1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-10-30 23:51:56

「ここにスパイはいないか?」

テーマ:社会

今日は、学校が休講でした。

時事ネタを2本立てでお送りします。


ソフトバンク「予想外割」の波紋。


まずは、メジャーなネタから。

まぁ、システム障害の最大の要因はまず間違いなく、

社内のコミュニケーションがなかったことに尽きるんじゃないかな。

孫正義社長はこの大プロジェクトについては、

一部の人にしか知らせていなかったと

堂々と公言していたからなぁ。


しかし、2500年前の書にも記されているとおり、

いくら上のものがやる気あったって、

下のものが知らないか、やる気がないんじゃあ、

物事はうまくいくはずがないというのは当たり前のことじゃないかね。


そこんところは、もう一度兵法書を

読み直して大胆な経営戦略に望んで欲しいと思ったね。



「日が昇る国はロシア」 プーチン大統領、日本意識http://www.usfl.com/Daily/News/06/10/1025_012.asp?id=51077


・・・「日本よりロシアのチュコト半島の方が東にあり、正確に言えば『日が昇る国』はロシアだ」。プーチン・ロシア大統領は25日の国民とのテレビ会見で、日本を強く意識したような冗談を飛ばした。


 道路建設に関する極東ナホトカの住民の質問に答えた際の発言。生中継のためモスクワが昼間なのにナホトカは夜になっていることに触れ「ロシアの広大な領土を示している」と強調。「ところで日本は東の国だから皆が『日が昇る国』と呼ぶが、ニュージーランドがもっと東で、さらに東にわれらのチュコト半島がある」と日本に言及した。同半島はベーリング海峡を望むロシアの東端だ。



プーチン大統領が日本をそれなりに意識してる証拠かねw

まぁ、ロシアの国民性からいって、

日ごろから意識してる国に対しては

それなりに重きを置いているに違いないだろうから、

外交交渉の際にはその部分を読み取っていって欲しいね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-28 21:35:08

紅葉と温泉と清流と・・・

テーマ:旅行記

日塩ドライブ旅行に行ってまいりました!

実に紅葉が鮮やかだったね。

さすがに山の上ともなると、

下界とは異なり気温がだいぶ違うから

体調管理には多少は気をつけたけど、

温泉でなんとかなるでしょうと思いつつ、

以下に旅の詳細を記します!



まずは、家を出発して東北道・日光宇都宮道路を北上、

さらには先月に無料化となった

霧降高原の道路を通った。

まさしく文字通り、天気は霧。

その中で真っ赤・黄色に色づいた木々の中を

颯爽と進み、最初に大笹牧場に立ち寄った。

 大笹牧場はかなり標高の高いとこなので寒かったけど、

さすがは牧場、ソフトクリーム・ヨーグルトは実に濃厚で

おいしかったね。


その後は栗山方面へ行き、

黒部温泉・四季の湯へ入浴。

→無色透明なのに強い硫黄臭のするなかなか独特な温泉で満足しました。


鬼怒川沿いをさらに奥地の川俣方面へ。

猿軍団に出くわしながらドライブは続き、

川俣湖・瀬戸合峡に到着。


      


奥鬼怒の紅葉の名所だけあって、

めっちゃ美しい風景を堪能できました!


マイタケのてんぷらとざるそばを食した後、

鬼怒川の渓谷を眺める。


→鬼怒川温泉でなじみのある鬼怒川の上流と紅葉のコラボは最高です!


川俣から国道121号→上三依で塩原→宿泊地の塩原元湯温泉に到着!

宿泊場所は近くにこれまた

紅葉とせせらぎの美しきBGMのある川沿いの元泉館。


    


元湯温泉は、たったの3軒しか建物のない、

実に秘湯に近い温泉です。

元来は塩原でも最古の歴史を誇り、

多くの旅館が林立していたけれども、

2回も山津波に巻き込まれてすっかり衰退して

現在に至るというようなところです。

しかし、硫黄たっぷりの温泉は

本当に病み付きになりそうなくらい

素晴らしいものだったね!



