米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として政府が検討している勝連半島(同県うるま市)沖の埋め立て案に反対するため、同市の市民団体代表が首相官邸や外務省を訪れ、「海の埋め立ては沖縄の誇りや支えを奪うようなものだ」として、撤回を申し入れた。
 申し入れを行ったのは「与勝海上基地建設に反対するうるま市民協議会」の兼城賢次共同代表。うるま市議会や地元漁協も反対していることを説明し、「(移設案は)漁民・住民の生存権の剥奪(はくだつ)だ」とする決議文を手渡した。
 これに対し、首相官邸では滝野欣弥官房副長官が「市民の声も検討し、進めたい」と回答。外務省では武正公一副大臣が「いろいろな意見を参考にしながら検討していく」と応じた。 

【関連ニュース】
琉歌で首相を激励=国民新・下地氏
普天間「あくまで5月末に結論」=官房長官
米総領事と頻繁に連絡=沖縄知事
普天間機能、徳之島に移転を=関係閣僚に調整指示
政府関係者「決着先送りは想定せず」=一部にはやむなし論も

痛みは「さする」と効果あり 無意識に神経修復 群馬大(産経新聞)
登山者への注意徹底を指示=大雪山系遭難受け業界団体に-観光庁(時事通信)
<花見>スカイツリーの下で 東京の新名所に(毎日新聞)
<失職>6月までに7192人「非正規」に 厚労省調査(毎日新聞)
インサイダー取引で税理士ら4人に課徴金 最高で1127万円(産経新聞)
AD