GOING UNDER GROUND@野音

テーマ:
すっかりジャパンフェスにはでなくなってしまったゴーイング。
野外で聴きたいので、
9月のベリテン@栃木を検討中…
でもその前に、 ゴーイング@野音!

前回のゴーイング@野音は、
去年のことのように思い出せるのに、
おととしの7月だったみたい。

あの時、カメラたくさんあったのにDVDにならなくて。
そしたら、
「あの時はオレのめがねが曇りすぎてDVDにできなかった」
って松本さんが言ってました(笑)
だから、
「今回はめがねクリーニングをしてきたんだけど、
 今日ももうすでに曇ってるからDVDにはできません」
だって!(笑)

今回も雨で、
しかもまぁ台風ということで…
レインコート着てたけど無意味でした。
でもまぁいい思い出になります。

バックホーンきてました。
野音だと関係者関とか関係ないからか、
一生懸命レインコート着てるのを見て、
バンド同士仲いいのっていいなぁと思いました♪

新曲を何曲かやってて、
アンコール最初の新曲は、
丈さんがキーボード、松本さんが歌っていう2人ので。
丈さんがあんなうまくキーボード弾いちゃって、
よういっさんは大丈夫なのかって心配です(笑)

いっやー、
ランブルをやったのよ。
全然ライブでやらないからね。
それだけでもう十分とか思っちゃうくらいのライブで。
ミラージュとランブルを1回で聴けたのって初めてかも。

ゴーイングで好きな曲って、
パっと思い浮かぶのがランブルとダイアリーなんだけど、
ダイアリーは、やってもいつも最初の方で。
わーもう終わっちゃったかーとかって、
いつも思ってたんだけど、
今回はアンコールでやってくれて。
予想外だったから、
嬉しさも倍増でした。

PVでみんなが笑顔な印象があるからか、
すごいハッピーな曲っていうのがあって。
あの曲聴くと最高な気分になります。

ステップで踊ったのも久々な気がしたなぁ。
むちゃくちゃ楽しかった!
雨降ってるのとか忘れるくらい、
みんなも踊ってたし!

雨でぬれたステージの前の方を、
松本さんがひざすべり!!
めがねがとれるくらいはじけてました(笑)

胸いっぱいは、
みんなちゃんと踊れてて、
ほほえましかった。
いい曲だなぁ。
TWISTERもあんま聴いてなかったけど、
(PVが濃すぎて…)
いい曲だなぁって思いました。
ホントに台風つれてくるゴーイングってすごい!(笑)

STAND BY MEとVISTAは、
なんか勝手にゴーイングの第二章みたいな感じがしてて、
やっぱむちゃくちゃかっこいいと思いました。

バンドってすばらしいです。

ホントはバンドメンバーの友達と行くはずが、
仕事がお休みできなかったので、
相方さんに参戦してもらって。
ステップでこっそり踊ってたし、
楽しんでもらえたようでよかった!
終わった後、友達に電話したら充実してた声だったし、
新宿まで電車が一緒になった友達も、
すっかり雨にやられてたけど楽しかったねって話して。

雨の中、あれだけの人を野音にとどまらせて、
楽しませて、感動させて。
すごいなと思いました!!

アルバム作成中とのことなので、
期待して待っております♪

セットリスト
1.「TWISTER」
2.「グラフティー」
3.「STAND BY ME」
4.「ランブル」
5.「サンキュー」
6.「ミラージュ」
7.「VISTA」
8.「カウボーイによろしく」(新曲)
9.「シグナル」
10.新曲
11.「南十字」
12.「センチメントエキスプレス」
13.「ステップ」
14.「メタルジャガー」
15.「愛をちょうだいな」
16.「ショートバケイション」
17.新曲?
18.「トワイライト」
19.「いつまでたっても」

~en
1.「あいのうた」(新曲)
2.「胸いっぱい」
3.「ダイアリー」
4.「ハートビート」
AD

DINOSAUR ROCK'N ROLL@AX

テーマ:

トライセラ主催のダイナソーロックンロール。
前回のAXの時に発表があって、
ベボベだーー!ってことで、
友達にファンクラブ先行でチケをとってもらい。


というわけで、
AXなのにチケットの整理番号が130番台!早!!
中央のポールに寄りかかれるナイス位置を確保し、
ベボベ待ちでドキドキ。


メンバーでてきた時は、
なんか緊張しました。嬉しくて。

4月のフリーズの時点では、
まだ自分でバンドも始めたばかりで、
生で見ても別物って感じだったけど、
今回はしっかり自分のパートを聞き分けて、
手元を見て、とかできて。

ステージでの見せ方とか、
なんかいろいろ勉強になった!っていう感じでした。
すごいいいライブだった!


セットリスト↓
1.祭りのあと
2.抱きしめたい
3.CRAZY FOR YOUの季節
MC(ロケットに乗って)
4.真夏の条件
湯浅ダンス
5.ドラマチック
6.夕方ジェネレーション
7.ELECTRIC SUMMER


自分のバンドでもやってる祭りのあと、CRAZY…、ELECTRIC…を聴けて。
STAND BY ME聴きたかったけど、まぁフェスまでおあづけ!

