こんばんは、運命学カウンセラー沙璃(さり)です。

 

春分から清明へ。

この時期から、本格的な稼働が始まりますね。

 

しかしながら、年度初めという世の中の流れとはうってかわって、心も身体も今ひとつ元気がでない。

 

進むべき方向性が見えない、というあなたへ朗報です★

 

この時期、そんな状態ならば、この開運法をお試しください♪


「ロードムービーを見ること」です。

 

もちろん、絵を眺めたり、音楽を聴いたり
小説を読むなど、各種芸術に触れること
全般がおすすめなのですが、私が特にエネルギーを
もらえたのはロードムービーです。

 

映画には、アクション、ホラー、サスペンス、ヒューマンドラマ、などなど、いろいろなジャンルがありますが、ロードムービーとは、移動をともなったヒューマンドラマです。

 

そして、そのストーリーの展開のほとんどが

 

人の心の成長を示唆しており

個々が進むべき道しるべとなってくれる要素が

満載なんですね。

 


あまりに消耗していますと、文字を読む
ことすら苦痛になるんですね。

ロードムービーでは、受け身で

たくさんの良質なエネルギーをもらえます。


また、広大な自然の映像が癒やしてくれます。

ロードムービーは、基本的に旅(移動)を
しながら、主人公が人と出会い、成長を
していく様を描いていて、それは人間の
心の成長を象徴的に見せてくれているのですね。


展開は作品によって様々ですが、ちょっと旅に
出ようというきっかけから、のっぴきならない
理由で今の住まいを移動していくものまであります。


その道程には、必ずといっていいほど主人公と
真逆のタイプの人との出会いがあって、それを
きっかけに、新しい視野を与えてくれたり
とんでもないトラブルなんかに見舞われて
それをきっかけに、本人が脱皮するような
場面があるんですね。


そして、新天地に移り住む場合もあれば
一回り大きくなって、ふるさとに戻る
場合もあり、いずれにしても、言葉にできない
爽快感というか、心地良いものが広がるのです。

 

また、抑圧していた何かがストーリーを
通じて解放してくれることもあります。

 

レンタルビデオ屋さんに行けるなら
そこで借りればいいですし、今は配達
してくれるシステムもありますね。


また、パソコンで見ることだって
できますから、便利です。

もちろん、元気な時に見てもいいわけです。

 

あの時期に楽しんだロードムービーは
今になってはっきりわかったのですが
心理的な効果も高く、個人セッションや
講座などにも、活かされているから驚きです!

 

数ある作品の中でも、特に私の気に入っている
ものを、ご紹介しますので、ピンとくる
ものがあったら、ぜひ見てみてくださいね♪
(和洋、順番などランダムです。

また、移動は伴わないけれど、ロードムービーの要素を感じるものを含みます)


・スタンドバイミー
・幸せの黄色いハンカチ
・パリ・テキサス
・テルマとルイーズ
・菊次郎の夏
・バグダッドカフェ
・トランスアメリカ
・パウワウ・ハイウェイ
・フォーエバーロード
・ボーイズオンザサイド

それから、ロードムービー
ではないのですが、近いものを
感じるヒューマンドラマ系の作品は
こちらです。

・かもめ食堂
・めがね
・マザーウォーター
・ウォルター少年と夏の休日
・不思議な岬の物語
・ディアドクター
・グラン・ブルー

 

もし、ピンときたら、ぜひご覧になってみてください。

魂にたっぷり栄養を与えて、穏やか~パワフルな日々を

お過ごしください(^^

 

虹【お知らせ】虹


タロットの巨匠、守田矩子

UMI宇宙の法則、川相ルミ

沙璃の3人のコラボセミナーを開催いたします!

 
◆大阪 2017年7月15日(土)
◆東京 2017年7月20日(木)

 
詳細が決まり次第、先行案内のご希望者様に
いの一番に情報をお届けいたします。

 

ご興味のある方は、こちらをご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

こんばんは、運命学カウンセラー沙璃です。

 

先日、お会いしたい方に会ってきました。

 

埼玉県のレイキピアニスト、Kumiさん★

 

※右がKumiさん♪

 

Kumiさんは、その音楽的才能を駆使して、数々のご活動をされてきました。

その偉業の数々は、Kumiさんのプロフィールをご覧いただければ(^^

 

先日は、Kumiさんのご活動の1つ、【Aglaia  〜心癒音shinyuon〜】という個人セッションを受けてまいりました。

 

なんとこのセッション、超ぜいたくでして、画像を見ておわかりのように、とっても素敵なグランドピアノでKumiさんが生演奏をしてくださるんですよ。

たった1人に向けて!!

