茉莉工作室  atelier mari

泡茶師の茉莉(マリ)です。

プリザーブドフラワー、ポーセラーツそして台湾茶・中国茶の「アトリエ茉莉(マリ)」です。

NEW !
テーマ:


JR川崎駅徒歩分

台湾茶・中国茶サロン「アトリエ茉莉(マリ)」です。


またまた台風が直撃しそうです。

進路が気になります。


***


さて、プラハでは、ホテルから通称ブランド通り(パリ通り)を歩いてすぐの旧市街広場へ。

朝早くは人もまばらで気持ち良いです。

壁の装飾が美しい。



ここも午後にはすごい人になっていましたよ。



結婚式の前撮り?をしているカップルがたくさん!

よく見ると、カメラマンもアシスタントもスタッフは皆台湾人?




火薬塔を過ぎて、アールヌーヴォー様式の「市民会館」




トラムに乗ってカレル橋へ。



写真はあちこちだいぶ端折っていますが・・プラハ城。。。

(このブログ記事とは別に詳細を歴史とともにまとめています。

機会がありましたら語り合いましょう~)





聖ヴィート大聖堂は天井に交差しているリブ・ヴォールトが美しい。


このアルフォンス・ミュシャ(1860~1939)作のステンドグラスは有名ですね。



中央の人物が聖リュドミラ。

その膝のところにいる少年がチェコの守護聖人聖ヴァーツラフ。

このモデルはミュシャの息子のイージーだそう。

きれいですね~。


中央上と下の女性像がミュシャっぽいですね。




ミュシャと言えば・・ご参考までに

2017年3月から6月まで、国立新美術館に

ミュシャの「スラブ叙事詩」がチェコから来るそうですよ。

ちょっと先ですが、こちらも今から楽しみです。。



トラムや地下鉄を乗り継いであちこち歩き回った後は

また旧市街広場に戻り

旧市庁舎のからくり時計を見て

上にも上ってみましたよ。





360度の大パノラマがとても印象的でした。





かなり歩いた途中を省略したブログになりましたが

戦争の被害から免れた中世の家並みが残る美しいプラハ





ここからさらにドレスデン、マイセンに向かいます。






***



中国茶会のご案内。


「福建省武夷山の紅茶/正山小種を飲む会」を「アトリエ茉莉」にて開きます。

9月15日(木)  13:00~15:00  満席

9月16日(金)  13:00~15:00  満席


詳細はこちら → 





いいね!した人