新曲の真夏の条件を生で聴いたのは初めてだったけど、
ツインギターむちゃかっこよかった!


抱きしめたいも、ドラマチックも、
バンドでやりたいなぁと思いました。


とにかくトライセラが好きで、っていうことを、
ヴォーカル小出が話して、
ロケットに乗ってをちょっと弾いて唄ったりして。
かっちょよかったです。

最後は顔真っ赤だったなぁ。
あんくらい本気で唄ってくれると、
こっちもグっとつかまれます。


いやーベボベいい!!!
うちらのバンドもあれくらいになれるかしら…
ダンス湯浅将平役は誰がやる?!(笑)


2番手はB-DASH。
すいません…


でも音はすごかった。
これで3ピースかぁって。
トライセラにも言えることだけどね。


で、3番手トライセラ!

何が1曲目にくるか全然予想できなかったんだけど、
ROCK MUSICで始まって。
ダイナソーロックンロールだし!


で、
3曲やってみんなが温まったところで、
ステージ上にベボベメンバーが登場!


イベントって、
何組かでててもみんなで一緒に…ってライブがそんなないから、
これはもう嬉しくて嬉しくて!


いろーんなの行ってるけど、
ゲストとかじゃなく、
出演者が一緒に演奏してくれたのは、
おととしのベベチオ×ANATAKIKOU以来とかな気がします。
やっぱスペシャルライブになる!!
すばらしい!


この日は、
クアトロでANATAと馬の骨とかもやってて。
そっちは相方さんと友達が行ってました。
そっちもそりゃもう良かったそうで!


あ、そうそう、
CCレモンホールが盛り上がってたんだ。
ってことで、何やってたか調べてみたら、
筋肉少女帯とすかんちだって!!
濃い!濃い!!!!(笑)


話がズレましたが、
てっきりトライセラの曲を、
ベボベ×トライセラでやってくれるもんだと、
ウキウキしてたんですが、
小出リクエストで、
岡村ちゃんの「だいすき」でした。


ベース関根ちゃん、ドラム堀之内はタンバリン、
あとダンス。
関根ちゃんかわいかった!!
堀之内はビリーのマネしてダンスしてて、
おもしろかったです。


ギター湯浅とトライセラ和田さんが、
隣同士で、たまに顔見ては笑い合って弾いてて。
それがもうむちゃかっこよくて!
湯浅むちゃ嬉しそうだったし。

自分達が学生の時にコピーしてたバンドと、
同じステージで演奏するんだもんねぇ。
そりゃすごいよ!!!


トライセラセットリスト↓
1.ROCK MUSIC
2.GOING TO THE MOON
3.ロケットに乗って
4.だいすき(カバー・岡村靖幸)
[TRICERATOPS with Base Ball Bear]
5.トライセラダッシュ(GONGON書き下ろし)
[TRICERATOPS with GONGON〈B-DASH〉]
6.Chewing Gum(新曲)
7.Believe the Light
8.トランスフォーマー

UN.Raspberry


トライセラダッシュって曲は、
B-DASHのGONGONがこの日のために作った曲だそうで。
いいタイトル(笑)


B-DASHはジャンルは違うと思うけど、
かっこいいならいいじゃない!みたいな、
そういうトライセラのスタンスがかっこよくて。


しかもBelieve the Light!!
たぶん、2003年のジャパンフェス以来に聴いたと思う。
元m-floのLISAとだした曲なんだけど、
この曲むちゃくちゃかっこよくて。
全部和田さんが唄うんだけど、
元曲の女性ヴォーカルは忘れるくらい、
完璧にかっこいい!
むちゃ嬉しかったです。


アンコールでラズベリーをやってくれて、
今、うちのバンドが挑戦中の曲だからこれも嬉しくて。
いろんな音を拾えるようになってきたな、と思います。
自分で楽器やるようになってから。
楽しくてしょうがない!!!


そんなわけで、3時間かな、
10時過ぎにAXの外に出て。
素晴らしかった!
バテバテだったけどね(笑)

AD

CRAZY KEN BAND@横浜BLITZ

テーマ:
イイネ!

ということで、
昨日は初横浜BLITZで、
初クレイジーケンバンド!

BLITZは、AXよりちょい小さいくらい。
赤坂BLITZは1回だけ行った事あったなぁ。

年齢層はバラバラ!
男女比も半々かなぁ~
男の人の方が多いかも。
ケンさんみたいな格好してる人がたくさん!
ばっちりスーツで決めてる人もいれば、
ハーパンにサンダルでラフな格好の人もいて。

前に並んでた親子は、
子供が2歳とかなんだけど、
ちゃんとキッズ用のクレイジーケンバンドTシャツを着てて。
家族で楽しめる音楽かぁ~いいなぁとか。
おばちゃんもいたし、おじちゃんもいたし。
あと、浅草キッドとか。本物。
相方さんが、「博士じゃないほう!博士じゃないほう!」
ってずっと言ってて、最初全然意味わかりませんでした(笑)

予習はばっちりだったので、
かなり楽しめました!
というかああいう感じなら予習いらずでも楽しめる!

