人生はアートだ!

・・・花たちから愛を・・・


テーマ:
9541


「自我「私」の癖と生命の本来の意義についてのセムヤーセの解説」

 自我“私”は自分自身の幸福に大きな価値をおくのです。その結果、大部分の人間が利己主義の人間に成長するのです。(中略)
全地球人の頭上に、疑惑と不確実性が重い雷雲の様に垂れかかっています。この雷鳴と稲妻こそ、人間の自我と物質主義、その他の人間にとっては(本来)無価値な全ての事柄を呼び寄せ、人間はそれらの奴隷となり、それらに囚われるのです。これらと戦うことが貴方がたの最初の戒律です。真理の認識を通して愛の太陽が貴方がたの精神の限界を高め、雷雲を駆逐するのです。そのとき初めて貴方がたは確実性そのものとなり、不安と心痛が無意味なものであることを悟るのです。(中略)
 創造されたものすべての究極の目標は「創造」であり、「宇宙意識」です。物質的領域における生命の本来の意味は、次のようなものと考えられます。生命の本来の意義は、いつも強力な自我の克服であり、その後の霊の領域における進化です。自我の克服とはこういう意味です。貴方がたは「高度な自己」が勝利するように「高度な自己」を助力することです。それによって、貴方がたが再び「高度な自己」を認識するのです。「高度な自己」とは、「創造の自己」であり、貴方がたはその中で高度な進化に目覚めるのです。
 確かにこれは貴方がたの生命にとって、非常に困難な課題です。しかし、それは最も美しい、最も価値ある、最も有益な課題です。(中略)
貴方がたの内部にある生命の霊は、創造の霊的エネルギーの一部分です。ですから貴方がたは自分の『存在の根源』を自覚し、そこへ立ち戻ることが必要です。貴方がたは、その様な真の内面化を通して、全創造期間と一体化します。つまり貴方がたの内部で創造の一部分と一体になることです。ということは、完全に自由になったということであり、消滅や死への不安から解放されることを意味します。自分の中で創造的エネルギーと一つになるということは、表面的な自己(自我)の背後にもう一つの自己、すなわち「創造の自己」を認識すると言うことです。(中略)
 人間が真に見詰め、認識すべきものは、自分の生まれつきの自己です。それは全ての人間の活動分野と限界を越えており、また人間の全ての概念を越えており、人間には把握できない永遠なる創造の領域に有るのです。(中略)
確かに、この惑星地球は一見したところ、喜びと幸福よりも、苦難と悲惨の方が多いように思われます。しかし、これは誤った結論です。そんなことは決してありません。なぜなら苦悩と悲惨は喜びと幸福と量的に釣り合っているからです。(中略)
間違った思考だけで苦難と悲惨を過大評価し、それらを長く記憶にとどめていますが、一方喜びや幸福をすぐ忘れ去ってしまうのです。貴方がたはまだこの問題に関してバランスよく対処することを学んでいません。つまり、プラス面とマイナス面を公平に記録し、記憶することを習得していません。しかし、貴方がたが人間の使命を予感し、これらの真理を認識できたら、マイナスの事態を変更し、暗黒の岸からゾーハルの島に渡り、安心立命を習得することができます。

(これらの言葉が、私の自我「私」を目覚めさせてくれたのです……Hiro)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Schwimme niemals mit dem Strome talabwärts;

決して川の流れに沿って下流へ泳いでゆくな;

Stromschnellen lauern dort, bringen Schmerz,

そこには急流が待ち伏せており、苦痛をもたらす、

schwimme daher stets gegen die Strömung an,

それ故、絶えず流れに逆らって泳げ、

wenn du auch kämpfen musst mit Not und Elan;

また、苦しみと情熱をもって戦わなければならない時でも、

schwimmst du aber gegen den Strom, zur Quell,

しかし、あなたが流れに逆らって、源流へ泳ぐならば、

dann wird für dich das ganze Leben sehr hell,

貴方のために、全人生は非常に明るくなる、

denn Wissen, Weisheit, Glück, Ruh und Friede werden dich dort erwarten in endloser Liebe.

何故なら、そこには知識、英知、歓喜、休息、平安が、無限の愛の中で貴方を待ちうけていろだろうから。

Schwimme niemals stromabwärts wie die Narren,

愚か者のように、決して流れに従って泳ぐな

die gleichsam närrisch auf Glück nur harren,

迷う愚者はただ幸運を待つのみであり、

wenn sie sich dem wilden Strome anvertrauen

愚者が激流に身をゆだね

und in sinnlosem Denken noch Hoffnung bauen,

意味のない考えで、なお希望を抱く時、

willenlos sich treiben lassen in den Fluten,

愚者は意志もなく、洪水の中に身を委ね、

um sich so mehr zu entfernen von allem Guten.

その結果、すべての良いものから、遠く離れる。

Mensch, schwimme niemals mit dem Strom talab,

人間よ、決して流れに沿って下流に泳いでゆくな

wie dies die Masse tut und schwimmt ins Grab;

それは大衆がしていることであり、墓に泳いでいるのだ

schwimme stets der wilden Strömung entgegen,

常に激流に逆らって泳げ

dann erreichst du das Ziel und wirst leben.

そうすれば、貴方は目標に到達し、真に生きるだろう

(生と死より 翻譯 ひろ)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Meine Wuensche fuer den / die Menschen der Erde...

地球の人/人々への私の願い

Aus frohen Stunden weiss jeder offene und mit allem verbundene Mensch, wieviel Freude es macht, gute und liebe Gedanken und Gefuehle zu hegen und loszuschicken an Mitmenschen, die im eigenen Leben nicht nur eine gewisse, sondern eine grosse Bedeutung einnehmen. In Wahrheit betrachtet, sind das alle Menschen, wenn in schoepferischer Form gedacht, gefuehlt und gehandelt wird, folglich alle Menschen die Botschaft der guten und lieben Gedanken und Gefuehle empfangen sollen. Und das ist mein Wunsch an die ganze Menschheit der Erde, dass alle meine guten Wuensche bei allen Menschen ankommen und dass sie meine Gedanken und Gefuehle erfassen, die da zum Ausdruck bringen, dass es schoen fuer mich ist und ich in Ehrfurcht Freude darueber empfinde, dass es dich, Mensch der Erde, gibt. Moegen all meine vielen Wuensche fuer dich zu dir gelangen und fuer dich in Erfuellung gehen.

喜びの時から、オープンなそしてすべてに関係した人々は、「それ」が如何に多くの喜びを作りだすかを知っています。「それ」とは、良い、そして好ましい考えと感情を抱き、そして、自分の人生において、確実にしかも大きな意味をもつ仲間にそれを送り出すことです。すべての人々が真実に注目し、創造的な形で考え、感じ、そして行動するならば、すべての人々は良い、そして好ましい考えと感情を受け取るはずです。

そして、地球の全人類への私の願いは、すべての私の良い願いがすべての人々に届くこと、そして人々が私の考えと感情を把握することです。それは私にとって美しいものになり、そしてそれがあなた、地球人にも与えられるという事実を私が畏敬の中で歓びとして感じることを表現しているのです。すべての私のあなたへの多くの望みをあなたに届かせ、あなたのために実現したいと思います。

Tatsaechlich kann das Leben oft sehr anstrengend sein, denn es besteht sowohl aus Freuden wie auch aus Leid. Es ist ein staendiges Auf und Ab in grosser Zahl, und manchmal geht wirklich alles drunter und drueber. Doch als Menschen sind wir hier, um alles zu bewaeltigen, sowohl Freude wie auch Leid, um fortschrittlich zu sein und damit den Sinn des Lebens zu erfuellen. Daher muessen alle Wege stets bewusst und willig beschritten werden, und zwar sowohl freudige wie auch leidvolle. So gilt es, turbulente Zeiten ebenso zu ueberstehen - und sich immer wieder in die richtige Lage einzupendeln - wie auch Zeiten des frohen Ueberschwangs und solche, in denen alle Wuensche erfuellt und Wirklichkeit werden. So seist du, Mensch der Erde, in deinem staendigen Auf und Ab des Leben stets wachsam und beflissen darum, alles richtig zu handhaben und stets das Beste aus allen Dingen und aus jeder Situation zu machen. Das ist mein Wunsch, Mensch der Erde, dass dir damit geholfen sei und damit du dein Leben bewaeltigst in Erkennung der Wahrheit, um in Ehrfurcht dem Dasein und dessen Sinn gerecht zu werden.

実際、人生はしばしば、骨の折れるものでありえます。なぜなら、それは喜ばしいことと悪いことの両方から構成されているからです。人生は絶え間ない無数の浮き沈みであり、そして時には本当に大混乱の状態になります。しかし、私たちは人間として、喜ばしいことはもとより悪いこともすべてを習得するために、進化しそして人生の目的を満たすためにここにいるのです。
ですから、すべての道は常に意識的に意志をもって通らねばなりません。しかも、歓びに満ちた道と悲しみに満ちた道の両方を、です。ですから、混乱した時間を耐え抜くこと-そして段々と正しい状態へと安定させる-ことが重要であり、歓びの感動やそのようなものに溢れる時が、その中ですべての願いを満たし、そして実現することなのです。

あなた、地球の人は常に絶え間ない人生の浮き沈みの中で、油断せず、すべてを正しく処置し、すべての物事やそれぞれの状況から、常に最良のものを作り出すように努めなさい。地球人よ、私の願いは、あなたを助け、畏敬をもって存在とその目的を果たすために、あなたが真実を認識してあなたの人生を習得することなのです。

Manchmal ist es im Leben erforderlich, dass man alle Kraefte aufbietet, wenn man weiterkommen will. In diesem Sinn, Mensch der Erde, wuensche ich dir, dass du stets fuer alle Faelle geruestet sein und sowohl leichte wie auch schwierigste Situationen gelassen, verstaendnisvoll, bewusst und konzentriert in Angriff nehmen und sie bewaeltigen moegest.

