北九州市若松区の不動産売買専門会社リブホーム社長の日記

当社は未経験から始めた北九州市の八幡西区・若松区等を中心に不動産売買を専門とする不動産会社です。
最新の不動産に関する情報や社長の思いなどを勝手に書いてます!


テーマ:



皆様こんにちは


最近相続物件の相談が

増えてます。


相続は色々と手続が

有りますが、


気になるのが相続税と相続対策

ではないでしょうか。


今日はその話は置いといて

相続不動産を譲渡した時の税金の話です。


☆譲渡所得


個人が土地や建物を売却し利益(譲渡益

が生じた場合には、その利益に対して

所得税と住民税が掛かります。この利益の

事を税法上譲渡所得と言います。


この譲渡所得税率が保有期間によって

変わります。

5年超保有した土地建物は譲渡所得金額の

20%、5年以内は39%課税されます


でも、譲渡した土地建物が自分の住居している

住宅や敷地の場合には、一般の譲渡の比べて

税金が軽減される特例が設けられています。


これには要件がいろいろありますが

居住用財産を売った場合とあります、

居住用財産とは、居住の用に供している

家屋と敷地となります。


平たく言えば今まで住んでいた家、土地

を売った場合の話です。


では、相続したが遠く離れて

住んでいなかった場合それを

売却する場合の税金は軽減が

されないのか?


で、その問題を解決するために今回

特例が出されました。


『相続によって取得した居住用の空家を

譲渡した場合の特別控除の特例』


空家の放置による周辺の生活環境への

悪影響を防止するために、『相続』によって

取得した古い空家の売却に関して


一定の要件を満たした場合

3000万円特別控除が適用されるという事です。


・一定の要件とは


★対象の空家は昭和56年5月31日

以前の建築。


★売却の場合はリフォーム等をして新耐震基準満

を満たさなければならない


★ただ、耐震リフォームを行わず、

建物を取り壊して、更地で売却の場合は

適用となる。


この点が大きなミソです。


・適用期間

相続の時期によって違いますが


★相続発生がH28年1月2日以降の場合は

譲渡の適用期間が

H28年4月1日からH31年12月31日

までとなります。


いかがでしたか、


遠方に住んでいて、相続物件が古く、

今後すまない人には朗報だと思います。グッド!




不動産に関するあらゆるご相談、

全て承ります。

お気軽にご連絡下さい。

株式会社リブホーム
TEL:093-980-1063

不動産情報満載の当社ホームページ
http://www.live-home.co.jp/


相続、査定、売却、をお考えの方は
不動産売却の実際の話など盛りだくさんの

㈱リブホームの売却サポートサイト

http://www.live-home-baikyaku.com/
















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。