ああいう歳のとり方いいなぁって、
すごい思いました。
地元を愛しつつ、
気の知れたメンバーで、
おじさんになってもみんな大好きな音楽をやって。
ステージで暴れたり、
笑顔で楽器弾いてたり。

メンバーが多いので、
ステージいっぱい使って。
なんか、
ホーン隊がいると、勝手なイメージなんだけど、
夏っぽくて好きなんだよねー
真心のDear,SummerFriendとかね。究極。
スカパラももちろんだけど。

「大人のおもちゃ」で始まったんだっけかな。
ケンさんオーラがすごかった!!
「イイネ!」は決めゼリフでもあるけど、
もはや口癖なんだなってことに気づきました(笑)

ででで、
CDとかで曲聴いてて、
リードギターいいなぁって思ってたんだけど、
むううちゃくちゃうまかった!!
やっぱすごい!!!
凝視しました(笑)
旅人みたいな風貌なのにすごすぎ!!!
ベイスターズを応援するって曲の時、
ギターソロやるんだけどそりゃもう!!!
弟子にしてほしいと思いました(笑)

8月に出るアルバムからも、
何曲か聴かせてくれて。
サマーチューンがたくさんみたい。
ホノルルバーベキューは夏!でした。
ジェイムズブラウンのもかっこよかったなぁ♪

たすけて、中華街、長者町ブルース、37℃…
3時間やったからね!

昔の曲を結構やってたみたいで。
曲名思い出せないんだけど、
99年のやつですって言ってやってたやつよかったんだよなぁ。
最近の曲の「てんやわんや」は、
CMで聴いてる時から頭まわってたけど、
あのフレーズはなんかすごい耳に残ります。
メリメリもよかった!
トークもおもしろかったです。
エンターテイナーだね。

「GT」で大盛り上がりでフィニッシュ。
手拍子もばっちりできました。
当たり前だけど、ドライブに最適な曲!

アンコールの最初が、
「ゆっくり跳ねる音楽」で。
相方さんの大好きな曲なので、
よかったねーと思いつつ、
すっかり歌詞も覚えてしまうくらい聴いてたので、
ゆるい音楽に身を任せ。

「木彫りの龍」では、
みんなで踊って。
すごいハッピーチューン!
盛り上がりました♪

最後の最後は、
「また会う日まで」でした。
ふたりで~名前消して~の、あの曲です。
おもいっきりCKBの曲みたいにハマってた!
やっぱ唄がうまいのは素敵ですね。

最後、ステージ上で大人数のメンバーが、
手つないで挨拶して。
すごい幸せ空間でした!
やっぱ音楽の力ってスゴイ!!
AD

曽我部恵一BAND@AX

テーマ:

SO
SO2


曽我部恵一BANDのライブ。
フェス以外では、
去年のCCC(ソカベさんのお店)以来だったかなぁ。

友達のライブレポとか見てて、
サニーデイの曲、最近たくさんやってるんだぁって期待して。
そしたら期待以上のライブが!!
そりゃもう大変でした(笑)
3時間、27曲!

今回は、
サックスとトランペット、キーボードの人も、
何曲か一緒にやって。
ソカベBAND進化系を楽しめました。

もうなんか、
とにかく幸せな感じで。
ソカベさんはそりゃもううまいけど、
上野さんとかケニーのコーラスとか、
そんなうまくないとか言うとアレですが、
とにかく、
大声で楽しく唄えばいいんだ!みたいなのが全面的にでてて。

AXなのに、
Queとかと同じように、
ステージから下がって、
お客さんの横でギター弾いたり歌ったり。
相変わらずのメンバーで。
最高だったなぁ。

ソカベさん、
本当に楽しそうに嬉しそうに歌ってて。
そういえば、ソカベさん見て、
自分もギター弾いてみたいって思ったんだったって。
毎日ライブしたいって言ってたのを思い出した。
最高にかっこよかった。

メンバーも。
俺らの居場所だ!といわんばかりの。
ステージ上のあのキラキラ感。

うしろの方で見てたんだけど、
前の方はすごい暴れてた!
うしろのほうでも、
おさえきれなくてリズムとってる人けっこういたから、
私ももう感じるがままに動きました。
跳ねたよ!!!

サニーデイ時代の曲は、
なんと、
「あじさい」「さよなら!街の恋人たち」「ここで逢いましょう」
「スロウライダー」「シルバースター」「魔法」
「青春狂走曲」「カーニバルの灯」!!!

魔法は、
高校生の時に、朝、行きたくないなぁって、
ほぼ毎日思ってて、
そんな時、朝、魔法のPVを見て、
仕方なく学校に行くっていう日々で。
だからいい思い出ではないけど、大好きな曲で。
生では一生聴けない気がしてたけど、
聴けました。
最高だった。
でも、もっと踊りたかった!
PVがね、すごいいろんなダンサーが踊るやつで。
私がDJをやる機会が訪れれば(ないけど(笑))、
絶対かけて、みんなを踊らせたい曲です。

しかも、ソカベさんがパーカッションやって。
唄わないトコで、ぐあー叩いて。
かっこよかったなぁ。
でもなんか、モロさっていうか、
燃え尽きてステージ上で死んじゃうんじゃないかって、
なんとなく不安になるくらい、
体全体で動いてました。
凄い体力!

