アルツハイマー病の特徴の一つとされる脳の「老人斑(アミロイド斑)」がなくてもアルツハイマー病の症状が起きることを、大阪市立大などの研究チームがマウスで実証した。老人斑を抑制するだけでは有効な予防や治療にならない可能性がある。米神経科学会誌(電子版)に掲載された。

 老人斑はアミロイドベータ(Aβ)というたんぱく質が繊維状につながったもので、アルツハイマー病の原因の一つと考えられている。だが、実際の患者の症状の重さと老人斑の数が比例しなかったり、老人斑がなくても発症するケースがヒトで報告されている。

 富山貴美(とみやまたかみ)・大阪市立大准教授(脳神経科学)らは、患者の脳では老人斑だけでなくAβの分子が数個~数十個集まった「重合体」も蓄積されていることに着目した。

 そこで重合体はできるが老人斑はできない遺伝子改変マウスを作製。8カ月ごろからAβの重合体が目立って増えた。それに伴い、記憶中枢である海馬では神経細胞が減少し、平均寿命に近い24カ月(ヒトの80歳程度)では普通のマウスの半分近くになった。

 プール内の休憩場所を覚えさせる記憶テストでも、8カ月の遺伝子改変マウスは同月齢の普通のマウスが1週間程度で覚える課題をこなせなかった。チームはこうした症状から、老人斑のないマウスもアルツハイマー病を発症したと結論づけた。【大場あい】

【関連ニュース】
<関連記事>アルツハイマー病:糖尿病で重い記憶障害 阪大チームが仕組み解明
<関連記事>ことば:アルツハイマー病
特集:認知症予防財団、設立20年 超高齢社会の導き役
特集:介護予防・認知症予防総合フェア お口のケアで健康生活
ハンチントン病:遺伝子治療、マウス実験で成功--異常たんぱく質減少

<ウナギ>完全養殖に成功した仔魚を初公開 三重・南伊勢(毎日新聞)
<多摩市長選>無所属新人の阿部氏が初当選 東京(毎日新聞)
ゴルフ場スイング火災、砂地にダフり火花?(読売新聞)
宮乃餅、復権 お土産ショップで一番人気 製造元も「予想外」 栃木(産経新聞)
与謝野氏「当面は今のまま」 参院選出馬を否定(産経新聞)
AD