学ぶ力は、生きる力。

勉強とはワクワクして楽しいものだ!を教育理念に、作られた新しいスタイルの学習塾のブログです。


テーマ:

中学生にもなって、あまり勉強のことに口出すのも、、、

 

というご意見、よく聞きます。

むしろ小学校高学年あたりから、こうおっしゃる場合もありますが

わたし個人の意見としまして

 

義務教育である中学生までは

「自分ちの子が何の単元を学んで、何をやっていて、点数はどんなもんか?」

というのは絶対に把握しておくべきだと思います。

 

もっと欲を言えば

「自分の子がどの単元が苦手で、提出物はどの程度出せているのか」

 

ここまで必須です。

 

えー!そんな過保護じゃない?!

 

と、ご批判を受けそうですが

 

かかわり方次第ではかなり効率よく子供の学習管理、成績把握、もっとうまくすれば成績アップやる気アップにだって繋げます。

 

だけど、本人任せになってしまうのが現状。

 

自分のお子さんが学校ないし塾で何を学んでいるのか?

今の時代の教科書ってどんな内容なのか?

そんなことには、少しも関心がありません! という方は、すくなくともこのブログを見てくださる方にはいないのかな、と思っています。

 

おそらく

かかわり方がわからない。口を出すと子供が嫌がる。

そんな感じなのではないでしょうか?

 

「あんた!提出物ちゃんと出してんの?!あ!!プリントこんなぐちゃぐちゃにして!!」

「またゲームばっかりやって!!宿題やったの!?早くやんなさい!!」

 

耳が痛い、耳が。。。

私もよく言われました。。。

 

こんなかかわり方ですと

子どもとしましては「適当に逃げる」「反抗する」「無視する」

そんな感じになってしまいます。

 

いつも幼児に接するようにやさしくしてください。

 

というわけではないんです。

「関心を寄せてほしい」

というのが最大のポイントではないでしょうか

 

今どんなことやってるの?

お母さんも(お父さんも)一緒に勉強しちゃおうかなあ~

 

という気持ちでのかかわりは、基本的には子供達にはうれしいはずなんです。

 

生徒たちを見ていて、たまに

「お母さんが教えてくれるんだ!」

っていう子は、どこか誇らしげ。

塾としても

「おお!すげえじゃん!頼もしいな!」と、一緒に嬉しくなります。

 

反抗期と言われる中学生でも、そんな感じです。

 

是非ともお子さんの現状把握をしていただくために

「今何やってんの~おしえて~」

 

から始めてみてはいかがでしょうか?

 

塾に丸投げ!!

も、信頼してもらえてうれしいのですが、親子の関りがそんな風にできてくると、まず学校の提出物や内申から変化が見えてきますので、お勧めですよ。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。