前回の準備編でしっかり心の準備をしたら(?)、今度は楽器屋さんに行ってみましょう。

はじめての楽器屋さん

楽器屋さんに行ってウロウロしていると、

「いらっしゃいませ~なにかお探しでしょうか~?」

みたいな感じで店員さんにつかまります。

ま、この辺は服屋さんとか諸々と一緒ですね。

ここで大事なのは、店員さんにナメられないことです。

「お、こいつは何もわからない初心者だな、シメシメ・・」と思わせてはいけません。

かといって知ったかぶりしても後でボロがでてしまいますので、ここは、

「いや~ギターやるのはじめてで~」と油断させつつ、

「ギターやってる知り合いにこちらのお店すすめられて~」などと牽制しておきましょう

そんな知り合いがいなくてもバレないから大丈夫です。行くお店全部で使っちゃってください。


初心者セットの罠

さて、ギターコーナーに連れて行ってもらったら、まず目に入ってくるのはおそらく、

初心者セット的なもの

だと思います。

しかし、これはあくまでも「初心者セット」であり「初心者用」ではないところがポイントです。

楽器屋さんの「初心者コーナー」に売っているものは、あくまでも、

「続かなかった時のお財布ダメージを軽くおさえる安いギター」っていう意味でして、「初心者が使いやすいギター」ではありませんので注意してくださいね。

むしろこの辺のギターは初心者には扱いにくいことが多いです。

・こどもに買ってあげるんだけど、絶対こわしそうな気がする

・持ち運ぶのめんどくさいから1本置きっぱなしギターを

・とりあえずお試しで1本~


なんて方にオススメのエリアです。


直感で選ぶべし

次に案内されるのが通常エリアです。

こちらは沢山ギターが並んでいますので、何をどうしていいのか分からなくなると思います。

店員さんにオススメを聞いてもいいのですが、

やはりここはカンでいきましょう!

・まず、予算内でデザイン(見た目)的に気に入ったものをいくつかチョイスしましょう(なかったらこの時点で退散してもOK)



・次に選んだものを店員さんに弾いてもらって音を聴きましょう(音聴きたいって言えばだいたい弾いてくれます)



・それと実際に持たせてもらってください


持ち方なんかは聞けば教えてくれますし、忙しい時間帯じゃなければちょっとした弾き方なんかを教えてくれることもありますよ。

テキトーでいいので、是非自分でも鳴らして比べてみてくださいね。

1本じゃイマイチわかりませんが、2、3本さわってみると「こっちよりはこっちの方が・・」みたいなのが出てくると思いますよ。

音、押さえやすさ、持ちやすさ、の3点くらいをなんとなく気にしつつ比べるといいでしょう。

え、最初に選ばなかったやつの中に良いのがありそうな気がしてきた?

見た目的に感性が合わないものは高確率で合わないものなので大丈夫です(たま~に例外あり)


調整してくれるといいね

さ、楽器が決まったらお金を払ってお渡し~となりますが、

できたら楽器を決めた後調整してから渡してくれるお店だといいですね。

その際になんか聞かれたら、とりあえず「弾きやすくして」と言っておけばいいでしょう(おまかせだとノーマルモード選択です)

ちょっと太めの弦が張ってあったり、ネックが反ってたり、弦高が高かったりすると弾きにくかったりしますので調整は大事です。

特に大きい楽器屋さんの場合は、売り場のギターを常に全部いい感じに調整しておくのは難しいので、そのままお渡しだとちょっと微妙かもしれませんね。

ま、その辺でも最初の「知り合いのすすめで~」の牽制が効いてくると思います。たぶん。


一緒に買うもの

ついでに購入しておいた方が良い物もいくつかあります。

店員さんから「こちらも一緒に購入されたほうが・・・」と言われ、

「むむ、こいつ分からないと思ってついでに売りつける気だな!」なんて警戒しないでくださいね。

とりあえずこれはあったほうが良い物

・チューナー (音を合わせるやつ)

・ピック (指弾き派はいらない)

・教本 (説明書代わりに、なんでもOK)

・シールドとアンプ (エレキは)

・カポ (アコギの人は買っておいたほうが)


チューナーなんかは、とりあえずスマホのアプリで代用することもできますよ


最近は色々便利なアプリがありますからね~、そのうちオススメアプリなんかも紹介したいと思います。

あ、ピックとかカポはスマホでは無理ですから買ってくださいね。


さてさて、いかがでしたでしょうか?

え、そうだったの?!みたいなのはありました?

楽器屋さん探検、行ってみてくださいね!


AD