 

この日に過ごした神聖な瞬間の数々、そしてその感動を言葉にするのは本当に至難の業ですね(><)

私が感じていることの、おそらく1%にも満たないと思い、もどかしさ極まりないですが、あまりにも素晴らしいので、シェアしますね。

 

まず、このピアノの周波数は528Hzに調律されていて、この周波数は、愛の周波数と言われていて、壊れた細胞を修復する力があるそうです。

 

私の推測なんですが、癒やしや心を穏やかにする周波数は、どうも3の倍数で成り立っているように思います。

528Hzも、3の倍数ですね♪

 

お会いしたKumiさんは、とっても気さくでチャーミングなお方で、そのお人柄にもすっかり魅了されてしまいました(^^

 

最初に、あらかじめお伝えしていた生年月日をもとに、誕生メッセージもボリュームたっぷりに伝えてくださいます。

私は、運命学で自分のことを見るわけですけど、本質的な部分の共通点が多くてびっくりしたのとともに、想定外の自分の可能性について知り、大きな希望がわきましたよ。

 

そんなKumiさんは、レイキヒーラーでもあるので、その人の発する氣を感じ取られ、それを即興演奏で聞かせてくださいます。

つまり、世界に1曲だけの、自分だけの曲を奏でてくださるんです(キーボードで)。

曲を聴く、というより、全身全霊で浴びる、という感じです。

 

目を閉じて聴いていたんですが、いろいろなビジョンが浮かび上がってきます。

そして、ある過去生のビジョンが浮かんできました。

 

どうやら、私の過去生の1つに、アメリカインディアンとしての人生があり、そのとき仲間を虐殺された中にいた経験があるようなのです。

 

このことは、以前からなんとなくわかっていて、たまにその場面がフラッシュバックして胸を痛める、ということが何度かあったんですね。

 

ところが、Kumiさんの曲を浴びているうちに、その凄惨な光景に変化が起きました。

いつも浮かんでくる痛々しい場面に光が射し、殺された仲間たちが、笑顔で天に上がっていきます。

そして、血に染まったその土地も、キラキラと明るさを取り戻していきました。

 

同時に、インディアンである自分自身が、喜びに満ちた顔になっていくのを感じました。

そのとき、全身がぶわ~~~っと温かくなって、軽くなるのを感じたんです。

 

過去生の記憶はエーテル体(身体の全部を覆っている、いわゆるオーラの一種)に残っていると聞いたことがありますが、体感として、過去生の記憶が昇華されたような感じがありました。

もう、細胞だけではなくて、魂が浄化されて大喜びしているんですね。

 

※このセッションは、過去生を見ることが目的で行われるわけではなく、私の場合、たまたまそのような体験があったとしてとらえてくださいね(^^

 

豪華セッション「心癒音」はまだ続きます。

 

次は、月の女神様からのメッセージをいただきます。

 

 

この画像、私の後ろにある絵画、こちらが月の女神様なんですね。

立派な翼を広げて、なんとも慈悲深いお顔つきでいらっしゃいます。

 

ライトがあたって、色とりどりに変化する女神像を眺めながら、528HzのグランドピアノでKumiさんが曲を演奏してくださいます。

 

Kumiさん、「女神さまにいろいろ話しかけてみてくださいね♪」

とおっしゃるので、曲を聴きながら心の中で話しかけてみました。

 

沙璃:「女神様、お名前はなんとおっしゃるのですか?」

女神:「そうね・・・スーザンと呼ばれた時もあったわね」

 

おもしろい!!