あじさいも大好きな曲だし、
むちゃくちゃしあわせだった。

トーキョーストーリー、スロウライダーの流れがもう、
これ以上ないぞってくらい幸せでした!!!
たくさん跳ねた!
で、確かスロウライダーのサックスとか入ってるのって、
リミックスバージョンみたいなやつだったと思うんだけど、
それすごい好きだったから、
今回、サックスとペットがいて、
それで聴けたスロウライダーだったから、
嬉しさも倍増で。
ちなみに豆知識ですが、
スロウライダーのPVに、
客として若かりし頃のゴーイング松本さんがうつってるって!

相方さんに一緒に行ってもらったんだけど、
かなり楽しんでくれたようでよかった!
スロウライダー好きだったそうで♪

FIRE ENGINEはやりすぎ感があったけど、
みんな楽しそうだったからまぁいいか(笑)
ソカベさんがすごい格好になってました…
歯ギターもやってた(笑)

画像は、ブログのやつなんだけど、
みんなちょーしあわせそうだよね!
すごいよ。
キーボードの人、
ユアソンみたいにキーボード持ち上げて(笑)

最後は、アカペラでソカベさんがmellow mind。
AXが幸せ空間で破裂しそうだったよ!!

やっぱりサニーデイ時代の曲を聴くと、
感極まってしまいます。
変な人とか思われてるんだろうなぁ(笑)
でも、
なんで泣くかって、その曲が好きでさ、
その曲を聴ける事が嬉しくてさ。

サニーデイの頃から、
ソカベさんも、私にもたくさんの変化があって。
でも、
こうやって今、
サニーデイ時代の曲を聴けるってことが幸せで。
バンドメンバーは違えども。

あとね、
2人子供できて、よきパパ。
それなのに、昔よりロックなんだよね。
それがすごいって思って。
年をとっていってゆっくりした曲をやるんじゃなくて、
昔、メロウに唄ってた曲を、
今、パパになったソカベさんがロックで唄ってて。
未だに恋人のことや、好きな人のことを唄ってて。
それもすごく素敵だし。
なんか、いろいろ考えてて幸せでした。

ソカベさん、エビスビールのCMでてんだけど、
幼稚園に娘のハルコちゃんを迎えに行ったら、
「ハルコちゃんのパパー!見ましたよーCM~!!」って、
言われたってマネしてて。
おもしろかった。
その流れで、「有名になりたい」を唄った!

幸せ満開で外にでると、
オシャレリーダー、
伊賀さんと庄司さんが!!!
二人ともラフな格好なのにオーラでててかっこよかった!

セットリスト
(HPに載ってたやつなので正確です!)
01 恋人たちのロック 
02 さよなら!街の恋人たち 
03 有名になりたい 
04 ジュークボックス・ブルース 
05 ハルコROCK 
06 3つの部屋 
07 あじさい 
08 シルバー・スター 
09 ここで逢いましょう 
10 土曜の夜に 
11 スロウライダー 
12 トーキョー・ストーリー 
13 幻の季節 
14 カーニバルの灯 
15 ラブ セレナーデ 
16 FIRE ENGINE 
17 TELEPHONE LOVE 
18 どこかでだれかが 
19 魔法 
20 あたらしいうた 
21 シモーヌ 
22 きみの愛だけがぼくのハートをこわす 
23 瞬間と永遠 
24 青春狂走曲 
25 STARS 
~アンコール~
26 LOVE-SICK 
27 mellow mind

バンアパでないんかい!!!
スカパラでないんかい!!!

普通の日記書いたのに、この日記更新が最新に表示されるのね…
まぁいいか。

全アーティスト発表された!
バタードック!ひゃっほう!!!
バイン!!!ひゃっほう!!!!

コーネリアス、バイン、100sのおかげで、
初日も行く気がおきました(笑)
生で小山田聴けたら大興奮!

3日追加メンバー
エルレ
デパペペ♪
バイン♪
OGRE YOU ASSHOLE
GOOD 4 NOTHING
ケツメイシ
THE CORNELIUS GROUP♪
HAWAIIAN6
100s♪

4日追加メンバー
エノケンバンド
おれんじれんじ
SUPER BUTTER DOG♪ワオ!!!!
DJ OZMA
ひととよう(略奪愛)
BUMP OF CHICKEN(久々に聴きたい)

5日追加メンバー
絢香(絢香ってジャパンとかでる感じなの?)
ヨコヤマケン
ホルモン
レミオロメン
LOW IQ
RADWIMPS
YO-KING
RIP SLYME♪


えーーーーーーーーーーー
YO-KINGで出るなら桜井さんもつれてきて真心ででてよーー!

待ち遠しいです!!!

TRICERATOPS@フリーズ

テーマ:

おととし、トライセラがはじめて高崎にきてくれて。
その時は、1人淋しく聴きに行ってたのに、
今日はバンドメンバーと聴けて、
なんかとてつもなく嬉しかったです。
この2年間の自分の成長が。
自分は何もしてないけれど(笑)

ドラマーは仕事終わりでかけつけたので、
一緒には聴けなかったけど、
ひってぃと師匠と一緒に聴けて。
一緒に飛び跳ねて(笑)
最高でした!

