今回は実際にギターを鳴らしてみましょう!

右手でテキトーにじゃらーんと弾けばいいのですが、そう言ってしまっては元も子もないので、押さえておくと良いポイントなどを紹介します。


1.指で弾くかピックで弾くか

エレキはだいたいピックから入ることになると思いますが、アコギはどちらにしようか迷うかもしれません。

まあどちらでもいいのですが、とりあえずピックと指で一番違うのは音です

指は柔らかく、ピックはアタック感がある音がしますので、アコギでご近所が気になる方は指弾きの方がいいかもしれません。

「で、簡単な方は?」

んー、何を弾くかによっても違うし、人によってもちょっと変わってくるのですが、ピックという道具を使わない分、指の方が慣れやすいという傾向はあるかもしれません。

ピックで弾き始めたから指で弾いちゃダメってことはないので、ピックどっかいっちゃったから今日は指で弾こう、なんて気軽に持ち替えたりしながら練習してもいいですよ。


2.ピックの持ち方

指は最初からついていますので、まずはピックの持ち方をちょっと解説したいと思います。

色々な持ち方する人がいるので、どうにでもなるっちゃなるんですが、一応オーソドックスな持ち方を紹介しますね。

はい、こんな感じ~




細かいステップもありますが、とりあえずは何となくマネしてくれればいいです。




他にも色々な持ち方がありますよ~





あ、ちなみに、ピックを持つ時に左手を使わないように気をつけてくださいね。



慣れないうちはちょっと難しいかもしれませんが、がんばって!


3.指で弾く場合

3フィンガーとか4フィンガーとかありますが、はじめは親指で鳴らしてみましょう






4.支えを作る

ピック、指、共通です。

空中ブラブラ奏法は難易度高いので、どこか支えというか基準になるようなところを作りましょう。




(手のひらとか、小指とか、薬指とか)を(ボディとか、ブリッジとか、弦とか)にのせる。


5.レストストロークとフリーストローク

レストストロークとフリーストロークの違いは弾き終わりですが、弾く前のアングルもちょっと変わってきたりもしますので注意しましょう。

・下の弦に当てる感じで弾くのがレストストローク




・下の弦に当てないように弾くのがフリーストローク



レストストロークは下の弦でピックや指が止まっていますので、弦の場所を見失いやすい初心者にはオススメです。

チューニングの時に毎回右手をチラ見しないですむようにレストストロークで練習するといいでしょう


6.最初にやる練習

では、チューニングする前にこれまでのことを合わせたウォーミングアップ練習をやってみましょう。



・1234数えながら6弦から順番に弾いていくだけです。いち、にい、さん~よりは、ワン、トゥー~と英語で数えた方がいいです。

・チューニングは多少ずれていても気にしないでOK

・1234の1小節になっていますが、倍の2小節でも4小節でもいいです。

・慣れてきたら左手をギターから離して叩きながらやったり、弾いている弦に対応したペグをつまみながらやったりしてみてください。




では、次回はチューニング編です。

お楽しみに~
AD