滋賀県近江八幡市のJR篠原駅で快速電車のブレーキレバーが折れたトラブルで、JR西日本が以前、同じトラブルを受けて約200車両のレバーを交換したのに、この快速電車だけ交換していなかったことが20日、JR西の調査でわかった。JR西は「ご迷惑をおかけし申し訳ない。原因を調査する」としている。

 JR西によると、平成13年10月、JR守山駅を出発した新快速電車で、運転士がブレーキレバーを操作した際にレバーが折れた。運転士はレバーをつなぐ土台のネジを操作し、電車を緊急停止させた。

 このトラブルを受け、13年度中に、同型のレバーを搭載していた全約200車両のレバーを、材質を強化した新しいレバーに交換した。しかし、今回の快速電車のレバーは旧タイプだったことが判明。旧タイプを使用した車両はほかに確認されなかったという。

【関連記事】
ブレーキレバー折れ運転取りやめ JR西日本 
報告書漏洩問題で溝深まる JR福知山線脱線事故で遺族アンケート
無法「撮り鉄」撮られてた!大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入
地下鉄トラブルで安全対策見直す 大阪市交通局
SLの連結器外れ、急停止 ファンに人気の静岡・大井川鉄道

結婚にまつわるイベントの、希望と実態(Business Media 誠)
燦HD子会社役員を逮捕=女性の遺体遺棄容疑―大阪府警(時事通信)
「国民の積極姿勢、変わらない」=裁判員の名付け親講演―制度1年(時事通信)
<生物多様性の日>大学生らが重要性を訴え 東京・渋谷(毎日新聞)
近現代史教科書に“自虐”記述 神奈川の独自科目、検定の盲点(産経新聞)
AD