郵便事業会社松江支店(足立勝美支店長、松江市東朝日町)が取り扱った現金書留入り郵袋一つが09年12月、管内の集配センターにトラック便で輸送する際に紛失していたことが分かった。盗難の可能性があり、同支店は島根県警松江署に被害届を出している。被害額は数百万円に上る。

 同支店関係者によると、郵袋には現金書留や簡易書留など18通が入っており12月17日、同支店から同市美保関町の集配センターに届く予定だった。被害届は同23日に出した。

 郵袋は布製で、重要な郵便物だけを入れ、基幹局から集配センターに1日1回輸送されるという。【岡崎英遠】

【関連ニュース】
郵便事業会社:割引制度悪用団体を提訴
年賀状:仕分けミスで140枚誤配達 山口
年賀状:受け付け開始…名古屋中央局分室で園児が盛り上げ
年賀状:受け付け開始…正社員で「元旦配達」
郵政3社体制:政府と日本郵政ほぼ合意…総務相

<独立行政法人>役員公募に統一基準作成を 官房長官が指示(毎日新聞)
派遣村の不明者約90人戻る 「無断外泊禁止」の張り紙効果?(産経新聞)
賃上げ「月額1万円以上」全労連が春闘方針案(読売新聞)
ヒューザー控訴取り下げ 耐震偽装損害賠償訴訟(産経新聞)
本物が出るお化け屋敷? =26年の歴史に幕-東京・浅草花やしき(時事通信)
AD