時として、人が先に進みたい時に、人はすべての力を習得することが、人生の中で必要となります。この意味で、地球の人よ、あなたは常にすべての事情に対して準備すること、その事情が軽い状況でも最も困難な状況でも落ち着いて、十分理解して、意識してそして集中して着手し、そしてそれを習得することを私はあなたに望みます。

Fuer jeden Menschen kann der Lebensweg nicht immer gerade, uebersichtlich und muehelos begehbar sein. Oft ist der Weg auch nicht voller Licht und Sonnenschein, denn hie und da fallen auch dunke Schatten darauf. Dass du, Mensch der Erde, aber stets guten Mutes bleibst und weisst, dass das ganze Leben aus Licht und Schatten besteht und sowohl strahlende Helligkeit wie auch tiefe Finsternis hervorbringt, das wuensche ich dir, damit du in bewusster Erkenntnis lebst und dein Leben wohlgemut erfuellst, wie es auch immer sein mag.

個々の人にとって人生の道は常に真っ直ぐで、明確でそして容易に歩けるものではありえません。しばしば、その道は光と太陽の光に満ちてはいません。何故なら、道にはそこここに暗い影も落ちているからです。

あなた、地球の人が常に良い気分に留まり、全人生が光と影から、そして放射する輝きはもとより深い暗闇をも生み出すことを知ることが私のあなたへの願いであり、それによって、あなたがより良い認識で生き、そしてあなたの人生をあるべき様に機嫌よく満たしてください。

Ich wuensche dir, Mensch der Erde, dass du haeufiger lachst als weinst, dass du den Blick fuer all das Schoene und Reizende und den Sinn fuer Liebe und Freude aufbaust und bewahrst, wie du auch immer dem Leben begegnest.

私はあなた、地球の人に、あなたが泣くよりもより多く笑うこと、あなたがどんな人生に出会おうと、すべての美しいものと素晴らしいものへの眼差し、そして愛と歓びへの感覚を築いて保持することを願います。

Mensch der Erde, ich wuensche dir, dass du humorvoll lebst und die Lasten und Freuden des Alltags mit Verstand und Wuerde traegst, damit du immer einen Ast findest, an den du alles Uebel und Unerfreuliche haengen und wohlgemut deines Lebensweges ziehen kannst.

地球の人よ、私はあなたに、あなたがユーモアをもって生き、毎日の重荷と歓びとを、理解と威信をもって背負い、そうして常に大枝を見つけて、それにあなたがすべての災いと喜ばしくないものをぶら下げ、そして気分よくあなたの人生行路を進むことができることを望みます。

Mensch der Erde, ich wuensche dir, dass du inmitten all der verdrossenen Mienen und Aergerlichketen der Mitmenschen nicht so leicht oder ueberhaupt nicht deine gute Laune verlierst. Wahrheitlich naemlich macht das Leben sehr viel Freude und Spass, wenn man mit guten Gedanken und Gefuehlen einhergeht und alle Dinge des Lebens mit viel Schwung und Ausgeglichenheit sowie mit Liebe anpackt und stets ein Laecheln im Gesicht traegt, das durch seine Zuege beweist, dass man in Zufriedenheit und Freude im Leben einhergeht.

地球の人よ、私はあなたに、あなたがすべての、仲間の気分の悪い顔つきや怒りの真只中でも、あなたの良い気分を簡単に失わず、あるいはまったく失わずにいて欲しいのです。誠に、つまり、人生は非常に多くの歓びと戯れを作り出します。人が良い考えと感情で歩き、そして人生のすべての物事を多くの勢いと安定はもとより愛で掴み、そして常に顔に微笑を浮かべていれば、彼の顔立ちを通して、その人が人生を満足と喜びで歩いていることを証明します。

Boese Gedanken und boese Gefuehle erzeugen ein boeses Gesicht - freundliche Gedanken und Gefuehle aber glaetten selbst Kummer und Schmerz. Daher wuensche ich dir, Mensch der Erde, dass stets ein freies Laecheln sowohl in deinem Gesicht wie auch in deinem Wesen dich stetig erfreut, woran auch die ganze Welt teilhaben soll.

悪い考えと悪い感情は悪い顔を作り出します-しかし友好的な考えと感情は苦悩や心痛さえも鎮めます。ですから、私はあなた、地球の人に、常にあなたの顔とあなたの人柄の中での、すべての世界が共にもつべき、自由な微笑があなたを常に楽しませることを望みます。

Dir, Mensch der Erde, wuensche ich, dass du in Ehrfurcht und Respekt vor allen Dingen der Schoepfung ein ausgewogenes Leben fuehrst und dass du in diesem Rahmen ein Zusammensein mit Gleichgesinnten findest und alles froh und in Liebe geniessen kannst. Und ich wuensche dir dass du niemals in irgendwelchen Dingen eingeengt wirst, sondern immer genuegend freien Raum findest, in dem du rechtens frei leben und dich in schoepferisch - evolutivem Sinne entfalten kannst

あなた、地球の人に、私は、あなたが創造のすべての物事に畏敬と尊敬をもってバランスした生活をすること、そしてこの枠組みの中で同じ考え方のくつろいだ集いを見つけ出し、歓んでそして愛の中ですべてのものを楽しむことができることを望みます。

そして、私はあなたに、あなたが決して何らかの物事の中に制限されることなく、いつも自分がその中で当然自由に生きられる十分な空間を見つけ、創造的な-進化の意味で、あなたの才能をのばすことができることを望みます。

Mensch der Erde, ich hege den Wunsch fuer dich, dass du grosse Ideen und Visionen entwickelst, denn ohne Ideen und Visionen vermag nichts Grosses und nichts Wertvolles zu entstehen. Benutze daher deine Gedanken und deine Gefuehle, um auftauchende Ideen auszuwerten und sie zu Grossem und zum Erfolg zu gestalten. Bewahre daher deine Ideen, Gedanken und Gefuehle und pflege sie in fortschrittlichem und ausgeglichenem Rahmen, um nie den grossen Blick fuer die wertvollen Dinge des Lebens zu verlieren. Bewahre deine guten und gesunden Ideen, Gedanken und Gefuehle, und also bewahre den guten, grossen und weiten Blick, damit du dich niemals von Hindernissen abschrecken laesst, die auf dem Weg aller fortschrittlichen Dinge in Erscheinung treten. Pflege dich in Ausgeglichenheit und Harmonie und lass deine guten, friedlichen und liebvollen sowie menschlich-verbindenden und evolutiven Ideen, Gedanken und Gefuehle sowie deine gleichgearteten Visionen Wahrheit und Wirklichkeit werden, denn nur dadurch ensteht Grosses, Wertvolles Effectives und Fortschrittliches.

地球の人よ、私はあなたのために、あなたが大きなアイデアと未来像を発達させてくれるという願いを抱いています。何故なら、アイデアと未来像なしにはどんな大きなことも価値あることも起こり得ないからです。

ですから、発生したアイデアを評価し、それを大きなものにそして成功へと導くために、あなたの考えと感情を利用しなさい。ですから、あなたのアイデア、考えと感情を保存し、そしてそれを、人生の価値あるものへの偉大な観点を失わないようにするために、進歩しそしてバランスした枠組みの中に保持しなさい。

あなたの、良いそして健康なアイデア、考え、感情を保持しなさい。そして良い、大きくて遠くまでの観点を保持しなさい。そうすれば、あなたはすべての進歩する物事の道に発生する障害物に決して邪魔されません。バランスと調和に注意しなさい。そしてあなたの良い、平和的でそして愛に満ちた、人間に結びついた、進化するアイデア、考えと感情、それにあなたの等価な未来像を真実と現実にしなさい。

何故なら、それを通してのみ、偉大なもの、価値あるもの、効果的なものそして進歩的なものが生ずるからです。
Billy
     〔私訳:H.Thoma 2001-3-3〕
WZ Jahrgang Nr.118   Maerz 2001













Ich wuensche dir, Mensch der Erde, dass du deine Rolle in deinem Leben erkennst und dass du in diese Rolle schluepfst und sie lebst, denn nur dadurch kannst du Freude und Spass am Leben selbst und an all seine Dingen und Situationen haben, ganz gleich wie diese auch immer aussehen moegen.

地球人よ、私はあなたに、あなたが自分の人生での自分の役割を認識し、そしてその役割をこなして生きることを望みます。何故なら、それを通してだけ、人生そのものそしてすべての物事や状況での喜びと楽しみを、常に見えるだろう通りのものとして、持てるのだからです。

Ob Freude und Liebe, ob Leiden und Schmerz lebe deine Rolle eines Lebens aufrichtig und gerecht.

喜びと愛の中であろうと、或いは病苦や苦しみの中であろうと真摯にそして公正に、あなたの人生の役割を生きなさい。

Und folgst du dieser Wahrheit, dann wirst du auch stets einen treuen Menschen an deiner Seite haben, der Freude und Liebe oder Leiden und Schmerz ehrlich mit dir teilt und dir hilft, das zu sein, was du im tiefsten Innern deines Selbst sein willst.

そして、あなたはこの真実に従うと、その時あなたはいつも自分の傍に公正な人々を持つことになり、喜びと愛を、或いは病苦と苦しみを正直にあなたとともに分かち合い、あなた自身の深い内奥であなたがなりたいものになるように、あなたを助けてくれます。

Ich wuensche dir, Mensch der Erde, dass du bei all deinen Unternehmungen stets das Beste gibst, genuegend Geduld und Vorsicht walten laesst und immer alles dermassen gut und genau anfasst, dass du immer Erfolg hast und mit
kraftvollen Beinen sicher auf dem Boden landest.

