて、これからアメリカ政治・外交はどのように展開していくのか?


まぁ、国際協調路線を強めるかもしれないけど、

基本的には変わらんじゃないかね。


だって大統領は、議会法を拒否できるんだもの。

民主党だって過半数をちょいと超えただけなんだから、

そうやすやすとブッシュ政権も政策転換をすることはないんじゃないか。


ただし、今までは強気一辺倒だった姿勢が、

少しは遠回りをしてじっくり攻めるようにする姿勢には、

なりそうかも。


現在、政策について会議中で

今後どのような方針が出されるのかは判らないけど、

アメリカの姿勢には注目して見て行きたい。



③スポーツ(アジアシリーズとフィギュア)


・アジアシリーズ(野球)


日本ハムは順当に3勝して決勝。

しかし相手がみんなの予想とは異なり、

台湾のラニューベアーズになった。


アジアシリーズ見てて思うんだけど、

観客がどうしてこんなにいないんだぁ~www


台湾・韓国・中国だったら日本滞在はいくらでもおるでしょう!

せめて、そういう人たちや観光客たちにチケット割引システムといった

ことはできなかったのかねぇ?


レベルに関しては、

細かいところにまだまだ差があると感じてるね。


投手起用のタイミング・守備・走塁・試合勘・・・・・

そういうところはまだまだ台湾・韓国・中国は甘いと正直感じた。


・フィギュアスケート(中国GP)


中野が2位ですか。

それにしても男女ともにレベル低!


女子なんか優勝者とスケアメの優勝の安藤の点差が40点だぜww


しかも、あまりにも人がいないから

苦し紛れの士官学校生徒動員www↓

この場違いな光景には正直笑えたね!



→「一同起立!!」


→日中友好??






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-30 23:51:56

「ここにスパイはいないか?」

テーマ:社会

今日は、学校が休講でした。

時事ネタを2本立てでお送りします。


ソフトバンク「予想外割」の波紋。


まずは、メジャーなネタから。

まぁ、システム障害の最大の要因はまず間違いなく、

社内のコミュニケーションがなかったことに尽きるんじゃないかな。

孫正義社長はこの大プロジェクトについては、

一部の人にしか知らせていなかったと

堂々と公言していたからなぁ。


しかし、2500年前の書にも記されているとおり、

いくら上のものがやる気あったって、

下のものが知らないか、やる気がないんじゃあ、

物事はうまくいくはずがないというのは当たり前のことじゃないかね。


そこんところは、もう一度兵法書を

読み直して大胆な経営戦略に望んで欲しいと思ったね。



「日が昇る国はロシア」 プーチン大統領、日本意識http://www.usfl.com/Daily/News/06/10/1025_012.asp?id=51077


・・・「日本よりロシアのチュコト半島の方が東にあり、正確に言えば『日が昇る国』はロシアだ」。プーチン・ロシア大統領は25日の国民とのテレビ会見で、日本を強く意識したような冗談を飛ばした。


 道路建設に関する極東ナホトカの住民の質問に答えた際の発言。生中継のためモスクワが昼間なのにナホトカは夜になっていることに触れ「ロシアの広大な領土を示している」と強調。「ところで日本は東の国だから皆が『日が昇る国』と呼ぶが、ニュージーランドがもっと東で、さらに東にわれらのチュコト半島がある」と日本に言及した。同半島はベーリング海峡を望むロシアの東端だ。



プーチン大統領が日本をそれなりに意識してる証拠かねw

まぁ、ロシアの国民性からいって、

日ごろから意識してる国に対しては

それなりに重きを置いているに違いないだろうから、

外交交渉の際にはその部分を読み取っていって欲しいね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。