政府は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、基地機能の5割以上を県外に分散移転する方針を固めた。平野博文官房長官が与党幹部に伝えた。移転先として鹿児島県徳之島などを検討している。 

【関連ニュース】
徳之島移設などに反対=地元知事・町長ら
政権担当能力が欠如と自民総裁=郵政改革、公明代表も批判
「たたかれても決断」=平野官房長官
「みんなが納得できる案へ」と防衛政務官=普天間、米国防次官補と会談
「普天間」新提案に否定的=14年期限へ早期解決を

全国的に暴風や高波、あす夕方にかけ大荒れ(読売新聞)
かんぽの宿、「4回以上転売」や「不透明な選定」も 会計検査院指摘(産経新聞)
停電、埼京線など4700人缶詰め=最長3時間25分運転見合わせ-架線にケーブル(時事通信)
放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定-奈良地裁(時事通信)
普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」(産経新聞)
AD