社民党は31日、幹部会合を開き、鳩山由紀夫首相の内閣不信任決議案や首相問責決議案を野党が提出した場合、賛成することで一致した。福島瑞穂党首は同日午前、記者団に対し、「反対というのはなかなか難しい」と述べ、同調する可能性があることを明らかにしていた。

 福島氏は同日、民放のテレビ番組に出演し、米軍普天間飛行場移設問題をめぐる首相の対応について、「言葉に対する信頼がなくなったら、(首相は)政治はもうやれない」と批判。決議案への対応について「党内で議論するが、辺野古(移設)の件については国民の信任は得られない」と語った。

【関連記事】
支持率続落19%、初の2割割れ 政党支持率も自民と並ぶ
前原国交相「考えは官邸に伝えた」 辻元氏の後任副大臣 
社民離脱「首相の結果責任ある」官房長官
辻元国交副大臣が辞表提出 「社民党にも責任」
「2つのオウンゴールが響いた」 野田財務副大臣が普天間問題で首相の指導力に疑問符

<崩落>洞穴調査中の埋蔵文化財センター職員死亡 富山(毎日新聞)
<アユ>多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)
首相、1日に宮崎視察(時事通信)
<JR四国>レトルトスープにプラスチック混入(毎日新聞)
石垣島の牛は陰性、ウイルス検査で判明(読売新聞)
AD