キャバレー [DVD]/ライザ・ミネリ,マイケル・ヨーク,ヘルムート・グリーム

¥2,700
Amazon.co.jp


CABARET
1972年アメリカ映画 カラー 125分
監督 ボブ・フォッシー
出演 ライザ・ミネリ マイケル・ヨーク ヘルムート・グリーム ジョエル・グレイ マリサ・ベレンソン フリッツ・ヴェッパー



1930年代初頭のベルリン。スター女優を目指すサリー・ボウルズ(ライザ・ミネリ)は、キャバレー、キットカットで歌い踊るのが仕事。同じ下宿にイギリス人青年ブライアン(マイケル・ヨーク)が引っ越してくる。性格も生き方も全く違うふたりだが、いつしか意気投合していく。ブライアンは、生活を支えるために、英語を教える生徒を取る。サリーの友人フリッツ(フリッツ・ヴェッパー)や、ユダヤ人の大金持ちの令嬢ナタリア(マリサ・ベレンソン)もそんなひとりだった。ある日、サリーはドイツの青年男爵マクシミリアン(ヘルムート・グリーム)と知り合う。そこから、ブライアンも巻き込んだ複雑な三角関係が始まる。



ライザ・ミネリは、ご存じジュディ・ガーランドの娘です。似ているようで似ていない。でも、やっぱり似ている。特にクライマックスの「キャバレー」の曲は圧巻で、ジュディの歌声が乗り移っているような気持ちになってきます。


ミュージカルは楽しいもの、と思っている方には、この映画はちょっと違和感があるかもしれません。ミュージカルではあるのですが、歌と踊りはキャバレーの舞台上に限られているからです。しかし、見方を変えれば、急に歌い出すミュージカルが苦手な方には、ごく自然な形で見られる作品でもあります。


スターになることを夢見るアメリカ娘は、今日もベルリンのキャバレーで歌い踊ります。ソロパートを持っていることから見て、ここでは彼女はスター級なのでしょう。でも、彼女が目指すのはもっともっと上。そんな時に、イギリスからやってきた真面目な青年ブライアンと出会い、恋に落ちたのですが、友人のままでいようということになります。かなり破天荒なライザ・ミネリと、真面目な青年役を演じさせたら抜群のマイケル・ヨークという、意表をついたコンビが面白いですね。


マイケル・ヨークが教える生徒たちにも、また別のロマンスが進行していきます。しかし、ひとりは大金持ちのユダヤ人の娘。街には既にナチスの憲章をつけた人々が闊歩し始める中、不穏な空気を常に感じさせて物語は進みます。


突然現れた青年男爵マクシミリアンを演じているのは、ヘルムート・グリーム。私の好きな俳優です。この映画では、まあ何なんですが、『ルードウィッヒ』が良かったんですよね。


ライザ・ミネリが、毛皮を着て「ケイ・フランシスみたい」と言ったり、水着を着て「クララ・ボウ」みたいと言ってみたり、まさしくその時代が見えてきますし、彼女のスターに対する憧れも見え隠れします。


ジョエル・グレイは、この作品でオスカーの助演賞を獲りました。キャバレーの舞台の司会者です。でも、自分でも歌い踊っています。白塗りした彼からは、毒のある歌が次々出てくる。正直言って、彼の存在はぞっとします。そして、それこそが、30年代ドイツ、戦争の足音が遠くから聞こえてくるドイツを体現しているように思えてなりません。


トレイラーです。



AD

レアル・マドリードに勝ちましたクラッカー


2-1。無失点で終えたかったけれど、クリスティアーノ・ロナウドのあのヘディングは防ぎようがなく、仕方ないでしょう。


試合開始後5分に、ザザの見事なシュート。8分にオレジャナのシュート。信じられないくらい、あっという間に2点を先制。冬の移籍は、大成功です。


勿論、レアルがこれで終わるわけもなく、雨あられの攻撃を、必死に防いで試合終了。


選手たち、みんな頑張りました!!!


ボロさん、ありがとう。


この勝利は、選手たちの自信になると思います。


解説の野口さんが言ってくれましたが、早く1枚目に上がってきて欲しい。私も、そう思います。


ここで気を抜かず、次の試合をしっかり勝つ!正念場です。



今日は夏目漱石の日

テーマ:

夏目漱石の本読んだことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう



何で、今日が夏目漱石の日なんでしょう。
気になって調べてみたら、誕生日は2月9日。
なにゆえに?