先月のAXとほぼ同じセットリストだったけど、
新曲はAXと違うのを1曲!
すごいかっこよかった!
スクリブル?って言う新曲も、
サビがちょーーー好き!
次の音源が楽しみまくりです。

やっぱSHORT HAIRがたまんなく好きで。
こんなに跳ねるんだっけこの曲ってくらい飛び跳ねて。
それはまぁアンコールだったんだけど、
その前にGrooveWalk、ラズベリーで跳ねすぎて、
ちょっとバテバテでした(笑)
ゆるいライブも楽しいけど、
やっぱジャンプとかね、
日ごろの生活であまりしない行動をできると楽しい。
すんごい跳ねたもん(笑)
早くジャパンフェスで3日間飛びまくりたい!!

オレンジライターの時のギタープレイが、
AXとは違った気がしました。
むううちゃくちゃかっこよかった!

Scarで、一生懸命、唱さんの手元を見ようとしたけど、
見えませんでしたー…
早く弾きたい!
楽譜でてほしいなぁ。

今日もギャッツビーの話してた!
AXとはちょっと違う奴。
すんごいおもしろかった。
3人、よくしゃべるようになったなぁ。
昔は唱さん1人でしゃべってるイメージあったけど(笑)

AXでもやってたピーターパンのトライセラロックバージョン、
すっかり気に入った!
ディズニーでROCKもいいよねぇ。
ディズニーコンピ、ダイブインディズニーだっけ?
それ、いまさらながら聴いてみたいです。

キラキラしてた。最後まで。
トライセラも、お客さんも。
一番後ろにいたから、
みんなが盛り上がってる感じとか見えて。

感動したり、最高に楽しかったり、
飛び跳ねたり、泣いたり、笑ったり。
音楽でたくさんの人をそうさせられるって、
すごい力だと思います。
それくらいのバンドになれるように、
明日もスタジオ練習がんばるぞーーーー!!!

例えばだけど、映画で感動する。
でも、これは完成形であって、
なんテイクも撮り直して、
編集して、一番いい完成形をカタチにして公にして、
それで人々は感動するわけだけど、
やっぱり音楽は生きてるわけで。
ライブって、
日ごろの音楽の完成形ではあるかもだけど、
一発勝負だし、編集できないし。
だからライブに行くのはやめられないよなぁって思う。
同じアーティストのライブを何回でも行こうと思うのは、
そういう臨場感の楽しさとか、
一瞬の楽しさとかね。
なんか、ライブが好きだなぁって、あらためて思いました。
最高!

AXに行った人が結構いたのか、
3度目のアンコールが終わるまで、
結構人が残ってました(笑)

前はライブ行くと必ず買ってたTシャツ、
私も大人になったのか、最近は我慢してましたが、
(ただお金ないだけ(笑))
今日は購入!イエス!!!
緑いいぜ!

セットリスト(順不同)
FEVER
Hotter Than Fire
Fly Away
オレンジライター
Scar
Gothic Ring
トランスフォーマー
Favorite St.
カバー曲(ピーターパンメドレー)
僕らの一歩
SMOKE
Scribble(新曲)
Warp
Groove Walk
Raspberry

Un1-1.新曲
Un1-2.My Skywalker's T-Shirt
Un1-3.Short Hair

Un2.赤いゴーカート

Un3.彼女のシニヨン

ki
キースジャレット、ゲイリーピーコック、ジャックディジョネット。
スタンダーズ・トリオ。

「天才ジャズトリオが繰り広げる至福のひととき」
っていうキャッチコピーがチラシにあって。
至福っていう言葉は大正解だと思うけど、
ひとときって感じはしなかったなぁ。
もちろん、振り返るとあっという間だったんだけど、
バラードが多かったせいか、
かなり長い間、至福な時間を過ごせた気がします。

ジャズ君あたらめ、みっちゃんが早めにチケットとってくれて、
なんと22列目!
1万2千円の席から2列しか後ろじゃない、
しかも真正面のちょういい位置という好条件!
インディーズばっか行ってると、
ライブ2500円とか普通になるけど、
今回は久々に1万円!
でも全く高いとは思いません。
むしろもっと払える!
くらい、本当に素敵なライブでした。
画像は、ライブ前に撮ったもの。真正面!

すごい、とか、よかった!で片付けたくない音楽。

ペラルタとかジルベルトのライブの時にも書いたかもしれないけど、
もう、楽器を弾いているって感覚じゃなくて。
呼吸。呼吸するように音をだす神業。

拍数とかも、全然感じなくて。
トリオの呼吸が一緒なんだって思わせるくらい。
本当に、意識的に音を合わせてる感じがしないの。
それぞれ、好きなフレーズを弾いて、みたいな。
だからセッションというか、
ジャズの自由さが最大限に表現されてるというか。

バラードが主だったんだけど、
アップテンポの時はもう、
踊りだしたいくらいの衝動でした。
がんばって座ってたけど(笑)

