どのようにしたら幸福な結婚をして離婚を避けられるでしょうか。この人と、結婚するかどうかを決める際に、女性は自分で自分の気持ちを自問する必要があります。どんな点を自問することができますか。ひとつは、結婚の責務、相手が性的に要求してきた時に、結婚の分を利他的に与えるという責務を受け入れられるか自問する必要があります。

 

(1)結婚したら性的な事柄で利他的に行動することが求められる

 

 聖書は、結婚したら結婚の分を拒まないで与えるべきことを求めています。聖書は、「夫は妻に対してその当然受けるべきものを与えなさい。また妻も夫に対して同じようにしなさい。・・・互いにそれを奪うことがないようにしなさい。」と命じています。(コリント第一7:3-5)

 

 「その当然受けるべきもの」というのは、配偶者の性的な欲求に応じることを意味しています。聖書はそれを「結婚の分」とも述べているようです。(出エジプト21:10)

 

 このような結婚の責務を受け入れて果たさなければ、問題が生じます。結婚して配偶者との性関係を持つ機会が与えられないなら、夫は他の女性、また、男性に目を向けることさえあります。それは、離婚につながります。

 

 一般的に、女性は男性よりも性的な欲望が強くないので、疲れていたりすると性関係を持つことがおっくうになります。それで、妻は夫の要望を入れられるように体調を整える必要があるでしょう。

 

 また、もう何人か子供がいる場合、もう子供が欲しくないと考えて、妻が性関係に消極的になることがあります。子供が欲しくない場合でも、妻は、結婚したらできるだけ配偶者の性的な欲求に気遣いを示して利他的に行動することが求められます子どもを作りたくなくて夫の要望を入れるためには、まだ、妻の生理が続いている間は、コンドームを利用するか、妊娠しないと分かっている時期に性関係を持つ必要があります。 

 

 また、女性は小さなことで嫌悪感を持って性関係がいやになる場合があるかもしれません。ですから、どうしていやだと感じるのか、夫を傷つけないようにしながらも、その理由をはっきり話して改善してもらわなければ仕方がありません。夫婦間の性的な事柄に関してはっきりと話し合いをする必要があります。 

 

 また、長年連れ添うと、セックスがおっくうになるということがあります。しかし、年をとっても夫婦がセックスを楽しむならば、互いの良い関係に貢献します。

 

 イサクとリベカが楽しい一時を過ごしていたのを見て、他の人は彼らが夫婦であることが分かりました。(創世記26:8)

 

 

issac

イサクとリベカは互いに性的に親密な夫婦で良い関係を持っていた

 

 

 

  彼らは抱き合ったり、口づけをしあっていたのかもしれません。もちろん、それが他の人から見えるとは思っていない場所でそうしていたかもしれません。いずれにしても、そのようなスキンシップは年をとってからも互いになごやかな良い関係を保つのに貢献します。それは、実際夫婦の離婚を避けることつながるでしょう。

 

 

 

(2)結婚したら女性は相手のために利他的な努力を払う責務を受け入れて結婚する必要がある

 

 結婚する前に、相手のために結婚の分を与えるために利他的な努力が払えるか自問し、その責務を受け入れる必要があります。その覚悟がないのであれば、結婚しない方がいいでしょう。

 

 

結婚したら妻は配偶者のために結婚の分を与えるために利他的に行動することが求められる

 

 

 妻は性的な事柄で、利他的に行動することにより、不倫につながるような事態を未然に防ぎ離婚を避けられます。それで、結婚するという事は、そのような責務を受け入れることを意味する事を十分認識して結婚に臨む必要があります。

 

 

 

 

妻は性的な事柄で利他的に行動するならば不倫や離婚を避けられる

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、結婚したら努力が求められますから、女性は、利他的な努力を払えるくらい愛し敬意を払える男性であるか結婚する前に自問してみる必要があります。

 

 

AD