ひっそりと始まった【初心者のための】シリーズもいよいよ最終回となりました。

ギターを持ったらとりあえずコードでジャンジャン弾いてみたいよね、

ということで、今回は簡単なコードを押さえてみましょう。


隣の弦に触る?、触らない?

ギターでは、弦を押さえる時に、

下の弦に触る押さえ方と、下の弦に触らない押さえ方があります。

触ってない



触ってる



上の弦も両パターンありますが今のところは基本触らないようにしてください。

触ってない



触ってる




あ、一応写真を載せましたが、本当に指の下をのぞいて触っているかどうか確認したりはしないでくださいね。

あくまでも指の感触とか、音とかで判断しましょう。


スケールで練習してみよう

前回やりましたドレミ~のスケールを、

下の弦に触るように押さえるパターンと、下の弦に触らないように押さえるパターンで弾いてみましょう。

触らないように押さえるパターンの方が難しく感じるかもしれませんが、あえて触れと言われるとまた難しかったりするかも?


触っているかどうか分からない時は?

はじめのうちは、弦を押さえちゃうと下の弦の感触がわからなくなったりします。

そんな時は、

・下の弦を弾いてみる
(ちゃんと音が出れば触っていないってこと)

・下の弦を右手でつまんでゆらしてみる
(左指に弦が動いている感触があれば触っているってこと)

なんかを試してみてください。

やっていると弦の感触なんかにもだんだん慣れてきますよ。


はじめてのコード

ではいよいよコードを押えて鳴らしてみましょう。

最初は指1本で押えるコードからはじめたりもしますが、微妙にすっ飛ばして指2本で押えるコードをやってみましょう。

※いずれも下の弦には触らないように押えてください。

※押える指は人差指と中指中指と薬指、やりやすい方でOK(どちらもやると練習になります。

※右手のピッキングはテキトーでいいです。全部の弦を弾いちゃってもいいし、当ってればいいかなくらいな感じでもいいです。





1. まずは左上のグループ、隣合った弦の同じフレットに2本入るパターンを鳴らしてみてください。





2. 次は右上のグループ、1フレットずれているパターン





3. 左下のグループは、1のパターンの1本弦が飛んでいるパターン





4. 右下のグループは、2のパターンの1本弦が飛んでいるパターン





とりあえず押える形を覚えてテキトーにチェンジながら遊んだりしてもいいですね。

なんとなくコードを押える感覚や、コードチェンジのやり方が分かってくると思います。

上記の形はコードの基本みたいな感じにもなりますので、基礎練として使うのもアリですよ。


ギターを選ぶ時に何弾く

試奏の時に弾くものの定番といえばスケールコード

これはプロでも同じです。

というわけで、前回やりました、5弦と2弦のドレミ~(スケール)と、今回の2本指で押えるコードあたりを使ってみてください。

もしすでに楽器をお持ちの方は、曲を弾く前のウォーミングアップな感じで使ってみてはいかがでしょうか?



さて、初心者チュートリアルは以上で終わりになります。

とりあえず「やってる感」を味わう、というのを再優先に、細かい説明や使い方、用語の説明なんかは省いて駆け足でやっちゃいましたが、けっこうそれでもなんとかなるものです。

はじめからフォームなんかにもこだわってマジメにやるのもよし、ストラップの長さや持ち方など見た目から入るのもよし、始め方も色々ですから是非気軽にやっちゃってください!
AD