キースのピアノは、
鍵盤がちゃんとひとつひとつに別れてるの?ってくらい、
滑らかな音すぎて。
有名なんだと思うけど、
キースが声だすっていうの知らなくて。
なんかテンションがあがって、とかそういうのなんだろうけど、
雄叫びというか。そういう声がでて。
それもなんかもう、変とか全然思わなくて。かっこよくて。
おじいちゃんなのに、
中腰とか、座ってられない感じで弾いてて。
バラード多いのに。
すごく繊細だった。
やっぱあたりまえだけど、ちゃんと生で見るとね、
同じジャズピアニストでも、全然違うんだなぁと思う。
チックに繊細さはそんなに感じなかったもんなぁ(笑)

ゲイリーピーコックのウッドベースは、
今まで出会ったベーシストの中で最強でした。
ピアノとドラムがすごく小さめに弾いて、
ベースソロみたいになるのとかあって。
もう本当に釘付けでした。
遠くからだったけど、手にゴツさがなくて。
スマートなベーシスト。
でも、音はしっかり強くて重い。
むううちゃくちゃかっこよかった。

ジャックディジョネットのドラムは、
ドラムなのにそんな音でるの?!みたいな音が出てました。
あんな優しくドラムを叩ける人がいるのかー!って。
ジャズドラムは最高にかっこいい。
あまり普段使わない言葉だけど、「クール」だった!

音楽と共に人生を歩んできたんだなぁって。
最高にかっこよかった。
ステージにたつ3人がもう、すごすぎて。
あのまま3人と楽器を、
小さくして木箱に入れて大事にしまっておきたいくらい。

おじぎをするんだけど、
上半身グダグダで。
おじいちゃん達、おじぎがかわいかった(笑)

客層が凄い幅広くてびっくり!
やっぱりのだめの影響なのかなぁ、
若い人もかなりいてね。
ちょっとおめかししていったのに、
ジーパンとかリュックとかでも余裕でした…

クリーチャーズの鈴木さんがいた気がするんだけど、
気のせいかなぁ…

アンコール2回やってくれたんだっけかな。
2時間半。休憩20分とかあったけど。
思ったより長かった!
本当に至福の時でした。
やっぱり音楽っていい!
素晴らしすぎる夜でした。


4月29日のハナシ。

カジヒデキ。

きっかけはたぶんカローラ。
小沢健二が最初のカローラで、その後のCMソングを作ってて、
あぁ素敵だって。
でも、夏物語が最初だった気もする。
どっちにしろ8cmシングル。
今でも大事にとってある。

そして、FOOT!のテーマソングを担当して早数年。
サッカージャンキーなところも、
私がカジくんを好きな理由のひとつ。
うちの兄ちゃんは、
FOOT!にカジくんが出演した時に会っていて。
むちゃくちゃうらやましいハナシ。

でも、ようやく私も、
初めてカジ君を見る事ができた!
カジ君好きの彼が、
チケットをとってくれたのだ。

10年前に発売されたミニスカートというアルバム。
その全曲ライブ!という、いい企画で。
もちろん、それだけじゃ時間が短いので、
FOOT!の曲もやるだろうという期待もこめて、
FOOT!Tシャツで参戦!
もう1人、女性で着てる人がいた。

年齢層はバラバラで、それがおもしろかった。
10年前、青春真っ盛りだった人たちは、
ステージ近くでジャンプしてて。
いつまでたっても音楽が好きっていいなって。

カジくんと同じ格好の人とかいたり。
半ズボンにボーダーとか、ギンガムチェックのシャツとか。

あ、原宿アストロホールって初めてだったんだけど、
そうだなー結構小さかったです。
だから、後ろの方でもよくステージが見えました。

夏物語、夏好きだし、カジくん好きだし、って。
大好きな曲で、
これ聴けてもうなんか最高で。
熱くて、カジくんも。
もういい年だけど(笑)

水、よかったなぁ。
カバーなんだけど。

ポップソングをつくろうも、よかった!
ワタナベイビーはこなかったので、
カジ君だけバージョンだったけど♪

なんかメンバーもみんな楽しそうで、
オリコンとか、そういう邪念なくて(笑)
素敵な大人たち!

FOOT!からは、
FOOTY BOOTSでした。
「FOOT!もよろしく!チェルシーもよろしく!」って。
あぁいうPOPなセンスが最高!

聴いていて、
最近こういう音楽ってないよなぁってしみじみ。
小山田君はあの頃の小山田君ではなく、
オザケンは何をしてるんだか…
ピチカートは解散してしまって、
小西さんは曲を作り続けてるけどちょっとアレ?って人が唄ってたり。
カジくん頼みな。
よし、こういう音楽作るぞ!って思ったり。
目標高すぎ(笑)

なんか、いろんなことがよかったなぁって。
カジくん好きでよかったし、
オリーブ好きでよかったし、
今この時期にカジくんを、好きな人と聴けたのもよかったし。
全く知らなかった2人が、
学生時代にお互い地元でカジくんをひっそり聴いていて、
今、原宿って場所で2人で手をつなぎながら、
カジ君の音楽に酔いしれるって。
なんて素敵な奇跡。

カジ君、新しいアルバムを作ってるそうで、
7月に発売らしいでーす!
したらまたライブだー!!!

