未来リボン(Mirai Reborn)ー未来と結ぶ、幸せ愛をとどけたい。

日本文学科(中原中也研究)を卒業して、商社の営業、突然経済のど真ん中に。その後自分の夢に向け転職すること数回。会社を設立。経済学、情報学を勉強するために大学院へ。今は文化人類学者として研究と実践と。幸せ愛を見つけるために、日々放浪(^^)


テーマ:
2015年1月17日(土)先勝

(ブログはしばらく休みます,と言っていたのですが,残しておきたい考えがありましたので,ここに記します。)

今日は,阪神・淡路大震災発生から20年になるようです。発生当時,私は東京におり,この震災がこれほどまで大きな被害があるとは思ってもいませんでした。それから16年,東日本大震災が発生しました。この時ばかりは,半分当事者で,直接的には幸いなことが多かったのですが,間接的には大きな理不尽ばかりを感じたものでした。(実はその当時,政治的な理不尽を何とかしようと動いていたのですが,この地震でその活動は大きく変わりました。)その理不尽は,今でも続いています。が,世間の危機感は薄れ,いつの間にか,私には関係ない,と思う人ばかりが増えるようになってしまいました。

思い返せば,申し訳ありませんが,阪神・淡路大震災で私が思った行動と同じような感覚のような気がします。この当時から,マスコミの報道には,現場の状況は伝わってこなかったようです。東日本大震災でも,この情報が伝わらず,後手後手の対応になっていたことを思い出します。この時に,ツイッターやFacebookが役に立ったといいますが,それは一部の人たちの話で,そこには充電が必要で,その電気の供給がままならなかったことを忘れているようです。東日本大震災の時には,暗闇の中過ごしたことを思い出します。寒さの中,布団にくるまっていたことを思い出します。今の復興計画は,そんな基本的なことを忘れた形で話されているようで,やはり理不尽を感じます。

人間は,忘れる生き物です。仕方のないことなのかもしれません。が,仕方がないで済ましてしまえば,そこには人類の進化は途絶えてしまうような気がします。資本主義が広がり,今の人類は,ずいぶんと依存体質が蔓延したものだと思います。何か悪いことがあると,誰かや何かに依存し,自己の反省がなされない状態です。まずは,自分のことは自分でできる体制に導くことが,これからの人類の進化のような気がします。それは一見,退化や縮小といった形になるのかもしれません。が,人間が生きるという本質から考えると,その行く末には進化した形が広がっているような気がします。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2015年1月15日(木)大安

ここ数日、なんとなくではあるが、リズムが悪い。テンポが悪い。冴えが悪い。世の中も、なんとなくではありますが、物騒です。イスラム国と、フランスが対立している。国同士が対立しているからと言って、人々すべてが対立しているとは思いませんが、なんとなく、緊迫した世界が広がりつつあるような気がします。(そのことが、私のリズムに何の関係があるのだー、と言われそうですが、世界は、微妙に繋がっているので、、、あしからず。)

今日は、沖縄辺野古でもデモがあったようです。何やらよくわからない、つまようじを差し込む事件が世間を騒がしているようです。(19歳の若者に逮捕状がでたようですが、、、)2020年まで持たないと思っていた日本経済も、その減速の速度が早まっているようです。危機感が人の気持ちを動かす、とどこかで言っているようですが、その危機感は感じる力が必要で、あまり感じていない雰囲気を感じます。未だに、過去の栄光にしがみついている感じを受けます。

まだ自分にできることをやっていないのかもしれません。自分に対しても歯がゆさを感じます。最近の自分の未熟さにも歯がゆさを感じます。とりあえず、また蓄積、もしくは次のステップに移りたいと思います。しばらく頑張ってきたこのブログですが、しばらくお休みしようと思います。また、気分が乗ったら、再開、もしくはたまの更新にしたいと思います。楽しみにしていらした方がいらっしゃったらごめんなさい。またの機会を。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2015年1月13日(火)先負

今日の夜ご飯は、教え子が就職する予定の飲食店に行ってみた。(就職前にアルバイトをしているらしく、勤務日だー、来て―、ということで行ってみた笑い)もともとは、一人で行く予定だったが、たまたま久しぶりに会ったメンバーも行くということで、3人となった。予定は3人だったが、なんと、またまた久しぶりのメンバーが一人増え、結局4人での夜ご飯となった

その店は、居酒屋らしいのですが、出てくる料理はおいしく、また地元の料理を出しているので、個人的には当たりのお店。というのも、なかなかそういうお店は見つからず、なんとなくもやもや感が残っていたからだ。個人的に、地方が好きで、出張が好きな男の私は、それらの何が好きって、その地ならではの食べ物を食すことが好きなのだ。ので、個人的にこの地が好き、となるには、必ずと言っていいほど、その地ならではのもので好きな食べ物がある笑い。それは、特別に目立ったものでなくてもいい。むしろ、日常の食べ物の中に、それらのものがあるほうが、個人的には好きだ。という理由で、そんなところがなかなかなかったのだが、このお店はいい感じ。しかも、それほど大きなチェーン店ではないらしい。最近、つまらなく思っていることに、効率化、などと言って、いろんなところがチェーン店になってしまうこと。そのために、その地の特徴が見出しずらくなっていることだ。(実は、元気がなくなっていく地方地域は、紋切り型の金太郎飴のごとく、地方に来たのに、中央と同じ雰囲気を出そうとしているところが多い、、、あしからず。)ここは考え方なのかもしれないが、地方ならではのものは、その地方地域に行かないと実現できない、という理屈をきちんと残しておかなければならない、と思っている。とかく特産品だ、特産物だ、となると、何とか数を売りたいがために、いろんな形で全国や全世界に流通させようとする。が、その地ならではのものは、その地に生まれた環境や状態があって初めて生まれたものだと思っている。その生まれた理屈に誇りを持っていれば、多少数はさばけなくなっても、そこに来て食す、ということを推奨できるはずのなのだが、それができないようだ。しかし、このお店には、そんな意気込みが感じられた

そんなお店で会ったメンバーは、久しぶりのメンバーだった。(と言っても、数か月ぶり程度ではあるが笑い)このメンバーは、いわゆる現代の若者ばかりなのだが、どうもマスコミの言っている現代若者のイメージとは異なる者ばかりだ。草食系ではないし、冷めた雰囲気ではない。おそらく、社会人になって、飲みに行こう、と言われたら、喜んでついてくるような奴らばかりだ。(ので、飲んでいるのかもしれないが笑い)そんな奴らと飲んでいると、どうもマスコミが作ろうとしている現代若者像、が自分の頭の中で狂ってくる。で、おそらく私は、現場主義なので、どちらかというと、現場の目の前の現代若者像を支持する形となる。この現代の若者たちを見ていると、私が若者だった頃となんら変わらず、くだらないことに一喜一憂し、がむしゃらに生きようとする生命力を感じるわけです。もしかしたら、そんな力が、地方地域には残っているのかもしれません。そして、この人財こそが、地方地域の一筋の光なのかもしれないなー、とひそかに思うのでした。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード