尿検査で大麻の陽性反応を示したとして、日本相撲協会を解雇されたロシア出身の兄弟力士、元露鵬(本名・ボラーゾフ・ソスラン・フェーリクソビッチ)と元白露山(同・ボラーゾフ・バトラズ・フェーリクソビッチ)が、力士としての地位確認を求めた訴訟で、元露鵬らは26日、請求を退けた1審東京地裁判決を不服として東京高裁に控訴した。

【関連記事】
相撲協会「解雇が正当なのは当然」 元露鵬らの訴え棄却
車内に覚醒剤所持 組幹部を逮捕、東京拘置所駐車場
「引退します」大麻所持のミュージシャン・竹前被告、懲役1年求刑
中3女子生徒を大麻所持容疑で逮捕 神戸市
財政再建「麻薬」の禁じ手 米・加州、合法化へ11月住民投票

<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)
都の漫画児童ポルノ規制 民主、代案提出を検討(産経新聞)
<富良野市長選>能登氏が再選 北海道(毎日新聞)
<鳩山首相>志位・共産党委員長と会談 普天間移設問題巡り(毎日新聞)
あの小野田さん、記念碑建立で故郷に錦(読売新聞)
AD