ポップなんだけど、
暴れるカジ君を見ると、おお!ロックだ!って。
日本、スウェーデン、ロンドン。
いろんな場所で、
好きな人に囲まれて好きな音楽をやってる素敵な人。
80歳とかになっても、半ズボンで歌っていてほしいです。

◇セットリスト
・マスカット
・恋人が待っている
・Baby Baby,Me Me Me
・Tokyo To London
・ボブの匂い
・ハートじかけのオンガク
-----鈴木亜美「青空とWater」------
・ささやかだけれど、役に立つこと
・水
・ポップソングをつくろう
・You And Me Song(For Kinks)
・たまごの中の欲望
・ポニーテールの頃
・ランブラーでランデブー
・Theme From The First Question Award ~ロンドン編~
(ロンドン編の前にちょっとだけ~ハイスクール登校編~を)
・夏物語
・ラ ブーム~だってMy Boom Is Me~
・君のハートのナチュラル
アンコール1
・Steve Martin And The Amazing Dancing Monkey
・Typical Me,Typical You
・Footy Boots
アンコール2
・Hey Hey Baby Pop

はしょって書こうと思ったけど、
すばらしいので前文掲載!
『ハートじかけのオンガク』
「“会えてよかった”って心から思った 白い道が空に似てく
 君は少し泣いてるようにもみえた 僕らは恋におちてた
 太陽に別れを告げる日まで
 この出会いは旅へと続いてく

 音楽を僕と君の為の特別な 世界はハートのテンポで
 音楽は僕と君で歌う特別な 世界はハートの温度で
 二人のメロディは虹色にゆれて 風は星に伝える

 会えない日には君をもっと想うよ 森は静かに夜を呼ぶ
 君は羊と毛布にくるまっている 眠りの扉を探して 
 約束の時間は遠くの空
 夢の続きで君を抱きしめよう

 音楽が僕と君で作る特別な 世界はハートのリズムで
 音楽は僕と君で歌う特別な 世界はハートの温度で
 二人のメロディはどこまでも響き 人々は耳澄ます
 願いは空に届く」

TRICERATOPS@AX

テーマ:
4月26日のハナシ。

終わった後に、
今年一番いいライブだった!って、
何の迷いもなく思えてしまうくらい最高でした。

仕事を早退させてもらい、
AXへ。
ひってぃがファンクラブでとってくれたので、
AXなのに200番台で、いい位置をとれて。
盛り上がるゾーンの最終ラインくらい。

ぎゅうぎゅうにおされて、
ひってぃとちょっと離れちゃったんだけど、
2人ともFlyAwayで泣いてたという(笑)

ここ最近のツアーの感じからいって、
トランスフォーマーとかWarpとかで始まるかなって思ってたけど、
いきなりFEVER!
大盛り上がりです。
やっぱかっこいい!!!
9年経っても廃らない、ロックミュージック!
ロックミュージックでありながら、
最高のダンスミュージック!

今回は、昔の曲をすごいたくさんやってくれて。
オレンジライターとか、
生で聴いたの初めてな気がする!

新旧好きな曲を聴けて、
もう文句のつけようがないくらい!
GOING TO THE MOON、Fall Again、ifとかはなかったけど、
それより前のがたくさんで。

特に、
THE GREAT SKELETON'S MUSIC GUIDE BOOKってアルバムは、
98年だから中3とかなんだけど、
人生でよく聴いたアルバムベスト5に入るぞってくらい、
聴きまくってたアルバムで。
全曲好きなアルバムとか、なーかなかないけど、これはもう。

よくライブでやってくれるのもあるんだけど、
今回倒れそうになったのはSHORT HAIR。
すっかり忘れちゃってたけど、
本当に大好きな曲で。
「あとどれだけ飛べたら君は笑ってくれる?」
なんか泪でました。
嬉しくて、だと思うけど。
でもノリノリでしたよ!そりゃもう!!!

ノリノリ(死後?)と言えば、
GrooveWalkもしっかりやってくれて!
私がDJだったら、1時間に7回はかける(笑)
そのくらい、幸せに踊れる音楽。

カバー曲、
きっと場所が違えばセットリストもちがいそうなので、
高崎で何を歌うか楽しみなんだけど、
AXはピーターパンの曲で。ディズニー映画の。
トライセラがアレンジしたらしい。
オシャレだった!

昔の曲もいい感じでやってくれてると思いきや、
Scarとかね、
最近の、大好きな曲もやってくれて。
もうホントにいいセットリストだった!