じっくり宿で温泉と川のせせらぎを堪能した翌日、

旅行のクライマックスのもみじラインへ向かい、

新湯温泉で合流。

硫黄の臭いのする温泉地に懐かしさを思い浮かべました。



そして、最後の訪問先、

ハンターマウンテン塩原。

元々は首都圏から近いと言うことで

多くのビジターの来るスキー場だけれども、

雪の無い紅葉シーズンも

ゴンドラを開放して営業しています。


→雪が無くても甲陽の山が四方に広がっています。

→ハンターマウンテンのマスコット。文字通りハンタマ。


そして、家路へとつく・・・。



★今日の話題

台湾新幹線12月7日開通式



・・・日本の対台湾交流機関、交流協会台北事務所の池田維代表は26日、日本の新幹線
 システムが初めて海外に輸出されたプロジェクト、台湾高速鉄道(新幹線)の
 開通式典が12月7日に同鉄道台中駅で行われることを明らかにした。


台湾新幹線、ようやく開業の日が決まったみたいだね。

それにしても新幹線が初めて海外デビューするということで、

鉄道に対する造詣のある俺にとっても

楽しみなニュースだし、一度は乗って見たいね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-26 23:52:52

まさに戦略家!トレイ=ヒルマン監督。

テーマ:Everyday's EVENT

日本シリーズで北海道日本ハムが4勝1敗で優勝した。

バントや守備などの基本プレーの堅実さが

やっぱり勝因なのかなぁとつくづく感じたね。

何を行うにしろやっぱり基本だね!

基本なくして応用なし!


その上での田中賢介内野手の

隙をつく盗塁といった奇策に、

金子誠内野手のスクイズ。


思えば、

基本の徹底・地の利・選手の特性・機先の制し方・人身把握・風林火山・・・・

まさに孫子の兵法をここまではっきりと

判りやすく実践して日本シリーズを制したともいえるかも。

この日本シリーズでの戦い・作戦ぶりを

是非是非兵法研究の良い参考材料としたいね。


昨年の9月には、

俺は札幌ドームに足を踏み入れた。

あの舞台が今日本で一番注目されているのは、

少し感慨深いものがあるね。


この道産子たちの喜びのエネルギーで

長万部で見た悲惨なシャッター通りに笑顔を取り戻せるが如く、

北海道を活性化させてくれ~と願うのもSHINJO胴上げと同時に

思うのであった・・・



★今日の話題

ブログが就職の「落とし穴」? ググられる学生たちhttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/25/news070.html



・・・インターネットは、就職活動を便利にした。しかし同時に、学生側が企業から検索されるという状況も生み出している。

インターネットは、学生の就職活動を便利にした。しかし同時に、学生が陥る
可能性のある不気味な「落とし穴」も、同時に作り出したのかもしれない。

後は記事参照。



俺のこのブログも人事にググられてんのかね?

まぁ、少なくとも俺の場合は明確に判別可能な個人情報は

出していないつもりだからさすがに企業の人事の方々も

判らないとは思うけどね。


ただ、ネット社会って

個人とパブリックのぶつかり合いの

フィールドなんだなというのをこの記事を通じて

つくづく感じた。


ブログ上での本音が

様々な副作用を呼ぶかもしれないということを

「炎上」を筆頭に問題提起されているけど、

別の意味での副作用が出始めているということを

この記事が提起している意味で

俺は良い記事だなぁと思ったね。


俺を含めたブロガーのみなさん、

ブログは「マスメディア」のツールだということを

忘れないで下さいねw


けど、あまり外部のことを気にしすぎるのも

ブログらしくなくなるんで

あまり深く考えずに、

思ったことを書くことが

ブログなんだということも

同時に忘れないで下さいな。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-25 22:43:26

再びもみじラインへ

テーマ:ぼやき

明後日、1泊2日の日程で

塩原・日光方面へドライブ旅行することに決まった。

塩原のもみじラインは、

先のブログの記事を見れば判るとおり、(旅行記参照)

1回フルで通っている。

なかなか道が険しく

緊張感のある有料道路だったけど、

なかなか楽しめた道路だと思う。


今度は、

紅葉真っ盛りのシーズンの中で

もみじラインを通るので、

ドライブに加え素晴らしき

紅葉風景をじっくりと堪能しつつも

温泉も楽しんでいきたい。


後日の旅行記をお楽しみに!