地球の人よ、わたしはあなたに、あなたがすべての企てに際して常にベストを尽くし、十分な辛抱と注意を持って処置し、そして常にすべてをうまく正しく扱うこと、あなたが常に成功し、そして力強い足で確実に土の上に立っていることを望みます。

Zwar mag dich so manches Unvorhergesehene in deinem Leben und auf dem Weg deiner Unternehmungen treffen, doch wenn du dich immer bemuehst, aus allem das Beste zu machen , dann geht fuer dich bestimmt alles immer glimpflich aus , so du weder Misserfolg noch Schaden erleidest.

あなたの人生で、またあなたの企ての途中で、思いがけないものにあうかもしれないが、もし常に努力し、すべてにベストを尽くしていれば、すべてはあなたにとって大した損害のないものになり、あなたはどんな失敗や損害による苦しみにも悩まされはしません。

・・・・・・・・・・・・・・・

Mein Wuensch fuer dich, Mensch der Erde. geht dahin, dass du immer wieder erbauliche und doch hochhebende Freude sowie ehrliche, wahre Liebe erlebst und stets Gelegenheit findest, in ausgeglichener Harmonie und frohen Mutes alles zu geniessen und all dem den Vorzug zu geben, was das Leben Lebenswert macht.

地球人よ、私のあなたへの願いは続きます。あなたが常に繰り返して、心を高め、かつ高く持ち上げる喜びを経験し、正直で真実の愛を体験し、そして常に、生きる価値を人生に作り出す、楽しむべきすべてのものと優先させるべきすべてのものとのバランスした調和と喜ばしい勇気の中で、機会を発見するようにしてください。

Erachte jede wirkliche Freude und jede wahre Liebe als kleine Inseln des Gluecks, die gesamthaft in ihrer grossen Zahl waehrend deines Lebens deine wirkliche Welt bedeuten.

個々の現実の喜びと真実の愛を幸運の小さな島だと想いなさい。その幸運は、あなたの人生での総体的に大多数の現実世界を意味しています。

Doch denke stets daran, dass deine Einstellung zum Leben dieses gestaltet und dass also deine Gedanken und Gefuehle dein Handeln und Verhalten bestimmen, folglich du selbst deines Schicksals Schmied und deines Lebensweges Geistalter bist.

しかし、人生へのあなたの態度がこれを整えるのであること、そしてまたあなたの思考と感情が、あなたの処置と振る舞いを決めること、ですから、あなた自身が自分の運命の鍛冶屋であり、そしてあなたの人生道を霊的に高いものとして歩くということを常に覚えておきなさい。

Mensch der Erde, Ich wuensche dir auf allen deinen Wegen Begeisterung fuer Begeisterung fuer alles und jedes, was sich auch immer auf deinem Lebensweg ergibt.

地球人よ、私は、あなたの人生の道で生じてくるすべてのもの、個々のものへの熱中のための、あなたの熱中の方法について願います。

Sei dir bewusst, dass ganz unvermutet fuer dich immer wieder neue Moeglichketen fuer Wissen, Fortschritt, Liebe, Treue, Frieden, Tugenden und Weisheit auftauchen, die du nur erfassen und zu deinem Besten formen musst.

あなたにとってはまったく不意に、常に繰り返して、知識、発達、愛、忠誠、平和、徳や叡智のための、新しい可能性が浮かんでくること、それらをあなたは掴み取りあなたにとって最もよいものに形づくらねばならないことを意識していなさい。

Erfasse und gestalte all das Gute und Wertvolle, das dir wie ein frischer Wind jeden gewuenschten Erfolg ins Leben bringt, wenn du ihn dir nur nutzbar machst, wie das Windrad, das bei jedem leisen Luft-hauch und auch bei jeder frischen Brise sich dreht und ein Muehlrad oder einen Schmied-hammer antreibt, um Korn zu duftendem, nahrhaftem Mehl zu mahlen oder um ein gluehendes Stueck Metal zu einem Hufeisen zu formen.

よいものや価値のあるもののすべてを掴み取りそして整えなさい。もし、あなたがそれをあなたに有用なものにするならば、それらはあなたにより新鮮な風のように、人生での個々の望ましい成功をもたらします。それは、静かな空気の息によって、また新鮮な微風によって回り、水車や鍛冶屋のハンマーに穀物を突かせ、栄養のある小麦粉をひき、あるいは馬の蹄鉄のための真っ赤に焼けた鉄の部品を作ったりする風車のように、です。

Nutze daher alle Moeglichkeiten zum Fortschritt und Erfolg, und nutze
alles mit Begeisterung, was sich dir auch immer Neues ergibt.

ですから、前進と成功の可能性のすべてを用い、またあなたにいつも新しい物を与えてくれる熱心さもってすべてを用いなさい。

Nutze stets alles, was du auch immer neu entdeckst.

つねにあなたが新しく発見するすべてのものを用いなさい。

Nutze es zu deinem eigenen Nutzen; zu deinem Fortschritt und Erfolg, zu deiner Liebe - entwicklung, zur Erschlaffung deiner Tugenden, deines inneren und Aeusseren Friedens und deiner Treue zu allen Dingen sowie zum Wissen und zur Weisheit.

それをあなたの必要なことに、あなたの前進と成功のために、あなたの愛をはくぐむために、あなたの徳の、あなたの内部と外部の平和の、すべてのものごとに対するあなたの忠誠のたるみのために、知識と知恵のために用いなさい。

Und tue das sowohl in deinen jungen und mittleren Jahren wie auch im vorgerueckten und im betagten Alter.

そして、年配になって年取った老年ではもとより、あなたの若い時と中年の両方に於いても、それを行いなさい。

Tue und nutze stets alles Gute und Wertvolle mit Begeisterung, denn sonst
erschlaffen deine physischen und psychischen sowie die bewusstseinsmaessigen Kraefte.

いつも熱心に、良いものや価値あるもののすべてを行いそして用いなさい。なぜなら、意識的な力はもとより、あなたの肉体的、精神的な力をゆっくりさせてくれるからです。

Pflege deine Gedanken und Gefuehle wie auch all deine Ideen, Phantasien
und Visionen, denn sie sind es, die wie Funken in dir wirken, die den
Zunder zum Glimmen bringen und aus der entstandenen Glut ein Feuer
entfachen, das das Leben mit wohliger Waerme erfuellt und ihm einen
Ort der Geborgenheit sichert.

あなたの思考と感情を、すべてのあなたの着想、想像、未来像のように保持しなさい。何故なら、それはあなたの中で火花のように働くものであり、かすかな炎を大きくし、大きくなったおき(燠)から火を燃え上がらせるものだからです。その火は心地よい暖かさで人生を満たし、そして安全な場所を保証します。

・・・・・・・・

Mein Wunsch fuer dich ist der, Mensch der Erde, dass du in deinen spaeteren Jahren gerne in Frieden, Freude und Liebe auf ein erfuelltes Leben zurblickst.

地球人よ、私の願いは、あなたが後年になって、満ち足りた人生について、平和、喜びと愛のなかで振り返ることです。

Und ich wuensche dir, dass du das stets mit einem feinen und leisen sowie mit einem befriedigten Laecheln tun kannst, weil du aus allem Erlebten und Erfahrenen wissend und weise geworden bist und Abstand gewonnen hast zu allem, was dir einst Sorgen und Kummer bereitet hat.

また私は、あなたが常に上品で、静かで、満足した微笑を称えることができるように願います。何故なら、あなたはすべての経験と経験からの知識とから知り、そして賢くなり、あなたに悲しみと心痛を用意した、すべてのものから距離をおけるからです。

Verbundenheit in Freude, Frieden und Liebe aber sollen in Weisheit in
deinen spaeteren Jahren zu all denen hinueberfliessen, die dir nahe
stehen.

歓び、平和と愛の中での結び付は、あなたに親密なものすべてを、あなたの後の人生での知恵のへと流れ込ませるはずです。

Bedenke, dass du deinem innersten, schoepferischen Wesen immer aehnlicher werden musst, je aelter du wirst, denn das fordert das Gesetz des Fortschritts, damit sich das Leben erfuelle.

いつかあなたが歳を取った時に、あなたが自分の最も内奥の、創造的な存在に常により似たものであるべきであり、その理由は、進化の法則がその都度の人生が満たされることを要求するからだと言うことを考えなさい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Mein Wuensch fuer dich, Mensch der Erde, ist der, dass du stets den
gehoerigen Mut aufbringst, um deine Meinung zu aendern, wenn es notwendig und angebracht ist.

地球人よ、私の願いは、もし必要でかつ当を得たものであるならば、あなたが自分の意見を変えるための、しかるべき勇気を常に奮い起こすことです。

Schaeme dich daher nicht, deine Gedanke auf Neues zu richten, Neues zu erkennen, zu erforschen und anzuerkennen, wenn es der Wahrheit und Richtigkeit entspricht.

ですから、もし、それが真実と正しさに一致するものならば、新しいものへのあなたの考えは正しく、新しいものを認め、探索しそして認識することに、-何も恥じることはないのです。

Wohl bedarf es sehr viel mehr des Mutes seine Meinung zu revidieren und der Wahrheit zuzuwenden, als dem eigenen Erachten treu zu bleiben, doch der Lohn der Anerkennung der wahrlichen Wahrheit und die damit verbundene Anderung der Meinung bringt Nutzen und Erfolg fuers Leben.