不意打ちで、FlyAwayだったんだけど。
イントロもちょっと変えてて。
久々で、聴けたの。
鳥肌と泪だった。
この曲の頃、たぶんすごい自分がダメだった時で。

「空を群れで飛ぶ鳥達の中にもこんな僕みたいなのがいて
 先の道を示す者への劣等感持ったやつがいるかな?」
「未来はこの手の中に今もある 
 定められた道なんてどこにもない」
「ある人がみんなにとっての太陽のような存在なら
 僕は僕さ 海のようになれればいいのさ」

この歌詞に救われたりしてた。
大好きな大好きな曲。
高音で、唄うのがちょっと苦しそうなサビも大好きで。
聴けて嬉しかった。

MCもおもしろくて。相変わらず。
みんなギャッツビーのワックス使ってるとかで、
CMみたいに唄ったり踊ったり。
相変わらず仲良しみたいで♪

あとまた、
「辞めちゃおうって思ったこともあったけど、俺達は止まらないから」
って。
かっこよかった。
そう言ってオーディエンスを見つめる、
唱さんのまっすぐな瞳が、もう。

みんなのギターの神様がクラプトンだったりするように、
私のギターの神様は、唱さんとソカベさんで。
ギターソロ弾いてる時、
ちょっと見せる、楽しい!って身体中で表現してる感じとか。
林さんのすんごい手の動きと、心地よいベース音、
佳史さんの力強いのに控えめで優しいドラム。
トライセラは、同じメンバーでずっと、
無敵なアーティストだと思った。

2回目のアンコールが終わって、
スタッフが「本日の公演は終了いたしました」って言っても、
アンコールの声が鳴り止まなくて。
その中心にいたのは男の子たちで。
デビュー当時、女の子のファンしかいないくらいで、
それがなんか本人達も嫌だったとかで。

今じゃもう、かっこいいロックアーティストとして、
男女関係なく好かれてて。
かっこいい。ホントに。

で、なんと急遽3回目のアンコール。
お客さん半分くらい帰ってて。
だから、思いっきり踊れた!最後!
最高でした。
いい夜でした!
ありがとうトライセラ!

セットリスト
1.FEVER
2.Hotter Than Fire
3.FLY AWAY
4.オレンジライター
5.Scar
6.Gothic Ring
7.トランスフォーマー
8.Favorite St.
9.カバー曲(ピーターパンメドレー)
10.僕らの一歩
11.SMOKE
12.Scribble(新曲)
13.Caramel Tea
14.Warp
15.Groove Walk
16.Raspberry

Un1-1.Air Bag(新曲)
Un1-2.My Skywalker's T-Shirt
Un1-3.Short Hair

Un2.赤いゴーカート

Un3.彼女のシニヨン

GRAPEVINE@高崎フリーズ

テーマ:
もう一週間以上経ってしまいましたが、
バイン@フリーズの話。
去年に引き続き、高崎にもきてくれました。
あの日のライブは、なんだかとっても特別でした。

私が勝手に感じてることだけど、
ここ最近のバインのライブはなんだか、
すごい遠いところでの演奏って感じで。
なんかこう、インストバンドかのような凄さとか強さとか。
去年のフェスの最終日の最後とか、
ステージがすごい光で。忘れられないんだけど。
矢沢永吉の裏でね(笑)
reverbとかもう圧巻で。

でも、ポップなバインも大好きだから、
ふれていたいとか、ナツノヒカリとか、
聴きたいんだけどなーって思ってたり。

でも、ワンマン行って、
なんかほどよい感じになってるなーって思いました。
ポップに唄う曲あり、
聴かせる曲があり。
アルバムが良かったんだろうな、そういうバランスが。

新しいアルバムの中だと、
「ママ」が最高で。
曲の転調の仕方とか、メロディかと思わせるベースライン!
シングルカットは指先とFLYだったけど、
ママでもよかったんじゃないかってくらいの名曲だと思う。
これ生で聴いて、
ぶわーーーって、音楽作ってみたい!って衝動にかられて。
そう思わせてくれたバインに感謝です。

ベースすごいよかったなぁ。
ライブのよさだよね、ベースの音ちゃんと聴けるの。

最後、田中さんがTシャツ脱いで!投げて。
すごい争奪戦が繰り広げられてました(笑)
私は1人で行ったので、一番うしろにいたから届かなかったです。

「このだるま野郎!」とか言われました(笑)
下仁田ネギとかも言ってた。
無理して情報集めた感じがスバラシイ。

そうそう印象的だったのが、
田中さんの体でのリズムの取り方が、
ほとんどの曲で裏拍だった!
バインを弾くようになったらやってみようと思います(笑)
あとギターが青かった!
初めて見ましたあのギター。

今までバインのライブって、
ホントに田中さんばっか見てたんだけど、
いやー西川さんむちゃすごかった!
いままですいませんでした(笑)
かっこよかったなぁギター!

遠くの君へ、を聴けたのも嬉しかった。
君を待つ間と同じくらい、
あのアルバムの中では特に好きな曲で。
いやー良かった。
Everyman,Everywhere聴きたかったけど、
まぁ聴いたら泣いちゃうからいいかな(笑)
そんなことも言ってられないくらい、
結構贅沢なセットリストだったと思います。

光について、ホント別格!
いつまでも好きな曲です。

1.ランチェロ'58
2.スレドニ・ヴァシュター
3.白日
4.マダカレークッテナイデショー
5.放浪フリーク
6.南行き
7.B.D.S.
8.指先
9.ママ
10.アナザーワールド
11.インダストリアル
12.豚の皿
13.Juxtaposed
14.FORGEMASTER
15.光について
16.I must be high
17.棘に毒
18.COME ON
19.Scare
20.FLY
21.その未来
22.smalltown,superhero

En1.涙と身体
En2.遠くの君へ
En3.BREAKTHROUGH