本は何冊か読んだことがあります。
実は、私、日本の作家の作品を案外読んでいないんですよね。
私の読書生活が、少年少女世界の名作から入ってしまったゆえに。

読んだ本……
『三四郎』『それから』『門』の三部作です。この三部作だけは、何故か凝りました。『三四郎』が教科書に載っていたのかなあ。忘れました。

それから、『坊ちゃん』『こゝろ』ぐらいでしょうか。『虞美人草』を読んだかどうか記憶がありません。

そして、恐らくは一番有名であろう『吾輩は猫である』を途中までしか読んでないんですね。

追悼 ミゲル・フェラー

テーマ:



1月19日、俳優のミゲル・フェラーが亡くなりました。享年61。



84年の『スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!』の乗組員役が、映画デビューみたいです。どこに出ていたかは覚えていません。



87年『ロボコップ』で有名になりました。



その後、『マイアミ・バイス』『ER』などにゲスト出演。最近では、『NCLA』にレギュラー出演しているようです。『NCLA』は、まだ最初のシーズンしか見ていないので、彼が出ているところまで達していません。



父親は、俳優のミゲル・フェラー。母親は、歌手のローズマリー・クルーニー。従弟は、ジョージ・クルーニーというサラブレッド一家の出身です。



安らかにお休みください。









ロボコップ [Blu-ray]/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥2,057
Amazon.co.jp

NCIS: Los Angeles - Season 1-6 [DVD](海外inport版)/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp




タワーリング・インフェルノ(初回限定生産) [Blu-ray]/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥2,571
Amazon.co.jp



 THE TOWERING INFERNO

1974年アメリカ映画 20世紀フォックス・WB カラー 165分

監督 ジョン・ギラーミン アーウィン・アレン

出演 スティーブ・マックイーン ポール・ニューマン ウィリアム・ホールデン フェイ・ダナウェイ フレッド・アステア リチャード・チェンバレン ジェニファー・ジョーンズ ロバート・ワグナー ロバート・ボーン O・J・シンプソン スーザン・ブレイクリー スーザン・フラナリー ドン・ゴードン



地上135階の超高層ビル、グラス・タワーでは、落成式のパーティが行われていた。関係者は勿論、市長や上院議員(ロバート・ボーン)も出席しての大規模なパーティだった。ダグ・ロバーツ(ポール・ニューマン)は、このビルの設計者で、恋人のスーザン(フェイ・ダナウェイ)と共に出席の予定だった。しかし、ダンカン社長(ウィリアム・ホールデン)の娘婿ロジャー(リチャード・チェンバレン)が、経費を下げようと安い部品を使ったために火事が起きる。やがて、火は高層ビルを飲み込み始め……。



ポセイドン・アドベンチャー 』と並ぶパニック映画の金字塔です。



当時、2冊のビル火災を描いた小説がありました。20世紀フォックスは、『The Glass Inferno』を、ワーナーブラザーズは、『The Tower』を映画化しようとしていたのですが、同じ時に同じ内容の作品をぶつけあうのも何だから、一緒に作ってしまおう!ということで生まれたのが、この大作です。



 大スターだったスティーブ・マックイーンとポール・ニューマンの共演も話題で、どちらの名前を先に出したほうがいいのか迷った制作側が、右と左に分けて、さらに高低の差をつけて同格にした、という話も聞きました。他にも、ウィリアム・ホールデン、フレッド・アステア、ジェニファー・ジョーンズなど古い映画ファンなら泣いて喜ぶ名前から、ロバート・ボーンやロバート・ワグナー、リチャード・チェンバレンなどが出演していました。


この映画は中学3年の頃、TV放映で見て、はまりました。圧倒的な迫力と人間模様、当時既に映画ファンを自認していた私には、豪華キャストも魅力でした。確か、前後編に分けての放映で、次週が待ち遠しかったものです。


この映画で、リチャード・チェンバレンを知った人たちは、彼から悪役の印象を払拭出来なかったそうですが、 私は、その前に映画館で観た『シンデレラ』でリチャード・チェンバレンを知って、王子様のイメージが強かったので、悪役は何だかピンとこなかったです。



この映画で、一番心に残るのは、大スター、フレッド・アステアとジェニファー・ジョーンズとのほのかな愛。「リゾレット!」と呼ぶアステアの声はいつまでも心に響くものでした。



