あっという間に

今日で今年もあと15日ほどになりましたね。

 

あまりにも時間が経つのが

早くてびっくりしています。

 

 

リビングヨガでも

年末は太陽礼拝108回を開催します。

 

まだ5名ほど受付可能です。

こちらからお申込みくださいね↓↓↓

 

残席5名!! 2017年を浄化し、2018年を新たに迎えましょう 
12月29日(金)10:00~太陽礼拝108回ワークショップ

 

 

 

 

今日はヨガのレッスンを担当し始めて、

教える経験が増え、生徒数も増えていく。

 

 

この過程で、ヨガを教えることに対して

自信を持てるようになってきます。

 

もちろん、自信をもって教えることは

とても素晴らしいことなのですが、

 

ここで学びを終えてしまったら、

あなたの成長はピタッと終わってしまうお話です。

 

 

 

 

 

ここで勘違いしやすいのが、自分に満足している講師。

 

ヨガレッスンの主役は、

講師ではなく、生徒様です。

 

 

 

 

なに言ってんの!当たり前だ、と思うかもしれませんが、

ほとんどの講師が無意識的に思っています。

 

 

無意識だから

当本人は全く気づいていませんよ(^^)

 

 

 

 

 

 

また満足していない講師だとしても、

生徒の満足度を忘れ、

自分の満足度を中心にプログラムを組んでいるケース。

 

 

 

 

 

たとえば

 

最近、同じアーサナ(ヨガポーズ)ばかりで、

レッスンがマンネリ化してきている気がするという思いがでてきて、

新しいアーサナを取り入れることに集中する講師がいます。

 

もちろん、取り入れることで、

新鮮なレッスンが展開されるかもしれません。

 

 

 

 

でも

 

それは生徒が求めていることなのかな。

 

 

 

 

 

もしかしたら、

 

自分だけマンネリ化しているだけで、

生徒さんはまったく思っていないことかもしれませんよね?!

 

 

 

新しいことを取り入れることは

時には大事です。

 

 

 

 

 

でも

 

その前にヨガレッスンの主役である

生徒さんの気持ちを確かめてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで

 

リビングヨガ講師は、

生徒の満足度を考えた上で、勉強会をしました。

 

 

 

学ぶことは尽きることなく、

愉しい時間が流れ、

 

今後のレッスンに活かせるように、

お互いの身体に触れ合い、理解度を高めていきました。

 

 

近日中のイベント お申込み受付中! 
12月29日(金)10:00~太陽礼拝108回ワークショップ
AD