★今日の話題

テレビ局出資規制 朝日、日経が「抵抗勢力」http://www.j-cast.com/2006/10/25003508.html



・・・総務省のデジタル化の進展と放送政策に関する調査研究会が、民間の放送局が持ち株
 会社を設立して複数の放送局を傘下に置くことを認める報告書をまとめた。地方局の
 経営を支援するのがねらいだが、新たに盛り込まれた株の出資規制によって、保有株を
 手放す対応が求められるテレビ朝日とテレビ東京の最大株主である朝日新聞と日経新聞は
 猛反発している。 (後は上記事参照)



なんとも長ったらしい記事だけど

要は、大手マスコミの既得権益を

なんとか縮小させて参入退出を

活発化させようという趣旨の記事だと思う。

この是非を論じることは、

このブログでは生半可な知識しかない

俺は避けるけれども、

少なくとも今の日本のマスメディア体質に

問題があるのはブログをはじめたことから

抱いていたのは事実だ。


「記者クラブ」制度なんかは、

まさに大手マスメディアによる

既得権益の牙城そのものである。

NGOも日本の記者クラブ制度には

毎年苦言を呈してるしね。


ただ、大手マスコミの寡占が続く限り、

既得権益を守るために

この記者クラブの議論は

国民レベルでは出てきにくいんじゃないかね。


インターネット掲示板でも

よく「マスゴミ」といわれるのも

マスコミの報道姿勢があまりにも

自社の顔を伺いながら行われているとも捉えかねないような

スタイルだからというのも無理もないと思う。


報道はまさに公共財なんだから、

マスコミのあり方をもっと国民的議論で

喚起させるような勇敢なマスコミが出てきてもいいんじゃないかな。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-25 00:59:47

思い込み・甘えはいかんぜよ。

テーマ:Everyday's EVENT

異様に寒い一日だった今日、

久しぶりに亀有の某ショッピングモールへ買い物に行った。

もうだいぶ食料品の経験地を積んできた俺にとって、

そのモールの陳列してある商品がどういうものかは

だいぶ把握できるようになっているが、

感想はあまりにも特徴がなさ過ぎることが

かえって強く印象に残ったかな。


おかげで、相当長い時間買い物をしていたわりには、

購入金額はいつもよりも少ない、

¥5000強にしか達しなかった。

やはり、他の店舗との差別化を図るには、

個性を最大限に発揮すること、

それにつきるしかないね。

規模・大きさ・ブランドに甘えていると

将来には良い結果は生まれにくいことを

身をもって実感したのだった。



★今日の話題

「日本人旅行者、パリの理想と現実のギャップに悩まされる」



・・・ロイターで載っていた話題。

パリを訪れる日本人観光客のうち、

年間12人くらいは心理療法が必要になっているんだって。

不親切なパリジャンや汚れた通りなどの現実を見ることで、

パリは夢の都と思い込んだ日本人が、

被害妄想になったりしていることを

「パリ症候群」というんだとさ。



う~ん、俺はパリへ行ったことないから

なんともコメントしづらいんだけど、

少なくとも街・人はそれぞれ十人十色。

従って、あまり行く前から過度な期待は抱かずに、

現地のありのままの状態に対して

無意識に入り込めるように

楽しむようにしないといかんね。

旅行をする上での

良い教訓にもなってる記事なんじゃないかな。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。