成田市の占いカウンセラー

沙璃のブログへようこそ音譜


ホームページはこちらです
ラブラブ







前回の記事
の続きです。




鈴木さんのロールプレイ研修講座


は、このようにアナウンス
されていました。


私は、これを読んで、真っ先に申し込み


ました。




多分、このアナウンスに書いてあることは、


ほとんどのカウンセラー、セラピスト


コーチの方が顕在的に、かつ潜在的に


「必要」


といしていることだと思います。




そんなわけで、研修講座に参加しました。


私が初めてお目にかかった鈴木さんは、


写真で見る印象
より、もっとどっしりとした


存在感を感じました。




愛想のいいタイプではありませんが


(鈴木さん、ごめんなさ~い)


威圧感もまったくなく、立たずまいが


凛としていました。




冷静さの中に、相手を受け入れてくれそうな


温かさと大きな器を感じました。




哲学者のような、高僧のような印象を


受けました。





ロールプレイ研修講座で行ったことは


大きく2つです。




●応答訓練でスキルを磨く

●模擬面接による訓練を積む








鈴木さんが実際に臨床現場で経験された


ケースを扱っての応答訓練なので、リアル


でした。

私は今まで抱いてきた疑問を鈴木さんに


ぶつけまくりました(笑)


そのどれもが明確で腑に落ちました。




前回、自分の経歴
を書きましたが、


少ない経験ながらも一生懸命やってきた


私なりの自負がありました。




しかし、これが粉々に砕け散りました!(爆)






模擬面接では、実際にカウンセラー役と


クライアント役に分かれて面接を行いました。


私はクライアント役をやりました。




たった5分間の面接を1時間以上かけて


検証しました。



5分を1時間以上ですよ!





微妙な言葉の言い回し、文言のつながり方、


数秒間の間、質問の背景・・・・・


書ききれないくらい細かく、先生にみんなで


検証しました。




心理カウンセリングでは、「傾聴技法」について


学びますね。うなずき、相槌、繰り返し、要約、


効果的な質問、などなどについてカウンセラー


の方はたくさん学ばれてきたと思います。




でも、その発揮の仕方が、ほんの少しズレて


いたら、その後の面接がどのようなものに


なるでしょうか。




このような細微にわたる観察をさせてくれて、


また、その模範解答を示してくれるのは、


私が知っている限りでは、




鈴木さんしか、いらっしゃいません。




自分の課題に直面することは「恥」の恐怖が


あります。ベテランの同業者の方の中で


みっともない思いをしたくない、というガード


も働きます。




しかし、思い切って参加して得たものは


実に大きな収穫でした!





これを、一日の体験~☆で終わりにせずに、


しっかりと自分の血肉にしてくよう、振り返りを


続けて、継続的に鈴木さんのトレーニングを


受けていくつもりです。





このように素晴らしいお手本の方に出会える


ことが私にとって有難い財産です。





カウンセラー・セラピスト・コーチ・占い師


など、個人と直接的に関わり、支援する


仕事についておられる方。


また、それを目指している方、ぜひ、


参加してみてください。





そして、今後もパワーアップした占い


カウンセラー沙璃をどうぞよろしくお願い


いたします!





鈴木さんは11月20日に、


「傾聴力養成セミナー」


開催するそうです。







カウンセラー育成スーパーバイザー


鈴木さんのブログはこちらです。