恐らく、意見を変えて真実に向くのは、自分の判断に忠実のままで居るより非常に大きな勇気を要します。しかし、真実の真実への承認の報いと、それに伴ってのその意見の変更は、人生のために有用なものと成果をもたらします。

Dafuer, Mensch der Erde, wuensche ich dir einen klaren Blick, ein gesundes Erkennen und Verstehen, um stets den Zeitpunkt zu erfassen, wann es angebracht ist, die eigene ueberholte Meinung zu aendern.

しかし、地球人よ。私はあなたに、常に自身の時代遅れの意見を変えることが当を得る時期を把握するために、明確な見方、健康的な認識と理解を望みます。

Daher ueberdenke alles einmal in Ruhe, um stets das Richtige bezueglich
deiner Meinung oder deren Aenderung zu tun.

それ故、あなたの意見やその変化に関して正しく行うために、すべてのものを一度落ち着いて考えなさい。

Tatsachlich ist es so, dass man nicht immer gelassen bleiben kann, ganz
gleich, wie ruhig und ausgeglichen man ist.

人が静かにバランスしているのとまったく同様に、人は常に落ち着いていることはできないということは本当です。

Oftmals wird man in seinem Denken und in den daraus resultierenden
Gefuehlen in Aufruhr gebracht, wobei man gar Emotionen anheimfallen kann, wie gefuehls- , gedanken- und emotionenmaessig man auch immer sein mag.

しばしば人は彼の意見の中で、そしてそれから結論される感情の中で興奮します。その際、人がどれほど感情的に、思考的にそして情動的にも常に穏やかであろうと、人は情動をさえ所有できます。

Nichtsdestoweniger jedoch ist es moeglich, alles unter Kontrolle zu halten
und alle Dinge mit Vernunft und Verstand zu lenken.

しかし、それにもかかわらず、すべてを支配下におき、すべてのものごとを認識と理解で統制することは可能です。

So wuensche ich dir, Mensch der Erde, dass du in allen diesen Dingen immer kontrolliert sein moegest und immer einen kuehlen Kopf bewahrst, ganz gleich, was auch immer an dich herantreten mag, ob Freude oder Aerger, ob Wonne oder Verdruss, ob Jammer oder Froehlichkeit, ob Trauer oder Gluecklichkeit und ob Wut, Missmut, Verdruss, Sorge und Pein oder Lustigkeit, Begeisterung, Frohsinn, Befriedigung und Entzuecken usw.

ですから、私はあなた、地球の人に、あなたにやってくるものが、喜びか憤懣、或いは、無上の喜びか不愉快、或いは悲嘆か歓び、或いは悲しみか幸福の状態か、或いは怒り、不機嫌、不満、悲しみと苦しみか愉快、感激、陽気、満足そして歓喜等のどっちであろうと、すべての物事を支配下に置き、常に冷静な頭を保持していることをあなたに願います。

Sei stets wachsam ueber den Denken, Fuehlen und Handeln sowie ueber deine Emotionen, um immer genau zu wissen, wer und was du bist - und was du tust.

あなたが誰でなんであるか、そしてあなたが何をしているのかを常に正しく知っているために、考え、感情、処置そして情動を常に見ていなさい。

・・・・・

Koenntest du, Mensch der Erde, dich auf eigenen Schwingen in die Luefte erheben und die Weit von oben betrachten, dann geschaehe das gleiche, wie  wenn du in einem Ballon dahinfaehrst oder mit einem Flugzeug dahinfliegst  und die Welt unter dir aus grosser Hoehe betrachtest:Alles wird klein und unscheinbar, denn alles verliert an Groesse, Bedeutung und Wichtigkeit.

もし、あなた、地球人が自身の翼で空中に挙がれたら、そして上から遠くを観察できるとしたら、その時、あたかもあなたが気球で飛んだり、或いは飛行機で高速で飛び去る時、そしてあなたの下の世界をずっと高いところから見るように、同じことが起こります:すべてが大きさや意味や重要性を失うので、すべては小さくて人目をひかないものになります。

Gehst du aber auf dem Boden der Welt einher, dann wird alles gross und maechtig, und manchmal erkennst du auch die innere Groesse von Mitmenschen, an denen du dich dann orientierst, wodurch du dir sehr klein und unbedeutend vorkommst.

しかし、世界の地面におりると、すべてのものは大きく力強くなり、そして時々あなたは仲間の人間の、内部の大きさを認識し、あなたは仲間の中に自分の位置を確認し、その中であなたは自分を非常に小さくて重要ではないものと想うことがあります。

Deine Orientierung fusst aber sehr oft nicht in der inneren, sondern in der aeusseren Groesse der Mitmenschen wodurch du dir noch viel unbedeutender erscheinst.

しかし、あなたの方向付けはしばしば内部に基づくものではなく仲間の外部の大きさに基づいており、それを通して、あなたは自分を過度に重要でないものと見るのです。

Doch, Mensch der Erde, ich wuensche dir, dass du stets in Wahrheit rechtzeitig erkennst, wie gross oder klein alle Dinge wirklich sind, so auch die Mitmenschen, an denen du dir haeufig Beispiele nimmst, die nicht des Wertes sind, sie sich selbst eigen zu machen oder sich deswegen
unbedeutend zu erscheinen.

しかし、地球の人よ、私はあなたに、あなたが常に仲間を、すべてのものが実際に大きいか小さいかであるように、時宜を得て真実に認識し、その中の者を、しばしばあなたが自分に例にすることを願います。 その例は、それらを自分自身に造りだすとか或いはそれだから重要でないと見るための価値ではないものです。

Achte daher auf die wirkliche Groesse der Dinge, und zwar ganz besonders beim Mitmenschen, bei dem die wahrheitliche innere und nicht einfach die aeussere Groesse von Bedeutung und Wert ist.

それ故、物事そして特に仲間の人間の、真実の大きさに注意しなさい。人間については真実の内的な大きさであり、そして重要性とか価値の単に外的な大きさではありません。

Und vor dieser inneren Groesse brauchst du dir selbst niemals unbedeutend zu erscheinen, denn auch du vermagst diese zu erlangen, wenn du dich darum bemuehst.

そして、この内的な大きさを前にして、あなたは自分で自身を決して小さいものと見ないことが必要です。なぜなら、もし、あなたがそのために努力すれば、それを得ることができるからです。

Und wenn du dem Folge leistest, dann erkennst du deine eigene Groesse und Wichtigkeit als Mensch, der du in Wahrheit bist und den du nur in dir erkennen und fuer dich selbst zur Geltung bringen musst.

そして、もし、あなたが努力すれば、あなたは人としての自分自身の大きさと重要性を認識します。あなたが真実の人であり、あなたが人を自分の中でのみ認め、そして人はあなたの為に自らもりたててくれるはずです。

・・・・・・

Mensch der Erde, ich wuensche dir, dass sich fuer dich stets neue Moeglichkeiten bieten, dass du mit ausgeglichenen und harmonischen Mitmenschen in Kontakt und ins Gespraech kommst und folglich die fuer dich richtigen Kommunikationspartner findest, um auf deine eigenen Gedanken und Gefuehle sowie auf all deine Ideen, Regungen, Phantasien und Vibrationen usw. ein brauchbares und wohltuendes Echo zu finden.

地球の人よ、私はあなたに、常に自分に新しい可能性を与えること、バランスした調和する仲間と連絡をとり討議し、そして、それに従って、自分自身の考えや感情、そしてあなたのすべての理想、気持ち、空想そして振動等について有用なそして気持ちの良い反響(エコー)を発見するために、あなたにとって間違いのないコミュニケーション相手を見つけるように、と願います。

Billy

〔私訳:H.Thoma 2001-11-8〕
WZ Jahrgang Nr.119 Juni 2001
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
9511


===
子育て真っ最中の皆さんへ


プシケ(Psyche)の衛生 (BillyのDirektivenより )

乳児、まさに乳児こそ、成人と同じく、あらゆる種類の刺激と会話を必要としています。

-----

乳児や子供も家族による教育が非常に重要な役割を演じてきます。家族教育は、二重の機能を持っています。そこには二つの異なった重要な課題が含まれているからです。

第一に、家族教育により、「子供に与えられているすべての素質の発展が保証される」こと。

第二に、子供に人生と真実に対する責任を意識させること。

それによって、子供はやがて訪れる、人間の万象、動植物、惑星宇宙、世界の中で生き、順応する能力を得ます。

今日、正に、これら全てが物凄く複雑化していますから、現代に生きる人々は、自然の法則と掟に、色々な意味で違反せざるをえなくなっています。

少なくとも、現在の地球での、思考や処置は、互いへの配慮や寛容さを非常に必要としています。そうでなければ、生命の維持ができないでしよう。

これらの事実が、成長する子供に早くから十分に納得され理解されていなければ、途中下車を余儀なくされる欠陥車を作る結果に成ります。

特に人間の幼児期は驚くほど利己的です。この利己的な時期には、隣人と何かを分けたり、諦めたり、互いに平和に生活をするということは、しばしば地獄の苦しみになります。

この学習が上手くなされず不十分に処理されたら、大人になって、近い将来に、環境と自分を折り合いつけられずに、絶えず交戦状態におちいることになります。

幼児期に誤まった不十分な教育を受けたものは、大抵、自分でも健康な自己教育をできません。そうして、彼は自己中心的になり、利己的に、絶えず、自分の利益のみを求めるようになります。

---

幼児が三才半頃になると、これは選り好みをする時期に入ります。反抗期です。人によって、早くなることも有ります。この時期に与えられる教育は、決定的な役割を演じます。反抗期は次のようにして、はっきりします。

