初めてカウンセリングを受けたというクライアントさんが

こんなことを話してくれました。

 

「実はカウンセリングを申し込むまでに半年ほど悩んだんです。

申し込む時もすごく緊張しました」

 

私、ハッとしました。

 

カウンセリングやセラピーって、まだまだ世の中に浸透していなくて

「特別なもの」という感覚の人の方が大半であることを、すっかり忘れてたんですよね。

 

そういえば私も初めてカウンセリングを受けた時は、申し込むまでに随分悩んだし

当日は心臓が飛び出るぐらいドキドキしてたなぁ…

 

そして、そのクライアントさんはこんなことも話してくれました。

 

「世の中にはもっとツラい思いをしている人がいるのに

こんな小さな悩みでカウンセリングを受けるなんてダメだと思って、なかなか踏み切れませんでした」

 

こんな風に考えて、自分ひとりで悩みを抱え込んでいる人って多いんじゃないかな?

 

誰かが大きな悩みを抱えてるからといって、あなたの悩みが小さくなるわけでも

無くなるわけでもない。

 

そもそも、悩みに大きいも小さいもないんです。

大したことないと思いたい自分がいるだけ。

 

「こんなことぐらい…」と自分に言い聞かせている人は

 

私は傷ついてなんかいない

私は怒ってなんかいない

私は悲しんでなんかいない

 

そうやって言い張って、本当の気持ちを隠すことでしか

自分を守れなかったのかもしれない。

 

「本当はちっとも大丈夫じゃない」

その気持ちを言葉にしてみませんか?

 

 

 

この度、日本NLP心理セラピー協会の電話カウンセリングサービスがスタートしました!

 

↓詳細はこちらのバナーをクリック!

 

どうしてこんなに生きづらいんだろう?

子育てがしんどーい!

上司がムカつく…

人の輪の中に入っていけない

親との関係で悩んでいる

いつもダメ男を好きになってしまう

などなど

 

トレーニングを受けたセラピスト達が、あなたのお話を聞いて

今起きている問題や悩みの根本原因を探り、整理させていただきます。

 

原因が分かれば解決の方向、今後どう生きていくか?という指標が立てられます。

そして、自分の気持ちを言語化するというだけでも心がフッと楽になります。

 

ぜひ、お気軽にお申し込みください。

私、阿部幸愛も担当カウンセラーとして参加してまーす!

 

 

 

 

阿部幸愛のHPはこちらから↓