 

これを、単なる想像でしょ、ととらえることもできますけど、私は女神様と会話したと信じているんですよ。

その方がロマンチックだから♪

 

ただ、他に何かたずねようと思ったんですけど、次第に胸がいっぱいになってしまって、言葉が出てきませんでした。

ただただ、その優しさと威厳あふれるお姿に、幸せな気持ちに満たされる心地よさとともにいることにしました。

 

すると、曲が終盤に近づいたとき、こんなメッセージをキャッチしました。

 

「真の美しさとは、他者を慈しみ愛する姿そのものです」

 

この時は厳かな声色で敬語でした(笑)

 

いや~、すごかった(><)

このメッセージを大切に胸にしまっていきたいと思います。

 

それにしても、Kumiさんの変貌ぶりがすごいです。

 

お話ししている時は、お茶目でユーモアたっぷり♪

ときに、いたずらな少女のような表情をされ、それがまた可愛いんですね(Kumiさん失礼しました!)。

 

ところが、いざ鍵盤を前にすると、醸し出す空気感がガラっと変わります。

文字どおり神がかった状態になって演奏されるんですね。

その姿には、畏敬の念すら感じるほどのものがあります。

 

きっと、聖霊さんなどの高次の存在とタッグを組まれて、ピアノさんとの三位一体で、旋律を紡ぎ出している、そんな感じがいたします。

 

こちらの動画では、Kumiさんが作曲をするにあたっての想いをピアノの曲とともに発信されていますが、終盤でおっしゃっている「ピアノは、私を私以上に映し出してくれる鏡」という言葉に胸を突かれましたね(><)

 

 

 

高波動の音、振動に触れて、身体、こころ、魂を清浄に導いていただいた、そんな実感がありました♪

 

Kumiさんの愛の周波数ピアノによる、音浴ヒーリング個人セッション♪

「Aglaia 心癒音」の詳細はこちらからご覧いただけます。

 

Kumiさんは、近日中に3枚目のCDをリリースされる予定で、また4月に行われるコンサートのご準備などもあるようですので、ベストタイミングを迎える方は、きっと受けられると想います。

 

「Aglaia 心癒音」のお問い合わせ方法は、こちらからご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 

こんにちは、運命学カウンセラー沙璃です。
 
先日、この記事で千と千尋の神隠しのストーリーについて、いくつかお届けしてきました。
 
すると、そこで新たな情報を聞かせていただくことが出来ました。
このようなメッセージまであったとは、宮崎駿監督の才能だけでなく、深淵な想いを感じずにいられませんでした。
 
そのあらたな観点を教えてくださったのは、ナースライフカウンセラーの堀河美和さん。
 
堀河さんとは、昨年に開催した台湾の超開運ツアーにご参加いただき、ご縁がつながりました。
お話の内容が幅広く、また看護師のためのカウンセリングを行っているだけに専門的なこともうかがえて、勉強になりました。
 
 
 
堀河さんは、千と千尋の神隠しを、学部の卒論で研究されたんだそうです。
以下、堀河さんが教えてくださった、千と千尋の神隠しのもう一つのメッセージをご紹介します。
 
《ここから》
 
千尋の世界には私もいつも息をのみます。
私の学部の卒論でもありました。

名をとられる
子どもの労働
身体が歪な神様のお湯係…

これね、ハンセン病の全てなんです。

宮崎駿さんは、作品ができて1番に清瀬の療養所の患者さんにフイルムを見てもらったとききました。
湯婆婆のモデルになっている元看護部長さんにインタビューもしました。
ハンセン病予防法撤廃の話がではじめた時に着手したはずです。

宮崎駿さんは、感染という見えない病の怖さや言われなき差別、長期の隔離と、それによる人間の心理を描くため、かなりのヒアリングされているなーと毎回感じます。

病気が先に人をくるしめるのか?孤独や隔離が人をくるしめるのか?
それでもその方に残された信念はなにか。
人と環境、自然のあり方を常に問うてますね。
 
《ここまで》
 
さすが堀河さん。
たいへん勉強になりました!
そして、差別についても考えさせられるよい機会をいただきました。
 
となりのトトロが、結核のことを示唆していると聞いたことがあったのを思い出しました。
まさか、千と千尋の神隠しにまで、このような背景があったとは、これはもう目からウロコでしたよ!
 
それから、この件に関して調べてみたら、このような記事を見つけました。
 
 
改めて、宮崎監督の作品の数々の奥深さを感じました(^^