つまり、今まで、習得する気があり、正しい行動をとっていた子供が、学ぶ意志と正しく行動することに、反抗を始めます。そうして、教育が困難になってきます。

突然従順さが無くなり、強欲になり、何かを言っても大人には説明しがたい理由から、駄々をこねるようになります。

無知で忍耐力の無い家族は、しばしばまだ小さな駄々をこねている赤ん坊に、色々な教育的な策略を試みるように成るのですが、それは決してうまくは行きません。多くは、怒ったり、暴力をもちいて、言うことをきかないきかん坊の意志をくじこうという誤まった考えを持ちます。

当然駄々をこねるきかん坊は、しばしば大人をかんかんに怒らせますが、その時、大人そのもののも精神衛生的な欠陥をしめすのですが、大抵、その欠陥は、自分自身の幼児期に生じたのです。

子供が反抗期に達すると、新しい教育的策略、処方、暴力や次善の徹底した策も、何の役にもたちません。

反抗期の子供が言うことを聞かない--その反抗は全く自然なものなのです。これは、どんな子供も「自分の意志を貫き、独自の意志を持つ能力を感じ取る」時に始める、一つの行動方式なのです。

この能力は、自然に、この能力を他の子と同じように行動に移そうと言う必要性を、子供の中に生み出すのです。

この理由から、子供は反抗的に駄々をこねる、この能力を行使するのです。従って、反抗期とそれに結びついた反抗性は、自然な成長段階であり、自然な成長過程を示しています。

それは暴力によっても、賢い教育的な策略や処置によっても、第三者の忠告による善意の処置によっても感化されず、抑制もされないものです。従って、大人にはしばしば不可解な、反抗期の子供の態度は、自然に基礎を置くと理解すべきです。

たとえ、子供が何かの目的を持ちながら、自分の態度に全く一致しないことをしていても、子供は或ることを望んでいるのです。つまり、自分の意志を持つ能力を貫徹させる必要性を、練習しようとしているのです。

これは、教育するものが過度の教育熱心、暴力、処置の勧めをやろうとするのに、警告をするものです。唯一の正しい処置は、こうです。

子供に対して、大人自身の願望を制限し、子供の自分の能力を行使させること。その際、子供を助けるように子供の側に立ち、子供の意志に対する責任とその意義を説明してあげること。

そうすると、たとえ、子供がまだ若くても、子供は理解し始め、その意義に従って行動をするように成ります。その時の条件になるのは、「子供に愛をもって、また愛のなかで子供を扱い教えること」であり、子供はそれを理解して反応します。

日常的な範囲の度を越えた大声で、酷く堕落した反抗児を叱るのも、効果が有りますが、それにも条件が有ります。上で述べたように、普段、総合的な教育が、自然で、愛に満ち、絶えず怒鳴ったりせずに行われているということです。

反抗期の子供が、誤まって教育されると、例えば、間違った教育、暴力、叱ったり、怒鳴ったりして育てられると、次のような結果をもたらします。

つまり、かたくなな心が形成され、意識的な防衛として、外部からの反抗児にもたらされるすべてのものに対する防衛として、違反、不実、嘘等の現象が現われてきます。

こうした態度が、こどもの心の中に深く刻まれて、更にその心の内部に広がり、いつか、そうした性格の持ち主に成ってしまいます。そして、子供は残りの人生を老年に至るまで、こうした性格をもちながら、生き続けなければならなくなります。

--自分の意志に反して、です。

彼らは、人と健全な形で、何ら、同胞的な関係をもたず、しばしば憎しみに満ち、専制的でテロリストのような、人間の敵になってしまいます。

---

子供と一緒に笑いましょう!!!

Saalome  Hiro
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
イマヌエルの祈りのことば

Mein Geist, der du bist in Allmacht.

「私の霊(Geist)よ、あなたは全能です」

Dein Name sei geheiligt.

「あなたの御名(みな)が崇められますように」

Dein Reich inkarniere sich in mir.

「あなたの世界が、私の内に実現しますように」

Deine Kraft entfalte sich in mir auf Erden und in den Himmeln.

「あなたの力が、私の中で、地上で、また天国で十分発揮されますように」

Mein taegliches Brot gib mir heute,

「日々の糧を、今日も私に与えてください」

so ich erkenne meine Schuld und ich erkenne die Wahrheit.

「私が私自身の罪に気づきますように、そして真実を知ることができますように」

Und fuehre mich nicht in Versuchung und Verwirrung, sondern erloese mich von Irrutum.

「私を誘惑と精神錯乱に陥れないでください。そして誤ったことから私を救いだしてください。」

Denn dein ist das reich in mir und die Kraft und Wissen in Ewigkeit.

「なぜなら、あなたの世界は私の中にあり、それは永遠の力であり、知識でありますから」

(私訳 ひろ)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
潜在意識、転生、そして平和への道の認識

 この随筆も、しばらく途切れていた。暑さとボランティアの仕事で忙しかったこともあるが、以前のように、何が何でも書くという気にならないのである。しかし、あの時も現在も、何かに動かされないと書かないのは同様だと感じている。

 と言うことは、あんなに駆り立てられるのも、何かを意味しているのだということである。

 人は、自分で考えて、岐路の判断していると考えているようだが、実は大抵は、潜在意識からの指示と想われ、現在意識で理詰めで考えてどちらかを選択していることは殆どないようである。これは、今までの人生で得た、私の結論である。

 この潜在意識に何かの判断基準を叩き込んでしまったのは、繰り返しての、私自身の思考であったのも事実である。この意味で、過去に潜在意識に叩き込んだ判断基準で今を生きており、今、潜在意識にたたきこんでいる判断基準で、未来を定めているといってもよいだろう。

 また、人の潜在意識は、別に、現在意識からのものだけで出来ているとは想わない。つまり、真の生命からの何かの情報もそれを通して、現在意識にやってくるのだろう。これが無ければ、人は動物並の生き方になると想われるからである。

 だから、私は、現在の思考傾向をつねに把握して、偏執にならないように、瞑想的に眺め、囚われないように努力している。これをしないと、潜在意識の偏執なものか、真の生命からのものか、区別できない。

 人が、内部の真の生命からの要請によって、進化に資するための経験を人生において成すことを要求されているはずだから、それは必ずやってきていると、私は認識している。ただ、私の人生の途中では、どうもしっかりと認識しないままであった。

 さらに考えると、人生の中で特別な関係をもつ人々とは、内部の真の生命との何らかの約束をしたかのような関係で、この人生で出逢い、いろんな場面での関係者として、何らかの配役をしていると想われてくる。

 私は、これまでの人生で、学校や会社や、家族や社会の環境の下で、いろんな人々と出逢い、仕事をしたり、趣味のことをしたり、お互いに教えあったり、意識的な支援をしあったり、恋愛をしたりといろいろな場面の経験をして来た。

 自分と相手の性格なども詳細に分析し、自分と相手と周りの人々なども含めての人生劇場をみると、なにか懐かしいものが感じられたりすることがある。これは、いつかの人生で同じような関係者で、似たようなことをしていたのではないかということを想起させてくるのだと想われる。

 これは、自分の過去の転生を想いだせる人も存在しており、また、初めての場所や出会う人に懐かしさを覚えるということも真実ありうるから、これは間違いないようである。

 人の霊体と意識の進化は数千年くらいでは大して大きくはないらしく、今回の行状をみると昔の人生でどんな人間だったのかが判ると真理は述べているが、これを意識して、歴史の中に探してみれば、ひょっとすると自分らしいものが見つかるかもしれない。

 あなたが、誰かと初めて出逢って、懐かしいとか、昔のお互いの気持ちが蘇ったとか言う人たちは、周りとの関係も配慮しつつ、歴史の資料とかを調べてみると面白いかもしれない。ただし、有名人でないと、歴史には残っていないだろう。

 でも、人間はどのような地位にあろうと、ただ一人の人間であり、たとえば、凄い王様が現在はサラリーマンでも、なんら問題ではない。なんらかの進化を果たそうとするグループでの配役と思えば良い。

 ただ性格や人格は殆どそのままでていると想われるので、それを周囲も含めて、お互いの関係の中でみれば、面白いほど、共通なことごとを起こすであろうことは、想像に硬くない。
 
 このようなことを、馬鹿な話として切り捨てずに意識的に探求することが、現在の地球の人々には絶対に必要なことである。

 この意識的探求と真理の知識の発達によって、霊的な体験の道が加速され、真実で包括的、宇宙的な知識と、創造がすべてのものの中に現存するという認識に基づいて、真の愛に導かれていく。

 人は時間と空間、そして肉体によって互いに分離されいるが、実は創造において、創造の知恵と愛において、そして霊(Geist)の領域において、すべてのものと一体である、という真理と知恵はどれも自分の中での内面的な体験によって克服すべきものであろう。

 私は、既に、この認識に立っているのだが、それを言えば、笑われるだろう。しかし、私は、今までのすべての随筆で、この認識にいたっていることを公開してきたつもりであり、これを反古にする気は毛頭ない。

 世界中の人々の中に、この一体感がしっかりと認識されることしか、戦争中毒者を排除して、この地球上に真の平和な世界を築く手立てはないと言える。それが出来ないままに、ここまま時間が過ぎていけば、戦争中毒者たちが地球と人類を破滅させるのは、誰の目にも明らかだろう。

 ただ、みんな黙してそれを言わない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世の中の問題にどう対処できるか

世界中にいろんなことが起こり、日本でもいろんなことが起こり、自分の周りにもいろんなことが起こっている。それにどう対処すべきか、誰も判っていない。判っていたら、とっくの昔にそれに対処しているはずだ。

私のことを例にして述べることにする。身の回りから、地域社会レベル、国レベルから、世界レベルで数々の不正が行われている。これに、私はずっと憤慨しっぱなしで生きてきた。しかし、まったく解決策がなかった。