そして、さらにそりゃあハンサムだったロバート・ワグナーの「僕は学生時代陸上部だったんだ(でしたっけ?)」ってところ。あと、マックイーンがエレベーターで部下を…(これ以上はネタバレになるので言えない)ってところと、ポール・ニューマンがジェニファー・ジョーンズと子供たちを救い出すところ、など実に見どころの多い作品でした。

 

でも、一番格好良かったのは、やはりスティーブ・マックイーンでしょうね。命を張って、火の中に飛び込む消防士。彼に憧れた殿方も多かったことでしょう。アメリカでは最も尊敬されている仕事という消防士さんたちの、命を賭けた活躍には、私も感動しました。



『タワーリング・インフェルノ愛のテーマ』もヒットしました。やはり、正統派のパニック映画には、劇中歌がないと、という見本です。



高層ビルから出火する恐ろしさ、火事の際エレベーターを使わないこと、などいろんな教訓もくれました。

ただ、この映画を観てから、展望エレベーターが駄目になって極力乗らないようにしていたのですが、良く通っていたデパートの一番上にある映画館には、展望エレベーターで行くしかなかったので、いつも冷や冷やしながら乗っていたものです。



そんな思い出がいっぱい詰まった映画。何度でも見返したい、何度見返しても飽きない名作です。



トレイラーです。






 



女優のメアリー・タイラー・ムーアが、1月25日に逝去しました。享年81。



日本ではそれほど有名ではないかもしれませんが、アメリカでは、『メアリー・タイラー・ムーアショー』という看板番組を持つ人気女優でした。日本で放映されたのかどうかわかりませんが、残念ながら私は見たことがありません。



66年の『モダン・ミリー』で、ジュリー・アンドリュースと共演しています。1920年代を舞台にして、あの頃のファッション満載の映画で、明るく役を演じていました。



 



明るいイメージが強い女優さんでしたが、80年の『普通の人々』で息子を亡くした母親役を演じました。笑うこともなくなった女性。残されたもうひとりの息子ティモシー・ハットンには無関心で、夫にも冷淡な妻。息子の死から立ち直れないその姿が、冷たく映るのと同時に悲しくもありました。



この映画で、ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞しました。同年のアカデミー賞主演女優賞にもノミネートされました。



同時上映の映画で『オータム・ストーリー』という作品も見に行ったことがあります。



でも、メアリー・タイラー・ムーアといえば、あの母親役が一番記憶に残ります。



安らかにお休みください。








モダン・ミリー [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル
¥1,543
Amazon.co.jp

普通の人々 [DVD]/パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥1,543
Amazon.co.jp




今日はバレンタインデー

テーマ:

本命チョコ、あげた?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう



あげました。何と、ゴディバのチョコと、洋酒チョコレート。

ゴディバは、清水の舞台から飛び降りる気持ちだったけれど、勿論小さいので、お得な値段のが出ていたから。

まともなゴディバ(買ったのがまともじゃないってことじゃなくて)は、とてもとても買えません。


今年は、自分チョコが買えなかったから、半分(以上?)頂きます。


今日は苗字制定記念日

テーマ:

あなたの名字は珍しい?多い?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう



苗字ですか……。

今の苗字は、ありふれた苗字ですね。実は、ちょっと変わった苗字が好きなんですが、こればかりは(笑)。

その前の苗字は、ありふれてはいませんでしたね。でも、ある地域に行くと、ありふれている、という苗字。ただ、政治界や、陸上の選手などで同じ苗字の人がいたので、かなりの人が知っている苗字かとは思います。

この苗字の時、悩ましかったのが、苗字を呼ぶ時、語尾を上げる人と、下げる人がいたこと。上げられるのはちょっと苦手でした。下げるまではいかなくて、同じトーンで呼んでもらうのが一番心地よかったですね。

それ以外に、実は、わたくし、ペンネームも持っております。マドモワゼルB以外にです。その名前は、○○○。気に入っていますが、いかにもペンネームを狙ったな、というお名前。知らずに目にされていることは……ないでしょう。


