イカの水揚げ量日本一で知られる青森県八戸市の食品会社「ヤマヨ」が、八戸港で揚がったイカやサバをあんにした「お魚屋さんのギョーザ」2種類を開発、ネット上で発売(8個入り600円)した。

【ギョーザといえば】時代を駆ける 大東隆行社長に聞く

 骨取りなどが面倒で魚を食べない子どもが主なターゲット。ペースト状に加工したイカやサバを原料に、魚のにおいを抑えるためネギを多めに加えてあんを作り、食べやすいようにニンニクも抜いた。

 小中学校給食への提供や土産店での店頭販売も予定している。工夫を重ねた自慢の品で「これなら食べてイーカも」と食べた子どものハートをつかめれば、魚肉の消費拡大につながりそうだ。【高橋真志】

【関連ニュース】
【昭和毎日】ギョーザ、即席ラーメンの「愛される理由」
なるほドリ:「高槻うどんギョーザ」ってどんな食べ物? /大阪
ゴーヤー餃子:発売 JAが食品開発
名物ギョーザ:受験生を応援します 金箔文字で合格祈願--知立 /愛知

「携帯代の支払い苦しかった」 知人少女に売春させた女逮捕(産経新聞)
郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)
<国民新党>比例代表に後藤俊秀氏を擁立(毎日新聞)
鈴木俊一元都知事死去=4期、財政再建に尽力(時事通信)
もんじゅ運転員を再教育 操作ミスで制御棒トラブル(産経新聞)
AD