これには分けがある。要するに、それらの不正を論理的に考えて、解決策を導きだし、それを実行するという思考方法が身についていないからである。そして、もっとも大きな欠陥は、自分の過失を見つける方法を忘れていたからである。

このために、社会生活の間、ずっと私は自分に発生して、私を苦しめる問題を憎み、それに関係して、私が悪いと想う人間がみんな憎くなってきた。

実に個人的なことから、日本の社会の問題、世界的な問題にまで、すべて同じレベルで、相手が憎くなってくる。

昔から、私の中には、いろんなレベルの憎悪が自分の中に沈殿してきたと想っている。自分の理性でそれ以上になるのをとどめ押し殺してきたが、いつ爆発してもおかしくはないものだった。

いつか、告白したことがあるが、こんな気持ちが高じて、暴力的な手段に訴えて、問題を解決しようとしたこともある。実は、いまの時代のテロ闘争などは、私の気持ちの延長となんら変わらない。私も、同じことをしたかもしれない。

しかし、実はこれが大きな間違いであった。この感情は、自分の外の世界に発生しているものからやってくるものだと、自分は想うものだが、実は、私自身が原因であり、私の内部の問題でしかなかった。

健全で論理的な思考をすれば、真理と知識が身につき、それによって、本当の原因が認識でき、正しい対処ができるのにもかかわらず、それができないので、混乱した阿多のには、憎悪と暴力による解決しか残されていないようになってしまう。

今の時代、いろんな事を引き起こすものたちも、それをみている一般の人々も、みんなこれを唯一の解決策としか想っていない。ここにいたる原因は、自分自身への過剰な自己憐憫と先行きの不安感からくるものであろう。

私は、ずっと以前から、これらの現実の問題に、暴力や憎悪なしに対処する力を得たいと想ってきたが、そのためには、問題を論理的、適切な方法で考察する能力が必要でありとを痛感してきた。

それは、私には簡単ではない。真理の書の指示に頼らざるをえない。その指示に従って、少しずつ、今からの悪の根絶のための活動をしていきたい。

このような随筆を書いていることが、私にとっては、その活動の一つである。

今、既に始まっている各種の悪、これからも出てくる更なる悪に、いかに対処するのか、私の中ではある程度かたまりつつある。これまでの、二年間にも各種の経験をしているので、かなり不安感はなくなっているが、もっと大きな力をうる必要があると想っていた。

氣功も実際には、大きく様変わりしつつあり、殆ど氣功とは違ったものになりつつある。そんな中で、創造との一致を意識して生きることによって、自分の中に取り込むエネルギーは想像以上に大きくなってきている。

2000年前に、イマヌエルが、「霊(Geist)の王国はあなたの中にある」と語っている。私は、自分の中に、霊(Geist)を見つける努力している。一致して生きるという意識は、これを認識させてくれる。

それができると、物質世界に生きながら、同時に、霊的な世界にいとるという認識に至り、人も自然も動植物も、それまでとはまったく違ったものに見えてくる。こうなると、物質世界の不正は、片側の物事であり、両側でみると、それを解決するのに、私には何ができて、みんなとやれば、更に何ができるかが、見えてくる。

これは、上に述べた真理の言葉どうりであった。つまり、不正への解決策として怒りと暴力しかでてこないのは、物質面しか見ないからである、というが真理であった。

このように真理を認識し、思考を霊(Geist)と物質の両面からするようにすれば、解決策はみえてくる。それをみんなと協力して行うには、同じ意識にたつ人を集めるしかない。

私は今まで、ずっと無意識にそれをたしかめるために、HPやメルマガを通して、随筆や呼びかけを書いてきたのだと、やっと認識している。これからも、ずっとこれを書きつづけるだろう。

感じ取った人が、真理を更に認識して、自分で何かを始めてもらえれば、私の残りの人生は有意義なものになると、今日はじめて認識した。

物質主義と霊性は、私達、地球人が識別できる以上に、厳しく鋭く分離されると、真理は述べている。

(ひろ)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
第十八回会見

一九七五年五月一五日木曜日二一時三四分

セミヤーゼ

一.今日は他の事柄について話す前に、霊の教えを続けたいと思います。それはあらゆる事柄の中で最も重要なものだからです。

二.人間は、創造という言葉もしくは名称に対して、非常に美しいものや善いものが話題にされる時のように反応しなければなりません。そうすることによって自分の感覚の中に変化が生じるように心掛けなければならないのです。

三.それが為されない限り、創造を真にあるがままの姿で認識したとは言えません。

四.しかし、もし人聞か絶えず繰り返し創造の本質について考えることがなかったなら、創造という言葉や名称が、人間にとって非常に深い意味を獲得し、人間の心理的な全行動様式、情動的な知覚、生命感情、そして反応の仕方に変化が生じるなどということがどうしてあり得るでしょうか?

五.だから人間よ、創造の本質に当てはまる特定の属性名称、たとえば「全能」、「遍在」、「全知」などを、そのまますぐに創造という言葉もしくは名称と結び付けるように心掛けなさい。

六.日常生活に埋もれた人間や凡人、いわゆる無神論者、利己主義者や物質主義者、不可知論者は創造という言葉に一番関心が少ない人々です。

七.それはなぜでしょうか?

八.彼らは創造とは本来何であるかを知らないし、見当もつかないからです。

九. 非常に多くの人々にとって創造という既念はそんなものです。

一〇.宗教によって惑わされた何十億という人々は、創造という言葉を理解しません。

一一. 彼らが神という非現実的で宗教的な呼称を口に出す時、それによって創造を呼んでいると錯覚しているのです。

一二.でも、それはなんとひどい謬説でしょう。

一三.だからこそ、創造の本質についてできるだけ多くのことを知り、経験することが、非常に大切なのです。それによって、この言葉は意味に満ちて、その言葉を耳にするや否や内面的に高められ、強い印象を受けるようになるのです。

一四. 経験が明らかにするところによれば、創造とは限りない美であり、あらゆる美に優る美であり、限りなく永遠に続く至福であり、英知、知識、能力、真理、そして絶対的な確実さです。

一五.このことを認識したならば、人(以下 彼)は直ちにそのすべての喜びを、それらの起源すなわち果てしない創造の喜ぴへと立ち戻らせます。

一六. そして花であれ、動物であれ、人間やその他なんであれ、およそ美しいものを見る時、彼は直ちにそれを創造自体の無限の美と結び付けるでしょう。

一七.あれやこれやの認識が、印象深く厳かな形式で表現されるのを見る時、彼はその認識が無限の認識、すなわち創造に根差していることを知るでしょう。

一八.どんなちっぼけな生き物、たとえば微生物のような被造物の中にさえ生命が動くのを見る時、彼はこの生命の背後に無限なもの、永遠なもの、創造的なものを認めるでしょう。

一九.それに基づいて、人(彼)が、創造的なものの本質について考えることによって、そして、創造の本質が日々の生活や体験において、あらゆる時間、あらゆる空間にさまざまに現存していることを知ることによって、自分の理解と感情を深め、拡大するよう心掛けるでしょう。

二〇.創造はすべての人間の中に、創造そのものの一部分として存在しています。

二一.この考えが一度でも人間の内面深く浸透して経験されると、彼の中で恐れや疑いはすべて消え去ります。

二二.創造が全知、全能であることを知ると、人(彼)はその内面において平穏と自信を獲得し、馬鹿げた想念や倒錯した感情に対する抵抗力を得ます。

二三.永遠に存続するものであり、尊厳および価値である創造の遍在、真理、英知、能力および知識について繰り返し考えると、人(彼)の中で創造という言葉や名称は非常に意味豊かなものとなり、その感情や考え方に変化を引き起こすのです。

二四.人(彼)の知性がこのような方向で働くようになればなるほど、知性は明るい輝きを増し、人格は力強くなり、その人生と活動のすべてか祝福されるようになります。

二五.明晰な意蔽をもって生きる人(彼)は、創造的なるものが自分の肉体を感じるより遥かに現実であるという強い感覚を、いつも新たに自らの内に生み出します。

二六.このような感覚が「霊に生きる人(彼)」を絶えず支配しているのです。

二七.そのような人(人)の意識は創造的なものによって所有されるため、その感性は平和と強さと喜びに、知識と英知に、そして真理と希望にあふれています。

二八.物質的知性で思考する普通の人間が平和や幸福や強さを手に入れるために講じるすべての手段は、常にまやかしにすぎませんが、霊に生きる人(彼)を支配する感覚は創造の躍動的な力によって脈動しています。

二九.霊に生きる人(彼)はあらゆる点で非常に躍動的です。

三〇.そのような人(彼)は、常にできるだけ速く目標を達成するよう努めます。

三一.ですから彼は生きている限り時間を活かし、持てるすべての力を発揮して創造的な能力へと向かいます。

三二.彼はこの企てを放棄することはありません。

三三.時間の流れの中では、どのようなことでも起こり得ますが、彼の中で創造的なものを求める欲求だけは決して消滅しません。

三四.障害に出くわしたり、不可欠な物質的事物への感性や愛好を突然失うことがあっても、創造に対する感性や愛好が失われることは決してありません。なぜなら、彼は創造が真の存在を体現していることを知っているからです。

三五.巨大な霊的および意識的な実を摘み取ることができるのは、意識的および霊的な財産と前進、知識、真理、論理、英知そして愛を求めて戦う人々だけです。なぜなら、これらのものが労せずして懐に転がり込むことはないからです。

三六.最初の成果を達成できるためには、まず霊的知性で考えること、つまり創造的に思考する方法を体得し、その絶対的な正しさと確実さを認識することが必要です。

三七.この最初の成果か現れると、認識する人(彼)は大きな前進を遂げ、その霊と意識が拡大して力の因子となります。

三八.そうして初めて、すでに認識されている事実、知識、英知、論理、真理および愛が自明のものとなるのです。けれども、それらは最初に必死の努力によって獲得しなければなりません。