チップス先生さようなら [DVD]/ファーストトレーディング
¥540
Amazon.co.jp

チップス先生さようなら [DVD]/ワーナー・ホーム・ビデオ
¥1,543
Amazon.co.jp


GOODBYE, MR. CHIPS

1939年アメリカ映画 MGM 白黒 115分

監督 サム・ウッド

出演 ロバート・ドーナット グリア・ガーソン ジョン・ミルズ テリー・キルバーン ポール・ヘンリード



イギリスの全寮制パブリックスクール、ブルックフィールド校に赴任してきたチッピング先生(ロバート・ドーナット)は、真面目で堅物な男性だった。教師経験なしで、新任早々、受け持ったクラスは、悪ふざけのし放題で、チップスは、先生としての面目を失ってしまう。やがて、赴任してきた時に小さな新入生だった少年が、立派な大人になるくらいの年月が経った。いつも同じ休暇を過ごしていたチッピングは、同僚に誘われて初めてオーストリアに登山に行く。そこで出会ったキャサリン・エリス(グリア・ガーソン)と恋に落ちたチッピングは、彼女と結婚する。キャサリンは、チッピングのことを、チップスという愛称で呼ぶようになる。そして、生徒を家に招き、持ち前の明るさで生徒を魅了していく。チップスも、キャサリンのおかげで変わっていき、生徒たちにチップス先生と呼ばれ、慕われるようになる……。



原作者は、『心の旅路』を書いたジェームズ・ヒルトン。



小学生の時に、ひとりで眼医者に通っていました。いつも混んでいて、診察券を出した後に近くの本屋に行っていました。そこで見つけたのが『チップス先生さようなら』。小学生の私には、文庫本というのは大人の本でしたが、勇気を出して買いました。買った理由のひとつは、薄くて安かったこと。勿論、内容も大好きです。そんなこともあって、親しみのある作品です。



チップス先生は、ブルックフィールド校と共に年を取っていきます。普仏戦争があり、ボーア戦争があり、第一次大戦まで経験します。沢山の教え子が巣立って行き、戦争に行きます。嬉しい時も、悲しい時も、チップス先生は常にブルックフィールド校と共にあります。数えきれないぐらいの年月を、彼は学校と共に過ごし、名物教師となっていくのです。



でも、彼も新任早々はただの堅物教師。それから何年経っても、堅物ぶりは変わらなかったのですが、ひとりの女性が彼を変えてしまいます。それが、グリア・ガーソンが演じる若く美しいキャサリン。ふたりが出会う霧の中の山のシーンと、交わされるセリフが素敵です。この年、チップス先生は、毎年恒例の避暑地に行かないで、同僚に誘われて初めて外国に出たのです。まさしく、キャサリンとは運命の出会いだったのでしょう。



彼らは、ドナウ川を遊覧しますが、実際のドナウ川は美しく青きドナウなどではなく、茶色いドナウなのだそうです。でも、恋する者には、ドナウが青く見える。チップス先生にも、キャサリンにも、ドナウが青く見えたのでした。



キャサリンを伴って、学校の夫婦用の宿舎に移りますが、キャサリンが加わったことで家の模様はすっかり変わります。住み心地の良くなった家に、生徒たちも集まるようになり、チップス先生も丸くなり、生徒たちは先生の奥さんに憧れ、先生を慕うようになっていくのです。



グリア・ガーソンは、これがデビュー作ですが、美しく華やかです。アカデミー主演賞にもノミネートされました。



そして、ロバート・ドーナットは、若い頃から80歳を過ぎるまでを演じ切り、アカデミー主演男優賞を獲得しました。何と、『風と共に去りぬ』のクラーク・ゲーブルを抑えての受賞でした。


1939年は、数々の名作が作られた映画史上貴重な年です。その中でこの映画は、地味かもしれませんが、間違いなく名作です。かつては、『チップス先生さよなら』と表記されていたのですが、DVD化にあたり、改題されたのでしょうか。それもあって、私の中では、この映画は、『チップス先生さよなら』。60年代版は、『チップス先生さようなら』と区別されています。



見終わった後に、「ああ、良い映画を見た」としみじみ思える名作です。



トレイラーです。







今日は漫画の日

テーマ:

最近読んだ漫画は?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう




あらまあ、熱烈マンガ少女であった私には、嬉しい日ですね。

最近読んだマンガの本?


『ベルサイユのばら』13巻

ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)/集英社
¥価格不明
Amazon.co.jp

続編シリーズ、11巻から全部持っています。かつてあれだけベルばらを愛した私には、やっぱり忘れられない世界です。今回は、オスカルとアントワネット編。


それから、もっと前になりますが、フラワーに載った萩尾望都の『ポーの一族』の続編!それと、『トーマの心臓』の番外編なのかなあ。あれから2年ぐらい経って、夏休みを継父と過ごすエーリクの話。すっかり大人になって現れるオスカーが格好良いの!これ、単行本にして欲しいです!

今や何年に一冊もマンガを読まないのに、復刻ブームのおかげで、また読むようになってきた気がします。


皆さまのお気に入りは、何ですか。