三九.しかし、道はこの地点で果てるわけではありません。さらなる探索と探求、さらなる発展と認識は限りない時間続くからです。

四〇.およそ可能なものはすべて時間の流れの中で起きるものであり、人(彼)が決意しても果たせないことがあるでしよう。しかし霊に生きる人(彼)は限界というものを知らず、何事が起きようと、たとえ未来の見通しが悪くても、目標に固執するのです。

四一.彼にとって未来はすでに現在に存在しています。ですから、霊と意識の最高度の状態を達成するために、すべてのことを今ここで為さなければならないのです。

四二.彼は未来の不安も知らなければ、未来に対して不安を抱くこともありません。なぜなら、不安というものは物質的知性で考える場合のみ存在するものであり、霊的知性によって思考する場合には決して存在しないからです。その場合には、未来は現在そのものと同じように現存しているからです。

四三.そのため霊に生きる人(彼)は明日や明後日の問題を、今ここで解決して、望ましい軌道に導くことかできるのです。

四四. 霊について考え、霊で考えることは、すべての生命体(彼も含む)に利益のみをもたらします。

四五. だから人(彼)よ、徹底的な探索と探求によってますます自らを高めて、霊的思考のレベルに、創造の真理と英知に関する知識に到達しなさい。

四六.自分(彼)に計り知れない力を与え、自分(彼)を非現実的な憶断から解放してくれろ何か、すなわち創造の真理が存在するという、強い感覚を自らの内に繰り返し生み出しなさい。

四七. 自分(彼)が創造の光、その英知、その知識、真理、論理および愛という海の中にいること、そしてそれらが全体として初めて生命の「存在」を可能にしているという、強い感覚を自らの内に何度も繰り返し生み出しなさい。

四八. 創造と向き合う人(彼)の喜びは、創造的なものと創造に対して、尊敬の念を表明することにあります。そのためには、全能の意志が創造の法則の内にあることを受け入れ、法則の絶対的な確実さを自分自身の使命とし、それを有益に評価することです。

四九.彼はこれらの法則に献身していることを、霊と意識に関するすべての事実を学んで活用することによって表現します。決して信仰や受容、奉仕や卑下によって表現するのではありません。

五〇.このことを体得するための唯一の方法は、霊的意識的な認識を獲得し、それによって展開される能力を活用すべく絶えず懸命に努力することです。

五一.その場合に決定的な意味を持つのは、忍耐と耐久力を始め、より高度な理解を発達させること、宇宙的、普遍的な愛を認識して活かすこと、霊的意識的な知識と能力を深化させること、利己主義、物質主義、高慢、羨望、欲望、嫉妬などの物質的知性による思考の可能性を遮ることです。このようにすることによってのみ創造の法則を認識し遵守することが保証されるからです。

五二.霊的に考える人(彼)は、創造を自分の方に導き、自らの内で認識できるようにしようと絶えず努力します。彼は、普通の人間には不可能なことを可能にしようと努力し、しかもそれに成功するのです。

五三.霊を慈しむ人(彼)は、毎日、毎月、毎年、創造的なものに呼び掛け、そうすることによって知識と英知、愛と論理、そして真理と力を獲得します。そしてついに創造的なものを自らの内に経験し、評価することができるようになります。それによって、創造的なものは、自分の体を感じるより現実的なものとなるのです。

五四.他の人々と付き合って話したりしている間、彼が眼の前に見ているのは創造的なものに他なりません。

五五.他の人々を見ている時、彼はその人々の内に創造的なものだけを見ます。それというのも、彼にとって創造的なものが常に第一義にあるからです。

五六. 彼にとって創造的なものはあらゆる事物の中で最大のものです。ですから彼の内ではすべてが創造的なものと直面していて、物質的事物が彼の内部に欲望を引き起こすことはもはやありません。
 
五七.物質的な誘惑に曝されることもありません。霊的意識的な知識および能力として自らの内に宿しているものこそ、彼の話し相手であり、案内人だからです。

五八.彼はこの相手と話し、歓談し、共に創造の法則に生きるのです。

五九.こうした生き方は「存在」することを意味し、このような「存在」はこの宇宙の最も美しい現象よりもはるかに美しいのです。

六〇.これほど発達した人(彼)をなおも誘惑に陥れろことは、何ものもできません、世界最大の富も、悪意ある連中による死の脅かしも。

六一. 創造的なものに囲まれた彼の内面的な豊かさは無尽蔵、不滅であり、何ものも彼の内に恐怖を呼び起こすことはできません。彼は無限の力と共に生きていて、それが彼の「存在」に活力を与えるからです。

六二.ですから何ものも彼を虚偽や誤謬に誘うことはできません。なぜなら、創造を認識している彼の「存在」全体が無限の真理だからです。

六三.何ものも彼を外部勢力の誤謬に満ちた想念の闇の中で惑わすことはできません。なぜなら、彼の霊的知性による思考の一瞬一瞬が無限の光だからです。

六四. 何ものも彼の真理の「存在」感覚を変えたり、彼を不幸にしたりできません。なぜなら、彼は創造の「存在」と感覚の中で、したがって無限の喜びの中で生きているからです。

六五. けれども人(彼)が、生命の霊的な事物に対し、自分自身に対し、そして創造に対して悪意ある態度や否定的な態度を取るならば、彼の内にはおよそ何も生まれません。

六六.もしも彼の態度が物質的知性だけに支配されていて、その想念と感情がそのような形で環境に影響を与えるならば、通常であれば非常に価値のある大いに好都合な状況でさえも、彼にとっては不幸と不和の源となります。

六七.その場合、たとえこの人(彼)が良い意図を追求したとしても、結果は全く否定的なものとなるでしょう。

六八.けれども霊に生きる人(彼)にとっては、常にすべてが、内面的成長のために相応しい状況となり、あらゆる形で創造的なものに配慮する絶好の機会となるのです。

六九.真に偉大なのは、自らの内に絶えず高度で気高い霊的思想と霊的感情とを抱き維持している人(彼)だけです。創造的と呼べるのは、常に自らの内に創造的なものを意識して生き、かつ考える人間だけです。

七〇. つまり、物質的知性に優れた人間は全く創造的ではなく、霊的には絶対的に無価値だと言えるのです。たとえば、調停者や宗教の聖人、非常時や災害時または病人の支援者、とりわけ戦争などで最前線に立ったり、衛生班の仕事をしたりする人についても同じことが言えます。

七一.そのような人間はたいてい胃険心や同情や自己隣問、さらには物質的知性による誤った想念とそこから生じる感情によって動かされていて、自らの内に創造的なものの認識をみじんも持つことはないのです。

七二.彼らは、誤った隣人愛を説き、同しく誤った神に関する教義や卑屈な決まり文句を唱える非現実的な宗教にしょっちゅう惑わされています。

七三.では、そのような生命体と霊に生きる人(彼)との間の違いはどこにあるのでしょうか。

七四.普通の人間は一般的に、低次の物質的知性の刺激によって導かれ支配されます。

七五.一時良い感情を抱いたとしても、それは決して不変なものではなく、まもなく消滅して、再び低次の刺激に場所を譲ります。

七六.これに対して霊に生きる人(彼)は、どんなに小さな創造的刺激さえも消失させることは決してなく、それらを把握して無限に拡大させます。

七七.彼の内に低次の刺激が錨を下ろすことはありません。なぜなら、彼の中にある英知と知識の水はあまりに深いため、錨をつなぐ低次の短い鎖では水底に届かないからです。

七八.霊に生きる人(彼)は絶えず、いついかなる状況にあっても創造的な刺激の波動領域に居続けようとします。

七九.万一その領域が何らかの影響で危険に崩したら、彼は最大限に創造に依拠し、その最高度の波動力によって否定的なものから身を守ります。

八〇.彼は、自らの内で創造の本質が否定的なものに対する絶対確実な防御を生み出すまで、そうし続けるのです。

八一.人間はいつも何らかのものを担っています。

八二.多くの人々は自らの内に抑圧的な感隋を担い、他の人々は悲しみや心配事、いろいろな問題や希望、その他の物質的知性に根差した想念を担っています。

八三. 不安も、美醜を問わずあらゆる種類のイメージの想像も、物質的知性による思考に属しています。

八四.しかし霊に生きる人(彼)は創造的なもの、すなわち霊的なものを担っています。

八五、彼は創造の担い手、意識的な霊の担い手です。なぜなら、彼はいつも創造の法則の知識と能力を自らの内に担っているからです。そして物質的知性による思考の古い本性が彼を非論理の担い手にしようとすればするほど、彼は自らの内で創造的なものを優勢にして、しっかり定着させことに真剣に取り組むのです。

八六.たとえ極めて否定的な想念かやってきて、霊的知性による思考を破壊しようとしても、彼はそれさえも直ちに創造的な力と英知に変えてしまいます。

八七.こうして彼はすべてを創造的なものとし、それを自らの内に担うのです。

八八.そうすることによって彼は動く創造の寺院となります。

八九.創造に生きる人(彼)の知性はますます霊化されていき、次第に霊意識の奥深く進んでゆきます。

九〇.霊に生きる人(彼)はその認識能力によって、あらゆる事物の中にますます深く分け入り、万物に遍在する創造の炎の熱を捉えるのです。

九一. そうすることによって、霊的に考える人(彼)は遍在する創造の力と真理を至るところで認識および意識します。

九二.そのため日常感覚では認識されないものも、創造に生きる人(彼)にはより霊的、意識的に知覚されます。

九三.つまり彼は常にすべての事物と生命体の内に創造が遍在し、創造の法則が適用されているのを見るのです。

九四.彼は創造の遍在の力について霊的なイメージを持っています。彼の生命と「存在」の貴重なエネルギーをすべて創造の知識、その真理、力、英知、したがってまた自らの内に宿る創造の一部、すなわち霊の能力に捧げるのです。

九五. 地球上の物質的生命は、つかの間の芝居か、消えゆく現象のようなものですが、その背後には時間を超えた永遠の真理、すなわち霊、創造の遍在、そして創造の現実か横たわっているのです。

九六.この創造の現実は、それ自身の内に英知の能力のすべての王国と領域を宿しています。

九七.これは存続するもの、時間を超えて存在する不変なものです。

九八.それは芝居ではなく、時間を超えた永遠の真理と英知、知識、自由、愛、論理と能力、相対的完全性、そして絶対的な確実さです。

九九.非常に多くの人間は、創造に準じて生きることを恐れています。そして彼らは自分たちから死に対する不安を取り除いてくれる者、すなわち宗教の神のもとにのみとどまるべきだと思っています。神はその意図的な邪説により、全く自分自身の利益のために、彼らから死に対する不安を取り去ろと約束したのです。でも彼らか卑屈にも盲信的に神の嘘を信じることがその前提であり、そのため彼らは神の奴隷に成り下がり、意識の面で不自由になるのです。

一〇〇.このような宗教の邪説を絶えず繰り返されると、信者たちはまやかしの満足を見いだしたと思い込み、邪悪な狂気に支配されるのです。その狂気は、彼らに対してあらゆる意識的な理性を禁じます。それによって霊的知性で考えることも阻害、抑圧され、奴隷化されるのです。

一〇一.ごく少数の人々だけが創造に準じて生きることを恐れず、創造のみが生命と「存在」を保証することを知っています。なぜなら、それによって創造の法則が成就されたからであり、またこれら創造の法則が生命と「存在」を生命および「存在」たらしめるからです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Eine lebenszeitige Partnerschaft erfordert wahre Liebe und eine ethische Gesinnung

「生涯のパートナーシップは、真の愛と倫理的な心情を要求する」

(注 Gesinnungは心情、物の考え方、心的態度等の訳語があるものの、私には確定できず、心情=「心の中にある思いや感情」を採用しました。赤ん坊にも通用するので。ひろ)

母や父として、真実の両親であることを引き受け、子供たちを産み、並びに、子供らを正直な方法で育て、世話をし、そして誠実で申し分なく教育するためには、男と女の、男と男の或いは女と女の間での相互のパートナーシップと同じ位に、まさしく真実の愛とそれから導かれる倫理的な心情を要求します。

これらの心情の形は、もっぱら、両親のためはもとより、成熟した子供や教育中の子供のために、更に、人間たちの間の夫々の関係や結びつきのために、道徳的な標準や規準、つまり、処置、行為や振舞いに関する責任を自覚した態度の最も高い規則の全体が習得され、保持され、そして遵守されることを、保証します。 

男と女、男と男、女と女、更に両親と子孫の間の、生涯の人間的-パートナーシップの関係や結びつきは、無条件で必要な心づかいと健全な考え方がそれに相応しくされるはずの、何か非常に重要なものです。

そのような関係や結び付きは、無思慮にではなく、つまり、盲目同然に、また完全に非常識に夢中になることからではなく、同情からではなく、利欲や利潤追求からではなく、名声や権力獲得、貪欲、渇望の理由からではなく、性欲の満足や大きな呼称や肩書きへの熱望からではなく、或いは他の道徳的見地から避けるべき理由からではなく、受け入れられるべきです。

そのような関係と結び付きは、それらが真実の愛に基づいて、そして必要な倫理的な心情の上に築かれた時にのみ、受け入れられるべきです。

生涯の関係と結び付きは、相互の自己-認識と相互の調和が満足であるという間違った意見に拠り所を求めるだけではないのです。と言うのは、生涯のパートナーシップの関係と結び付きに関するすべてのことは、深遠なところに根拠がある愛と倫理的な心情に根を下ろしているからです。

本当に正直な生涯のパートナーシップは、何らかの間違って同伴される想念と感情の一時的な満足感ではなく、それは非常に深遠なところでの責任の自覚に根ざしているのです。しかしながら、その責任の自覚は、真実の愛と倫理的な心情によってのみ発生でき、そしてそれはまた、仲間たちのためのすべてを包括する方法での真の共感と人間性のために必要です。

パートナーシップの中で、子孫は生み出され、養子にされ、或いは引き取って育てられますが、その時、そこにはまた、真実の愛と強い倫理的な心情が備わっていなければなりません。

既に妊娠中に、母を通して彼女の愛の結晶のために、真の愛と倫理的な心情は、大きな意味と意義があり、そしてまた、平和、調和と自由の想念と感情が、疑いもなく最も肯定的な効果を、まだ生まれていない生命に及ぼすのです。

もしも、母になろうとするものが、不機嫌、不安でいっぱい、欲求不満だったりすると、その時、まさしく母の肉体の中で成長しつつある子供の不健康な発育を促します。また、アルコール、喫煙あるいはドラグなども、同様です。

また、誕生後の初めの数週間は、乳児の脳の発達に関して、最も重要な時期を形成します。と言うのは、またこの最初の生存期間に、子供は真実の愛と倫理的な心情を注がれなければならないからです。何故なら、子供はそれを通して、既に、その新しい人生フェーズに於いて、意識的に、そして精神的に、形成されるからです。

また、母や乳母や父などとの肉体的な接触は、子供とって必要であり、本当に重大な意味を持ちます。と言うのは、この接触は既に確実な振舞い方を形成し、愛の発達そしてまだ無意識ではあるものの初期の倫理的な心情の発達に関しても同様に形成するからです。

また、子供は誕生後、既に純粋に肉体的に、愛に満ちそして倫理的-心情的な暖かい気持を必要としているのです。たとえ、何が自分の中でその暖かい気持を生じさせているのかを、子供が理性的に、また悟性的にすべてを認識できず、理解もできないとしても、です。

母が出産後に子供に成すべき、最初のことは、通常、子供を胸に抱き上げ、愛情に満ち、そして庇護する状態に保つことです。

その後、二番目の深部にまで達する行為として、母の胸での授乳が行われます。

(das Stillen=中性名詞は辞書にはなく、stillen の授乳するという動詞から推測。 ひろ)

このことはしかし、母が出産による自分の疲労困憊した状態にもかかわらず、真実の愛と必要な倫理的な心情を奮い起こし、それらが価値ある宝石のように働き、子供に母との関係や結び付きを知覚させる時のみ、正しい方法でうまく行くのです。

真実の愛と倫理的な心情が既に母の肉体で働いており、そしてそれは、出産直後に、人間にとって、まさしく、最も大きくて重要な役割を演じますし、また、全人生の間の、男と女、両親と子供たち、男と男、女と女の間のすべての生涯の関係や結びつきに於いても、更にすべての人間一般の間の関係と結びつきについても、同様です。

SSSC, 1. September 2011, 23.55 h, ビリー (翻譯 Hiro)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「人間の使命、尊厳、そして義務」

すべての悪い兆候、すべての憎しみ、人種差別、テロリズム、宗教セクトの妄想に対して、
また退化した原理主義、政治的または軍事的そして諜報機関的な狂気に対して、
またすべての復讐心、脅迫、報復心、拷問、困窮、悲惨、悲しみ、不幸や死刑等に対抗する、

そんな人々のすべてが、

人生に対して積極的な形で、Yesと言い、
苦しんでいる仲間への相応しい援助と共感のために誠に正直な形で努力し、
すべての形の人間による非人間的な不当な物事に対して、
また諦めや恐れに対して、
また死と破壊そしてどんな形での根絶に対しても

戦います。

すべてのこのような - 残念ながら非常に僅かである - 人々は、

人生の擁護者であり、
真実の隣人愛の擁護者であり、
人道精神の擁護者であり、
平和の擁護者であり、
そして、すべてのこれらの価値を守る

人間です。 

彼ら - この僅かなものたち - は、

死、異教徒や異人種の憎しみ、報復と復讐、不安、驚愕、悲嘆、悲しみ、そして恐怖に対して

真に戦う者であり、

そして、地球人が宗教の、セクトの、軍隊の、法律の、イデイオロギーの、政治の、過激な、原理的な形での自分の堕落を通して人類の上にもたらした、そのようなすべての災いに対して

真に戦う者です。

そして、人間によって起された、
すべてのこのような悪い状態、災いと悪化に対して、
人間の堕落をもたらした妄想の現実に対して立ち上がり、

それに対抗して、

真実と個々の生命の価値対して過失を犯す人間を指導し、
そういう人間が自分を変え、
世界とすべての人に、
真実でそして演技や振りではない愛と自由と、人間らしさを作り上げるために、
そして、そのことを通して、敬意、尊敬そして畏敬の中でおたがいに対して、
お互いと共に、お互いのために生きるように、
真実の人生と平和の道に到達することを彼らが良く考えるようにさせ、
それを促し、
それによって人間の使命、尊厳そして義務が終に有効になり、
真実の人間として義務を満たし、
つまり「創造の冠」としてすべての生命を尊重し保護し、
すべての数え切れない多くの生命形態をそれらに定められた生活空間を容認し、
面倒を見ること、
このすべての地球人類を
喜び、裕福、幸せ、統一、同等、尊重へ、
そしてまた価値に満ちた進化と安定した平和へと
到達させることのために、
人道的で理性的な、また非暴力での、有益な手段でもって戦うのが、

本当の責任感の強い人間です。

Billy
ビリー

(ドイツ語原文からの翻訳:Hiro)

9402

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。